Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

TRY AGAIN

f0068901_22141635.jpg


今年のカシオワールドは熱い試合だった。初優勝に片手をかけて最終日を戦った宮里優作も熱かったと思うけど、裏のシード争いも例年になく熱かった。金額も例年になく高かったし、最後の試合でシードラインにギリギリ選手のほとんどが予選を通り、最後まで誰がシードランキングに入るのか分からなかった。自分も途中までは圏内にいたんだけどね(笑)

もう知っているかとも思いますが、シード復活と初優勝をかけて戦った今シーズンでしたが、どちらも叶う事なく終わりました。せめて最低でもシード権は確保したかったのですが…。今シーズンは¥13,505,932- を稼ぎランキング74位となり、来年のツアーに出る為にファイナルQTへ行く事になりました。

もう一回やり直しです。

結果が出せなかったのは不運なわけではなく自分のゴルフの今の成績がこうだという事。足りないものがあったからの順位でり、嘆くこともないし、文句もいうつもりもない。今年一年掛かっても克服できなかった幾つかの課題が残っている。その結果のこの順位なのだから、自分では納得している。一つでも課題を克服できていたら、間違いなくシードは獲れていただろうし、優勝争いもできていたかもしれない。たぶんね。

と言うことで、来週のファイナルQTからTRY AGAIN!

初シードを決めた冨山聡にはおめでとう!と言いたい。人任せではなく、最後に自分で掴み取ったシード(カシオワールド4位タイ)は価値があると思う。素晴らしい。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-11-28 06:17 | Traveler's

最終戦の高知へ向かう

f0068901_1555331.jpg


いま羽田空港のラウンジにいる。今年も国内線を乗り継いで試合へ向かうのもコレが最後になる。早いものだ。意外に好調だった春先を過ぎて、夏の北海道から苦しいゴルフになったなぁともがいていたら、もう最終戦のカシオワールドに向かう自分がいる。ヤレることはやろうと努力はしてきたつもりだから後悔はないけれど、やはりもう少し試合に出たかったなぁとは思う。しかし、コレだけはQTからシード選手へと上のステージへ登らないと無理な話。そしてシードを獲るかどうかが、カシオワールドで決まる。今年も結局最後のカシオワールドが1番大事な試合になった。

ま、結果はどうなるかはわからないけれど、自分が何をすればいいのかは分かっている。上手くいかなかった時もどうなるかは分かっている(笑)緊張はするだろうけど、不安はない。

カシオでは、シード復活も大事な目標だけれど、長い長いオフシーズン(約4ヶ月)の間の生活費を稼ぐという、もっと大事な仕事がある。じつはこっちの方がシリアスな問題かも。4ヶ月も収入がないと考えると怖いよね…。

と、毎年の事だけれど、カシオワールドへ向かう時にはいつも色々と考えることがあるんだ。

それらを全て背負っての一打、1mのパットはシビれるよ!ホントに。最近は少し楽しめる様にはなってきたけどね(笑)できるなら味わいたくないことだね。

では!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-11-20 15:33 | Traveler's

3rd Stage

ツアー終盤の花形となる試合の一つ、太平洋VISAマスターズが行われている裏で来年のツアー出場権を得る為のクオリファイング・トーナメントの3rdステージが行われた。静ヒルズカントリークラブ(茨城)、ホウライカントリー倶楽部(栃木)、富士カントリー可児クラブ 可児ゴルフ場 志野コース(岐阜)の3コースで行われた。

『JGTO 3rd Stage Qualifying Tournament 2012』


過去に3rdステージを経験してきた(今でもオレ自身ほぼ毎年クオリファイングにはでていますが…)者から言わせてもらうと、12月に行われるファイナル・ステージよりも3rdの方がプレッシャーがかかると思う。何故ならば3rdで落ちてしまうということは、ほぼ来年度のツアーの試合に出場できる権利がなくなってしまうから。要は仕事がない!ということ。説明しなくても生活を賭けてゴルフをしているプレーヤーにどれだけのプレッシャーがかかっているか理解してもらえると思う。

ツアーと違い日の目を見ない場所のことなので、選手のストーリーは聞こえてきません。だけど学生を終えてツアーを目指す若いプレーヤーから、ベテランとしての復帰を賭けたプレーヤーまで、クオリファイングに参加する選手は多様です。それぞれに希望と不安を抱えて戦っています。同じツアーを目指すプレーヤーとして、毎年この3rdステージの結果を見るのは辛いです。しかし競争世界であるプロゴルフツアーで生きる以上、自分のスコアの1打1打がカウントされ順位をつけられることはしょうがないこと。それを分かって身を投げてきた世界なんだから。オレ自身にだって、ちょっとした怠慢や怪我などで落ちていってしまうことだってある。「停滞」という言葉はプロの世界にはないと思う。一生懸命にやって変われなかった事はあると思う。しかし「現状」でいいと思った瞬間に落ちていくと思う。常に上を目指して、そして自分を極めていかないと、生き残れないと思う。

暗いことばかり書いてしまったけれど…。

人生は終わってみなければ分からない事は多いと思う。じつは停滞やもしかして後退に思えたことでも、違う道を選ぶことや、ちょっと腰を下ろして休むだけでも、その後に好転していくことだってある。世界は広い。一時的に不本意ながらツアーから遠ざかっていた人間が力を付け直して戻ってきた例だって多々ある。それはツアーから離れたからこそ力を付けられたと言える例もある。ようは人間考え方次第。(補足として「力をつける」というのは、金銭的にも実力的にもという2つの意味を含む。)自分が向いている方向の先にゴールがあると思えれば…。地球は丸い、裏からでも横からでもゴールは目指せるはず(笑)アジアもある、アメリカだっていいし、休憩して力つけたっていいし。

頑張ろうぜ!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-11-12 12:30 | Traveler's

stayin' Home...


f0068901_1420262.jpg

今週は富士山の麓、御殿場で太平洋VISAマスターズが開催されている。残念ながら今年の出場は叶わなかった。やっぱりプレーしたかった。調子がようやく上向きになってきてる時だから尚更だね。このVISAと次週のフェニックスはツアープロならでたい試合なんだけど、なかなか出場権利が下まで降りてこないんだ。来年は是非でたいね。

こうして家にいるのも悪くない。犬と一緒に海へ遊びに行けるし。好きな映画も家で観たい放題だし。だけど長くは居られないな。1週間もすればまた試合に行きたくなる。

次はカシオワールドオープン。オレにとって最後の試合。シード権争いもかなりヒートアップしてるし、エキサイティングで楽しい1週間になると思う。お見逃し無く!

数日前に【Hulu】に登録した。古い映画ばかりだけど、好きなだけ観れるし、PCでもiPadでもiPhoneでもPS3でも観れるからいいね。AppleTVもあるから暇つぶしの映画には困らない。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-11-11 14:21 | MOMO's Family

Winter Gear

まだ気が早いけど…。

オフシーズン用のトレーニングギアを購入。基本的に室内で何かしそうもないから(笑)ワンコと一緒海に行った時にでも遊び回ろうと思ってさ。

f0068901_1429582.jpg

【C3fit】サポータータイツ

f0068901_14295870.jpg

【THE NORTH FACE】E-TIPグローブ

サポーターは、色と生地が気に入ったのと、膝辺りのサポート感がしっかりしてそうだったから。そしてグローブは、着けたままでもスマートフォンを簡単に操作できる工夫がされているモノなんだ。

次はシューズとトップが欲しいなぁ。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-11-10 14:19 | Clubs/Equipments

PING fellows

アジアへでると同じPINGを使うプレーヤーが結構いる。ツアーで戦うライバルであるけれど、何故かPINGのクラブを見ると仲間に思えてしまう。そしてどのクラブをバッグに入れているのか気になり覗いてしまうんだ…。シンガポールオープンのマンデーでのスナップショット。
f0068901_11252413.jpg

コレはスコットランドのロス・ベイン選手のバッグ。ウッド系は既にG20になっていて、アイアンはS56、ウェッジはTourSでまとめている。パターのヘッドは分からないけど、今流行りのベリー(中尺)を使ってた。ロスもPING歴が長いプレーヤーだね。


そして次がウィル・ヤナギサワ。じつはPINGプレーヤーじゃない…。
f0068901_11252590.jpg

バッグに収まっているS56アイアンとウェッジはマンデー前日に届いたらしい。結果的にはウィルは17番でダボを打ちマンデー通過ならずだったけれど、前半は6アンダーでターン!替えたばかりのアイアンが好調だと言っていた。

ナゼPINGだと仲間に感じるのだろう?不思議だ。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-11-08 04:49 | Clubs/Equipments

ちょっとしたホリデー

シンガポールをでてタイのバンコクへ飛んだ。洪水が拡大して被害も広がっている模様。完全に水が引くのはまだ2ヶ月くらいはかかるのじゃないかな。そんな中でも、2日間ほど身のある練習ができた。ABCマンデー後に東京神田のアナライズを訪れて、ちょっとした改造をスウィングに施した。その改造がいい兆しとなって現れてきている。これから日本へ帰るけれども、この『いい感じ』を続けられるといいね。

とりあえず帰国後、火曜日に御殿場へ行き。太平洋VISAマスターズのウェイティングへ行く。もし出場できない場合は1週明けてのカシオワールドオープンが今年の日本での最終戦となる。もちろんシードはちゃんと獲るよ!

この空き週を使って、PINGのスタッフに頼んでパッティングのフィッティングをしようかと思っている。まだ連絡してないけど。お願いします。

では!

タイ空港のラウンジより

そしてタイが洪水の被害から早く立ち直りますように!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-11-07 01:16 | Traveler's

1 STROKE IN SINGAPORE

f0068901_167253.jpg


先週のABCのマンデーで惜しくも1打差で出場権利を逃してチャレンジすることにしたバークレイ・シンガポールオープンのマンデー・トーナメントだったけれども、これも惜しくも1打足りずに涙を呑むことになった。

悔しいね。ブリジストン・オープンからABC、そしてシンガポール・オープンと全て1打足りず。しかも3試合共に(プロとしての直感で)最終ホールを迎えて「もう1つバーディーが必要だな…」というのは分かっていた。獲る必要があり、獲りたい気持ちもあり、勝負したけれど結果は全てバーディーが獲れずに終った。

分かっているのは、1打分の力が足りないこと。これは最終ホールでバーディーが獲れないという意味じゃない。朝のスタートからの18ホールで、あと1打を縮める力が足りないってこと。悲しいけれど、コレが現実であり、その積み重ねが一年を通して確実に賞金を稼いでランキング上位に行けるかどうかの違いになっているのだと思う。

どうやれば1打縮められるのか?もしかしたらちょっとした風の読みだったり、ピンを狙うショットの弾道のイメージだったり、下りのパットを痺れて打ち切れなかったり、そんな小さなことかもしれない。これから最終戦のカシオで決まるシード争い。そこで後1打分の賞金で、ランキング70位と71位の差が決まるかもしれない。一年を通して約2500〜2800打打つ中で、最後に1打で勝負が決まる…。怖いね。

たった1打。ランキング上ではたった数万円差になるかもしれない。だけどそこの分かれ道にはお金では計れない程の違いがある。1打だけど意味はデカイ1打。そこを越えられるかどうか?そこが是からプロでやっていけるかどうかにもなっていくような気がする。

それにしても自分なりに懸命にプレーしての1打足りずは正直辛い。どうせなら途中で投げやりにでもプレーしての1打足りずの方が何倍も心は楽に感じると思う。それが3週も続くと…。

だけどここ2週間でゴルフの感じがだいぶ戻ってきたと感じている。腹を括ったからかもしれない。今回のセントーサでも67(-4)の内容は自分でも納得がいくものだった。グリーンもフェアウェーもそれぞれ1回づつしか外していない。チャンスのパッティングがもう少し上手く打てたならとは思うけれど。夏場からの不調を抜け出してきたのかもしれない。

あ〜試合に出たい!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-11-02 16:31 | Traveler's