Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

S55 vs i E1

天気が良く暑い土曜日だった。さぞ混んでいるだろうと思い向かった練習場にはほとんど人がいなかった。寒いより暑い方がゴルフには向いていると思っているのだけれど、30℃以上になると快適とはならないのだろうか?汗はかなりかいたけれど、かなり気持ち良く練習ができた土曜日だった。

早速、クラブの打ち比べをしようと練習にはSKYTRAKを持っていった。こういうポータブルな弾道計測器というのは、とても便利だと思う。好きな時に好きな場所で、ボールやシャフトやクラブの評価ができるのだから。このSKYTRAKは値段も他のものよりかなり抑えられていて、一般の人にも決して手が届かないものではない。ただ安いなりに制限があったりもするけれど…。

今日はS55とi E1の3〜5アイアンの打ち比べをした。両5アイアンのデータがあるので比較してみたい。
(※今日は距離の違いを比較したかったので、全てを強振のフルショットをしてみた。)

S55(5)
f0068901_01375991.jpg

i E1(5)
f0068901_01384507.jpg

2つを見比べてみると、明らかにi E1の方が距離がでている。キャリーで約4㍎はなかなか嬉しい。今のS55より5㍎欲しいと思っていたので、これはほぼ目標値には達している。また打ち出し角とスピン量も増えているのが嬉しい。ただ飛ぶだけではアイアンとして機能しないので、ボールを止める要素の打ち出し角とスピン量はとても大事になる。ただこれはあくまでSKYTRAKの計算数値なのだけれど、i E1では少しランが増えている。これはコレからコースへで検証していかなければいけない部分であるけれど、キャリーがでるようになった分、少し前に勢いで転がってしまうのはしょうがないのかなと思う。もう1度くらい打ち出し角を上げられれば解消できるかもね。

次回はG Max 4アイアンのデータをとってみようと思う。

[PR]
by yoshi_tsukada | 2015-08-02 02:02 | Clubs/Equipments