Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2007年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

New Clubs!!

9/18 (Tue)

午後から、埼玉にあるPINGJapan のオフィスを訪ねて、アイアンを新調しました。グリップもIOMicの新しいものにチェンジ。理由は、シャフトを変えたから。いままでのダイナミックゴールドX-100をやめて新たなものに…。

明日、さっそくコースにて試します。たぶん、いいと思うんだよね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-09-18 21:51 | Traveler's | Comments(5)

みんなの楽しいゴルフ

9/15 (Sat)

この日はあいにくの雨模様…。朝から、亮平につき合ってもらって空港へ車を借りに行って(札幌市内では、どこのレンタカーも満車で借りれず)から輪厚までクラブを取りに行き、その後に別のゴルフ場に送ってもらうドタバタぶり。亮平もフライトにギリギリ間に合うくらい。それもこれも桂ゴルフ倶楽部に行く為でした。

f0068901_138767.jpg

この日、桂ゴルフ倶楽部ではオーナー会社のPGMが行っているジュニア・レッスンがあり、それにプロ講師として参加してきました。レッスンと言ってしまうと、競技性重視?のような印象を与えてしまうけど、このPGMのものはレッスンじゃない。

「もっとゴルフ場で遊んでもらおう!ゴルフの楽しさを知ってもらおう!」っていうコンセプトを感じさせるもの。

僕の印象では、僕を含めて彼等子供達と一緒にいる大人達も、楽しんでゴルフしながらゴルフ場で遊ぼう!っていう風にみえた。家でゲームの「みんゴル」もいいけどさ、ゴルフ場の緑の上でボール打ったりしながら遊ぼうみたいな企画。参加してくれた子供達は、上は高校生から下は小学生の低学年まで色々。競技に出ている子もいるし、クラブさえまともにまだ振れない子もいる。それでも、みんなで並んで練習したり、グリーンにちょっとしたものを作って、「ゴルフダーツ」みたいな事したりして遊んでいると楽しいよね。今度提案してみようと思うけど、そんなゲームをしていたら、「こんなゲームもオモシロイかも!?」みたいのが頭に浮かんできたりして。一応、教える側で参加したけど、(立場が関係なかったら)僕も遊びたかった。昔(平日に学校を休んでコースになんて行けなかったから)、幼なじみの友達と家の近くの公園で穴の空いたプラスチックボールをビニールテープで巻いて(こうするとちょっと飛距離が伸びる!)、公園の端から端にまたがってコースを作って遊んでいたのを思い出したなぁ。土の上とか、芝とか関係なく、公園の障害物を避けながらボールを打って遊んでたな。そう、アノ時からすでに自分で(そんなプラスチックの穴空きボールでも)ドロー!フェード!とかいいながらボール打ってたよね。まともに打ててたわけないけど、アノ時の僕の頭の中にはテレビで観たマスターズのようなコースでボールを打ってるイメージがあったのかもね。遊ぶ!っていいよね。クラブとボールを使って遊ぶ、コースの緑の上で遊ぶ。ゴルフってゲームなんだからさ、こんな気軽な感じで遊べるのが本来のゴルフ場の目的なのかも。St.Andrewsだって大人がスコッチをチビチビと飲みながらゴルフゲームに熱中している時に、その子供達ってもしかしたらゴルフ場の端っこで遊んでいたのかもしれないじゃん。でしょ?今の、日本のゴルフ場は営利重視で、そんな解放的な雰囲気さえ毛嫌いするような態度を見せているところばかり。口では「〜ゴルフ倶楽部」とか「〜カントリークラブ」とうたっているけど、その言葉の本来の意味、そして目的を理解しているところはない。残念だよね。本当ならアジアの国々さえ引っ張っていくくらいのゴルフ先進国なはずの日本が、そのアジアの国々でさえ理解している「ゴルフ倶楽部」や「カントリークラブ」の意味がわからない。

今回、僕がPGMのジュニア企画に共感したのは、彼等がその意味を理解して、ゴルフをする人達、ゴルフを始める子供達にゴルフ場を解放して遊んでもらう!という姿勢が見えたからです。もちろんお金だって取ってません。今回、会場となった桂ゴルフ倶楽部だって日本有数のゴルフ場なのに…。へんなプライドや見せずに、ジュニアと接してるのを見て、嬉しくなりました。こんなゴルフ場が増えてきたら、ホントの意味で日本にゴルフというゲームが根付いていくと思う。誰でも、気軽に「ちょっとゴルフに行かない?」って言えたら楽しいよね。

f0068901_1383688.jpg

それにしても、この桂はコースも素晴らしいけど、練習施設も充実してる。このマジに広い練習場は反対からも打てるようになってるくらい。そのまわりにショートゲームができるグリーンもあるし、3ホールのPar3も。こんなところでじっくりオレも練習できたら最高だね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-09-17 13:10 | Traveler's | Comments(2)

まだまだだね

残念ながら少しは自信があったANAオープンは予選落ち…。ん〜ショットが悪過ぎたかな、特にティーショット。対応できる自分の引き出しが少ないんだろうな、なんともならずに終わってしまった感じ。ドライバーに限らず、ティーショットの精度の安定感がない分、グリーンに上がってからのチャンスが少ないのが、よくある傾向になっている。来週の休みは、クラブも作り替えるので、それに合わせて打ち込みの練習を多めにしようと思う。

それにしてもプラポール惜しかったね…。勝てるかなと思ってたんだけどなぁ。少し長引いてきて焦ったのか?相手を見れば自分を保ててないのがわかったのに。ユーティリティーでティーショットを打ってもいいかな?くらいの余裕が心にあれば楽に自分の展開に持っていけたかもしれなかったね。と、テレビを観ていた僕は思いました。もし自分が同じ状況になった時に、こんな風に考えられるかどうか?どうだろう。

ところで来週はどこで練習しよう…? いつも思うけど、日本ってなかなか思うように練習ができるところがないよね。ミニキャンプとかいって地方に泊まりがけででかけないと、まとめて練習できないよね。それでも、芝の上からボールを打つってことには制限がついてしまうけどね。いつもの事だけど、ホント休みには海外にでて練習したいといつも思う。練習をするってことに関しては日本のゴルフ場環境はアジアの国にさえ20年近く遅れているよね。自分の練習環境を整えるのもプロの仕事のうちだと思う。けれど、毎回悩むよね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-09-16 18:51 | Traveler's | Comments(2)

ANA OPEN 再び…

9/13 (Thu)

今年最後の北の大地、そして去年、最終日最終組で戦った思い出のトーナメント。トップでスタートしながら7位で終わったのは悔しかったけど、最終ホールでバーディーを決めて、最多バーディー賞を取ったんだよね。ボロボロでも最後迄集中してプレーできた事には自分でも満足はしたかな。

ようやく自分のゴルフゲームに対する自信も少し取り戻せてきた気がする。自信があってもなくても、調子が良い時悪い時は存在する。それなりのスコアもだせる時がある。でも、今年の成績をみれば、自信がなくプレーしていた結果は一目瞭然!励まされて、応援されて、僕も口では「ちょっと調子が上がってきたみたい…」的な事を言ってはいたけど、心の奥ではそうじゃなかった。悪い循環にハマっていたし、もうずっとそうなんじゃないかって思ってた。1番のティーに立った時に、正直言って本気で「今週はトップ10を狙う」とか「優勝したい」とか思えなかった。怖かったし、自分が良いプレーをしてる姿なんて想像もできなかった。自分のゴルフ自体にまったく自信がなかった。
それでも努力はした。スウィングを少し変えてみたり、クラブを変えてみたり、色々試したけど、結果としてはダメだったね。自分の心の以外にものは全てやってみたけど。やっぱり自分が自信を持っていないと戦えないよね。でも、努力してきた事は着実に実を結んではきていたと思う。自分が思うよりもスウィングとか良くなってきてたはず。だけど、自信をなくした僕には怖くてコースを攻めることができなかった、まっすぐピンに向って構えることすらできなかった。

今やっと、前向きな気持ちになってきた。「ここはバーディー取る!」とか目標をもてるようになってきたかな。もちろん、そう思えるようになってきたからってスコアが良くなるわけじゃない。だけど、「バーディーが欲しい」「いくつでまわりたい!」「優勝したい」と思った時に、いままでだったら「ホントは無理じゃない?」とかいう言葉が心に浮かんできてた。それが今は、「じゃ、どうすればいい?」「どうやればいい?」っていうように考えられるようになってきた。心の中の怖さがなくなってきた。これって自信が戻ってきたんだと思うんだけどなぁ。

今日だって前半で何もできずに3オーバー。また、ちょっと前迄と同じパターンか?と頭の中で一瞬思った。身体の感じも練習とは違うし、違和感のあるスウィングで狙ったところにボールを運べる気なんかしなかったからね。でも、今日はそこから踏ん張れた。無抵抗のままで終わらなかった。嬉しかった。これがまた自信につながってくれるよね。

Out: ----◯-◯◯◯ 32 In: ▲----▲-▲- 38 Total 70(-1)

でも、自信ってずっとついてくるモノじゃないからね。ちゃんといつも自分で「何がしたい」「どうなりたい」と心に強く思ってないと、またどこかへ行っちゃうよね。これからだって、シーズン終盤になればなるほど苦しい場面が多くなってくると思う。確実にね。その時に、同じようにできれば…。いいことあるかもね、今年は。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-09-13 18:51 | Traveler's | Comments(5)

SUNTORY OPEN いままでありがとう!

9/9 (Sun)

最後のサントリーオープンは谷原の逆転で幕を閉じました。すごいね2週連続だよ。
丸山茂樹も急遽アメリカからの参戦で最後の大会を盛り上げてくれたよね。オレも、久しぶりにちょっとだけだけどマルと話せて良かった。同年代の人間として、アメリカで10年近くも戦っていられるのは凄いことだと思う。才能もあるけど、やはり努力が誰よりも一番なんだろうね。そんな気がする。

3日目となった最終日は、中嶋常幸さんと横尾要の2人との組み合わせ。あまり同組になってプレーしたことがないので、不安はあったのだけれど。実際は3人で楽しく(プレーはもちろん真剣)プレーできました。

どんなスポーツでも、真剣にプレーすればするほど、自分の手ではどうにもできない状況というか流れに左右されることがあります。運とか勝負の流れともいうのかな。この最終日は、この勝負の流れがハッキリとわかった!最後は、3人で「最後に流れを掴むのはオレだ!」といわんばかりに攻めて攻めまくりました。久しぶりに勝負にこだわった(といっても優勝とは離れたところでだけど…)プレーができたかな。
この日は、朝から横尾要が要所でバーディーを拾い、危ないところをパーで凌いで完全に流れを掴んでました。前半を終わった時にはすでにトータル1アンダーで、このままいけばトップ10、いやトップ5は固いだろうって勢いで気持ちよくプレーをしていたのですが。ふっと、ちょっとしたタイミングのずれで、その後の彼は勢いを失ってスコアも伸ばせずに後退してしまいました。不思議だね。折り返してすぐのチャンスでバーディーを決められずに焦ったわけではないのだけれど、3番ホール(Par3)のティーショットに入った瞬間に向かい風が少しだけ強く吹いてきたんです。確かに、そのまま打てば半クラブ分くらいの距離が違ってしまいそうだったので、彼はアドレスをほどいて、もう一度風の確認をしてからアドレスしてボールを打ちました。しかし、この間が完全に彼のそれまでの流れを変えてしまったように思います。風を感じてしまった事で、要はすこしだけ低く、少しだけボールを捕まえようとしたとのこでした。打った球は、低く捕まったボールだったのだけれど、思い以上に曲がり過ぎてグリーンの左のバンカーへ。要は、そこをボギーとしてしまいました。そして、それからもう一度彼に流れが戻ることはなかった。それまではフェアウェーに飛んで、アイアンでもピンに対してバーディーを狙い易いところにボールを止めることができていたのに、同じようなショットを打っても少しずつずれてミスとなるような流れになっていきました。
そして、彼を離れた流れが僕のところに来ました。ホントに不思議なんだけど、それまではパーを拾うのもやっと、なんとかゲームを組み立てられるように踏ん張るのがやっとだったのに、彼がボギーを打ったホールで決めたバーディーが流れを掴んだのかな。そのホールを境に、「ありえない!」ってほどじゃないけど、それまでだったら普通にボギーになっていだであろうところからパーを拾い、バーディーを取り、川の流れにのった船のように勝手に良い方に向っていった。
もう一人の中嶋さんも流れを掴むチャンスはあったんです。その前の2番ホールで短いバーディーパットを外さなければ…。

この流れってなんだろう?自分が流れの中に入っている時は、何もしなくてもいい。ただ狙いを決めてボールを打ちさえすればいい!そんな感じ。
でも、この流れを感じでプレーできるようになったってことは、今年の前半のように何をしてもダメっていう沼に足がハマったような状態を脱したということなのかな。サンクロレラの頃なんて、一緒にプレーした菊池純や佐々木さん達は、何をしても最後にはパーを拾い凌いでいくのに対して、僕は一人で毎ホールババを引いてボギーを積み重ねていくみたいな状態だったからね。やっと勝負していける準備が整ったのか?そうであって欲しいね。

トーナメントも短縮され賞金も減ってしまったし、順位としても大したことはなかったけれど、自分の中ではやっとこれらか勝負に参加できる権利を得たような気がして、賞金の金額以上に得たものは大きかったかなと思う試合でした。

遅い開幕ってとこですか…!?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-09-10 23:54 | Traveler's | Comments(6)

あげ◯◯登場!United Airline の谷口さん

9/8 (Sat)

やっぱり地元はいいね!ふっと気がつくと、昔からの友達やお世話になった人達やいつも応援にかけつけてくれる知り合いがいる。ティーの脇にいたり、グリーンを狙う時に、ピンの向こうに顔が見える。な〜んか安心するっていうのかな、頑張ろうって気持ちにもなれるよね。ホントはみんなが観てる中でバーディーを取った時とかに、もうちょっとだけ大きなアクションでガッツポーズしたりしたいんだけど…オレにはできない。心の中では「ありがとう!」って言いながら、キャップに手を添えたり、軽く手を挙げてるんです。みんなわかってくれてるのかな?

今日は、前半から耐え凌ぐゴルフがず〜っと続いてたね。よくパットが入ってくれたと思う。でも、折り返してから3つほどボギーが続いてかなり具合が悪い事になってしまいました。アノ時は間違いなく予選カットの圏外にいたと思う。

でも、そんな時に現れたのは…。
f0068901_2354331.jpg

僕のパーソナルスポンサーになってくれているUNITEDAIRLINEの谷口さん!なんでだろう、彼がふっとコースに現れてから、難しいパーを拾って、そして2ホール連続バーディー!イェス(^^)v たまたまタイミング良く現れたのか?それともいい運気を運んで来てくれたのか?なんにしろ助かりました。サンキュ!谷口さん、オフにはまたハワイ辺りで合宿したいのでヨロシク。来年から、ユナイテッド社は最新の機材にするらしい…。楽しみだね。バンコクにも飛んでるし。

54ホールに短縮された最後のサントリーオープン。そして明日は最後のラウンド。思い切り攻めてみようと思ってます。今年は、開き直った時に結構良いスコアでてるからね、ハマるかもね!?

今日まで応援に来てくれたみんな、ありがとう!そして明日来てくれるみんな、コケるかもしれないけどガンガンいくんでちゃんと観ておいてください!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-09-09 00:09 | Traveler's | Comments(2)

台風休日

9/7 (Fri)

わかってはいたことだけど、やはり台風の影響でトーナメントの2日目は中止!じっさいには雨と風はほとんどゴルフできる状態だったと思う(コースにまで行ってないから憶測だけど)けど、撤去した仮設テント類やコース整備に時間がかかる為にあえなく中止。
しょうがない。これらは観戦に来てくれるギャラリーや、選手の安全に関わることでもあるので万全を期さないといけないからね。

f0068901_83652100.jpg


で、昼前迄ホテルの部屋で待機しつつJGTOの最終裁定を待っていました。その後、暇になってしまったので、もちろんいつものメンバーで近所のショッッピングモールに「ランチ&ゲーム」にでかけました。上の写真は、僕がUFOキャチャーの景品でゲットしたもの。わかるでしょ?キューピーマヨネーズのCMにでてくる例の『タラコ』ちゃん達です。こんだけ集まるとちょっと気持ち悪いよね。しかも、こんだけ集めてどうするんだ?って話でしょ。飾るか?

最初は、ちょっとゲームした後に映画でも久々に観ようと思っていたんだけど時間が合わずに予定変更。軽く腹を満たすつもりが、結局4時間位なんだかんだとダラダラ食って飲んでしてしまいました。『Keawchai(ゲウチャイ)』ってタイ料理屋で…。ちなみに今週は毎日ココに通ってます。先週は、飽きもせずに毎日河口湖畔の焼肉屋に1週間通ったし。間違いなく今週残りの週末もココでしょ。
f0068901_8513120.jpg

この『Mekhong(メコン)』ってなかなか強いお酒なんだよね。昼間から、タマちゃんとミーサワットのキャディのアムと3人で空けてしまいました。美味しいというか、酔うにはもってこい!って酒だよね。おかげで楽しい時間が過ごせたし、夕べは気持ちよく21:00 には珍しくベッドに入ってました。(良く寝られたから体調いいかも!?)

その後は、上江洲さんやマークセンも合流してまたゲーセンへ戻り。それぞれにささやかな安い景品をゲットする為に、大金を浪費してました。マークセンなんか、キャンディーとるのにいくら使ったんだ?ま、稼いでるからいいけどさ。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-09-08 09:01 | Traveler's | Comments(2)

最後の『SUNTORY OPEN』!!

9/5 (Wed)

つい先日発表されたサントリーオープンのツアー撤退…。
ある意味、シンボル的な存在としてツアーを引っ張ってきた感のあるサントリーオープン。しかも僕の地元の千葉での試合。残念ですね。撤退する企業も残念でしょう。

この最後のサントリーオープンは感謝の意を込めて、華やかで思いでと共に語られるようなトーナメントになるといいね。

そしてサントリーの後には、新しい血がたぶんツアーに入ってくると思う。自分達プロもサントリーを乗り越えて新しい血が活性化するようにしないとね。何か新しいものが自分達の中に入ってくるということは、自分達も新しい何かになれる可能性があるよね。古い殻は脱ぎ捨てて先に進まないとね!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-09-05 17:35 | Traveler's | Comments(4)

這い上がれず…。FUJISANKEI CLASSIC 最終日

9/2 (Sun)

ん〜残念といえば残念。終盤になってきて、トップ10にも入れると自分で思えるくらいのチャンスがあったからね。でも、やってしまった!慰めを言えば、調子が良い時の「失敗パターン」だったことかな。失敗は失敗なんだけど、何も自分でできずに撃沈するのと、攻めて行った結果の撃沈は違うからね。ただ不可解だったのは、そんなに苦手な感じがしない15番ホールで、ティーショットが左にしか飛ばなかったこと。練習ラウンドから4回とも左のラフ方向へ。毎日徐々に左にずれていったショットは、昨日ついにOBまで届いてしまった…。なんとかボギーでしのいだものの、続く16番は2m半くらいのパーパットをラインを読み間違えてボギー。そして17番は残りエッジ220Yくらいをユーティリティーで2オンに成功。が、またしてもバーディーパットをラインを読み間違えて外す…。終盤、14番でバーディーを取って「ここからガンガン行こう!」と決めてからの一人ドタバタ劇。もう少しどうにかなっただろう?って思いませんか。


それにしても、今日のラウンドはなんか消化不良って感じです。最終日とはいえプレーしたのはたったの13ホール。ホールアウトしたのは12:00前…まだ十分時間あるじゃん!もう1Rくらいは行けたよねと個人的には思っていました。
それにしても最終日のTV放送開始時間は早かったよね〜。あれじゃ、72ホール消化したら全く放送時間に収まらなくて放送局は困っただろうね。54ホールである意味良かったんだね。


追記/素晴らしいコース、そして素晴らしい雰囲気のフジサンケイクラシック。川奈も良かったけど、ここ富士桜でのトーナメントも僕は好きです。
ただ、今年は天候に左右された事で、運営側にちょっとしたドタバタがあって、選手としてはイライラさせられたりと不満がありました。3日目(土曜日)のスタート。サスペンデッドの残りが霧で遅れてしまったのがそうさせたのでしょうが。3Rのスタートの直前まで組み合わせが発表されない状況でした。「一体誰とプレーするのか、最初のグループは誰?」僕たちプロはスタート時間を見て朝の練習やウォーミングアップを始めるので、いつまでたっても発表されない組み合わせにはホントに困りました。ちなみに発表されたのはスタートの15分前を切ってから。いい加減にしろ!しかし、バカだなと思ったのは、プロに組み合わせを発表する前に、すでにギャラリーにスタート時間を教えていたこと。霧で遅れたなら、それに合わせて3R目も遅くすればいいこと。それができないならせめてプロに先に組み合わせを渡して、練習をする時間をつくらないと。まるで初めてトーナメントを運営した素人みたいだよね。アジアツアーなんて、天候によって左右される時の判断と行動は早いよね。少ない資金と少ない人材でもちゃんと、すべてに早い対応ができているのに。たっぷり金を使ってのんびりの日本ツアーはなにか足りないよね。残念だよね。ま、僕らにはわからない事情があるのでしょうけど…。せっかくの華やかなトーナメントがもったいないよね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-09-03 07:25 | Traveler's | Comments(9)

なんで?

9/1 (Sat)

ついてないのかな〜。せっかく久しぶりに賞金が高いトーナメントで予選を通過して、上位も伺える位置にいるのに、3日目の今日は濃霧の為にサスペンデッド…。これで賞金ランキングに加算される金額は満額の75%になってしまった。がっかり。
なんとか霧の合間を縫って少しでもプレーを続けて、4日間を消化できる方法はなかったのかな。トーナメントの運営側も、もちろん天候をチェックして最終的な判断を下したのだろうけど、あまりにも早いサスペンデッドの決断には、僕個人的には?の感じがしました。だってサスペンデッドの放送が流れていたのは13:10だったからね。せめて15:00くらいまで待ってみるとか、選手を一旦ホテルに帰して、再度15:00くらいに招集をかけるとか、とりあえず4日間をプレーする事を前提とした方法を模索して欲しかったなぁ。他のツアーでだって、こんない早い時点で決断はしないと思うけど。
ま、もう決まってしまったことはしょうがない。僕にできるのは、明日とりあえずガンガン攻めて75%の加算でも十分に満足できるくらい稼ぐこと!残り13ホールの短距離だからね。めいっぱい攻めてみようと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0068901_6191331.jpg

て感じで、ほぼ半日仕事になってしまったので、午後はみんな(オレ、タマちゃん、亮平、プイさん、ピンポン)で御殿場の『Premium Outlet Mall』へ行ってきました。タマちゃん達はすでに火曜日にも来ているので、今日は何も買わなかったけど、僕はゴルフ用の綺麗な色のパンツを『Brooks Brothers』で2本と、『Big John』でハーフのジーンズと最近探していた太めのローライズ物との2本をゲット。自分ではなかなか良いモノを見つけたかなぁって思ってんだけど。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-09-02 06:19 | Traveler's | Comments(3)