「ほっ」と。キャンペーン

Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

食道楽の街 大阪 日本飯 関西編 中華系 『長安軒』 

無事につるやオープンを4日間プレー。結果的にはただ4日間プレーしました程度のスコアだったので残念です。もっと上位で心が揺すぶられるようなプレッシャーの中でやりたかったな。スコアは+2と冴えないけれど、最終日は自分でも納得ができるショットやアプローチが幾つか打てたので、技術的には満足な部分があった。(スコアメーキングに関してはかなりレベルが低いけどね…。)やっぱり気温が上がってくると体も動くし、フィーリングもでてくるみたい。はやく夏が来ないかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また飯の話。

ここ大阪で生まれて初めて食べたもの。数年前に知り合いに連れて行ってもらった、なんの変哲もない中華店。知らなきゃ間違いなく素通りするような店。しかしココで食べた『豚天』が美味しくて美味しくて(初めてだったから尚更)忘れられず、今回また連れてきてもらいました。
f0068901_18104736.jpg

あれだけ外食が飽きたと言いつつも、またこうして美味しいものに釣られてしまった。でもね、美味しいだよね。なんでかはわからない、けれど関東で豚天を見かけたことないんだよね。昔から豚は「生姜焼き」とか「とんかつ」とかしかなかったと思う。何で関東では豚を天ぷらにしないのか?これはうどんの汁が黒いままなのと同じように何か意味があるんだろうね。
f0068901_18152940.jpg

ココがお店です。詳しい所在地その他は忘れました。東大阪のどこかです。高速沿いかな。また今年中にもう一回行きたいな。

ちなみにこの日、僕、佐藤、M本さんと会社の後輩君の4人で頼んだのは豚天2、エビ天、野菜炒め2、肉団子(甘酢)、天津飯、(野菜と肉の炒め物)、餃子2、等にビール4本。しかし勘定は〆て6290円也。安っす!しかも端数をおまけしてくれるサービス付き!ん〜赤字なんじゃないかってくらい安い。そんな心配をしながら美味しくいただきました。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-04-27 18:24 | Food & Drink | Comments(2)

冬はまだ明けず…

なぜなんだろう?トーナメントが始まると雨、風、寒さがそろってやってくる。誰かが運んでくるのか?自然の中でプレーする競技だから、いつも晴天で暖かいのを期待してはいないけれど、季節なりの気候であってほしいと思うのは僕だけでしょうか?今日も寒くてしょうがなかった…。

明日も3:30に起床、そして4:30にホテルを出発。当然ゴルフ場についてもまだ寒い…。
ま、いいんだけどね。


とくに今年は、年明けから海外で過ごすことが多くて、ほとんど日本の家でゆっくりする事が少なかった。好きなゴルフをして、好きな海外を転々としていることにはな〜んの文句もない。楽しい。

ただ最近、外食が嫌になってきた。

もともとカロリーが高い、味の濃いものが好きなものだから、ついつい毎日の食事で肉、揚げ物、高カロリーなものを食べてしまう。そしてお酒。お酒は、(歳のせいか?)以前に比べてかなり飲まなくなったからまだいいけれど。今現在、小メタボ状態に陥っている自分の体を改善するには、トレーニングと平行して食事も考えないといけないのだけれど…。ん〜ストレスかかると食べちゃうんだよね、好きなものを。
とはいいつつ、好きなものを毎日食べているけれど、ちょっと外食には飽きてきた。まったく自制心がない自分が言うのもおかしけど、毎日朝食は「白飯、漬け物、みそ汁、焼き魚、納豆、明太子(←コレはカロリー高いよね?)」がいいかな。夕食も同じような感じがいいかな。

なんとかしないとね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-04-24 23:00 | Traveler's | Comments(4)

ビザとチケット

今日は朝から近所の南麻布にある韓国領事館へビザの申請に行って来ました。来週の中日クラウンズへの出場は無理かなと思うので、アジアツアーの『GS Caltex Maekyung Open』に行くためです。港区に住んでいると各国の大使館等が近所にひしめき合っているから便利だね〜。韓国領事館はまさにそう、チャリンコで3〜4分くらいだしね、歩いてもいける。明後日の23日には「何事もなければビザが発行されます。」とのことだけど、大丈夫だろうか?

今は家で少しゆっくりしているけど、後で来週の韓国と再来週の北京行きのチケットを手配しないと。多忙っていえば多忙だよね。もう最近は機内で寝る事が多くて、感覚的には大阪もアジアの国も行く面倒さは一緒かなって思う。遠い場所でも、空港から近ければ大変だとは感じない。逆に距離的に近くても空港から遠ければ面倒に感じる。だから空港から街迄1時間弱かかる札幌よりも、バンコクに行く方が若干近い?と思うっているくらい。オカシイですかね?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-04-21 12:57 | Traveler's | Comments(2)

Asian Tour International - Pattana Golf & Resort (Thailand)

f0068901_15481796.jpg

アジアツアーでの僕の初戦となったこのトーナメント。ようやくゴルフができる!って思いが強かったな。結局プレーすることができなかったインドネシアとインドのトーナメントから、しばらく時間がたっていたし、もう我慢できなかった。しかも半分地元?ってくらい行き慣れてるタイだったから尚更かな。

結果から言うと、トータル14アンダーの13位タイ!惜しかったな…。調子自体も悪くなかったし、広いコースが合っていたのかも。優勝までは届かなかったと思うけど、最後の9ホールで一次は3位タイの16アンダーまでスコアを伸ばしたのだけれど、その直後のなんでもないホールで2ボギー。最後のロングも3mのバーディーを外してしまった。そんなに欲張ったつもりもないのだけれど、流れが悪いというか、ちょっとした計算違い?マネージメントミスなんだろうな。あまり計算したくはないけれど、取り損なった賞金はけっこう大きかったかな。清田はしっかり最終日に8アンダーでまわってまくってきてた。さすが。
f0068901_17403338.jpg


ところでこのトーナメントは、ある日本人の方が個人で開催しているトーナメントなんです。『Asian Tour Intenational』ってなんの冠もついていないでしょ?個人が出資しているので冠をつける必要がないんです。もともとミャンマー出身で日本でもプレーしていたゾー・モー選手のスポンサーをしているのですが、彼の為にミャンマー・オープンをやる予定だったのですが、ミャンマーの政情不安の為にタイでの開催になったのです。また今回のトーナメントには約15人の日本のシードやQTの選手が招待されました。大会主催者であるK氏がもっている個人枠とスポンサー枠を「ぜひ日本人選手が海外でプレーする機会を!」ってことでJGTOに分けてくれたとのことです。こういう事って嬉しいですね。日本人が世界にでて活躍することを心から応援してくれている人がいるわけじゃないですか。もちろん大きな企業が、賞金額も高いトーナメントを開催してくれるのも感謝しますが、個人で冠さえ無しでトーナメントをやってくれるなんて、投資でもないし、対費用効果を求めたものでもない、純粋な援助行為でしょ?アジアや日本の選手に頑張ってもらいたいからトーナメントを作ろう!ってね。僕も、そんな話を聞いていたので、気持ちに答える意味で頑張りたいと思ってプレーしていました。

f0068901_17565373.jpg

右がトーナメント主催者のK氏と左が現アジアツアー会長のKyi Hla Han(キーラハン)。このトーナメントはまた来年も開催するでしょう。来年はもう少し粘って優勝を争いたいな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういえば、今年からトーナメントの水曜日の練習ラウンドが禁止になりました。基本的にプロアマ大会を優先して、それに出場しないプロはパッティンググリーンとドライビングレンジのみの練習になりました。ハッキリ言って良くわからない決定です。良くわからないのはいままでと一緒だけど、今回は明らかにフェアではない内容の決定事項なので、一体JGTOは何をしているのか?理解に相当苦しみます。
スポンサー関連の意見を重視しての決定だとは思うのですが…。
当然、賞金やトーナメント運営費用をだす、スポンサーは当然その分の見返り分として何かをしたいわけで、誰もそこに文句は言えません。しょうがない。僕もないです。ただJGTOも、もうちょっとプロアマに出場しない選手の事も考えてもらいたかったね。

僕が一言だけ言わせてもらえるなら。プロアマを火曜日にしてもらいたかった。なぜ?それはプロアマに出場する選手がわざわざ月曜日の朝から現地入りして練習ラウンドをする必要がなくなるから。よ〜く考えてみると、プロアマにでる選手はすでに稼いでいる人達ばかり。逆に、QTから来ているルーキーなんかはコースの事を知らないわけだから、火曜日一日だけじゃ足りないわけで、当然月曜日の練習ラウンドは必要。しかし前週に予選を通過したりしたら、地方の人間は家にも帰れない状況になる。ま、これは下の人間は練習して上を目指さないといけないわけで、早く行って練習しろ!って事で我慢するところかもしれない。フェアじゃないと思うのは、そんな早く現地入りしたプロアマに出場できない選手の水曜日がかなり無駄になってしまう可能性があるということ。せまい練習場でまともに練習時間がとれず(早朝からは当然プロアマにでる選手やゲストの練習時間に当てられる)グリーンでさえ、混雑してまともに練習ができない状況です。アピアランスのお金を貰ってプロアマででる選手が遅く現地入りできて、これから稼がないといけない選手が早めに現地入りして一日の滞在費を無駄にする。どうなんだろう?まったくプロアマ以外の選手の事を考慮していない状況は。だったらプロアマを火曜日にしてプロアマに出場しない選手を一日遅く現地入りさせてあげれば、経費も浮くし助けになるのでは?それでももっと練習したい人は月曜から行けばいいし。それが難しいなら、下位の選手に対しても、水曜日に近所のゴルフ場で別のスポンサーをつけてプロアマを開催してあげるとか?そこで貰えるアピアランスフィーは少なくても選手の経費を助ける事ができると思うのだけれど。未だに選手から『トップオフ』といって賞金からJGTOの運営費を搾取しているのに、何も選手の経費対策としての対策を考えるそぶりも見せないJGTOには…がっかりするしかないです。意地が悪くてそうしているのか?それとも何もわかってないのか?ホント不思議です。
何か新しい事が始まるのなら、それに対しての変更などが加えられるのは至極普通のことだと思うのですが、どうなんでしょう?一般常識の通用しない世界なので、しょうがないのかもしれないのですが。せめて納得がいく理由は存在していて欲しいですね。

ちなみにメーカーのバスはいつも火曜日の朝に練習場に近い駐車場はスペースに設置されて、契約プロの為にクラブを作ったり、修理したりします。が、今年から練習ラウンドの規定が変更になったにもかかわらず、バスが設置されるのは同じ火曜日の朝。なんで?これじゃ火曜日の朝に注文をだしてメーカーにクラブを用意してもらっても、でき上がるのはその日の午後。水曜日はコースで試し打ちはできない。意味ないじゃん。規定を変更して、月曜日にプロが練習することが予想できるなら、せめて希望のメーカーのバスには月曜日の午後にはバスがオープンできるようにして欲しいよね。

JGTOってプロツアーやそれに出場するプロの為に存在する団体だと思うのは僕だけでしょうか?なんか違う方向へ向っている気がするのですが…。(社団法人となってJGTOには、また社会に対しての存在意義を示す行為をしなければいけない義務が存在します。その事は考慮しないとね。)
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-04-20 18:04 | Traveler's | Comments(2)

まだ寒いのか?

愚痴るつもりはないけれど…。

まったく上手く事が運ばない。つい一月前迄は、自分のスウィングもコントロールできている感じがあったんだけど、今はどこに行ってしまったのか?あまり毎回天気や気温のせいにしたくはないけど、火曜日と水曜日は暖かく練習ラウンドも良い感じに戻ったかな?と思えるほどだったのに、トーナメントが始まったみると…。悲しい。まったくどうにもならない。

と言う事で、また開幕の東建では予選落ちか?っていうところでプレーしてます。2日目は、午前組が雷でスタートが遅れた為に僕らもスタートが遅れてしまい。15ホールを終えたところでサスペンデット。現時点で+6、予選を通過する為には残り全てバーディーが必要かな。自分でしたミスの後始末じゃないけれど、余計なミスの分はせめて帳消しにしてラウンドを終わりたい。

不思議なんだけど、秋口のQTの時期も、ある程度気温が低いけど、春先の寒さにはなぜか耐えられない。秋口はセーターを着るけど、春先はニットのセーターをきるとか、ウェアも関係しているのだろうか?それともアジア慣れした体が日本の気候に合わせられないのか?もしかしたら、この問題を解く方が練習するよりも効果あるかもね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その後、土曜日の朝6:50から2R目が再開されましたが、結果は予選通過ならず。バーディーが必要とわかっていて取りに行くのは難しい。しかも前日迄の雨雲がなくなり、かわりにかなりの強風がでてきたし、バーディーを取るというよりスコアを増やしてしまう結果に…。しょうがない。忘れて来週また頑張ろう。

そういえば関係ない話だけど、今週キャディーについてくれた工藤君、三重県の大学の4年生とのこと、よくよく話を聞いてみると、プロの試合にも出場できる程の選手らしい。去年とか東海クラシックやセガサミーに出場してたって。凄いじゃん!また今年も数試合出場できるらしいから、ちょっと注目してみようと思う。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-04-18 20:14 | Traveler's | Comments(3)

ふっと思っこと

マスターズ、久しぶりにちゃんと初日から見た。いつもは眠さとの戦いに敗れて、殆ど見ていなかったけれど、今年はちゃんと見た。けっこうオモシロかったな。少し残念だったのは、最終日のバックナインにバーディー合戦を期待していたのだけれど、コースが難しかったのか「誰が崩れないか?」みたいな戦いになったことかな。でも、あのコースを相手に戦っていたプレーヤーには尊敬の念を贈りたいと思います。カッコいいよね。オレもでたい、何歳になっていてもいいから。

ところで、今回気がついたのは、アジアの選手は3人いたのだけれど、日本からは2人。マークセンは両方のツアーで戦っているから微妙な立場だけれど、国籍を考えればアジア枠。いままでに日本ツアーから3人が参加したことってあるのでしょうか?いくらアジアが日本に遅れてきたゴルフ新興国のツアーとはいえ、日本ツアーよりもレベルが低いと考えると、日本よりも枠を多くするのはおかしいよね。ってことは、日本ツアーが見られているレベルが、そんな程度ってことなのでしょうか?確かに、ここ数年日本ツアーから海外(アメリカや欧州)で勝つ選手が生まれていないのは事実…。

ちょっと気になったから書きました。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-04-16 21:56 | Traveler's | Comments(3)

← マスターズにちなんで

プロファイルの写真を更新しました。左から僕、オリバー、リチャード、ショーン。チームメイトです。場所はオーガスタナショナルGC。

その昔、当時ルイジアナの大学に通っている時のもの。ちょうどマスターズの前の週にオーガスタの街のオーガスタ・カレッジのインビテーショナルの試合があり。それに参加したチーム(学校)にはマスターズの月曜日の練習ラウンドのチケットが貰えました。初オーガスタ、天気はメチャ悪かったけど、楽しかった。とにかくアノ10番の凄い打ち下ろしと隣りの18番の壁に打っていくような打ち上げに驚きました!!それとでてきたばかりで一世を風靡していたジョン・デーリーのドライバーを見てビビって…。またコースの綺麗さに圧倒されて…。とにかくオモシロかったな。いつかはココで!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-04-08 17:48 | Traveler's | Comments(4)

帰国、今度は日本で

今朝約一月振りに日本に帰りました。早かったような長かったような…。

まぁ、いつもの事なんだけど、必ずと言っていいほど日本に帰ってくる日は天気が悪い。今回は特に悪かった。バンコクを出発する前に低気圧のせいで風も強いし、もしかしたら下りられないかも?みたいに脅かされていたから、まだそれほど驚きはなかった。だけど、かなり機体を揺らしながら下降してきてあと10m、20m?っていうことろまで来て、いつもよりもスピードがあることに気がつく!「これ、滑走路で止まれないんじゃ…。」と思っていたら案の定。いきなりエンジンをかけてまた上昇してしまいました。なにが怖かったって、その上昇している時かな。スピードが足りなくて落ちやしないかと。自分的には、まだスピードオーバーで下りて、足が折れて胴体着陸とかになった方が助かりそうな気がするから。久しぶりに怖かった。ちゃんと2回目の着陸で下りられました。

それにしても、人間ってホントに不安になると寡黙になるんだね。無事に着陸した後「ふぅ〜」ってみんなの力みが取れたような音が聞こえたけど、1回目の着陸が上手くいかなくて上昇してから下りる迄の間は、みょ〜に静だったからね。目を瞑っていても寝てる人はいなかっただろうし。みんな落ち着こうとしていたんだろうね。いつも飛ぶ時は「これだけ飛べば、もしかしたら1回くらいは不運が…」と考える。ネガティブ思考で良くないかもしれないけど、頭で考えると実際には、それが起きないような気がして。

今回はバンコク合宿、タイ東南のチョンブリーでのアジアツアー、シンガポールでの全英予選、タイ北部でのローカルツアー、そしてフィリピンオープンとまわってきました。今回は移動がハードだったのでPCを持って行きませんでした。まったく更新できずにすみませんでした。しばらくは日本にいるから、日本ツアーと同時にアジア紀行を載せていきます。色々あったから書ききれないかも。

とりあえず無事に帰国したことを報告!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-04-08 14:01 | Traveler's | Comments(1)