Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

たまにこんなところでこんなことあります

このまえタイを訪れた時に、こんなインタビューを受けていました。

f0068901_14213223.jpg


知り合いの長澤プロの紹介で、練習に訪れたカスカータGC(ラムルッカの先、約10kmくらい)でインタビューを受けました。少し顔が赤いのが気になるけど、ま、いいか。

これは記事はタイのニュース情報を扱う『NewsClip』に載せられました。このNewsclipって一日に60万ビューアくらいあるらしいです。すげぇ、このブログのビューアの何倍だ?いまでは僕もしっかり毎日チェックしてます。タイだからってのもあるけど。遠くの土地の事件やニュース読んでるとオモシロい。よかったらどうぞ!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-09-27 14:35 | Traveler's

靴擦れ

f0068901_1554291.jpg

見て気持ち悪くなったらごめんなさい。

もういつものことなので僕自身は大して気にもしてません。痛いけどね!慣れてくれば、蚊にさされた程度にしか思わなくなる。でも、プレーを終了後にホテルで風呂に入ろうとして靴下を脱ぐときやプレー後に座って休んでいたりすると強烈な痛みがくることはあります。出血もよくあるしね。これは左踵です。右も程度は軽いけど同じように靴擦れになってます。酷いように見えるけど、今回は踵だけですんでラッキー。いつもなら甲側の親指の上辺りも擦られて綺麗に皮を剥がされます。この場所はやられると100%出血します。毎晩の風呂が恐怖です!痛すぎて…。

この靴擦れ、新しいシューズを卸した時に必ずなります。僕らプロは足下を気にします。毎日のように10km近くを歩きゴルフをする。ホントに足にフィットしているシューズを履いていないと、こんな靴擦れ程度ではなく、もっと酷いことになると思う。体への影響もあるんじゃないかな。背中とか腰とかね。シューズは大事です。「でも靴擦れしてんじゃん?」と言うかもしれませんが、僕が契約して履いている某F社のシューズは卸したてこそ皮の堅さで足が擦れてしまうけど、3回目くらいからは素直に足の形に慣れてきてくれるので気持ちよく歩く事ができるようになります。プロになってけっこう経つけれど、F社のシューズはやめられません。特にクラシック系のものは手入れさえすれば長持ちします。カッコいいしね。

そして今は…。
f0068901_16113314.jpg

こんな感じにしています。

慣れてきたとは言ってもやはり靴擦れの進行を許してしまうと、痛みも酷くなってプレーにも支障をきたすと思うので、いつもは『BAND-AID マメ・靴擦れブロック Compeed』を貼って対処してます。大きいサイズもあるから足の甲側でも踵でも十分に覆ってくれます。これで痛みがなくプレーできます。が、たまにそれでも擦れてきて更に酷いことになる場合もあります…。しょうがないね。

関係ないけど、僕は手の平にまったくマメがありません。練習をしていないわけじゃないけど、マメができないんです。その分、足は酷いことになっているのかも!?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさん、色々とアドバイスありがとうございます。まぁ、慣れているとはいえ、痛みがない方がよりプレーに集中できるわけですからね。ちょっと試してみます。いままで経験はないけど、ばい菌が入ったりすると、それこそ大変な事になりますからね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-09-22 16:17 | Traveler's

♪〜♬

今週のテーマソング

『歌うたいのバラッド(弾き語り LIVE in 武道館)』 by 斉藤和義

『奏』by スキマスイッチ

に決まりました。

朝の車でガンガン流していこう!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-09-15 09:07 | Traveler's

今夜は…

f0068901_21354096.jpg

結局千歳に着いたのが17:000過ぎ、練習は諦めてホテルにそのまま入りました。しょうがないね、不意に現れたダブルボギーだと思い忘れることにしました。

少し部屋で休んだ後、1人でいるよりは誰かと喋ったほうが落ち着くと思って『DonBe』に来ました。札幌ではここが一番落ち着くかなぁ。サッカー観たり、ジャニーズを観ながらたわいもない会話できるカワイちゃんサイコーです。

昔から、朝ゴルフ場に行く時に何か盛り上がる音楽を聞いてるんだけど、今週はカワイちゃんの推薦でサザンに決定!アゲアゲな曲になってくれるか?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-09-14 21:35

あせるな!

今週はまた北海道に戻ります。ANA Open。ちょっと心に期するものがある試合。一日早めに現地入りして練習をしようと思っているのですが…。

空港に到着してみると、コンピュータのシステムダウンということで、ほとんどの便が欠航や遅延になっている!?受付をすますのも1時間以上かかったし(普段はプレミアカウンターで、ものの2分もあれば済む事なんだけど。)、いまだ予約している便がいつ飛ぶのかさえわからない。困った。

ちょっとイライラしてる。でも今日は我慢してる。いつもだったら嫌みの一つも言ってしまうけど、今日は大人しくしました。今週は落ち着いた気持ちで試合に望みたいからね。こんなトラブルも何か意味があるんじゃないかと思って受け入れようと。

でも練習したいたなぁ。できるかな今日?

しょうがねぇな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっと14:40に出発できるよう…。

それにしてもこの会社って何かトラブルがあったときの対応悪すぎ。前もそんな事あったような気がする。一生懸命にやってるのは見えるけどねぇ。要領が悪いんだろうね。数年前に他社でサンフランシスコにトラブルで足止めくらったことあるけど、アノ時は丸一日空港にいたけど、(疲れたけど)対応は全然マシだったよ。どうなっているか教えてもらえずにイライラはさせられなかったからね。

綺麗な人そろえて笑顔を振りまくのもいいけど、トラブルの時の対処をもうちょっと勉強した方がいいのでは!?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-09-14 13:06 | Traveler's

思えば長いあいだゴルフをしてるんだなぁ。

f0068901_092192.jpg

ハハッ!懐かしい写真を発見。これは'95年くらいかな?これは…たぶんシドニーとゴールドコーストの間のどこか景色のいい場所でものだと思う。当時一緒にオーストラリアツアーを旅していた北野さんと武田ノブ。バカやりながら、カジノでその日の飯代を稼ぎながら、ゴルフしながらレンタカーで旅してた。見事なくらいに金が無い時代だった。いろんな人に世話になりながら、なんとか乗り切っていたっけ。でも不思議と辛いとか思わなかったなぁ。ゴルフが好きなだけできて楽しかった。北野さんと武田と一緒だったのも良かったのかな。いや〜懐かしい。

あれから14年、今は日本ツアーで戦い、アジアにも行き、全英も2回プレーした。なんとかプロゴルファ−っぽい形にはなってきたかな。でも、まだまだだよね…。もっと上があるからね。

人はどうかわからないけど、自分の中では「上を目指している」とか「やりたいことがある」=若いってイメージがあるんだよね。先月の誕生日を迎えて自分も39歳になった。来年は40歳だよ!?ホントかよ?って感じ。でもね、まだやらなきゃいけないことがあるでしょ?自分が歳取ってるって思えないんだよね。(とはいっても、昔に比べて体が硬くなったとかあるけどね。)今でもトーナメント会場に行けば、会う人に挨拶するでしょ。挨拶する方の自分は昔とな〜んも変わってないんだよね。初めてツアーに行った時に先輩プロに挨拶した「おはようございます!」と同じ気持ちだよ。なんて言うのかな「胸借ります、宜しく。」みたいな。それはこれからも変わらない気がする。だってまだチャレンジャーだからね。

先週久しぶりにチャレンジツアーに行ってきた。今年初めてだったんだけどね。なんか浦島太郎になった感じだった。いつまでも若いと思っていた自分だけど、どうもそうではないらしい。初めの頃はツアーでもチャレンジでも先輩プロに「塚田ぁ!」って呼びつけられていたけど、もうそんな風に僕を呼びつける人はもういない。(今は立山さんくらいかな。)みんな「塚田さん」だって。そうだよなオレの方が歳上だもんな。自分のことが精一杯で時代が変わってきているのがわからなかったよ。チャレンジャーの自分はまだ若いと思っていた。でも目的地につかない、旅をしている間にしっかりと時間はたっていたってことだね。気がつけば長いあいだ旅してるんだなぁ…。

シルクロードのような、な〜んもない砂漠の道を遠くに見える目的の山に向って旅をしている。自分がこの道を歩き始めた時、同じように遠くの山を目指して歩いている人はたくさん居た。仲間もできて楽しい時間もあった。途中で脇道に逸れた時もあった。悩んで全然前に進めない時もあった。そうこうしている間に何年かが過ぎていった。気持ちは歩き始めた時と一緒なんだよなぁ自分は。だけど気がつくと自分の周りには、一緒だったはずの仲間がいなくなってる。すでに山の中腹くらいまで登っている奴もいる、歩けなくなって途中の街で違う生活を始めた奴もいる。寂しいね。変わりに、いつ現れたのか、ずいぶんと便利な乗り物にのった若い奴らが周りにいる。さっさとオレを抜かしていった奴もいる。これが時代が変わったってことなのかな。これからどうなるんだろうか?自分は山の頂きまでいけるのかな?それとも途中でリタイヤしてしまうのか?わからない、でもとりあえず歩くことはやめないと思う。「爺ぃ、来るなよ!」っていわれても歩き続けてやる。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-09-14 00:59 | Traveler's

1+1=2 or 1+(1-2)=0

「できること」、「できないこと」そして「やりたいこと」がある。

僕は「やりたいこと」を一生懸命に練習している。ちゃんと目的も持って、過程を踏みながらこなしている。希望をもって始めた「やりたいこと」が僕のスウィングに要素として加わると、たぶん自分のゴルフのレベルを更に上へと引き上げてくれるはずと信じている。

だけど現実では「できないこと」が僕の中で増殖を始めて、「できること」をも侵蝕し始めているような気がする。+(プラス)の要素になるはずの「やりたいこと」が-(マイナス)の「できないこと」を生み出しているのかな。このままだと「できないこと」が「できること」を食いつぶしてしまうのかなぁってちょっと心配。それでも「やりたいこと」が残ればいいのかもしれないけど。

僕の中では「できること」+「やりたいこと」≦「できないこと」となっている。

人生なんて終わってしまう頃にならないと自分がしてきたことが正しい選択だったのかどうかなんてわからない。だから今の自分の選択が正しいものかはわからない。でもやっていることは間違ってはいないと思う。やりかたが間違っているのかもしれないけどね。「やりたいこと」を身につける途中で生み出される「できないこと」をわかっていなかったことが問題かな。たぶんね。
それか初めから「できること」を伸ばした方がよかったのか?どうなんだろう?難しいね「できること」も表裏一体のように「できないこと」を背中に抱えているからね。どうやってこのトンネルを抜け出していけるのかまだわからない。ただ一つ言えるのは「できないこと」を減らさないといけないってこと。「できること」に新たな要素を加える為に「やりたいこと」を身につけようとするけど、「できないこと」が増えてしまう。そして「できること」が消えていく…。これは良くない。

「できること」+「やりたいこと」=「できないこと」ばかりじゃなくて、「できること」+「やりたいこと」=「レベルアップした自分」にしないとね。それかもしかしたら「できること」+「できること」=「レベルアップした自分」の方も可能性もあるかもね。

人間あるもの、持っているものを失うのって簡単なのかもね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-09-13 14:33 | Traveler's

大麻じゃないけど…

テレビでここ数日外国力士さん達の大麻吸引問題を、これでもか!ってくらい放送しているね。一般的な社会通念として日本人は大麻はダメ!って認識しているけど、彼ら海外の人間はどうなんだろう?でも、日本で力士としてやっていくうちはダメだよね、吸ったら。

で、テレビを見ていて思い出したのが来年から始まる『ドーピング』検査。ゴルファーもスポーツと認められたってことなのか?僕個人としては、薬物がどんな影響をゴルファーに及ぼすのかわからない…。ボールが飛ぶようになるのか?パッティングの時に集中力が高まるのか?体力が落ちないとか。パッティングの時の集中力が高まるのは効果ありそうだけどね。どうなんだろ?
僕はドーピングに関しては、賛成でも反対でもないです。っていうかまだホントによくわからない。みんなでフェアにトーナメントを戦おうという理念は理解するし良い事だと思う。ただね…ほとんど全ての移動から食事管理まで個人で行わないといけないゴルファーには、始まってからじゃないとわからない問題がたくさんある気がする。来年からの施行前にして、ドーピング検査で薬物陽性反応がでたら、(執行猶予付きなのか?)出場停止だとか、追放だとかの話だけは聞こえてくる。大丈夫なのだろうか?
選手は、(僕が信じる限り)基本的にドーピングに引っかかることはしていないと思う。ステロイド打ったり興奮剤を飲んだりしてボールを飛ばしてもスコアにつながる保証はないし、集中力があってもラインの読みが間違えたらパットなんて決まらないでしょ?みんな僕が見る限り、来年からのドーピング検査に関して心配はしていないように見える。まぁ、自分が薬物を摂取していなければ、いくら検査しても問題ないからね。だけど僕が心配しているのは、自己管理だけで薬物を摂取していないからって大丈夫なのかなと。だって力士の話に戻るけど、副流煙だって体に薬物を運んでくるんでしょ?ちょっと飲みにでかけた先で、まわりに気がつかないだけで大麻とか吸ってる人間がいたら?(体内の残留濃度で副流煙かどうかわかるらしいので、よく検査すれば大丈夫らしいけど。)あと北京オリンピックでも少し話題になったけど、中華や韓国料理には漢方系の薬膳食材が使われているけど(だから美味しい料理があるでしょ!?)、あれだって麻黄(まおう)、馬銭(マチン)、鹿茸(ろくじょう)などは完璧に禁止成分を含む食材だからね。話はそれるけど、それだけ漢方には効能が期待できるってことだよね!でも例えば韓国料理で僕の好きな参鶏湯(サムゲタン)とかには朝鮮人参とか入ってるでしょ、あれだってね、ヤバいね。他にも探せば知らないだけで、禁止成分を含む食材をいれている美味しいもの食べるかもしれない。アジアなんか行ってる選手は特に気をつけないとね、マジで。

話がまとまらなくなってきたけど、ようはドーピング検査が始まった後に起きるかもしれない問題にビビってます。日本なんて特に、人の目が気になるしね。再検査!とかだけでも白い目でみられそうじゃない?そうならない為にも、勉強はしておくべきかもね。

関係ないけど朝鮮人参抜きの参鶏湯って美味しいのかな?

栄養ドリンクも飲めないのかぁ…。

先日、近所の皮膚科で飲み薬をもらってきました。先生が「これは禁止成分は入ってないから大丈夫。」って言ってくれました。気を使っていただいてありがとうございました。助かります。薬一つとっても僕らじゃわからないからね。もし先生が知らなかったら、僕らそのまま飲んでしまうかもしれないからね。来年からは、ちゃんと職業を伝えて成分をしらべて処方してもらうように自分でも努めないと。ということです。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-09-09 18:43 | Traveler's

竜敏が東京へやってきた

予定外!?に週末が暇になってしまたので、昼飯を食いにちょっと新宿へでかけてきました。向かった先は伊勢丹新宿店。秋の大北海道展に行ってきました。目的は、いつも札幌近辺での試合の時に美味しいお寿司を食べさせてくれる『竜敏』さんが出店しているから。先月のサンクロレラの時は、亮平とPINGのスタッフと4人で小樽店の方へ顔をだしてたっぷりとニギリのフルコースをいただきました。
f0068901_1616422.jpg

f0068901_16171484.jpg

f0068901_16174186.jpg

f0068901_1618748.jpg

f0068901_1618505.jpg

f0068901_16213778.jpg

これがその時の写真。全部は到底載せられない(ホントにネタほとんど全部食いました。)ので、お気に入りを…。上からマグロ大トロ、(すみません名前忘れました!)ぶどうエビ、たこマンマ(たこの卵)とたこ白子、炙りえんがわ、そして最後も覚えてない…。覚えてないのは普段あまり関東近辺で寿司として食べない魚だからかな。ほっけとか何とか鮫とか…。勉強不足だね。たこマンマもそうだけど普段あまり食べないニギリを、毎年札幌を訪れた時に竜敏に行って食べるのが楽しみ。ホント美味しいんです。昨日もしっかりと堪能させてもらいました。御馳走さまでした!

じつはこの『大北海道展』は今日(9/8)まで何です…。明日以降伊勢丹に行って探さないように!だけど、場所を移して日本橋三越で北海道展が始まります。よかったらそちらで竜敏の寿司を味わってみてください。竜敏の宣伝してるようになってきたけど、ホント、たこマンマとか他じゃ食べられないものあるからね。わざわざ札幌まで行かなくても食べられるチャンスなんてそうないから。それに(三越はわからないけど)伊勢丹では他にも北海道全土からの食材やらチョコやら集まっていて見て歩くだけでも飽きないです。

ちなみに僕が一番好きなのは炙りえんがわとぶどうエビ。行く先々で食べてるけど、ここのえんがわはマジ美味い。ホントに口に入った時に融けます。ぶどうエビも(説明できないけど)身の甘さと卵か?が微妙なアクセントになって美味しいです。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-09-08 16:47 | Food & Drink