「ほっ」と。キャンペーン

Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

気持ちのいい挨拶

先週の千葉カントリー梅郷でのダイヤモンドカップで久々のトップ10フィニッシュ! アジアでは幾らかのトップ10や優勝争いはあったけれど、本国である日本では久々のトップ10だった。嬉しいね。あの緊張感と集中力が混じった中でのゴルフは堪らない。何回でも味わいたいと思う。できればもう少し上位で…。

そのダイヤモンドカップの予選2日間はシンガポールからのマーダン・ママットとのラウンド。アジアでは名の知れた一流選手、欧州ツアーの経験もある43歳。日本ツアーへの本格参戦は今年が初めてとなる。いままで何回か過去にクオリファイに挑戦したことはあるのだけれど、どうしてもクオリファイの時期の天候(寒さ)に馴染めずにツアー出場権を獲ることができなかったんだ。去年暮れのクオリファイは例年になく暖かく、寒さが苦手なマーダンも本来のプレーができようやくツアー出場権をゲットしたんだ。体は大きいけれど、決して飛ばしに頼ったゴルフをする選手ではなく、逆に丁寧なスウィングとマネージメントでプレーをするタイプ。日本の狭いコースにも合うと思う。参戦初年からいい成績をあげるのではないかなとオレは思っている。

そのマーダン、試合の最中にも、ボランティアの人達や警備員から、ツアーで仕事をしている人達みんなに「こんにちは」とか「お疲れさま」「ありがとうございます」など声をかけている。全員といってもいいのではないかというくらい、目にする人達に挨拶をしている。彼に言わせると「一日、仕事とはいえ、ギャラリー整理の為に立ち仕事をしている彼等は凄い。サボることもなく、与えられた仕事をこなしている…」それは彼には尊敬に値することらしい。だから彼は、仕事をしている人達に声をかけている。ホントは日本人であるオレらの方が得意なことなんじゃないのかな?でも実際には警備員やボランティアの人達に挨拶をしているプロはお世辞にもたくさんいるとは言えない。マーダンが「ありがとうございます」と声をかけているのを見て、ちょっと考えてしまった。ギャラリーやファンサービスについては語られることが多いけれど、トーナメントを支えている人達へも敬意を表すという意味で、オレらプロは一言声をかけるべきなんじゃないかな…。

そんな当たり前の事を海外から日本へ来た選手に教わった。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-05-31 01:56 | 人物 | Comments(7)

スウィングを違う角度から…



ここのところツアー選手のスウィングばかりブログアップしてるなぁ。今回はなかなか見れない角度からスウィングを撮ってみた。スウィングは立体的3次元な動きのもの、後ろとか前からしかスウィングを見てると気がつかないことも多いと思う。飛球線方向からのショット、スウィングってどうですか?

打つ順番は
1. C.Plaphol
2. P.Marksaeng
3. K.Aphibarnrat
4. Y.Tsukada

流してみてもいいし、何か気がつくことがあればそれも良し!


[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-05-25 21:28 | Swing&Stroke | Comments(7)

日本ツアーで頑張るお気に入り選手達 ⑨ テシマタイチ



尊敬するプロの一人です。最近たま〜に一緒に練習してくれるようになった手嶋さん。同じドロー系なので色々と話をしていて参考になることは多い。しかし今回初めてじっくりと動画・コマ送りでスウィング見た。ビックリ! こんなにいいスウィングしてたんだと。僕の理想のスウィングをしている。たぶん日本一ってくらい、インパクトまで体が開かないのだけは参考にしたいけどね。凄いわ。因に手嶋さんは【B1】タイプです。【B2】タイプの僕のアドレス時のワッグルを見てると気持ち悪くなるらしいです(笑)

また手嶋さんは感性が異常に鋭い。スチールシャフトに貼ってある、メーカーのシールでさえシャフトの感じが変わると言って嫌がるんだ。意味わからないでしょ? 普通の人には感じないね絶対。でもここまで敏感だとクラブ選びやシャフト選びは大変じゃないかと思う。どうなんだろう?

最後に。手嶋さんの憧れというか理想のゴルファーはスペインのヒメネスと米国のケニー・ペリー。どちらも生粋のドローヒッター! ヒメネスは欧州時代に全英予選で一緒にプレーしていらい大好きになってしまったらしい。

大好きな手嶋さんなのでオマケで。ドライバーも!

[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-05-22 22:20 | Swing&Stroke | Comments(1)

2011 WHITE Ver.

f0068901_14191940.jpg


最近なにかと流行のホワイト系、クラブもガジェットもね。

今年はピンクと併用でホワイトボール使おうかと。

ロゴもホワイトバージョンできました!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-05-22 20:38 | Clubs/Equipments | Comments(2)

日本ツアーで頑張るお気に入り選手達 ⑥ キーラデック・アフィバーンラット



今一番イケイケのタイの若手プロ。プロ転向直前のタイ国内ツアーいわゆるシンハ・ツアーの最終戦でプレーしたことがある。クソ生意気そうな顔でガンガン攻めてくるゴルフをしていたが、それよりも小技が既に抜群に上手かったのを覚えている。関係ないけど、当時はまだオレの方がドライバーの距離は負けていなかった(笑) 今は完全にやられている…。
アーム(通称)のスウィングの特徴はダウンに入ってからのクラブのタメ!見てもらえればわかると思うけど、ものスゴいんだ。そしてこれだけタメても体が開くことがないから、パワーをインパクトへ向けることができると思う。そしてオレも初めて気がついたんだけど、インパクト以降のクラブフェースのローテーションが早いし多い。これは他の選手よりもかなり違うと思う。オーバースウィングが目立つけれど、このフェースローテーションがアームのスウィングの一番の特徴じゃないかと思う。

補足だけど、アマチュア時代、アメリカや欧州のジュニアトーナメントで、リッキー・ファウラーやローリー・マキロイらと戦っていたらしい。アーム曰く、リッキーはハンパなく上手かったらしい。因に、この世代のタイの選手はキャディー上がりの叩き上げではなくジュニアゴルフをしてきた新しい世代なんだ。そこを知ってみて見るとオモシロいかも。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-05-18 06:24 | Swing&Stroke | Comments(0)

日本ツアーで頑張るお気に入り選手達 ⑤ チャワリット・プラポール



友達でもあるけれど、個人的にはチャワリットのスウィングが一番好きかな。クラブの捌き方がスゴく上手いと思う。一時、日本ツアーから離れていたけれど、当時はドライバーが安定していなかった。今年はそのドライバーも克服してきた。日本ツアー2勝目が期待できるかも。
元々アマチュア時代は、今欧州でも活躍するトンチャイ・ジャイディーよりも上手く国内では敵がいないくらい強かったとのこと。そしてチャワリットもキャディーからゴルフを覚えてきた叩き上げの選手。スウィング一切を誰にも教わったことがない。それはタマヌーンやマークセンとも一緒。感性で追い求めてきたスウィングってこと。素晴らしいね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-05-18 06:12 | Swing&Stroke | Comments(0)

アジアンツアーで見掛けた日本人選手達⑫ ナイトウヒロタロウ



東北福祉大ゴルフ部出身の内藤、数年前からアジアでも戦うようになった。あまりよく知らなかったのだけれど、今回のフィリピンからちょっと行動を共にする機会ができた。日本でも初めて出場した08年の「静ヒルズトミーカップ」で優勝している。ツアーの出場権さえ取れれば、そこで安定したゴルフができそうな感じがする。本人曰く、スウィングを先輩プロに見てもらったりと、まだ自分のモノが確率されていないのかも。
アジアに来てからも、日本でいうチャレンジツアーの「デベロップメント・ツアー」にも積極的に参加している。ハッキリ言って、賞金の少ない海外の試合でも出掛けて行く姿勢は頼もしいと思う。この経験が生かされるように頑張って欲しい。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-05-12 18:52 | Swing&Stroke | Comments(0)

My Swing - May 10



Course: Wack Wack Golf & Country Club
Hole: No. 18
Distance: 175yard
Club: 6iron

日記のようなモノです。

目標のボールの近くに立つこと、バックスウィングの始動で手を体の近くを通す、この2点はかなり良くなってきていると思う。 一歩づつでも進んでいければいいと思う。

ツアーを周る中でも、街中のコースで試合をすることがあまりない。ここワクワクは街中にあり、高層のマンションやビルに向かってボールを打っていくのは中々爽快。記念にワンショット撮っておきました。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-05-11 23:49 | Swing&Stroke | Comments(0)

My Swing - May 9

日記的に自分のスウィングを記録してみようと思う。体調やゴルフ自体の調子などで変わることもあると思う。良いスウィング、悪いスウィング、全部記録していって見ようと思う。何かオモシロいものが見えてくるかも。



Course: 千葉市民ゴルフ場
Hole: No. 9
Distance: 170yard
Club: 7iron
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-05-09 12:58 | Swing&Stroke | Comments(4)

For Seve

f0068901_2535984.jpg


Twitterで見つけたセベへの言葉。

@Gream_Macdowell: One of my favourite lines I have read this morning.... "Apparently God needed a short game lesson....."

(マクドウェル選手のアカウントから引用)

『神様、ショートゲームのレッスンが必要だったらしい…』

なんかセベを送り出すのに相応しい言葉のような気がする。

Requiescat in Pace Seve...

[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-05-09 02:58 | 人物 | Comments(0)