Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

似て非なるショット

先日、秩父にあるグラファイトデザインのテストセンターへ練習に行ってきた。やはり芝の上からボールを打てる練習というのは気持ちがいいものだ。(ツアー会場では、打ち上げの練習場などが多く、ここ1ヶ月くらいはツアー会場で練習場へ行っていなかった。)午前中に廣済堂でゴルフをしてきた福沢先輩プロと永野竜太郎もテストセンターで合流。福沢先輩は久しぶりの再開もあり、おしゃべりが止まらなかった(笑)昔とまったく変わっていないのが嬉しかった。ちょっとウザいとも思ったけど。^^

オモシロいことがあった。

いつもの様に、データを取りながら練習を始めた。データを見る限り、自分のショットに関しては通常通りでなにも問題無し。見慣れた右からのドローボールを打っていた。通常のショットでは、僕の7アイアンでボールへのアタックアングル(入射角)は約1〜2度くらいになる。これはかなり低い位置からクラブが入ってきているということになる。そして強い風の中をイメージして低い弾道を打つ時は、アタックアングルは約6〜7度くらいになる。これは自分では、かなりの低弾道ショットを打つ感覚であり、実際にかなり低い球を打つ。しかし竜太郎の通常の7アイアンのショットのアタックアングルは約7度!そして高弾道を打つ!2人共に通常ショットでの弾道の最高到達点はだいたい40㍎。端からみると同じようにショットをしているようだけれど、実際にはスピン量も含めると全く違う性質のショットしていることになる。また飛球線に対してのクラブの軌道も計測できす。ちなみに僕はドローヒッターということもあり、インサイドから約7度の角度でインパクトを迎えている。普通は2度くらいが適正らしいのだけれど…(笑)竜太郎がそれと同じように振ろうとしたら、ものスゴいフックボールを打つような感じになり、とてもじゃないけれどコレでゴルフはできないと言っていた。こうしてデータを取ってみると、目で見えないものが分かってくる。繰り返すが、同じようなショットを打っているように見えても、性質が全く違うショットを打っているということ。高い精度でピンを狙うことを要求されるシビアな状況では、同じところからショットをしたとしても、ピンを狙える狙えないがハッキリと分かれると思う。同じところから同じ番手のクラブを持って打ったとしても、内容は全く違うんだと思ってみるとゴルフはもっとオモシロくなるだろうね。それにしてもクラブを上から入れられないのは昔から変わらないなぁ…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2013-09-14 13:35 | Swing&Stroke | Comments(3)

欧州にチャレンジするもう1人の男

『EUROPEAN TOUR - First Qualifying Stage Section A THe Roxburghe Hote & Golf Course 』

欧州ツアーのクオリファイが始まった。今年は1stステージからクオリファイに参加する強者がいる。市原コーダイだ。日本でもアジアでもシードを落とし、辛い年であるはずの今年にあえて欧州に挑戦しようというコーダイの気持ちに敬意を払いたいと思う。これはプロゴルファーに限ったことではないと思うけれど「現状維持は後退」だと信じている。例えどんな環境にいようと、少しでも前に進もうとしないといけないと思う。いま自分の立っている場所でいいと満足してしまったら、もうそこに立っていられないようになると思う。川の流れの中に身を置いているようなものだ。前に進もうとして初めて同じ場所に立っていられるんだ。前進するにはもっと頑張らないと…。
そう考えると、日本を出て、あえて自分自身を流れの速い欧州の川に投じたコーダイはスゴい!もしコーダイがファイナルまで来るとしたら、いまの何倍も大きな力をつけたゴルファーになっていると思う。2ndステージからはアメリカからの流出組が多数参加してくると思う。正直言って日本のクオリファイなんかより数倍レベルは上だと思う。頑張って欲しいね!とりあえず1stステージ通過おめでとう!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2013-09-14 09:20 | Traveler's | Comments(3)

カタルーニャへの旅 

この秋にスペインのカタルーニャへ行くことにした。ヨーロピアンツアーQS(クオリファイング・スクール)に出場するためだ。11月10日〜15日にカタルーニャ地方のジローナというところにある 『PGA Catalunya Resort』 で行われるファイナルステージでプレーすることになる。既にエントリーも済ませ、いまは旅の手配をしているところだ。フライトやホテルを探し始めるところから、もう旅が始まっているとも言える。ゴルフの調子を上げていくことも大事だけれども、個人的には旅の手配をしながら自分自身のテンションを上げていくことも大事なことなのではないかと思う。昨今は若い選手もマネージャーを付けるようになってきた。「若いときの苦労は買ってでもせよ」というように、何かに挑戦する時には、自分自身で色々と経験することは大切だと思う。『失敗』や『経験』や『知識』は自分で行動を起こさない限り得られないものなのだから。僕は旅を楽しみたいので全て自分で旅の手配をするようにしている。これもアメリカへの留学やオーストラリアでの貧乏ツアープロ時代に旅の楽しみ方を覚えたからなのかもしれないな…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2013-09-09 13:19 | Traveler's | Comments(3)