Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2007年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

アリゾナを目指して…(2)

f0068901_23115438.jpg

天気のいい日でした。ここら辺ではいつものことらしいけど。

初めてのPING本社訪問。JapanサイドのスタッフのJoseに連れられて、まずTour担当のボスであるChance Cozbyに挨拶に。オレよりも若いのにすでにツアーを仕切る事をまかされている。スゴいね。それから各部署に案内されて、それぞれのスタッフに挨拶。なにしろ今年から新しくファミリーに加わった新人だからね。覚えてもらわないと。

好きですPING...なぜならスタッフが気さくで、思ったよりもこじんまりとしてる会社自体に居心地良さを感じたから。それから(上)会社の裏にあるドライビングレンジ。綺麗でしょ?たぶん奥のネットまで300ヤードくらいかな。もう好き勝手に練習していいよ!だって。距離やスピン量やらを計測する機械が、そのまま置いてあるから勝手に打って計測データを見てました。こいう練習もオモシロイね。以外な事実も判明して、これからのクラブの修正する方向も見えたしね。数字は言わないけど、世界一飛ぶツアープレーヤーのBabba Watsonとはドライバーのキャリーが約40ヤードほど違っていました…。ま、いいんだけどね。

ということで、昨日は寒い日本で固まってる身体をほぐす為にボールを打ってました。アジアでゴルフしてるのも大好きだけど、ここで練習できるのならアリゾナに引っ越したい!ゴルフ場もいいのたくさんあるだろうしね。

今日もこれから練習に行ってきます。ちょうど日本ツアーで一緒に戦ってるChristian Penaも来るらしいから一緒に練習しますよ。そして午後からは近くのゴルフ場でラウンドでもしよう。

それでは


ps 個人的にちょっと心配していたのが、クラブの飛距離。飛ぶと思っていたけど、実際にはどうなん?って思っていました。昨日の計測で飛ぶのはウソではないことが判明。ちなみに7アイアンで約185~190ヤード平均、ハイブリッドの18°はキャリーで約245~250ヤード平均くらい飛んでました。また詳しくは次回に!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-02-28 23:34 | Traveler's

アリゾナをめざして…(1)

また2週間とたたずに海外へ出発です。今回の目的地はフェニックス(アリゾナ州)そこにあるのは『PING』の本社!そう今回の渡米の目的はクラブフィッティングです。今年から、あのカーステンお爺さんが作り上げたPING Familyの仲間入りとなったからです。楽しみです。クラブフィッティングに関しては元祖とも言っていいのかな?古い歴史を持ってますからね。それに施設の一部始終を探索させてもらおうと思っています。前の契約先の施設もスゴかったけど、PINGはどうなんだ?って興味メチャあります。明日からのレポートを楽しみにしていてください。


また国内旅行とな〜んら変わらないような感じのまま成田から出発!今回もお世話になっている『UNITEDAIRLINES』のビジネスクラスに乗せてもらいサンフランシスコ経由でアリゾナ州フェニックスへ。アジア方面ばかりなせいか、アメリカ便の時間がなが〜く感じられる。やはり10時間くらいになると辛いな…。UAのビジネスは結構フラットになるし座り心地いいんですよ!(しかし帰りはアップグレードしてファーストを狙っています)疲れるってことはないんだけど、時間を持て余し過ぎて辛いかなと…。機内は雑誌〜ゲーム〜映画〜映画〜雑誌〜ゲーム…とその繰り返し。ま、新しい映画を数本見れたから良かったかな。2本とも感動でした。

そしてサンフランシスコに到着!しかし…。
f0068901_1985226.jpg

見ての通り大雨。かなり酷かった。
f0068901_19222196.jpg

そのせいか、機材の到着がかなり送れて出発も約2時間の遅れ。機内で2回ほど食事もしていたし、フェニックスに到着する事には夕方で食事までそんなに時間がないのは分かっていたから、待ってる間に何かを食べるわけにもいかず。しょうがないから基本の麦酒をいただくことに。(じつはゲートの目の前にある『BURGER KING』に無性に惹かれていたんだけど、あまりの大きさに引きました。アレ食ったらもう何も食えないでしょ?
f0068901_19225449.jpg

ハイ!地ビールみたいなの頼んだんだけど、例に漏れずにまさかの大きさのグラスででてきました。飲みながら時差のせいもあり、もう目がトロ〜んとしてますね。この後のフライトは3時間くらいだったのかな?隣に日本人ぽい女性が二人乗っていたはず…だけど何も覚えてないくらいの爆睡でした。しょうみフライト時間3分くらいにしか感じなかったはホントです。寝ると近く感じますよね。おかげで綺麗なDRY LANDの景色も見れず…。空路的にはグランドキャニオンとかも見れたんじゃないかな?ちょっともったいなかったね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-02-27 19:26 | Traveler's

また今年も…

全英アジア地区予選へのエントリーを済ませました。

International Final Qualifying - Entry List
今年は例年になく日本からのエントリーが多い。いつもはスシ、オレ、谷、田島くらいしかいなかったんだけどね。少しは危機感があるからか、余裕があるからか海外にも目が向く人がでてきたんだね。もしかしたらスシやオレが「アジアが…」とか「アジアツアーは楽しい」とか口にしている効果があったのかもね。そうだったら嬉しい。
プロゴルファーって職業である以上、どこにでも出かけていって戦う根性は欲しい。言葉ってコミュニケーションのツールであって、喋れないのが問題でなくてコミュニケーションを避けようとする事自体が問題なんだから。海外でも大阪弁で捲し立ててるおばちゃんを少しは見習って欲しいです。
しかし、これだけでも日本人選手が増えると気合いも入るよね。自分では前駆者的な意識を少しは持ってるから「負けたくない」よね。頑張らねば。

じつはこの予選の前の週にインドネシアのビンタン島でアジアツアーの『Motorola International Bintan』という試合があって、こちらも日本からの推薦枠が10名あるので全英予選組も参加することでしょう。楽しみです。また来月にはリポートをしますので期待して待っていてください。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-02-26 11:00 | Traveler's

海外での必需品 (1) Mobile Phones

時代は便利になってきてますよね。電話を持って世界中どこでもでかけていけるからね、何か重要な事に関してはいつでもどこでもすぐに連絡が取れるってこと。世界との距離は変わらないけど、情報のスピードが早くなったよね。僕もいくつかの携帯電話を海外と日本で使い分けてます。
f0068901_1453347.jpg

(右から)
1. NOKIA N93
2. DoCoMo NM850iG (NOKIA6630)
3. DoCoMo SO903i

1.は主に海外用です。FOMAのカードをさして使ったり、現地のプリペイドカードをさして使っています。カメラとビデオ機能が優れていて以外に重宝します。難点は重たい…。カメラに電話が付いているって感じだからしょうがないけど。この電話は3Gも備えているので日本でも使えるのですが、なんか電波法に引っかかるとか引っかからないとかで面倒なので使ってません。でも、日本語のフォントを入力して、こっちでも持ち歩いていたらオモシロイかも!?

2.これはFOMAの海外使用機種です。SIMロックされているのでFOMA専用。海外でしか使いません。メールができるので長時間通話の代わりに便利です。昔同じ機種でVodafoneを使ってましたが、じつはあっちの方が好きでした。MMSの機能が付いていたからね。メールじゃなくても写真とか送れたし。ドコモは以外に細かい所に気がつかずイマイチかな…。あとスタイルとか色は綺麗なんだけど、微妙にカバーが同じモデルのNOKIA6630と違うので着せ替えができないとか…。ま、いいんだけど。

3.これは去年暮れからのソニーの新しい携帯。売りとして海外の3G地域で使えるらしい…だけど僕が下調べしてなかったのがいけないです。じつは使用可能地域がほとんど無い!アジアなんてシンガポール他数カ所のみみたいな。アメリカとかハワイも駄目だし。結局いまだに海外に飛ぶ時には上のノキアを持っていかないといけない状態です。意味ねぇ〜。でも、この携帯はじつは音楽携帯なので、それは楽しませてもらってます。カメラも画素数があり、いまではデジカメの代わりに持ち歩いてます。(僕がマック使いじゃなければもっとPCとの連携もいいのかな。それが不満)

先に上で国の境界がなくなりどこでも通話やメールが可能になってホント便利になったよね。この先もっと色んな機能が増えて便利になるんだろうな。もう海外旅行なんて、ちょっと遠い国内旅行と変わらないよね。エアチケット料金の違いだけかな。
ただ理想を言えば、日本と海外で通信方式を統一してもらいたい。だって日本の携帯って機能は世界一だと思うけど、世界一役に立たないよね。SIMを換えないでどこでも使えるようにして欲しい!あと料金下げて!高かったら意味ないから。

もう一つ、BluetoothとWi-Fi機能も普通に付けて欲しい。お願いします!

また来週から続けて海外に行く予定ですが、ボク的には現在の家が成田に近いせいもあって大阪に飛ぶのと同じ感覚でバンコクに行っています。アメリカ飛ぶのと、沖縄飛ぶのは感覚的に一緒です。ありえない?

最後に。ノキアさん、Log機能はいらないのではずしてください!ドコモさん、海外滞在時に留守電の通知メールが入るのですが、アレはなんで?1416にかけられません。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-02-23 15:26 | Traveler's

2007 PING Clubs (3)

f0068901_65167.jpg

PING G2 My Day (Tour-Use Custom)

これは思い出のパター。これでクアラランプール、サウジャナGCでの2004年度の全英アジア地区予選でのプレーオフでバーディーを決めました。もちろん、全英もこのパターで戦いました。タイトリストとの総合契約をしてからは、静かに部屋のバッグの中で寝ていましたが、新たにPINGと契約してバッグから取り出してみました。
懐かし〜でも2年ほどツアーで使っていたパターだから、また感触が手に蘇るのも早い。こんなだったなぁって。

これは気にいっていたG2 My Dayのパターの重量が軽かったので、フェースの両端にタングステンを埋め込んで調整をしたものです。それと綺麗にフェースをミーリングしてもらいました。新品の時はフェースがあまりにも、綺麗過ぎてまるで鏡のようでした。ホントにこれが削りだしたもの?って感じ。PINGいわく世界で一番フラットなフェースらしいです。

すでにハワイでも使用して、いい結果がでてるけど、今月の終わりに渡米してPINGの工場へ行きます。目的はクラブフィッティングと新たなパターの作製。いまのMy Dayはホントに気にいってるけど、今回はこれ以上のいいパターを作ってくる予定。もう希望するイメージは伝えてあるから、現地でエンジニアと話をしながら作ることになると思います。その時には、このパターには思い出のパターとしてまた部屋の中で眠ってもらう事になると思う。

PS これは非売品です!プロ支給品として、既製品に手を加えたものです。残念ながらキャメロンなどと違い、これは闇でもほとんど売りにでていない類いのものだと思います。じっくりと見てくださいね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-02-18 08:15 | Clubs/Equipments

2007 New Clubs! PING (2)

ユティリティの使い勝手の良さは驚きだけど、このクラブの方が実際にはもっと驚きかな。何が驚きかというと、その飛距離!なぜかスゴく飛ぶ。でも、スピンも十分に効いている…。不思議です。けど飛ぶのは事実。おかげでドライバーと合わせて、いまではPar4で長いホールなんて無い気がするのは言い過ぎかな…。

f0068901_936676.jpg

PING S58 Irons
形は構えた時にはオーソドックスなブレードタイプに見えます。但し、ロングアイアンになると少しづつオフセットがついてくるのが特徴です。全く気にならないけど。裏のキャビティ部分、よくわからないけどしっかりと計算された形なのでしょう。今では信頼してます。また黒い部分は重りで、付け替えで重量調整ができるようになっています。また不思議に何か分からないネック部分のエグレ。僕はスウィング中の空気抵抗を軽減するものだとばかり思っていたけど、実は違って、ネックをライ調整で曲げる時に金属が捩じれたり皺がよったりするのを防ぐ為のものだそうです。以外でした!

じつは、このアイアンが飛ぶと言ってるのは僕だけではないのです。ほとんどの使用者が同じ感想を持ってます。ま、打てばわかると思います。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-02-16 09:44 | Clubs/Equipments

2007 New Clubs! PING (1)

ことしから新たに契約した『PING』のクラブの事をちょっと詳しく書きましょう。僕なりの使った感じを伝えます。もう長く10年以上もの間タイトリストを使ってきたので、やはり最初は抵抗もあったし、クラブに対する慣れもなくいまいち信用できなかったのが正直な気持ちです。クラブ自体はPINGは昔からの技術屋さんというイメージがあったので良いモノだと認識はしていたけど、どうも形を見ると完全に使用者の視覚的な安心感やら構えやすさを無視して、物理的な合理性などを優先させたとしか思えないモノだったからね。果たして馴染んでいけるのか?っていう恐怖はありました。プロとして使えないクラブを我慢して使うほど、バカで自虐的なギャグはないから…。逆に僕らは、スコアを一つでも削る為に、その助けとなるクラブだったら何でも使う!くらいの考えがないと。しかし、そこは人間、視覚的等の感覚が受け入れられないものは使えないのです。
しかし、ここ数年確かにPINGは以前と違って使用者の立場から見てクラブを作ってきた感じがする。以前の物理優先主義的な形じゃなく、ブレードタイプのアイアンをだすようになってきたからね。もしこの方向転換がなければ、僕もPINGとの出会いはなかったと思う。

2月に入り契約が始まったPINGのクラブを使い始めましたが、いままでとまったく違うクラブをバッグに入れています。以前ではまったくセッティングの構想にすら頭に浮かんだことがない部類のモノでしたが、PINGのモノを打って考えが180度変わりました。「これを使わない手はない!」このクラブこそスコアを一つでも削るのに必要なモノ。今はそう思っています。
f0068901_97328.jpg

PING Rapture Hybrid
最初は見た目で拒否反応がおきるような形でした。ユティリティといってもウッド寄りなのか?中途半端な位置づけのように思えたし、なんか動物の頭のような形にも見えたから。じゃ、なぜ使うようになったのか?それは後で紹介するアイアンS58が飛び過ぎるから。いままでの5アイアンの距離は約190ヤードだったのに対して、S58は210ヤードは飛んでいくから、もう2や3アイアンでは240〜250ヤード飛ぶかもしれないけどコントロールが無理かなと思ったのがユティリティに目をつけたきっかけです。じっさいに最初にコースで打った時に驚いたのは距離と弾道の高さ。特に21°のモノはアイアンでは絶対にあり得ない不可能な高さをだしてボールを止めることができる。18°もそう、高さもありながら強い弾道でティショットで使えば260ヤードは飛んでくれる。これは武器でしょ!使わないのはバカでしょ?いままでは3Wと2アイアンの間が空いていて、無理な2アイアンのショットでミスをしたことが多かったけど、このユティリティがあればね、取り損ねていたPar5でのバーディ率があがると思う。4日間で、もしPar5でのバーディが2つ増えただけで年間の獲得賞金がどれほど上がるか?スゴいことになると思う。
いままで嫌いと言いつつもプロなので、他のメーカーのモノも打ち比べたことは多々あります。見た目は良くなくても、弾道はこれが一番良い。もう一つ良い点をあげるとしたら「易しさ」かな。打つ事に関しては全く簡単、それだけボールコントロールに集中できるってことです。
ことしはほとんどのトーナメントで、この18°のクラブはバッグに収まるでしょう。コースによっては2本体制で挑むケースもあると思います。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-02-16 09:28 | Clubs/Equipments

Hawaii Pearl Open Final Result...

Hawaii Pearl Open Leader Board

ん〜嬉しい!けど、悔しい!そんな感じです。

タイツアーのチャンピオンシップとパールオープンの2試合を今年に入ってから戦いました。2戦共に優勝に手が届くところでプレーができて、ゴルフの調子が上向きなのを感じました。まだまだ満足できるレベルではないけれど、緊張感を持ちながらの最終日はいいね。こんな感じでツアーも戦いたい!まだ、これからもインドネシア〜全英予選(シンガポール)もあるので、あわよくば…ってなってもいいんじゃない?そのくらいの気持ちで戦わないとね。

ゴルフが楽しいね!クラブを換えたせいもあるのかな、ボールがとにかく飛ぶようになってきて楽。ドライバーも不安がないから気持ちよく振れるし飛ぶし、おまけにアイアンも飛ぶしスピン効くしね。スウィング修正とかの効果がでてきてるのかな、間違いない。しかし、問題点も…。ショットの調子がいいだけに、比重が偏ってショートゲームがおろそかになってきてる。ハッキリ言って、パッティングを含めてショートゲームはかなり酷い状態に陥ってます。これは練習量で補えると思うので、開幕までにしっかりと時間を取って対応しないと。

ところで優勝したTedd Fujikawa君、もちろんゴルフも上手いんだけど、それよりも勢いを感じた。ノッてるんだろうな。人を引きつける魅力もあるし、なんといってもアノ笑顔がいいね!日本のジュニアにもアノ笑顔があればね…。日本ツアーに興味があるような事を言ってるとか言ってないとか…なんにしてもFujikawa君には頑張って欲しい。
後、最終日に一緒にプレーしたもう一人の期待のホープ!だよね?今年のマスターズから招待状が届いているアマチュアのCasey Watabu君。いや〜スコアでは勝ったけどね、彼は上手い。身体はそれほど大きくないけど、ボールは飛ぶし、アイアンなんか上手過ぎ!今年のマスターズはテレビ見ながら彼を応援しようかなと思ってます。意外な選手がパールでプレーしてたんだよね、ちょっとナメてました。でも、来年もでたい。もちろん優勝を目指して!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-02-15 18:34 | Traveler's

Hawaii Pearl Open 2nd Day...

f0068901_14343825.jpg

2日目の今日は風が強く、しかも前日までのように雨が絡んでない為に、グリーンのスピードも上がりスコアを作るのにはけっこう大変でした。アジアのコースと似ているのだけれど、ティフトンやバミューダ芝を使ったグリーンはベント芝のように高速にできないのできつめに傾斜をつける傾向があるのですが、パールも同じくグリーンの傾斜が数ホールできつくなってます。なにが大変かというと、傾斜と芝目と風が同じ方向を向いた時にボールのスピードが落ちずに止まらなくなること。チビリの自分はショート目になってしまうので、ピンよりも奥に行かず、ある意味助かったのですが…同伴者がちょっと勇気あるパットを打った為に苦戦をしていました。しかし、彼も最後にはイーグルを含めて明日につなげる良いパットを決めてましたね。明日は爆発するかもね!

Leader Board

ということで今日は71(-1)で9位タイ。順位は一つ落としたけど、まだ十分に上位を狙える場所。今年2戦目で2戦共にトップた見える位置で最終日を狙えるとは…上手くなったなオレも。でも、失礼な言い方になるかもしれないけど2戦共にローカルな試合。大口叩くには勝ってからにしないとね。やはり何回優勝争いと経験しても、最後には勝たないと意味ないから!だから攻めます、明日は。調子が悪くなければボールはピンに向かって飛んでくれるはず。週明けにはワイキキでちょっとしたショッピングができますように。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-02-11 17:36 | Traveler's

Hawaii Pearl Open 1st Day...

初日、今日は07:54INのスタート!

昔は苦手だった朝早いスタートも、プロ生活が長くなってくると逆に好きになってきた。グリーンが綺麗なうちにラウンドしたいんだよね。風も朝は少ないし。

予選は、歴代優勝者の一人、日本のトップを張る一人、宮本勝昌とのラウンド。自分の方が年上ではあるけど、勉強させてもらう気持ちでラウンドしました。後は、地元ハワイのプロ2人。ハワイがアジアに近いのか?アジアがハワイに近いのか?真剣モードの中にもタイ風に言えば「サバ〜い」「マイ・ペン・ライ」って感じかな。なんか試合のゴルフも楽しいじゃん!って雰囲気があるんだよね。いいじゃんハワイも。

そして初日のスコアは…
f0068901_9522029.jpg

新しいクラブも合っているようです。なにしろ飛ぶからゴルフが楽!今はとにかく全部フルショットだし、気持ちよくクラブ振ってます。ということで68のスタートとなりました。いい感じだね!同じく宮本選手も68。せっかくきたハワイ、優勝争いに絡みたい。最終日に優勝の人参が目の前にぶら下がってるところでプレーしたいので、明日も同じくらいのスコアだしたい。頑張ります!

Tournament LeaderBoard
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-02-10 09:59 | Traveler's