Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

TR

f0068901_0322784.jpg


スコッツデール・アンサー2 TRパターもタイの合宿へ帯同した。これは練習の一環である。普段はセンターシャフトのパターを使っているのだけれど、慣れによるストロークの変化に対応する為の練習だ。人間がパターを構えるとライ角というものが存在する。そのライ角を無視してパッティングストロークを真っ直ぐにしてしまうとボールが捕まらなくなってしまう。ボールが捕まらなくなると左へ引っ張ったり、左へストロークしたりと悪い癖がつきやすくなるので、定期的にオフセットのついたパターを使い、ボールを捕まえる感覚を失くさないようにしている。

道具であるクラブを使うのは人間である、その人間は心の状態や体調によって常に変化している。同じようにクラブを振っているようでも、オカシイなと感じることは多々あると思う。僕らプロであっても3日と同じ様にクラブを振れるなんてことはめったにない。そんな時にスウィングがオカシイと練習場などで悩むよりも、ちょっとクラブに変化を求めるみると意外に簡単に問題が解決することもあるかもしれない。そういう頭の柔らかさもゴルフゲームをする上で必要な要素の1つなんじゃないかなと思う。

このTRインサートはスゴく気に入っている。ミスヒットに対してとても寛容で、少し芯を外したくらいでは、ボールの転がるスピードと距離が変わらない。グリーン上で3パットをする時は、大抵打ち過ぎたり、ショートしたりと距離の問題が存在する。その距離の問題をパターが解決してくれるのだから多いに助かる。自分の今年のツアーでの平均パットのデータを見ると過去最高の1,7412で現時点で19位にランクしている。ミスヒットに寛容だということの安心感で、逆にパッティングのストロークが良くなっているのかなと思う。

トーナメントのない時期にしかできない練習だけれども、こうしてたまに違うクラブを使うことで見えてくることがある。また違うクラブや新しいクラブを使う楽しさがあるのもゴルフ。オモシロいねゴルフ。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2013-07-30 00:56 | Clubs/Equipments

S56を知ることで、よりG25を知る

f0068901_1522664.jpg


日本ツアーも長い6週間にも及ぶ夏休みに入った。それぞれのプロ達は地元のオープン競技へ出場したりする者もいれば、家族との時間を大事に過ごす者もいると思う。前向きにこの夏休みを捉えれば、シーズン途中に自分や家族の為に時間を持つことができるということ。ただし試合が無ければ収入もないけれど…。

自分は北海道を離れて一旦千葉へ戻ってから、福島オープンへ出場したのちタイへ10日間程のゴルフプチ合宿へ行ってきた。合宿とはいえ、そんなに気合いを入れたものではないけれど…。今回の合宿の目的は「いつもと違うクラブを使う」ということ。スコアやスウィングをどうのこうのとすることではなくて、いつもと違うクラブを使ってラウンドをして、クラブの違い、クラブによってのスウィングへの影響やコースマネージメントへの影響を知ることを目的としたものだった。今回帯同したのは『PING S56』アイアン。今年のシーズン初めから使っているG25とは全く違うタイプのクラブだ。G25に不満や問題があったから、今回のようなことをしたわけではない。逆にG25の良いところを再認識したいということが一番の要因だと思う。実際にこんなことをする必要があったのかどうかはわからない。今ではすっかり手に馴染んだG25アイアンだけれど、馴染んできたからこそ、G25の良いところや長所を忘れてしまっているのかもと考えたんだ。

結果はというと、やはりG25アイアンは素晴らしいと思う。自分が打ちたい球を打つ為に、足りない技量を補ってくれる、そのサポートが非常に大きい。ましてコースへ出ると平らなライなど無いわけで、練習場と同じように打つことはかなり困難を極める。そんな時にクラブのサポートがあるのはホントに助かる。S56もいいアイアンだ。高いレベルでの操作性や(芝やライの状態に影響を受けた)精密なレベルでのボールコンタクトはS56の方が上のように思う。ボールを上げる、飛ばす、曲げるという基礎レベルでの操作は断然G25の方が上かな。これは各自のスウィングとの相性などもあるので、どちらのクラブが良い悪いではない。今回はS56とG25という両極端なクラブを比較したので、性能面のことなどを比較しやすかったというポイントを考えると、PINGのラインナップにはその2つの中間に位置するであろう『ANSER』と『i20』がじつは両方の良いとこ取りをしていて、もしかしてベストな選択なのかなとも思う。気になるなぁ。

もう一回合宿しないとな(笑)
[PR]
by yoshi_tsukada | 2013-07-29 15:44 | Clubs/Equipments

給食食べました

f0068901_1094114.jpg


『JGTOサイトから活動報告①』
『JGTOサイトから活動報告②』

北海道の千歳でSEGASammyカップを終えて、その足で岩手県の盛岡へ向かい一泊。翌朝に宮古市立田老第一小学校を訪れました。目的はJGTOが進める社会貢献活動の一環であるスナッグゴルフの普及するため。僕自身、スナッグゴルフに接するのは初めてでした。スナッグゴルフも初めて、また普段から子供に接する機会もなく、普及活動として子供達に上手くゴルフを教えることができるのか不安はあったのだけれど…やっぱり上手く教えることはできなかった。代わりに一緒に楽しく遊んでしまったって感じかな。いろんな子供がいるのにはビックリした!同じことを教えても、言われた通りにやろうとする子供、考え込んで動かなくなってしまう子、何も関係なく勝手にやり始める子、独創的な解釈でスウィングをしようとする子(笑)なんかそんな子供達を見ていたらオモシロくて思わず笑ってしまった。だけど初めてのスナッグゴルフに取り組む真剣な子供達を見ていたら昔の自分を思い出した…。スナッグゴルフなんかない昔、同級生と2人公園でプラスチックの穴空きボールで、自分達が作ったコースでゴルフをしていたのを思い出した。プラスチックボールもそのままでは飛ばないので、ビニールテープでぐるぐる巻きにして穴を塞ぐとちょっと距離がでるようになる。他に誰もいない公園で友達とスコアを争い、フックだスライスだバックスピンだ!と真剣に遊んでいた頃があったなと。大人になって、良い意味でも悪い意味でも、当時のようなゴルフをする楽しさを忘れてしまった自分に気がつかされたように思う。逆に田老小の子供達に御礼を言いたい「ありがとう」と。

子供達と机を並べて食べた給食。美味しかったです。また機会があれば、どこかの子供達とスナッグゴルフして給食を一緒に食べてみたいな。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2013-07-10 10:33 | 雑談…

資産運用

少ないモノではあるけれど資産運用をそろそろ始めようと考えている。ちまちま少ないモノを溜め込んでいるだけではダメでしょ。高配当は望めないと思うけれど、リターンは必ずあると思う。





運用する資産はゴルフの『経験』と『知識』。





より大きくて価値のある『経験』と『知識』を手にしたい。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2013-07-09 11:57 | 雑談…