Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2007年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

僕も勉強します!

以前から思っていたのが、ツアー会場でのプロの行動や言動です。よ〜く考えると僕も人の事を言えない行動をとっている時があるので大きな声で他のプロを批判はできないけれど、社団法人組織に属しているプロとしての行動が伴ってない人が多いということ。もう少し責任と役割を認識して、その上でプロ同士の戦いをしないといけないのでは?と思っていました。もうすぐ開幕ですからね、ちゃんとしないと。

たまに選手会のミーティング(ホントは毎回参加しないといけないのですが…)に参加するとよくでる意見として「スポンサーの減少」「テレビ視聴率の低下」の影響で試合数が減っているということ。ま、当然ですよね。でも、原因は何?ここで話し合いはすぐに「どうやったらスポンサーを増やせるか?」「テレビ視聴率を上げられるか?」にしか目がいかないんです。僕の個人的な意見としては違うと思うのですが…。
僕は、極論としてテレビなんか一回無くなってもいいと思う。しかし、ギャラリーに観にきてもらえる努力をしよう!って事。プロとファンとスポンサーは三角関係だと思うから。プロはファンに愛されて、観戦に来てもらって初めてスポンサーからの何かしらの恩恵に預かれる立場になると思うのです。スポンサーはファンの人達の購買力によって収入を得ているわけなんだから。それで以前から必要だと思っていたのがツアープロの教育 ファンを大切にして、ゴルフを知ってもらう助けをすること。そして会場に脚を運んでもらう。そうすればテレビの方だっておのずと「放送させてください!」ってくるのではないでしょうか?ツアープロはファンを味方につける事で、ツアーの運営も上手くできるようになるし、自分達の収入も増える道が絶対に開かれるようになると思います。が、どうでしょうか?

現場を見た事がないけれど、サインをせがまれても無視したとか、よくない話をたま〜に聞きますが、それじゃダメでしょ?個人名をだしてしまいますが、スシ石垣はツアーにでるようになってから人気も上がり(彼の行動には賛否ありますが)サインをねだられることが多いです。決まってラウンド後は毎回最低1時間くらいはサインの列に並んでるファンの為に自らの練習の時間を割いてます。調子の悪い時とか、練習したいはず。でもせっかく観戦に来ている人達の為に彼はサインをしつづける!偉いね。でも、これがホントのプロの姿なのでは?適当に数枚サインしただけとか、無視して通りすぎるとか、ありえないでしょ。去年も噂によるとチャリティーのプロアマを勝手にスキップしてしまったプロが数名もいたみたいな話を聞きましたが…。みんな誰に飯食わしてもらってんの?大人なんだから自分の責任と立場はわきまえましょう。みなさんもこれからそんなプロを見かけたら思い切り怒鳴りつけてやってください。もちろん僕にもね。

なんで今日この話題になってのかというと。
2007ジャパンゴルフツアースローガンは“男じゃないか”

※日本ゴルフツアー機構の6つの取り組み
①教育セミナーの実施
社会で評価され、ファンに尊敬される選手の振る舞いを身に付け、魅力ある選手の育成に取り組みます。その為に、ツアーメンバーを対象に複数回の教育セミナーを実施します。

②ルール・マナーを厳しく指導
懲戒・制裁規定の大幅な見直しを行い、ルール・マナー・エチケットの遵守を図ります。

③ファンへの感謝の気持ちを表現
「ありがとう」の感謝の気持ちを持って、ファンや子供達に接するように選手と協力します。

④主催者の満足度向上
プロアマ大会での振舞いを配慮するだけではなく、表彰式時にはジャケットの着用、
直筆のお礼状の送付、選手の名刺を渡す等、紳士な振る舞いと対応に努めてまいります。

⑤選手の技術力向上
近隣諸国のアジアを中心に共同開催を推進するだけではなく、フェデレーションの一員として、
コースセッティング、ホールロケーション等を世界基準のノウハウを研究して実行してまいります。また、ツアーディレクターや競技委員の質的向上を目指し、研修会の実施に取り組みます。


こんな事が書かれていました。僕は個人的には賛成です。しかし、これはちゃんと実行できるのでしょうか?みんな参加するのか?言い訳ばかりして逃げる奴とかいないのか?結局は若い人だけ参加してベテランはセミナー受けないのでは?色々な事が考えられます。僕は(もちろん僕自身の含めて)この目標がちゃんと達成されているのか?実行できるように努力されているか?を逐一リポートしようと思います。
ハッキリ言っていまさらセミナーとか受けるのはうんざりですが、僕らが僕らの為に何かをする為には必要でしょ。自分の改革が!


以前誰かが言っていました。まだそんなに顔や名前がしれていないプロが、朝から一般人が手にできないような高級車に乗ってきて、降りたらタバコを吹かしながらあるいているのを見たら男子ツアーなんて応援してあげようって気になりますか?タイガーのように何十億も稼いで顔も売れているのならわかるけど、数千万円稼いでも経費で使って苦しいのでは?なんて思っていても、これじゃ応援したい気持ちがなくなる。しかもサインや挨拶もろくにできない。

これが全てではないけれど、これが現実の一部であります。そりゃダメだよね、男子ツアーはさ。

関係ないけれど、じつは僕がこのサイトを開いていろいろと書いているのは、僕のファンを増やしたいからではありません。ただ、こういうプロもいるんだな〜と思ってもらいたいから。別に批判してもらってかまわないし、応援してもらえれば嬉しいし。ただあまりにもプロの世界ヤプロの人柄って見えずらいから、ちょっとでも穴をあけてプロの世界の中が見えればと思ったからです。もし僕がゴルフ界の中でイチローや松井や松坂のような存在だったらこんな事はできないかもしれないけどね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-03-30 16:05 | Traveler's | Comments(12)

The Open Qualify - Sentosa Singapore

f0068901_21235262.jpg

『Claret Jug』

夢でもいいからこの「クラレット・ジャグ」を抱えてスコットランドの地で男泣きしてみたい…。だから頑張ってます、毎年日本ツアーでの全英予選とこのIFQはかかしてません。寿命が尽きるのが先か?それとも努力が実って夢が現実となるのか?どっちが先か、それは分からないけど、プロとして生きている以上諦めずにゴルフします。
以前にも書いたけど、『Masters』Pebble Beachでの『US Open』とSt. Andrewsでの『British Open』でプレーしたい。これなら胸を張って死ぬ時に「オレはツアープロだったんだ…」って言えるでしょ。まだまだ努力と実力が足りないけど時間はある。寿命が尽きる迄やります!←ホンキ宣言です。

今年もやってきました、シンガポールのセントーサ島。今年は去年と違う方の『Tanjong Course』を使用。コース的には難しいはずがないんだけど、思うように自分のゴルフができないのは、なぜ?やはりゴルフを難しくするのも、簡単にするのも人間だからか?結局自分のせいなんだろうな。

1st Day: OUT --▲--◯--- IN ◯▲■◯---◯- 72(0)

見ての通り出入りが激しく、しかもボギーやダボが先行してるパターンです。これは先週のビンタン島の試合から続いてるもの。攻め方かショットに問題があるはず。自分で解決できるかわからないけど、ミスのパターンの分析と修正はしてみないとね。バーディーが取れるゴルフをしているのに…。
ゴルフをしていて去年と違うのは、やはりクラブセッティングを換えたせいでPar5のセカンドでグリーンはピンを狙いやすくなったこと。イーグルもけっこう出てるし、Par5でのイーグルパットが増えたのは良い事。今は3W、15°、18°、21°の4本でどれか1本を抜いたセッティングにしないといけないので、どんなコースでどういうセッティングにするのかはハッキリと決められるようにしておかないと。
それにしても赤道付近は暑い…。汗の量も当然メチャ多い。ゴルフ以前にいかに集中力を維持するか?大事な事です。初日のこの成績では2日目は66や65でまわらないと5人の枠に入らないのは確か、コースはバーディーが取り易いのだから攻め続けることができれば可能性があるのだけれど。どうなるのか?


2nd Day: OUT ◯-◯--◯■-- IN -■--▲---- 74(+2)

良い感じだったはずなのに…。可能性は少ないのはわかっていたけど、なんか「もしかしたら?」くらいのフェーリングはあったのに。スタートからいいバーディーを決めてゴルフはいい流れに乗ってました。6番までは毎ホール距離の短いバーディーチャンスが続いていた。もし前半を4アンダーで折り返せたら、勢いでプレーオフくらいまでは届くとホンキで信じていたのだけれど、雷での中断を境に自らのミスを連発して落ちていきました。なんでかは分からない。けど、確かに何かが変わってしまって、先週からの流れでは考えられないミスを連発!力が抜けていたのか?それとも単に集中力がなくなったのか?■と▲には3回の池ポチャが含まれます。あ〜もったいない。もし3アンダーに届いた後の7番のティーショットがフェアウェーに打てたなら…どうなっていたのか?来年は「もし…」を言わなくて済むようなゴルフしたいね。
それにしても暑かった。汗でびしょびしょに濡れた服、したたり落ちる汗、すぐに濡れて滑り易くなるグローブ、暑い中でのゴルフって意外に大変ですよね。日本でのシーズンが始まる前に真夏の赤道で2週間も真剣勝負ができて成果があったと信じたい。このスウィッチが入った状態で開幕から飛ばしていきたいですね。

IFQ Final Scores

f0068901_2245917.jpg

いつかココに刻みたいね、自分の名前。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-03-29 22:10 | Traveler's | Comments(4)

MOTOROLA International Bintan Final Result

f0068901_034612.jpg

Ria Bintan Golf Club No.18 (Par3)

それにしても暑い日が続いた試合でした…。

ゴルフを語る前に自分が暑さにやられて集中力をなくさないように意識してないと、ホントに何処かに意識が飛んでしまいそうな暑さでした。ちなみに最終日は3ホール目からはずっと日傘をさしてプレーしてました。暑さには勝てなかったけど、いいスコアはだしたかったからね。

上の写真はトーナメント中は最終ホールとして使っているパー3です。先日載せたNo.16&No.17と合わせて上がりのホールの景色は綺麗ですね!南国の濃い緑と対象な綺麗な海の青色がなんとも言えないコントラストを醸し出してました。この海が見えるだけで少しは涼しく感じられていたのかも。

Tournament Result

試合の結果は、見ての通りです。あまりいいとは言えないですね…。ダブルボギーの多さがスコアを伸び悩ませた原因なのですが、そのダボの原因はティーショットを曲げた事です。このコースは距離もあまり長くないのですが、ラフに入れると途端に難しくなります。芝というか雑草に近い中途半端な長さのラフからのショットはトラブルの連続で、とても簡単にボギーで逃げておこうなんて言えませんでした。といってもフェアウェーは狭くはないので曲げてしまう方に問題があるのですが…。ま、僕らプロも同じで池やブッシュを見ると過剰に反応してしまい、余計な警戒心を持ったままスウィングをして失敗…。写真のホールもそうだけど、目標を決めて自分のスウィングを信じてクラブを振り切れるか?って事が大事。そうできたからってミスしないとは言えない。けど、スウィングをスタートさせる瞬間にはな〜んの迷いもない自分がいなければ成功はできない事は確か!と思います。これが僕の課題。この状態の自分でクラブを振れなければ、どんなにスウィングの練習をしても意味ないからね。で、じっさいにどうだったかというと…この18番ホールは攻めもせず、逃げもせず、ピンも見ず、崖も見ず!ただ意識の中で目をつむってスウィングをしていました。1日だけでもいいからピンを見て「ピンに寄せる!」って心に誓ってスウィングしたかったな。

話は逸れるけど、決勝では2日間共に田島選手とのラウンド。ずっと同じようなスコアが続き71ホール目に僕が3mの下りのパットを沈めていたら勝てていたのかもしれないけど、同スコアで迎えた最終の72ホール目のティーショットは僕が左のブッシュ、彼が右のラフに入れて「やっぱり決着はつかないか?」と思っていたけど、見事にカラーからのパーパットを沈めた田島君にブッシュから1回で脱出できずにいた僕はダボ!ガチンコの勝負は負けました…。悔しい。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-03-27 01:18 | Traveler's | Comments(2)

MOTOROLA International Bintan 1st & 2nd Day

ほぼ赤道直下!相変わらず寒い日本とはうって変わってフェーン現象の新潟か?ビンタンか?と思わせるよな暑さの中でゴルフをしています。でも、暑いけど緑が濃くて綺麗でサイコーです!こんなコースで試合ができるなんて幸せです。

RIA BINTAN GOLF CLUB No.16
f0068901_19351266.jpg


RIA BINTAN GOLF CLUB No.17
f0068901_19362543.jpg


ちなみにビンタン島のどっち端に位置しているのかわからないけど、ホテルもゴルフ場もビーチ沿いにあり景色はサイコーです。日本でもこんな場所があればなぁ…。無理か。
暑さで意識もうろうとしながらも、ラウンド後のビール&ホテルのプールサイドでまたビールを想像しながら頑張りました。リア・ビンタンGCは難しいのか簡単なのかイマイチわかりません。しょうじきティーショット次第でどうにでも変わるコースなので、良いスコアも悪いスコアも両方でてしまうと思います。僕も、イーグルを取りながらも毎日ダボを打ってスコアの調整の方はバッチリです。優勝は13アンダーと読んでいたのですが、ちょっと届かない状況になってしまいました。しかし2日間を終わって2アンダーは、やりようによってはどうにかなったスコアですね。暑さで頭がどうにかなってしまったのでしょう…。決勝ではなんとか一日は67以下で回りたいですね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-03-24 19:54 | Traveler's | Comments(3)

BINTAN ISLAND!

MOTOROLA International Bintan(JGTO)

MOTOROLA International Bintan(Asian Tour)

今週はネット事情が良くないのであまりアクセスできないですが、なんとか頑張ってます。しばらくはこちらを見て応援してください。

この後にはシンガポールへ戻り全英の予選にも挑戦します。

それでは
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-03-24 01:37 | Traveler's | Comments(1)

ご近所の美味しいお店を探索中!

麻布十番 『あべちゃん』
f0068901_12193032.jpg
最近引っ越した家の近所を散策して歩いてます。食べ物屋がたくさんあるなかから、自分の行きつけのお店を持ちたいから。フラッと何も無い時に一人でも寄れて、ちょっとお酒を飲みながらつまんで…みたいな事ができるお店が欲しいです。
この「あべちゃん」麻布十番商店街の中にある一見汚いお店(失礼)以前からよく店の前は通り過ぎていたんだけど、美味しいお店だなんて全然知らなかった。お店はスーツ姿の人ばかりだね、みんな仕事帰りによるんだろうね。外人も多いね、たぶん店の感じが日本独特の下町っぽい雰囲気をだしてるからだろうね。僕も好きになりました。
f0068901_12204887.jpg
焼き鳥屋だけど、今回僕が気にいったのが『モツ煮込み』いままで食べたなかで一番美味しかった!但し、毎日食べてると体に良くなさそう…。そんなにいいモツ(まるちょう)使ってます。あと気に入ったのは「鴨肉のつくね」意外な美味しさでした。



麻布十番 『らーめん あかしや』
f0068901_12222319.jpg
あべちゃんから歩いてすぐ、細い路地っぽい道の途中にある一見目立たない、いっそう汚い店構えのラーメン屋。間違いなく紹介されなければ自分だけでは入らないね。だって店汚い感じに見える、店内は狭くてゴミゴミしてるし壁に一面手書きの下手なメニューが貼られてるし、店の主人は体デカくて無愛想で汚い服きてるし、な~んもいいトコないからね。でも美味しかった!食べ物って空気も一緒に食べると言うけれど、アノ雰囲気があってまた美味しく感じたんだろうな~無愛想な主人(じつは若そう)が所狭しと小さい冷蔵庫の上のまな板を半分使って葱とか切ってるのを見ると嬉しくなっちゃう。メニューは塩、味噌、醤油に葱のせたりチャーシューのせたりだけのシンプル系だけど、いいね。ホント、ラーメン屋って感じで。それにしても凄い店だった…。ホントはラーメンとか店内の写真も撮りたかったんだけど、あまりにも店内狭すぎて…遠慮してしまいました。ごめんなんさい、次回頑張ります。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-03-17 12:27 | Food & Drink | Comments(3)

'07 Other New Clubs - 3W & Wedge

これで最後の新しいクラブです。

PING G2 3W(12°)
f0068901_1852177.jpg

これが新しくバッグに収まる3Wです。しょうじきプロになって初めて作ったクラブがロイコレの3Wでした。何があっても換えられないくらい愛していました、でも帰る決心ができたのがこのG2です。2世代前のクラブですが、な〜んも問題ありません。これはこれで十分に完成されたクラブだと思います。
f0068901_18191787.jpg

上から見た感じではフェースが開いて見えますが、フック系の球を打つ僕に取っては問題なし。ロフトが12°で球が上がりにくそうですが、ネックを樹脂にしている為に、その分の重量を上手く配分して球も上がるようにしてるのです。けっこう良い球でますよ。意外なお土産を貰った感じです。

PING Tour Wedge
f0068901_21193067.jpg

f0068901_21195136.jpg

もともとスピンをかけないで打つのが苦手な僕が、状況によっては転がしていけるウェッジ。スピンをかけて寄せるウェッジと併用して使っていこうと思っています。ソールの削りは、愛用しているMTIのものに近い感じに仕上げてもらいました。スピン量は違ってもソールの抜けは同じようにしないと、打ち方まで違ってしまうからね。

以上が今年ツアーで一緒に戦っていく道具です!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-03-13 23:02 | Clubs/Equipments | Comments(4)

'07 New Putters - PING

ことしから契約が変わった事もあり、新たに作ったパターです。フェニックスにあるPINGを訪れた時にパター・ラボでストロークやボールの転がりを分析して僕なりに最適なストロークやボールの転がりを実現できるように重さや長さやライ角を設定して作りました。またパターヘッドは僕の好みで多少リクエストをしました。世界で1本しかないパターを持っているっていうのは嬉しいですね、大事に使おうって気持ちになれるし。
新しく手に入れた2本のパターを紹介します!

PING RedWood Answer Custam
f0068901_12421640.jpg

f0068901_12423758.jpg

色は光の反射を防いでくれるブラック・サテン仕上げになっています。そして僕のストロークを助けてくれるようにヘッド重量を350gでリクエスト。その調整の為にフェースのToe側とHeel側にタングステンを埋め込んでもらいました。なかなかお洒落な感じに仕上がっているので気に入ってます。
f0068901_1245307.jpg

そして上から見た図です。どうでしょう?僕は一番大事な第一印象でな〜んの違和感もなく構えられて、すっごい振りやすいと感じました。これって大事なことですよね。とにかくスクウェアに感じるので安心してパットできます。今年はこれがエース・パターとして戦っていくと思います。

PING B60 Custam
f0068901_12484174.jpg

昔から好きだったB60を使って何か新しいパターを作りたいと思っていました。そこで思いついたのがいままでのモデルにないホーゼルを付けてみようってことでした。PING ZINGに近いスラント形状を持ったホーゼルです。しかもトップブレードの上にではなくフェースの側から取り付けてもらいました。これが世界に1本のみのパター!メチャクチャ気に入ってます。
f0068901_12524912.jpg

そしてホーゼルをフェース側からつけた結果がこれです。いままでのモノと違いオフセットをなくしたモノに仕上がりました。ギリギリ…オンセットかな?ってくらいになてます。これって結構構えやすくていいです。もともとオフセットのモノを使っているとアドレスが崩れてくる癖があるので、そんな時にはこれを使っていこうかなと。それとこのパターの最大の特徴は…トップブレードの厚さです。これは普通のB60よりも倍以上の厚さがあります。たまたまですが、倉庫に眠っていた超レアなヘッドを見つけたのでいただきました。これで普通のB60を作ってもスゴい価値のあるモノだったのに、手を加えてしまった…。ヤリ過ぎか?
f0068901_1255437.jpg

そしてもちろんコレも重量調整用のタングステンをフェースの両端に埋め込んでもらっています。

RedWood Answer & B60

Head Weight: 350g
Length: 34inch
Lie Angle: 22°(1°Flat)
Loft: 3°

[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-03-12 13:04 | Clubs/Equipments | Comments(3)

'07 Clubs In-Season Spec - PING

f0068901_350747.jpg

ユティリティクラブ達に綺麗な色のヘッドカバーをかけてみました。なかなかお洒落な感じじゃないですか?けっこうPINGっていろんな小物あるんですよね〜。PINGはあまり自分とこのモノ見せびらかしたりしないから…。

そして、こっちがホンモノの'07年シーズンで使うであろうほぼ最終スペックです。
f0068901_35775.jpg


Driver: PING Rapture460 (9°) / TourAD I-65 (X)
3wood: PING G2 (12°) / YS-7 (X)
Hybrid: PING Rapture (15°) (18°) (21°) / TourAD UT-95
Irons: PING S58 (4 - PW) / DG X-100
Wedges: PING Tour (52°) & (60°) / DG S-300
Putter: PING RedWood Answer Custam


ユティリティと3woodはコースのマネージメントによって組み合わせを換えて使い分けようと思っています。じつはこのセッティングにしてから何が大きく変わったかというと、ドライバー〜アイアンまでの間で均等に距離を打ち分けられるクラブができたこと。以前は2アイアンと3wの間の距離が空き過ぎて有利になるはずのPar5のセカンドショットで持つクラブがなく困るケースが多くありました。ハイブリッドは、その距離で活躍するクラブ。楽しみです。

そして長年連れ添ってきた相棒ロイヤルコレクションの3wはいよいよ引退となるかもしれません。いつも新しいモノを試すも、勝負のかかった場面で信用できずに元サヤに戻ってしまっていたけれども、今回は第一印象も良く、プライオリティをおく距離に関しても問題なくいい感じです。後は開幕までにシャフトの選択をするだけです。

ドライバーも開幕までに、もう1本ロフトが少ないモノを用意するつもりです。先日のPINGでのフィッティングでは、少し打ち出し角度が高く、影響で落ちる時の角度がありすぎで距離をロスしている結果がでたので、その修正の為です。

細かく説明しましたけど、とにかく第一印象から気に入ったクラブ達です。僕は自分のフィーリングを信じて今年はコレで戦います!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-03-08 04:27 | Clubs/Equipments | Comments(9)

無事に帰国してます!

お騒がせしました (^^)/
(米国時間)3日にサンフランシスコ空港にて14時間あまりもの時間を過ごしていた時は辛かったですが、航空会社の対応もよく、その日の夜は近くのハイアットに部屋を取ってくれてゆっくりと身体を癒すことができました。

翌朝、早めに空港へ。チェックインはせずにそのままゲートで待機して、ほぼ時間通りの10:30に機内へ案内されて、いざ出発!(ちなみに機体は交換されてました)

もう相変わらずのシートのリクライニングの気持ち良さに、ほぼ全航路で寝てました(^^;
気持ちよ過ぎ!帰国当時は日本中で風が強く吹いて大変な事故が起きていたらしいですが、僕は機内で寝てました。たぶん多少は機体が揺れていたはずですが…。

今回は不安もありましたが、(もちろん当たり前と言われればそうだけど)航空会社の方も点検をキチンとしていて細かい事迄しっかりと把握しているということ。一回飛んで戻った時も、状況を把握して安全に飛行しているし、逆に安全なんだなという印象を受けました。もちろん100%はあり得ないのでまったく事故がなくなる事はないでしょうけど、コンピューターや人間の力でほぼ100%に近いところまで危険を回避しているのですね。こんな状況にあって安全性を感じるのもへんですかね?

それにしてもビジネスシートに慣れるともうエコノミー乗れないですよね…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-03-07 13:28 | Traveler's | Comments(3)