Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2012年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

11月29日 今日の一言  

今日からアジアンツアーのキングスカップが始まった。ここはタイの東北地方(イサーン)のコンケンという街にあるシンハ・パークGCで行われている。シンハビールが工場の隣に広大な土地を使って綺麗で長くて広いコースを造った。東北地方というイメージから、少しは涼しいのかなと思ったけれど、やはりタイ、昼間は30℃以上あり暑い。身体はダルいし、緩んでしまってスウィングのタイミングが取りづらい。まだ先週のカシオで寒い中でプレーしたイメージが残っているのだと思う。そこにきて一緒にプレーしてるタイ人の若い選手、名前は覚えてないけど(笑)ABCに勝ったハン・リーよりもデカイ身体でスゲぇ飛ばすんだ。朝から軽く40ヤードオーバードライブされて、いきなりガクッときた。若いヤツに飛距離を負けるのはしょうがないけど…あまりにも違いすぎると悲しいね。張り合おうとは思わないけどね。オレも昔は40歳のオジさんには絶対に負けるわけないと思ってたからね。実際に負けなかったし。とにかく早く暑さに慣れたい。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2012-11-29 16:15 | 今日の一言

今年変えたモノ ② GRIP

f0068901_22321929.jpg


グリップを変えた。もしかしたら1番大きな変化だったかもしれない。

何が大きな変化だったかというと『グリップの太さ』である。写真に今年使っている2種類のグリップ。一つはPING純正のID8(黄色)グリップ、もう一つはIOmic MIDグリップ。PING ID8は主にドライバーからユーティリティーのクラブに、IOmic MIDはアイアンとウェッジに装着。この2種類のグリップの共通しているところは太いということ。ほとんどの人は握った瞬間に驚くと思う。そのくらいに太いグリップだ。ID8(黄色)は6種類あるグリップサイズの中で2番目に太いモノ。そしてイオミックMIDはもう驚くくらい太い!(しかしメーカーによると、これよりも太いJUMBOグリップがあるとのこと)

根拠はなかった。ある日、フッと思ったんだ。「グリップを太くしよう」と。いま思えばグリップを太くしたことは正解だったと思う。なぜかというと、ドローボールが凄く打ち易くなったから。右手と左手の力加減のバランスが取り易いから、力が入って右手だけ使ってしまうことがなくなったんだ。そこまで分かってグリップを太くしたわけではないけれど、結果をみるといい判断だったと思う。またPINGとイオミックに太いグリップがあったというのが幸運だったな。もし太いグリップのデメリットは?と聞かれたら…。一つは、もう普通のグリップの太さに戻れないこと!怖くて細いグリップは握れないね(笑)そしてもう一つは、(距離の短い)アプローチの時にウェッジで繊細なフィーリングが出しにくいことかな。

来年も引き続き太グリップで戦います。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2012-11-26 23:05 | Clubs/Equipments

今年 変えたモノ ① SHOES Asics

f0068901_1502321.jpg


これまでずっと履いてきたFJを離れようと考えだしたのは、今年の2月くらいだと思う。正直言って他の選手の履いているアシックスのシューズをカッコいいと思ったことはなかった。まさか自分が履く事になるなんて思ってもいなかった。だけど今ではアシックスに変えたことは間違っていなかったと思っている。ツアーにでるようになって、初めて足にマメや皮剥けがなく靴の中が血だらけになることがないシーズンを過ごせた。まさに快適にコースを歩けたシーズンだった。数字には出せないけれど、シューズにも助けられたシーズンだったように思う。

今ではプライベートでもアシックスブランドのオニツカタイガーを履くようになった(笑)『NIPPON MADE』っていう高いスニーカーも買っちゃったよ。願わくばゴルフシューズにもオニツカタイガーがでるといいなと。

ちなみにアシックスのシューズはゴルフシューズというより、スニーカーという感じで考えた方がいいと思う。合わせるパンツもチノパンみたいなスタイルものがいいと思う。いわゆるゴルフパンツはスタイル的に合わないと思う。あくまで個人的な意見ですが…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2012-11-26 15:14 | Clubs/Equipments

11月24日 今日の一言 感謝

僕にとっての日本ツアーは、昨日のカシオワールドオープンの予選落ちにより終了しました。最後の試合を予選落ちで締めくくったことは非常に残念に思う。前向きにとれば、来年へ向けて気が引き締まっていいのかなと。オフには、しっかりとした計画を立ててトレーニングや練習をしたいと思う。この歳になってようやく、自分にできる事とできない事がわかり、なにをすべきか見えてきていると思う。シード復活もしたし、美味しいお酒を飲んで、美味しいご飯を食べて、ワンコ達と遊びながら年内はゆっくりしようと思う。

一年間応援してくれた方々、ホントにありがとうございました。今年は多くの人にもツアー会場で声を掛けてもらい嬉しかったです。来年も宜しくお願いします。またトーナメントを観にきてください。そして今年はPING仲間が増えた年のようにも思う。僕と同じクラブを使っていると言われると、仲間が増えてような気がしていいもんだね。これからもPING共々よろしくお願いします。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2012-11-24 17:56 | 今日の一言

ヒメネス

f0068901_1022087.jpg


先週の香港オープンで優勝。ツアー通算19勝目、そして欧州ツアーの最年長ツアー優勝記録を塗り替えたスペインの粋なオジさん、ヒメネス。パワーゴルフの時代に最年長優勝記録を塗り替えるスゴさ。カッコいいオヤジだ。同じPING使い、そしてドロー打ちとして憧れる存在だ。

写真はヒメネスのサインボール。香港オープン前週のシンガポールオープンの時に(知り合いに頼んで)貰ったもの。嬉しいね。また宝物が増えた。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2012-11-21 10:29 | 人物

11月19日 今日の一言 メンバーシップ

タイのバンコク郊外のロイヤル・ジェムズ・シティーというコースのメンバーになった。いちゴルファーとしてコースのメンバーシップを持つというのは嬉しいことだ。コースはまだ若く、木々もまだ大きく育ってはいないけれど、緑の綺麗なコースなので5年〜10年後にどうコースが育っているのか、今から非常に楽しみだ。そしてメンバーとなって良いなと思ったことが一つある。それは自分のゴルフの調子を測れること。スコアはもちろん、ティショットの距離など、ラウンド毎に過去の自分自身と比較ができること。いままでのゴルフ人生の中で、特定のコースで練習ができたという経験はアメリカ留学時代しかない。プロになってからは、特定の練習コースを持ったことがないので、いま自分が練習できるコースを持ててとても満足している。オフにもじっくりと自分のコースで練習をするのがいまから楽しみだ。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2012-11-19 01:35 | 今日の一言

11月12日 今日の一言  風

たまにある話。ラウンド中、どのホールへ行っても常にアゲインストの風が吹いている時がある。風は回るというから、そういう事もあるのだろうと思う。という事は、中にはどこへ行ってもフォローの風が吹いているプレーヤーも同時にいるわけだ。ゴルファーだからか、こういう状況が起きるとすぐに人生などに当てはめて考えたくなってしまう。「何しても上手くいかねぇな…」なんて具合に。人間、ちょっと可哀想な自分に酔ってみたくなることあるよね。

ゴルフでも人生でもアゲインストの風というと「辛い」とか「苦しい」というイメージがあるけれど、考えようによっては実は助かっていることもあるんじゃないかと思う。ゴルフでいえば、距離のあるホールなんかでは、長いクラブでグリーンを狙うショットでアゲインストの風はボールをグリーン上に止める助けになることもある。逆にフォローの風はボールを止めることの邪魔になる。考え方や、視点の違いは大事だよね。ちなみにオレ自身は縦の風(フォローやアゲインスト)よりも横風の方が気になる。ドロー打ちなので、右からの風なのか左からの風なのか、そちらの方が重要だ。特に左ドッグレッグのホールで右がハザードやOBで、風が左真横からなんてティーショットは絶望的な感じがするね(笑)未だにどういう攻め方をしていいのか分からないよ。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2012-11-12 06:56 | 今日の一言

11月11日 今日の一言 シンガポールオープンを終えて

全英オープンというメジャーを除けば、自分としては初めてのワールドクラスの高額賞金トーナメント出場となった今回のシンガポールオープン。残念ながら予選落ちとなったけれど、まず失敗したのは、ホテルの部屋のエアコンの管理をちゃんとしていなかったこと。ついて3日目、ちょうどマンデー予選の日には風邪で熱をだすという…。結果に違いはなかったかもしれないけれど、ゴルフに集中できる状態ではなかったわけで、反省はしている。

そして久々に見た欧州勢プレーヤー達。正直な第一印象は「身体がデカイ」ということ。中には日本人の自分らと変わらない体型・サイズの選手もいるけれど、大抵は大きいというのがオレの感想。例えばハリントンは華奢ではないけれど、細めの選手というイメージを持っていたけれど、実際に見ると締まっていてデカイ!身体が大きいことは良い事だと思う。「大は小を兼ねる」というけれど、その通りだと思う。同じ技を持ち、繊細なフィーリングも持ち合わせているのなら、身体が大きい方がいいよね。オレも大きくなりたいわ。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2012-11-11 19:40 | 今日の一言