「ほっ」と。キャンペーン

Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Natural Born Draw Player!

f0068901_11345358.jpg


懐かしい写真を発掘!

これは90年の春先くらいのものだと思う。当時の大学NMMIのチームでアリゾナ州のスコッツデールのマコーミックランチというゴルフコースでの試合に行った時のものだと思う。これは当時チームメイトだった佐藤と一緒に練習ラウンドをしている時だね。ユニフォームも着ないでラウンドしてるくらいだから。

それにしてもスゴいね!見てわかりますか?ピンの位置は確認するのは難しいけど、とりあえずボールがどこに飛び出しているのかわかりますか?もうインパクト即〜グリーンの右端目がけて飛び出してるのわかりますか?この角度にボールが飛ばせる事ができたオレは凄いよね。しかも意識していたわけではなくて、これが自然に振った時のもの。この頃(プロになってもあまりかわってない…という意見もあるけど)は狙った目標にボールが落ちればストレートな球筋だ!って本気で思っていた。

この頃は何も考えずに「飛ばす!」「バーディー取る!」ってただただスウィングしていたね。ある意味、純粋でゴルフは強かったかも(技術はなかったと思うけど)。なんにしても、これが僕のゴルフの原点なんだと思う。

もうこんなスウィングはできないけど。こんな時と同じ気持ちでクラブを振ることはできるかな。楽しそうだよね。

おまけ
f0068901_11463182.jpg

[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-03-10 11:47 | Old Days's | Comments(7)

2008 The Open Qualifying - Sentosa, Singapore

Entry List (*: Name / Country / World Ranking)

1 : Mark Brown / New Zealand / 64
2 : Jyoti Randhawa / India / 72
3 : Tomohiro Kondo / Japan / 133
4 : Prom Meesawat / Thailand / 148
5 : Keiichiro Fukabori / Japan / 187
6 : Juvic Pagunsan / Philippines / 207
7 : Shiv Kapur / India / 234
8 : Chinnarat Phadungsil / Thailand / 299
9 : Takuya Taniguchi / Japan / 324
10 : Bryan Saltus / USA / 341
11 : Adam Blyth / Australia / 379
12 : Rahil Gangjee / India / 381
13 : Masaya Tomida / Japan / 391
14 : Naoya Takemoto / Japan / 398
15 : Jun Kikuchi / Japan / 415
16 : David Gleeson / Australia / 450
17 : Unho Park / Australia / 474
18 : Gerald Rosales / Philippines / 483
19 : Adam Groom / Australia / 491
20 : Antonio Lascuna / Philippines / 496
21 : Tony Carolan / Australia / 512
22 : Ross Bain / Scotland / 514
23 : Digvijay Singh / India / 522
24 : Gavin Flint / Australia / 536
25 : Tadahiro Takayama / Japan / 540
26 : Mardan Mamat / Singapore / 557
27 : Airil Rizman Zahari / Malaysia / 558
28 : Richard Moir / Australia / 588
29 : Angelo Que / Philippines / 621
30 : Tatsuhiko Ichihara / Japan / 624
31 : Richard Lee / New Zealand / 644
32 : Yasin Ali / England / 654
33 : Seung Yul Noh / South Korea / 657
34 : David Bransdon / Australia / 671
35 : Sushi Ishigaki / Japan / 680
36 : Craig Smith / Wales / 683
37 : Marciano Pucay / Philippines / 706
38 : Danny Chia / Malaysia / 721
39 : Young Nam / USA / 771
40 : Rhys Davies / Wales / 786
41 : Eddie Lee / New Zealand / 794
42 : Han Lee / USA / 804
43 : Shinichi Yokota / Japan / 869
44 : Simon Dunn / Scotland / 918
45 : Yoshinobu Tsukada / Japan / 955
46 : Patrick Giles / Australia / 961
47 : Marcus Both / Australia / 982
48 : Chih-Bing Lam / Singapore / 1003
49 : Gurbaaz Mann / India / 1018
50 : Soushi Tajima / Japan / 1052
51 : Jason King / Australia / 1096
52 : Olle Nordberg / Sweden / 1132
53 : Siva Chandran / Malaysia / 1160
54 : Ben Leong / Malaysia / 1203
55 : Brett Bingham / Canada / 1208
56 : Akinori Tani / Japan / 1318
William Yanagisawa / USA / 1318
58 : Ahmad Bateman / Canada / 1375


今年も全英の予選にエントリーしました。今日6日が〆切りです。
やっぱり全英に行きたい。いけるんじゃないかって思ってる。今年の会場はロイヤル・バークデイル、知らないけど難しいんだろうな。2004年は無惨にも未熟なまま敗れ去ったけれど、次は少しは骨があるとこ見せたいなぁ。
まずシンガポール・セントーサ島での予選、がっつりいかないと。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-03-06 13:25 | Traveler's | Comments(1)

New Toys!!

今年からバッグに新たに収まるであろうクラブ達です!良いと思う。自分は第一印象を大事にするしかなり信じる方だと思うけれど、このクラブ達はいいと思う。いい『Feeling』が伝わってきた、確かに。

New! Classic『PING EYE2 L-wedge』
f0068901_1835738.jpg

f0068901_1841135.jpg

ある意味憧れていたクラブかな…。昔使いたかったけど使えなかったクラブ。手にした時は子供が欲しかったオモチャを手に入れたような感じだった。日本の芝でも合うのかな?コースによって使い分けることになると思う。

'08 Ver. 『Red Wood ANSWER』
f0068901_1865646.jpg

f0068901_187886.jpg

基本的なスペックはほぼ去年のものと一緒。違う点はロフトが1°だということ。そしてフェース面が綺麗により細かくミーリングされているということ。フェースの両端には同じようにタングステンが重量調整の為に埋め込まれています。

『B60 303』
f0068901_1893953.jpg

f0068901_1895388.jpg

これは完全に僕がリクエストをだして作ってもらったクラブです。ヘッドも「Red Wood」と同じ303ステンレスを使用。もちろん削りだしのヘッドです。ネックを「ZING」と同じスラントタイプのものをつけてもらい、オフセットもつけてもらいました。美しい!これがもっとも気に入っているかな。

上の2本の新しいパターについてもう少し。じつは両方のパターはロフト1°。これはこのパターの適正ロフトが1°という事ではないです。今の僕のパッティングストローク(アドレスを含む)に適正なものが1°だということ。PINGのパッティングLABでパッティングのストロークを解析した結果、去年に比べてストロークはかなり向上。インパクトでToe側の下面に当たっていたものがほぼ中心で当たるようになっていました。が、今度は上下でのブレが目立つように。これの原因として考えられるのは、インパクトでロフトをつけてしまい過ぎること。若干ではあるけれど、インパクト直後にボールを飛ばして(浮かせて)しまいます。もともとパターのロフトを3°に設定してあるのにプラスしてだいたい2°~3°ほどロフトをつけてしまっていました。これはいわゆるバックスピンをかけてしまったいるのと一緒。グリーンの種類によっては着地時にバウンドしたり、芝の影響を受け易くなるでしょう。それよりもロフトが安定しない為に上下に芯をはずしてしまっている事の方が影響が大きいかも!?今回新しいパターのロフトを1°にしたのも、いままでのものと調子を見ながら使い分けられるようにする為です。

それにしてもPINGにあるLABのパッティング解析はスゴい!言ってしまえば、プレーヤーがそこまで知らなくてもいい情報もあるけれど、パターの動きに関してはこれ以上ない!ってくらい細かい情報まで解析しています。ちなみに僕は「ストローク・スピードのアクセレーション」を見るとフェーリング派プレーヤーとのこと。これはタイガーと一緒だそうです。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-03-04 18:13 | Clubs/Equipments | Comments(1)

Cactus Land より

無事にアリゾナから帰りました。今回も満足がいくフィッティングができ、いいクラブ(パター)ができあがり、アリゾナらしい壮大な景色のコースでゴルフができて充実した一週間を過ごせました。あいにくホテルでなぜか?LAN接続が上手くいかなくてネットにアクセスできなくて現地から書き込みができなかったのが残念。ソレ以外は食べ過ぎくらいかな、困ったことは。しょうがないよね、向こうは何を頼んでも量が多いからね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-03-04 11:31 | Traveler's | Comments(1)