Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Choice

ONE ASIA or ASIAN TOUR?

数年前にワンアジアが発足してから、アジア地区で二つのツアーが存在することになり、選手間でも色々と問題が起き始めている。ツアープロとして稼ぐ為に、より大きな試合へ挑戦するのはごく当たり前にこと、しかし事はそう上手くいっていない。2011年も、二つのツアーが存在する状況に変わりはなさそうで、両方共に他勢力(他ツアーや欧米の巨大マネージメント)との結びつきを強化、意地でも引く構えを見せていない…。

問題というのは、ワンアジアの発足当時から存在する。元々から存在していたアジアンツアーは、過去にはJGTOと沖縄でトーナメントを持っていたし、現在でもパナソニックオープンとしてトーナメントを共催している。そして中国〜韓国〜台湾〜フィリピン〜東南アジア全域でのトーナメントを持っていた。そこへ数年前に、トーナメント数が激減したオーストラリアツアーが主導(と自分は認識)となり、JGTO、韓国、中国、アジアンツアーを含めて巨大ツアーをアジアに作ろうという動きが現れた。これも関係者内では、立場の違いから賛否両論あっただろうけど、アメリカ、欧州の巨大化したツアーに対抗していくには、必要な必然な動きだったのだとう思う。しかし各ツアーが持つスポンサーやTV放映権の問題がネックとなったのか(この詳細については、事実はわかりません。日本の電通なども絡んだ話だと思うし、表にでてこない話は多々あると思う)巨大ツアー構想 (発案時には確か『ドラゴンツアー』と名付けられていたような記憶が…)は頓挫。話は経ち消えになったと思っていたのだけれど。ビジネス界でもそうだけれど、中国のマーケット(スポンサー獲得の可能性)にかけて、オーストラリアがアジアツアーとJGTO以外の、中国と韓国を引き入れてワンアジア開催へ漕ぎ着けたんだ。そこまでは問題はなかった。問題とは、当初、アジアンツアーと「ツアーからのトーナメントの引き抜きは行わない。」というような約束があったのだと思う。ワンアジアは自分達でトーナメントを発掘し開催していくという、方針を立てていたはず。しかし、いざ始まってみると中国と韓国を引き入れて、独自トーナメントの開催ではなく、アジアンツアーのトーナメントを引き抜いて開催という事になった。それに怒った、アジアンツアーが試合数が当初は少なかったとはいえ、高額な賞金を掲げるとワンアジアへの選手の流出を食い止める為に、メンバーがワンアジアのトーナメントでプレーした際にペナルティーを課すことを決定。1試合当たり$5,000ドルの罰金!という事になり、自由にトーナメントを選んでプレーできる権利が両ツアーの仲違いによって、アジア地区の選手にはなくなった…。

しかし実際は、(公にはならないが)選手が圧倒的にすくないワンアジアは、有力選手にはアジアンツアーが課す罰金を肩代わりするという条件で、選手の引き抜きを始めた。また選手個人でも選手層が薄いワンアジアでのチャンスにかけて、罰金覚悟で挑戦する人間もでてきた。

そして数年が経ち、両ツアー共に苦しいながらも、試合を増やし、賞金を増やし、選手の流出・獲得をして生き残ってきた。そして来年2011年に向けて、ワンアジアも試合数を増やし、またアジアンツアーもIMGという巨大マネージメントと結束してTVの利権を強固なモノとしてツアーの生き残りに賭けてきた。

このままアジア地区で両ツアーが共存できないのであれば、近い将来大きくなった両ツアーのウチどちらかがなくなる可能性はある。個人的には、オーストラリア・東アジア(中国、韓国)をメインに持つワンアジアと東南アジアがメインのアジアンツアーが共存して、というよりは合併して一つのアジアのツアーとして生きて欲しい。それがツアーで生きる選手達の願いでもあると思う。お願いします。

いま2011年はどちらのツアーを戦いの場にしようか悩んでいます…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2010-11-20 11:14 | Traveler's | Comments(21)

フィーリング(スタイル)を取り戻す為の練習方法

f0068901_12371898.jpg


先週もう既にTwitterの方では紹介したのだけれど。パッティング復活へのキッカケになればと始めた練習方法。パターのシャフト下方にセットして、パターヘッドとボールを見えなくしてしまいます。完全に見えない状態にして、これで終わり。このまま後は、普通にパッティングの練習をすればいいだけ。その時に、注意するのは、いままでの構えを意識せずに、一番ストロークしやすい構えをすること。それを感じること。

ヘッドもボールも見えない状態では、当然の事ながら、セットアップの時点からボールがセンターに置かれているのかどうかもわからない。そしてストローク中には、フェースがスクウェアに保たれているのか、もしくは正しくフェースが開閉されているのか?それもわからない。でも、それがいいんだ。人間は目に見えないと、他の感覚に頼り、視覚以外で感じようとするんだ。ある意味、見えてる状態の時よりも感覚が研ぎ澄まされている。そして一番重要なポイントは、見えない事により、今まで以上によりボールの転がるラインに集中するようになるということ。これは個人的な見解だけど、パターヘッドの動きが見えない事により、ヘッドの動きは他の感覚器官が感知し修正、そして視覚は見えているラインとカップの方へと集中するようになるのだと思う。そして最終目的として、見えているパッティングラインへボールを転がすという動きを身体がするのだと思う。

じつは、コレは自分で考えついたものではなくて、友人でもあるマッキー北野(サザンヤード所属)に教えてもらったものなんだ。最近あまりにもパッティングの調子が悪くて悩んでいた時に、フッと思い出したんだ。VISAマスターズでも、スタート前に5〜10分するだけで、いいフィーリングがでてくるんだ。改めてマッキー北野に感謝!

もう一つ。この練習方法の効能というか、いいところは、自分のミスが顕著に現れるってこと。自分は引っ掛け癖があるんだけれど、この練習でもミスをする時は引っ掛けばかり。感覚として「ボールを捕まえたい」もしくは「ボールを右へ行かせたくない」というモノを持っているからなんだろうね。そしてミスが顕著に現れる事によって、それを修正する事にも対処しやすくなるということ。

最後に一つ、誤解して欲しくないのは、この練習をしたからといってパッティングストロークが良くなるわけじゃないってこと。それぞれの人に癖があり、ミスのパターンがある。それが分かるだけで、ストロークの改善ポイント見えるし、対処できるってこと。

※北野さん、勝手に練習方法をブログに載せてしまいました。ありがとうございました。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2010-11-17 13:21 | 未分類 | Comments(4)

VISA太平洋マスターズが終わり

いま家で、これを書いています。御殿場での疲れをゆっくりと癒しているところです。ホントはゴルフをしたいですが、今週のダンロップフェニックスへは出場できそうにないので、東京で次に備えます。

太平洋マスターズ、結果的には満足できない成績でしたが、自分としては今年のプレーで一番いい内容のゴルフだったと思います。これから(シーズンも終りますが、オフシーズン〜来年へも向けてという意味で)の指針になるようなプレーができて、得るものがあったという意味で満足できるものでした。ほぼ1シーズンを費やしてしまったけれど、先が見えるゴルフができて良かった。正直気持ちも沈みがちで自信を失いかけていたけれど、今は先を見て行こうと思えるようになった。

まだ頑張っていける。

最近は、ブログでもTwitterでも自分を応援してくれる人、そして観戦しに来てくれる人が増えてきている。嬉しいことです。ありがとうございます。コメントも全て読んでいます。感謝です!これからも常に自分のベストプレーを目指していきます。

これからも宜しくお願いします。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2010-11-15 15:32 | Traveler's | Comments(12)

選択の条件

f0068901_1443598.jpg


あれから色々考えたけれど、何もわからない。

わかったのは、いままで続けてきた事を信じてやり続けるということ。

だって聞いて、調べて、試してきた事が間違っているとは思わないから。

いままで歩いてきた道を行くしかないよね。

ただ一つ、大事だなということを思いついた。

それは…。

「好きなクラブを使う」ということ。

最新で高性能、物理的にも証明されているクラブ。

確かにいい。宣伝に謳っている事もホントだと思う。

だけど、それを選択して使うことが果たして自分にとっていいのか?

クラブを選択する動機が最新で高性能だから?

まるで健康の為にと、最新のサプリメントを採り続けてるような。

美味しい肉を食べたり、お酒を飲んだりしてこそ心が豊かになると思う。

それじゃ、ゴルフがオモシロくないよね。

好きなクラブを使うからこそ、癖も分かるし、信頼もできるのだと思う。

クラブの選択肢は、もちろん最新の高性能クラブからクラシックまで。

その中から、自分が好きなクラブを選ぶべきなんだと思う。

性能で選ぶということは、結果をすぐに求めていること。

じつは、それが自分を縛り付けて、苦しめているのかもしれない。

選ぶ条件は「このクラブが好きだから」。

どう思いますか?



今、パッティングに悩んでいる自分がいる。

ドライバーやアイアンやユーティリティーのように

パターは最新のモノの方が絶対的に良いとは言い切れない。

もう一回自分で、自分のホントに好きなパターを選んでみようと思う。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2010-11-01 15:05 | 雑談… | Comments(11)

NO BIRDIE OH BIRDIE

f0068901_0484861.jpg

またこの週末も家で過ごすことになった。しょうがない。そういう成績しか結果的にだせていないのだから。
遠からず、その原因となっているのはパッティングだと思う。ここにきてバーディー数も減り、スコアを作ることが難しくなっている。バーディーが1個や2個の日なんて普通だし、1個のバーディーが取れない日すらある。
残念ながら、いくらボギーを打たなくてもバーディーがない時点で、プロゴルフの世界じゃ生きていけない。

週末、家でパターを引っ張りだしたり、握ってみたり、ボールを転がしてみたりしていた。壊れたパッティングを、どうにかするキッカケでも見えないかなと…。先週も、三宮のホテルの近くの中古ショップでPINGの古いパターを2本買った。買ったのはPING ANSER 5KSPING ZINGどちらもブロンズ製のもの。もう新品の頃の黄金色っぽい色はなく、酸化して黒くなっていた。コレクターとしてみると、だいぶ酸化はしているけれど、傷が殆どなくA級といってもいいと思う。何か手を加えて使えるようにしようと思う。そんなパターも一緒に並べて、何が起きてるのか?何が足りないのか?考えてみた。

というか、まだ考えている。

BIRDIEと一緒に考えている…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2010-11-01 00:50 | 雑談… | Comments(3)