「ほっ」と。キャンペーン

Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

全英予選アジア地区

シーズンが始まったばかりだけど、もう全英予選が始まる。ホントに全英へまた行きたい!予選は2月28日〜3月1日の2日間。タイのアマタスプリングスで行われる。

『International Final Qualifying - Asia Draw』

上は初日の組み合わせ表。日本からの参加も増えてきたね。この予選に参加できる条件は、ワールドランキングのポイントを持っていること。そしてランキング順に78名の出場枠にエントリーできるようになっている。下はエントリーリスト。リストの右端の「OWGR」はワールドランキング順位。

『International Final Qualifying - Asia Entries

3回目の全英へのチケットを手に入れたい!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2013-02-27 20:09 | Traveler's | Comments(1)

I-GRIND

f0068901_2434799.jpg


TOUR GORGE (TS) をHALF MOON GRIND系にアレンジを加えて削ってもらったカスタム・グラインド。削ってくれたスタッフに敬意を払う意味で、イニシャルのIを取って『I-GRIND』とでも呼ぼうと思う。具体的には、TSの6度あるバンスを更に落とし、リーディング・エッジ側のソール面を全くのフラットに削ってもらった。これは芝の薄いところでもクラブをボールの下に入れられるように、そして固いフェアウェーからでも跳ねないようにという意図を持ってのもの。またフラットな面がバンカーで砂の捕まりが良くなる効果もあると思う。

ウェッジのソールはいろんな形状があり、自分の打ち方に合う形を探していくのはゴルフの楽しみの1つだね。PINGにはEYE2を始め独特な形状を持ったウェッジもあるので、これからも参考にしながら探していきたいと思う。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2013-02-18 03:36 | Clubs/Equipments | Comments(2)

2月16日 今日の一言 JGF

昨日15日、東京ビックサイトでジャパン・ゴルフ・フェアが始まりました。見た感じ印象なので、実際にどのくらいの数の人が会場へ来ていたのかわかりませんが、ここ数年で一番の人が多かったのでは思います。初日は業者さんがくる日なので、例年一般の人は少ないはずなのですが、今年は一般の人達も多かったですね。PINGのブースにも多くの人が来てくれました。週末にはもっと多くの人がPINGのブースを訪れてくれることでしょう。これはお世辞ではなく、毎年PINGを訪れる人が増えていると思う。昔からPINGを愛してくれている人に加えて、新しくPINGに興味を持ってくれている人が増えたってことだと思う。嬉しいことだね。G25がクラブラインナップに加わったので、いまPINGのクラブラインナップはとても充実していると思う。なかなかフィッティングをする機会がない人なんかには、是非会場でPINGのクラブを打ってみて欲しい。実際にPINGのクラブを打つとどういう球がでるのか体験して欲しい。いま僕のバッグに入っているG25、打てばなんでプロの僕がG25をチョイスしたのかわかって貰えると思う。是非ゴルフフェアへ行ってみてください。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2013-02-16 03:16 | 今日の一言 | Comments(1)

GC2

前にドライバーでのスピン量が少ないように感じると書いた。あれからロフトのあるドライバーヘッドも手に入れて、数本のシャフトと組み合わせながら打ち比べている。G25自体でも0.5度のロフト調整は可能なのだけれど、今回はあえてロフト違いのヘッドを試すことにした。打ち比べてみると、なかなかオモシロいデータが取れている。気温が低く、ボールも違うので、どれだけ正確に本番に近いデータが取れているのか分からないけれど、クラブを選択していく上でとても参考になる。

じつはこうしてデータを取れるのも、手元に『FORESIGHT GC2』があるから。正直これはとても重宝する。かなり正確な(希少条件は計算しない)詳細なデータが取れるうえに、コンパクトで持ち運びができる。キャディーにちょっと我慢してもらえばラウンド中にデータを取ることもできる。GC2は自身のボール・ストライキング・データを取る為のモノなのだろうけれど、このコンパクトさのおかげでセルフ・クラブ・フィッティングができる。いままではフィッティング・ルームでのデータ収集が、実際のコース上でデータが取れるようになった意味は大きい。自分のフィーリングと実際の数字を照らし合わせることができるのだから。このGC2は購入を前提としてテストさせて貰っている。使い方も考えれば色々ありそうだ。通年を通して自身のデータを取れば、季節や気温などの違いによってのバラツキもデータとして取れる。より多くのクラブや自身のデータを持てるようになるのはいいことだね。

あ〜早く暖かいアジアへ行って存分にテストしたいね。待ち遠しい…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2013-02-13 15:04 | Clubs/Equipments | Comments(1)

Booking

2月もそろそろ中旬に差し掛かってきた。この時期になると日本ツアーで周る先のホテルの予約を始める。数ヶ月のアドバンスがあると結構いいホテルも安いディールでホテルの予約サイトにでていることがある。今年はどこに泊まろうかと考えながらホテルを探すのは意外に楽しいものだ。便利な立地にあることと、何処へ行ってもほぼ同じ慣れた部屋に泊まれるという理由でチェーン展開しているビジネスホテルに泊まることが多い。でもホントは街中のシティーホテルに泊まりたいんだ。たま〜に旅行で数泊するくらいなら、そういうホテルに泊まる贅沢ができるけれども、毎週毎週となると、ちょっと難しいな、オレの稼ぎじゃ(笑)でも早目に探すと、そういうシティーホテルが安く出ていたりするんだ。よくマネージャーに、そういう雑務を頼むプロがいるけれど、オレは自分でホテルを探す。シーズンが始まってからも、ちょっと成績がいい試合があったりすると、来月のホテルはグレードアップしようかなとか考えながら探すのも試合からのストレスから解放される方法なんだ。ちなみにホテルを探す時に大事なのは、近くに美味しい食事ができる店があること。もしくは美味しいお店を探索できそうなところがあること。もっと言うと、食事の後に、1人で飲みに行けるバーみたいなのがあるとなおいいね。ツアーも10年くらいになり、定宿ではないけれど、いつも同じホテルに泊まってしまうことも多い。今年は少し冒険して新しいホテルを開拓してみようかなと思う。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2013-02-12 02:34 | 雑談… | Comments(2)

スピンをめるぐ話

最近のクラブとボールは揃っていかに余分なスピンを減らしてボールを飛ばすか?という方向へ向かっているように思う。10年も前にはまだボールにもクラブにもスピンをかけられる要素は多分にあったように思う。もっと昔はボールにはスピンが入るのが当たり前で、それをテクニックでスピン量を減らして飛ばしたり、故意にスピンをさせてボールを曲げたりしてコースを攻めていた。そういう技術が要求された時代だった。

今は違う。ボールからスピンがなくなったということはボールを曲げる、飛ばさない、止めるということが難しくなったとも言える。飛ばすことに関してはクラブとボールが適正なスピン量を確保してくれるので、自分で必要な弾道の高さをだせばいいだけだ。ある意味、余計な技術がいらない時代になった。クラブやボールのする仕事を邪魔しないスウィングが要求されるからだ。

個人的に思うのは、どちらが難しくて、どちらが簡単だとは言えないということ。そして時代の流れは止まらないのだから、今のクラブとボールを使いこなしていかなくてはいけないということ。幸か不幸か、オレはスモールボールの時代にパーシモンドライバーでゴルフを始めた。そして460ccのドライバーで30年前には名前さえ聞いたことのない素材で何層にも覆われたハイテクボールを打っている。ドライバーなんかはあり得ない大きさにまでなり、あり得ないような位置に重心がある。オレが60歳になった頃にはクラブやボールはどんなことになっているのだろうか?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2013-02-09 12:42 | Clubs/Equipments | Comments(0)

G25さらに距離を求めて…

f0068901_1117017.jpg


G25を使い始めてからドライバーはロフト8.5°のモノをバッグに入れてきた。もちろんお気に入りの1本だ。距離も去年よりも飛んでいるし、打ってみて特に問題があるわけではないのだけれど、もう少し距離がでてもいいもではないか?と感じた。自分がドローボールを打つからということもあるだろうけれども、ボールが落ちるのが早いと感じるショットが度々あるのも事実。スピン量か弾道の高さが足りないのだと思う。距離を求めて少しロフトのあるヘッドを試してみようとPINGからロフト9.5°と10.5°のモノを取り寄せてみた。果たして距離は伸びるのだろうか?

一つ気がついたこと。昔はもっと距離をだそう、飛ばそうと思ったら、ロフトのないクラブを選択した。いまは飛ばすためにロフトのあるクラブを選択している自分がいる。これもクラブの進化した時代だからなんだね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2013-02-09 11:31 | Clubs/Equipments | Comments(0)

チェンライからの一枚

f0068901_17523777.jpg


先週タイの最北部チェンライで行われたSINGHA MASTERSでの一枚。最近顔を覚えてくれたタイ人のカメラマンが撮ってくれました。ドローボールを打っている雰囲気がでていて好きです。最近は日本でもプロのカメラマンさん達にカッコよく撮影をしてもらって、こうして後から画像を頂くこともあります。嬉しい限りです。(素人として)趣味でカメラを買って写真を撮っているので、いつもいい写真を貰うと、どんなレンズでどういう設定で撮ったのか?なんて素人妄想して楽しんでいます。

いつかオレも、トーナメントでカメラマンとしてカッコいいプロ達の写真を撮ってみたいと夢見ています。あくまで素人してね。カメラを始めてからプロとアマチュアの差というのが良くわかるようになった。そしてゴルフのプロとしてアマチュアの事が初めて色々と理解できるようになった。いろいろと分かってくるとカメラはアマチュアとして、好きなように楽しむのも悪くないかなと思っている。

この写真を撮ってくれたAnanchaiさんに感謝。そして日本のカメラマンの方々、いつもありがとうございます。今年も宜しくお願いします。またカッコいい写真を期待しています!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2013-02-05 20:29 | Traveler's | Comments(2)