Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2009年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

これが現実

ここ数年、データなんて見てもいなかった。どうせ見たくもないような数字しか載っていないのはわかっていたから。でも今年から現実の自分のゴルフと向き合おうと、データを見る事にした。悲しいかな、この表がオレのゴルフの通信簿!これが今の実力。
この数字が良くなれば、必然的にランキングも上がるし賞金も稼げるのか?答えはイエス。この数字を上げる為にゴルフをしているわけじゃないけれど、数字が示すもの、それが実力であり現実なんだよね。

2009年

f0068901_1755162.jpg

いい見方をすれば「伸びしろ」がたくさんあるといえるかも。厳しい見方をすれば「成績の通り」ということになる。ツアーに出始めた頃からのデータと比べると、オモシロいこともわかる。サンドセーブは、自分では好きな部門。苦手意識はまったくなかったのに、いつの間にか(シードを取る前くらいから)自分の中で苦手なものになっていた。ツアーに出始めた頃に持っていたけれどなくした技術、ツアーに出始めから成長のない技術。上手く伸びてくれなかったのは、自分の練習にたいしての取り組みが良くなかったんだろう。自分が取得する必要がある技術、改善が必要な技術、継続する技術の見極めができなかったし、対処できていなかった。ということ。

ある人間に言われて目が覚めた。「部門別のデータ、どれを取ってもアベレージ以上のものを持っていないとこの世界ではやっていけないよ。」その通り!見ないようにしてきたけれど、それは事実。何一つ技術的に、この世界のアベレージを越えていない人間がシードを取るとか優勝するとかはありえない。いくら「じつは上手いんだぜ!」と練習で証明したって、本番での実際の数字が嘘を暴く。この世界で生きていくならば、戦えるだけの武器(技術)がないとね。

それにしても世間一般に自分の成績が開示されてしまうって、考えようによっては辛いね。稼ぎもしっかりとバレるしね。「あなた食べていけるの?」と言われてもしょうがないよね。タケ先輩にも言われたけれど、プロは自立できるのが条件。食えもしないでプロとは言えないよね。初優勝を飾った五十嵐さんも去年のツアーの稼ぎは0円といっても、地方のトーナメントでしっかりと稼いでいるからね。ポッとでの名もないプロってわけじゃない。

優勝は掴み取るもの、そして掴み取れるのはちゃんと技術に裏付けされた強さをもったプレーヤー。でしょ?遼君だって、ラッキーだけで勝ってるわけじゃないからね。

…サンドセーブ率、良くないね。先月のツアー選手権の時から、毎日練習するようになってだいぶ昔のフィーリングが戻ってきた。これから数字をあげていけると思う。ただショットがいい感じだからバンカーにはそんなに入らないと思うけど…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-06-29 18:17 | Traveler's

ビリケンさん…

f0068901_19441957.jpg

ちょっと頼り過ぎたのかもしれないなぁ。ビリケンさんが助けてくれると思ってたんだけど、結局自分でやれということみたいだね。

ミズノオープンは残念な結果となりました。悔いのないように攻めまくってプレーしたけれど、悔いは残るね。目標達成できなかったんだから。攻めた結果だめならしょうがないっていうけれど、それは嘘!攻めても怪我するくらいならいいけど、目標を達成できないならしょうがないとは思えない。いい訳もタラレバも言いたくない。目標に届かないのは、何かが足りないから。それだけ。

攻めて奪った4バーディー。そして怪我の元のOB2発と池1発。攻めて怪我するのは誰にでもできること。攻めて結果をだす!それが一流。OBをだしたホールを両方ともボギーで上がったのは自分でも褒めるけど、OBはあくまでOBだからね。

勝った経験がないから、どうやったら勝てるかは知らない。だからどうしたらいいのかもわからない。でも、自分で思ったことをできれば近くまでいけるという確信は得た。それだけでも、これからのモチベーションになるかな。

…全英行きたかったなぁ。来年か。





そうそう。クーちゃんは里子にだしました。ちゃんと育ててくれる所にお願いしました。もし優勝したら、そのまま飼うつもりだったんだけどね。じつは3匹が産まれてから一回も予選落ちしてないんだ。関係ないけどね。クーちゃん可愛かったな。でも新しい家でも幸せになるから、クーちゃんには良かったかな。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-06-28 20:09 | Traveler's

全英への道 ミズノオープン

f0068901_1941451.jpg


やはり全英へ行きたいという思いが強いのかな。けっして好きなコースじゃないけれど、今週はいいプレーしてるね。ということは、いっつもこういう思いをもってトーナメントへ望めば何か変わるってことじゃない?

本当にターンベリーの全英でプレーしたいと思う。3日目を終えて7アンダーの6位タイ。このスコアと順位はまったく簡単に切符を手に入れられる順位じゃない、攻めてスコアを伸ばさないと全英への切符は勝ち取れない。ま、それが普通だね。誰かがくれる切符じゃないから。

全英に行きたいなら、なんとかしようか。ね。

写真は先日産まれた子犬の長男のクーちゃん。

可愛いね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-06-27 19:21 | Traveler's

プロって…

MJさんが静ヒルズまで応援に駆けつけてくれた。聞くの忘れたけれど、オレはどんな感じでゴルフをしてるんだろうか?今度聞いてみよう。

そんなMJさんと話していたんだけど、最近のプロってなんかみんな同じに見える。みんな同じようなメーカーの支給のウェアを着ている。メタボ気味な奴もいないから背格好も風貌も似てるのが多い。スウィングも同じようなコーチが付き、効率のいい?見た目綺麗なスウィングをしている。言動も目立つ奴がいなくてオモシロくない。そんなようにしか見えないなぁ。
オレが歳とったからなのか?でもオレにわからないということは、見ているギャラリーにもよくわからないよな、多分。中にいるオレにわからないんだからさ。

プロってやはり自分なりのキャラクターを作らないとダメだよな。そういう意味で賛否両論あるけれど、目立つよね賞金王の片山晋呉は。プロゴルファーって感じだよね、さすが!石川遼ができてきた今、若手も「オレだって」という気持ちでもっとアピールしないと。

オレがいつも一緒にタイ人と行動しているのは、奴らオモシロいからなんだよね。みんな言葉がわからないから、なかなか知る事ができないと思うけど。ハッキリ言って、日本の昔の叩き上げのプロゴルファーと同じだよ。杉原さん〜青木さん〜ジャンボさん達の時代のプロってことね。ゴルフスウィングも含めて言動も、キャラクターも全て自分というものもってるし、なによりそれを決して変えようとしない。自分という人間を極めようとしている。そういう選手の方が強くなりそうだよね。今の日本の選手って上手いだけに見える。タイ人の話になったけれど、今のアジアの選手はみんなそう、いい意味で昔の日本の叩き上げ時代のプロの良さを持っているような気がする。自分達のキャラクターをぶつけて戦っていたでしょ。

今回のチャレンジもプレーオフに残った3人はオーストラリア人、韓国人、台湾人。みんな独特なものもっている。いい意味でも悪い意味でも万人受けするいい奴じゃないかもしれない、でも強いよね。それって必要じゃない?スウィング云々よりもまずプロが必要とすべき武器は。

そしてこれだけは人に負けない!っていう武器(技術)を持っている日本人は今はもう少ないね。みんな同じだもんな。そういうオレはどうなんだ?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-06-22 02:50 | 雑談…

チャレンジツアー第3戦 静ヒルズトミーカップ

茨城の静ヒルズで行われたチャレンジツアーは第2戦に続き、オーストラリアのクリス・キャンベルが優勝!強いね!!3人のプレーオフになり、最後まで見届けていたけれど、クリスが一番粘り強いように見えた。4ホール目までもつれ込んだプレーオフだけど、決して危なげないゴルフじゃなかった。相手がチャンスを逃すという運もあったけれど、耐えて掴んだ4ホール目のチャンスを彼はしっかりと掴んだ。勝つってこいうことなんだなと見せられた気がした。誰かがくれるものじゃなく、自分でつかみ取るものってね。
対して自分はというと、最終日の前半はパープレーでまとめて折り返し。後半に入りすぐに3連続バーディーでトータル3アンダーまで伸ばすも、そこからバーディーチャンスになかなかつかない…。久々のチャンスの16番も外してしまう。結果から言ってしまうと17番でボギーを打ち、結局は2アンダーでフィニッシュ。もう少しでトップに届くか?という辺りにいたのにね、残念。
結果が変わっていたかどうかは分からないけれど、勝負どころの17、18番でティーショットをフェアウェーに打ちたかった。2つともグリーン手前に池があり距離に不安が残るラフからのショットは避けたい。チャンスがまだ残る時に、しっかりティーショットをフェアウェーに打てるということは大事だね。ラフに行ったからチャンスがないとはいわないけれど、可能性は格段に低くなるよね。同じ組の李選手は最後の3ホールをきっちり攻めて3バーディー!しっかりとプレーオフにまで残ったからね。集中力が足りないのかな?いい意味で、最後までわからないってなりたいね。上がりよければ全て良しってね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-06-22 02:23 | Traveler's

掃除

バルコニーを綺麗にした。

チビ犬3匹がそのうちバルコニーで遊べるように。

すぐになんでも舐めるから綺麗にしておかないと。

タオルかけまでしてしまった。

ここに人口芝でも敷いてあげようかな。

つ〜か、これから夏で外は暑いな。

ま、いいか。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-06-15 12:44 | 雑談…

なにもしない日々

先週は唯一サーフィンへは行ったけれど、後は大して何もせずに過ごした。

意味があるのかどうかわからないけれど、今年はゴルフする時としない時をハッキリさせようと思っている。いままでは、何もしないのも心配だから…ちょっと行こうという感じだったけれど、今年は1〜2週間くらいだったら何もするのやめようと決めた。ずっとこのままってわけじゃないけれど、しばらくは何もしないつもり。自分でも、何か変わるのか楽しみ。

何もしないと言っても、ゴルファーならゴルフの事を考えないのは無理なこと。プロフォルファーならもっとね。クラブは振ってはいなけれど、イメトレだけはしてた。悪天候で連戦が続くと知らず知らずのうちにスウィングってバランスもタイミングも狂ってくるからね、その時のイメージが残ったままだと気持ちが悪い。だからってわけじゃないけれど、頭の中のイメージはいい状態に戻しておこうと、毎日100回くらは頭の中で素振りしている(笑)経済的だね。収入の少ないオレにはもってこいか?

ただしパッティングとアプローチだけはイメトレが効かないね。無理だね。ボールを真っすぐ打つ事はイメトレと実際の差は少ないと思う。だけどパッティングとアプローチは、その場の状況が様々だし多種多様な打ち方を要求される場合が多いから、その状況判断を正しく下せるようにする為にも常に現場にでてないとダメ。これは絶対だと思う。

そういえば、しばらくタイへ行っていないな。暑いところでゴルフがしたい。日本も暑くなってきたとか言うけれど、暑くはないよね。関係ないけれど、中堅のTTプロ(ツアー勝利あり)も今年バンコクで少し過ごし、アルパインでもゴルフもしていたくタイが気にいったみたい。アルパインもメンバーになろうかと検討しているらしい。羨ましい…オレも稼いでメンバーになりたいわ。

また今週から頑張るか。

関係ないけれど、サーフィンもイメトレで効果あるのか?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-06-15 11:41 | 雑談…

Surf & Turf


行ってきます由比ケ浜。

波乗り!

ゴルフだっていつまでだってできる。

波乗りだっていつまでだってできるでしょ?

そしていつかはCarlsbad!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


10:30AM 帰宅。

波乗り朝の5時過ぎからスタート。

一緒に行ったのは高校の同級生S。彼はスキーもサーフィンもやる。

サーフィンってオモシロいじゃん。

だけど初心者丸出し状態。ボードの上に座っているのも一苦労って感じ。

なんとかSの補助付き?で波に乗って…。

ホンの数秒間(体感ではもっと長い)ボードに立てた!!

ゴルフで言えば「やったよ、フェースに当たった!」ってくらいか?

それにしても使う筋肉が全く違うらしい…右のケツと腿裏が痛い…。

たぶん明日は筋肉痛だな。

また来月行きたいな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


米国カリフォルニア州のカールスバッド。Titleist,Callaway,TaylorMadeそしてScotty Cameron等の会社があるところ。ある意味ゴルフ好きクラブ好きには聖地みたいなところだよね。最近知ったんだけど、じつはカールスバッドはサーフィンのメッカでもあるみたい。向こうだと『Surf&Turf』って普通みたいね。朝波に乗って昼からゴルフみたいな。逆に朝ゴルフして午後ゴルフもあるね。いいね。たぶんタイトとかキャロウェイの社員も波乗ったりしてんだろうな…いいなぁ。そんな生活してみてぇ。

とりあえずライフワークがまた一つふえたな。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-06-13 01:23 | 雑談…

穴空きスケジュール

今年は年初めのアジアツアーQTで尿管結石になり失敗…日本へ帰っても、スポンサー状況が思わしくなく数試合減。そしてスケジュールもシーズン中にもかかわらず今年はけっこう穴空き状態!!今週も日本プロの予選は全英予選と重なったので受けてない。よって出場できず。
悲しいかなそれが現実。

嘆いていても現状は変わらないので、今週は休養。暇なので趣味に時間を少し割こうかと…。

最近可愛い子犬が3匹ほど産まれたので、そいつらの面倒もみないといけないしね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-06-10 15:34 | 雑談…

茨城2連戦 アラフォーの躍進

f0068901_11284796.jpg

五十嵐さんおめでとう!

この2連戦、アラフォーが頑張った。正直言って誰も五十嵐さんが勝つなんて予想していなかったと思う、オレもスメイルが手堅くまとめて優勝するんじゃないかって思っていたくらいだから。でも、最後に立っていたのは五十嵐さんだったね。じつは先週末に一緒の組でプレーをした。お互いにスコアは良くなく、ケツの方でのラウンドだったけれど、五十嵐さんはキレのいいスウィングをしていた。相変わらず躊躇いがなく、自分がブレていないようなスウィングをしていた。五十嵐さんて一見してわかる通り、人が良くて優しい人。特に目立つこともなくゴルフ場にいなかったら、ホントに普通の人に見えると思う。だけど、ゴルフはスウィング同様にキレがあるし、ガンガン攻めてくるんだ。

オレが初めて五十嵐さんに会ったのは中学生の時、ジュニアの試合で千葉の一宮CCへ行った時。練習日に一人でいたオレに、お兄さんと一緒に来ていた五十嵐さんが声をかけてくれたのが最初かな。当時ジュニアの試合に出始めたオレには知り合いもほとんどいなくて、練習日とはいえ萎縮しっぱなしだった。そんなオレに声をかけてくれて一緒に練習してくれたのは、嬉しかったな。いまでも五十嵐さんといえばその時のことを思い出す。昨日は、お兄さんも応援いかけつけていたみたいだね。おめでとうございます。お兄さんも嬉しかっただろうな。

オレはラウンドしていたので、五十嵐さんのゴルフを見てはいないけど、たぶんいつものようにコースを攻めていたんだと思う。善し悪しはあるけれど、それが五十嵐さんだからね。いままであんまり目立つことがなかったから、五十嵐さんを知らない人は多いと思うけど、40歳を過ぎても老けることなく、キレのいいスウィングしているのはカッコいいよ。

世代交代を感じさせるここ数年だけど、アラフォーも頑張っている、全然老けてないわ。世代交代じゃなくて、選手層交替だね。新旧若年寄りが入り交じって戦うフィールドってゴルフの魅力だと思う。これからもっとオモシロくなるかもね。

※)また写真勝手に拾いました。昨日は表彰式が終わるのを待って、写真を撮ってから帰ってこようと思ったのですが…。待ちきれずに帰ってしまいました。スミマセン。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-06-08 11:50 | Traveler's