「ほっ」と。キャンペーン

Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2006年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

札幌の地より

12/31 (日)

すべての事が終わり、北海道に来ました。 疲れた心と身体を休める為、そして思い切り遠くて寒くてゴルフのことなんか考えない土地でゆっくりしたかったから。

千歳空港に着き、目指したのは登別温泉。 な〜んにもしたくなかったから、温泉だけつかれてな〜んにもしなくていいような宿を見つけて、食事以外は部屋でだらだらとしてたり、寝てたりしてました。じつは部屋にもちょっと大きな温泉風呂があるので、階下にある大浴場にも行く事なく部屋でずっと過ごしました。一つ、残念だったのは予想外に雪がまったくなかったこと。今年は例年になく雪が少ないらしく、窓から見える景色は白くはなかった…。
そして、今は札幌に移り、友人と共に過ごしたりしています。 昼間も、LoftとTokyu Handsにでかけて、来年用のスケジュール帳やらと買い揃えたりと、ぶらぶらしてました。あと何日もないけど、な〜んにもしない考えない休日を楽しみたいと思います。

今日は、これからススキノにあるBar『DonBe』にて飲んで酔ってカウントダウンを迎えたいと思います。そのレポートはまた!

みなさん、応援してくれる事に対してまだな〜んにも返すことができません。来年はホントに優勝して一緒に喜びたいです。そうでしょ?

それでは、僕らみんながよい年を迎えられるように!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-12-31 18:14 | Traveler's | Comments(3)

2006年 こんなのもありました…

最後に今年ここで見せていなかった写真を載せます!
f0068901_14124591.jpg

つい先日のバンコクでのプロアマでのもの。タマちゃんの奥さんとチャワリットの親友と一緒に。
f0068901_14141358.jpg

これ…こんなお酒あるの知らなかったんですJohnny Walkerの『Blue Label』けっこうレアなんですね。でもプロアマのパーティーでそこらじゅうにゴロゴロしてたけど。美味しかった!
f0068901_14161696.jpg

これは、毎週持ち歩いている肌用のコスメとかもろもろ。陽に焼けるからけっこう気にして手入れしてるんです、じつは。お気に入りはBiothermの『AQUA SOURCE』です。
f0068901_14183618.jpg

バンコクでの定宿のROMPO MANSIONの前にある、ランドリー屋です。時間ないときは、このコインランドリーで自分で洗濯してます。タイ語で書いてある洗剤を選ぶのが一番大変!
f0068901_14214110.jpg

ANAオープンの週に、お気に入りのジンギスカン屋『しろくま』でキャディ達と!楽しい奴らです。
f0068901_14224954.jpg

ANA SKY SHOPで買えます、『MANBO』君です。マジ快適っす!じつはイス大好き、イスマニアです。
f0068901_14243663.jpg

いままで紹介されたどの焼肉屋よりも良い、サイコー!あんなに美味くて、高くない。いつもココで食べるのを自分への褒美としてゴルフしてます。壁のサインを探してください!
f0068901_14261069.jpg

秘蔵写真!いまはもう見れない光景です、だって新しい空港に移動してしまったから…。空港の滑走路の中にゴルフ場を作ってしまう、タイって凄いよね!
f0068901_14272773.jpg

タイで好きなコースのうちの一つ『Lakewood』近いし、景色がいい。JALパックのコンペでいつもお世話になってます。またよろしく!
f0068901_14291271.jpg

『Navatanee』です。古いコースだけど、趣きがあって好きです。ここの周りには本当のお金持ちがたくさん住んでます、お洒落な家がたくさん。
f0068901_14304327.jpg

『はな』中州では、毎日のようにお世話になる小料理屋です。一人でもゆっくりと食事できて飲める、綺麗なママもいます。ただ初めて行くには場所がちょっと…。
f0068901_1432654.jpg

『MTI』by Cool Designのウェッジ。今年はお世話になりました。早く世にでるといいのに!
f0068901_1433523.jpg

どこのクラブとはいいません…。VISA太平洋の週に見かけた新しいプロトタイプのアイアン。勝手にどこのものか想像してください。
f0068901_1434714.jpg

10月に知り合い夫婦が一緒にバンコクで合流。行きつけの『OneWay』で飲んで歌って…。飲み過ぎか?顔が太ってる。
f0068901_14353796.jpg

さて誰のボールでしょう?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-12-29 14:40 | Traveler's | Comments(6)

2006を振り返って…

12/28 北の国 登別温泉にてこれを書いています

みなさん、ありがとうございました!
激励、アドバイス、ちょっと厳しい意見、何も言わないけどコースに足を運んで観戦してくれた、美味しいものを御馳走してくれた、みんなのこんな事があったから頑張れました。ホントです!

最後は、ボロボロになりどうしようもなかったです、予選通過できていたのが不思議なくらいのゴルフでした。でも「この1打が大事!」とただひたすら泥臭くゴルフしてたのが本当のところです。いまだから言えますが、ティーに立っているだけで恥ずかしいと感じたことも多々ありました。だってまともにボールが打てる自信がなかったから…。
シーズン初めにも5戦連続の予選落ちを経験。あの時も何がどうなっているのか全くわからずに、ひたすらにもがいてました。シーズン最後の5戦は、状況的にはその時と同じです。ただ、こんなシーズンでも何かを学べたのかな? 序盤の予選落ちのようにはならずに、最後で踏ん張れたのは、いままでの自分には無いゴルフを身につけられたからだと思います。

終わってみればシーズンのどこかで「あと一打良ければ…」最後の苦しみはなかったし、「あと一打悪かったら…」2年連続のシードは無理だったでしょう。目には見えないけど、ホントの崖っぷちにいたようです。よかった。でもね、これってシーズン初めからの流れと積み重ね。最後だけ悪かったからではないし、最後にもう少し頑張れればでもない。来年はこれを肝に銘じてシーズンをスタートしたいし、それに向けてこのオフを過ごしたいと思います。

忘れていたわけじゃないけど、苦しいシーズンの思いでに隠れてしまってるけど、じつは優勝を意識して週末を迎えたのが3回ありました。
最初はJCB仙台、3日目にSKと近藤君と共にラス前からスタート。しかし、どうにもならずに、ホントにボギーの山を築き上げて沈没。痛かったね。優勝を意識した瞬間にわけがわからなくなってしまう、まだ経験がないからなんでしょう。
そしてホントにトップまで、「あと一打」と近かった御前崎のトーナメント。あの週は、ショットもパットも何も迷いがなく気持ちよく打てていた週でしたね。でも初日1番ホールはトリプルボギーでのスタートだったんです。それでもアンダーでまわれるほど気持ちにも余裕があったんです。最終日の最後数ホール、間違ってでもボールがカップに落ちていれば、もしかしたら間違って…もしかしていたかも!?
最後はANAオープン。最終日を初めてリーダーで迎えたトーナメント。3日目を終えて、自分が頑張ったというよりも、周りが沈んで自分が浮上したって感じでした。前半を近藤君と一打差で2位で折り返したのですが、キャディの亮平とも「10番、11番、12番をパーか1オーバーで行ければチャンスがある!」と読んでいたのですが、読みは当たったのですが、自分がこの3ホールで3つのボギーを打ち落ちてしまいました。しかし、優勝が目の前にあるところでゴルフができたのは次に生きるでしょう。匂いはかげたんだから!
ちなみに最後のバーディーパットは、トップ10に残る為に必要だったけど、結果としてシードを取る為にもかなり影響しましたよね。優勝争いから落ちて、精神的にも落ちてる時に、最後のパットを沈められた事、あれは自信になりました。あそこで決められなかったら、最後のシード争いで踏ん張れなかったかもしれない。

こうしてみると波が大きなシーズンでしたね。気を揉ませてすみませんでした。来年もよろしくお願いします、応援に来たら声をかけてください!優勝しそうだったら、ぜひ駆けつけてきてください!

来年僕は優勝します!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-12-28 22:40 | Traveler's | Comments(8)

そして帰国まで…

f0068901_1862167.jpg

No.1から見たクラブハウス
まだメンバーでもなんでもないんだけど、けっこう気にいってしまってるなぁ。でも、いつもスコアは良くないんです。一生懸命やってはいるんですが、自分のゴルフやショットの球筋がコースを合わないんだと思う。自分のはドローというかフックに近い球筋だからね、右側の空中に空間が確保されてないとアドレスとかしっくりこなくなってしまうんです。そう考えると、このコースで上手くやっていけるようになるように自分のゴルフを帰るのは、これから目標としていることと同じかもしれない。ココで練習しろってことかな?写真は07:00に朝一番でスタートしたときのもの。雰囲気があってこのクラブハウスは大好きです、外側だけね。

f0068901_18115790.jpg

ラウンド後の練習での風景。球を打ってるのはSally Yoshida選手。ホント体もデカイし羨ましい限りです。スウィングも癖がなく、まっすぐな球を打つから、これからの僕にとっても参考になるトコがたくさん。
芝の上からボールを打てるのはいいよね。海外では当たり前だけど、日本ではほんとどありえないからね。マットから打つのが大嫌いだから、アルパインで練習できるのはホントに助かる。一応ネットが練習場を囲っているけど、ドライバーで打つと越えるくらいだから問題はなし。綺麗な練習場ですよ。

f0068901_1816635.jpg

これはスラバオ?っていうんだっけな。Saly選手が大好きでアルパインに着く寸前の道ばたで売ってるタイ風のドーナツです。白いものは豆乳です、なかになにか寒天風なものとなにかのフルーツのようなものも一緒に入っている暖かい飲み物です。日本人は嫌いな人いるだろうな…。美味しいね!朝ご飯の代わりにもってこいだね。2回目からはオレも食べたくて、また買ってしまった。チャンスがあればどうぞ!

f0068901_18192382.jpg

それではSally選手、ありがとう!また来年。『MBR』(MBR http://blog.golfdigest.co.jp/user/bori/)メンバーとなる許可はおりたから、そのうちにグッズが送られて行くと思う。使ってください!それと山田さんと息子さんもありがとうございました。次回はいいとこ魅せますよ!
それとハノイから来た、ゴルフ好きなみなさん。今度はKing's Islandで一緒にやりましょう。合宿の最後にプレーできて良かったです、いままでのベストスコアもでたし。

それでは
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-12-26 18:25 | Traveler's | Comments(1)

そしてOlly & Sally とRoyal Golf Clubへ

なんか最近ずっと5:00AMには起きてる気がする…。
しかも、寝坊が心配であまりゆっくり寝られずに、しょっちゅうトイレに起きてる始末。だから余計に朝が辛い。しかし、この日はアジアツアーの仲間でもあるOllyと合宿仲間のSallyに誘われてロイヤルへ!

ここは何度か来た事があるゴルフ場。好きでもないけど、嫌いでもないコース。この日はなぜか風が強くて、以前プレーした時よりも長くて難しく感じた。Par4のセカンドでロングアイアンを持つこともあったからね。ま、それはいいとして、この日は3人で「ベス・いも」で熱い戦いをしました。詳しくはSally君のブログでどうぞ!ショットの調子は前日よりもだいぶよくてチャンスは何度もあったけど、結局パットが入る2人に全てを持って行かれた…。だって3mくらいから2人とも外さなかったからね。それに比べてオレは、難しいパットは全て綺麗に外しました。勝てるわけねぇ。
f0068901_14392358.jpg

Olly&Sallyラウンド後にお気に入りのキャディと一緒に写真撮影!Ollyは特に気にいってるらしく、ロイヤルに来てラウンドが多いのはそれのせいらしい…。ま、いいんだけど。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-12-25 14:44 | Traveler's | Comments(2)

今年最後の合宿始めました…

12/20 (水)

プロアマが終わって、ゴルフの仕事は全ておしまい! さすがに19日はお休み、たくさん寝てマッサージで体をほぐしてと一日だらだらしてました。が、次の日からはさっそく練習開始。年明けから、いつくか試合もあるしね、今年のスウィングをもう一回チェックして、来年への課題をハッキリと確認しておこうと思いました。

やはり練習場の芝の上でボールを打ちたいので、Sally吉田選手とアルパインへ!
早朝からのラウンド、自分は疲れがでてしまって体が回らずに、苦しいラウンド。Sallyは相変わらずに飛ぶし、パッティングは巧いし、ツアーで戦ってないのがまったく不思議? でも、近いうちに彼は来るでしょう間違いない。

ラウンド後、精一杯のいいスウィング、いい球を打ちました。これが現時点での状態です。一年を通して戦い続けて、このスウィングになりました。壊れた部分もあるし…。しょうがない。

http://f.flvmaker.com/mc.php?id=xXxcPpX4__GKUTAF6Eq.PMqehLcwBpXUjEYGJBYuJLOSEhSXPKHlXbvu73Ci8PqIZgVPT3dkbklV73hAhgl7hzs

そして角度を変えて。

http://f.flvmaker.com/mc.php?id=cCxcPpX4__GKUTAF6Eq.PMqehLcwBpX_jEYGJBYuJLOSEhSXPKHlXbvu73Ci87qIZgVPT3dkbkl9WTJecai7hzs

どうでしょう? やはり何度見ても、納得のいかない部分があって、しかもずっと矯正できていないみたいな。もういくつか、このオフに取り組みたい部分があります。しっかりと練習時間を作って、春先には進歩したスウィングでツアーにでかけて行きたいですね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-12-25 14:08 | Traveler's | Comments(0)

Army Golf Courseでのプロアマに参加してきました…

12/18 (月)

プロアマなんて参加したことなかったんだけど、ここバンコクで参加してきました。結構大きな大会でタイの主要なプレーヤーはみんな出席、使うコースは陸軍のゴルフ場。ま、一種のお祭りみたいな感じだったかな。よくわからないけど、タイのジャンボって言われてるBoongchu Ruangkit選手の先導で開かれたみたい。そう言えば先日、ブンチュー選手はアメリカのシニアツアーQTをトップで通過してましたね、このオジサン、じつは凄いんです!タイ人のシニア?なんてナメてるとやられます。

じつは人に教えたり、ラウンド中に気を使って喋ったりが苦手で、プロアマに来たもののちょっと憂鬱気味だったのですが、同組の同じチームに一人凄い人がいて、自分のゴルフっていうか、そっちにかなり釘付けになってました。
f0068901_2104858.jpg

この間にちょこんと座ってる、ちょっと色の黒い女の子は12歳、じつは滅茶苦茶ゴルフが巧い!確か(タイ語が読めないから名前が読めなかった)アジアツアーで活躍してる若いChinarat PHADUNGSILって選手の妹らしい。前にチナラットって巧い奴がいると聞いていたんだけど、その妹がもっと巧いとも聞いていたのを思い出した。名前は相変わらず思い出せないけど、ホントこの女の子はメチャ巧い…。ジュニアに詳しいわけじゃないけど、間違いなく同年代でみても世界で指折りなんだろうなと思う。でも、一番ビックリしたのは彼女のスウィング。細くて小さい彼女がどうして、そのスウィングに辿り着いたのかわからないけど、普通の小さい女の子って力がないから、バックスウィングが大きくなり過ぎたり、強烈な癖がつきやすいんだけど、彼女は綺麗なドロー打つのか?って構えから(肩は十分回ってる)ショートバックスウィングで打ってくるんだよね!ビックリ。しかも距離もでてるし。全部を説明はできないけど、彼女のそのスウィングセンスとゴルフセンスは凄い!アレはもって生まれた才能なんだろうね、一緒のチームにもう一人ジュニアの子がいたんだけど、差が見え見え。体も大きく、歳も上、力もあって240ヤードを越えてドライバーを打ってきていたけど、小さい子はたまにオーバードライブしたりしてるんだよね…。この子将来凄いことになってるんだろうな。頑張ってね!

さて終わった後のパーティーでの酔っぱらい3人は…
f0068901_2311211.jpg

Sally吉田選手、僕、そして親友のThammaちゃん。ビール飲みまくってました。なんか楽しかったな、日本のプロアマとか前夜祭のパーティーなんかよりも全然楽しい。人間の違いか?タイ人の方が人生を楽しむ血を持っているに違いない。

そしておまけ…
f0068901_2354131.jpg

あまりにも可愛くてしょうがないので、Sally選手と一緒に彼女達と。このタイなのに、ベトナム風な雰囲気をだした制服をきてるのがタマラン。それにしても、これだけ綺麗な顔してる子にはなかなかあえないよね。写真取れてよかった。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-12-22 02:37 | Traveler's | Comments(4)

Bangkok にて

f0068901_1264639.jpg

Rompo MansionからみたSukhunvit Soi24

Asian Tour QTは終わりましたが、まだバンコクにいます。じつはちょっと人に会う予定があるので、そのまま残ってます。そしてアジア仲間でもあるSally吉田選手と一緒に今週は練習させてもらってます。彼は、ちょっと変わった経歴の持ち主でもありオモシロイです。ゴルフは綺麗なスウィングでかなり飛ばすけど、豪快にまでなれないって感じです。彼が、メリハリつけて攻撃的なゴルフをしたら化けるのでは?と思っています。頑張ってね!

もう今年は、何もないのですが、Sallyと練習をしながら今年やってきたスウィングをもう一度反復しながら、来年どうするか?考えてます。スウィングはシンプルな方がいいに決まってます。そして、やってはいけない事とやらなければいけない事があります。これを間違えると、スウィングを果てにはゴルフを壊すことになるので気をつけないといけません。ツアーで戦うには、捨てなければいけないもの、もっと精度をあげなければいけないもの、あります。ホント、この歳になってもやらなきゃいけないことばかり、ゴルフってつきつめると奥が深いよね…。

あとね、考えてるのは来年どんなウェアを着ようかなって事。またバンコクのテイラーで仕立てようかと考えてるのですが、スタイルをどうしよう? それとシャツだね。できれば自分のブランドというか、作りたいね自分で。MBRにでもお願いしようかな!?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-12-22 01:43 | Traveler's | Comments(1)

Asian Tour QT 2nd day

12/14 (木)

今日はSattahipにあるEmerald G.C.での第2ラウンド。前日にかなり打ってる身としては、スコアを縮めないと追いつかないのはわかっていました。ただ狭くトリッキーなコースなのが心配でした。しかし、距離が短いのでメリハリをつけて攻めればなんとかなると思っていたのですが…。

2nd day: OUT ◯---■▲-+4◯ 41 IN --◯-◯-▲-◯ 34 75(+3)

なんでだろ? でもココがゴルフが下手なところだと思う。悪い流れの方に自分を持って行ってしまうというか、ちょっとした事のつながりが結果としてボギーやもっと大きなスコアになってしまっているのはわかるのだけれど…。がっかりです。
スタートはバーディー。その後、数ホールもチャンスを持ちながらバーディーならず。そして気をつけていたホールで、見事?な4パットでダボ。次は、しょうがない、ボールに大きな泥がついていて全く関係ないところにボールが飛んでしまったので諦めました。そして8番。終わってみれば「ああすれば良かった…」と言えるけど、その時には「ああすれば…」なんて考えられなかった。ミスショットというよりも、頭の中の問題でしょ。状況分析と危険回避と攻める勇気。これのバランスが悪いのだと思う。もっとロジカルな思考回路をもたないとダメ、上を目指すには、もったいないボギーの垂れ流しは不必要。ということでしょ。
バーディーが5個も取れるなら十分挽回できるのに…。

今回は僕もスシも予選落ちとなってしまったけど、新たなメンバー清田君、桧垣兄、溝口さん、吉田君と残っているので上位入賞してアジアで頑張ってもらいたい。せっかく少しのメンバーでも残って日本の国旗をアジアツアーに立ててきたのだから、絶やさないようにして欲しい。

あと今回感じたこと。
自分はまだヌルい! ちょっと日本で慣れてしまったら、アジアのコースにいいようにやられてしまって情けない。あまり手入れのしていないコース、そんなのは知っていたこと、言い訳にもならない。そんなコースでも、ガンガンに攻めてもがきながらでもアンダーでまわってくる選手がいるのに、ピンすらまともに狙えない自分が情けないです。もっといいスコアをだす!って事に貧欲にならないと。ただ綺麗なとか、いいスウィングだとかを作り上げても、ボールをカップに入れるという根本的なことを見失ってると思う。パターだって下ばかり見てまっすぐにストロークしたって、カップに入らないじゃん!どこ打ってるんだよ、バカ!って感じです。綺麗に理屈を並べてゴルフとは?ボールを打つには?と理解するのもいいけど、どうやってカップに入れるのかわからないんじゃね。ま、いろいろと今後の課題が見つかりました。

今年の最後の3ヶ月は辛かった。ホントに。でも、何をすればいいのかわかったのは収穫だと思う。やることやらないとね。下手糞オフなし!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-12-15 03:20 | Traveler's | Comments(2)

Asian Tour QT & 1st day...

12/11(月)

f0068901_1123665.jpg

Disco LuciferPattaya Walking Streetにて

パタヤと言えば、バンコクから南東へ2時間ほど走ったビーチ沿いにあるパーティータウン。特に欧米人が羽目を外して遊んでるイメージがあるところです(僕はね)。今回も月曜日の夕食は、溝口さんの誘いでみんな(溝口さん、桧垣兄、市原兄弟、僕、亮平)でウォーキングストリートにあるシーフード店でとりました。みんながアジアに来ているからといってパクチーや辛いものが好きなわけじゃないので、注文にも気を使いますが、やはりみんなで海外で食事をするのは楽しい。普段日本ではお互いに顔をみて挨拶くらいしかしないからね、いろんな話ができて良かった。

食事の後は、ぶらっとして溝口さんはマッサージへ、僕らはきょろきょろしながら座って飲めるバーを探しに…。パタヤって以外に、普通に座ってのめるバーってないんだよね。誰か踊ってたり、女の子が座ってきたりとかさ。それもいいけど、この日は疲れもあるし、久しぶりにみんなでバカな話で盛り上がりたかったからね。そして待つ間のバーでの支払いは、今年一気に稼いだ市原社長に御馳走してもらいました。「飲まないと飯が食えない!」と言うだけあって、けっこう豪快に飲んでたな。最近の若いのにしてはオッサン臭くて好きだな。


12/12 (火)

f0068901_214371.jpg

これはQTで使2つのうちの一つ『Emerald Golf Club』タイっぽいというか、マレーシアっぽい雰囲気のコース。スシがフィリピン合宿で考えだした『フィリピンゲーム』で吉田君、スシと僕の3人でエキサイティングな練ランになりました。ちなみにスシの自滅もあって僕が288アンダーで勝利!スシは最後の2ホールで196アンダーから一気に48オーバーへ…。御馳走様でした!
その勝利のポイントでみんなに僕が御馳走してあげてる時の写真です。みんなすでに酔ってます。


12/13 (水)

f0068901_2154594.jpg

暖かいタイでゴルフを初めて久しぶりのプレッシャーから解放されたスウィングで球を打てていたから、いい感じでいける?と思っていたのだけど、そう簡単じゃないよね。緩んでしまったのか、同伴者にビビったのか?それはウソだけど。たくさん打ってしまいました。アジアでこんなに打ったのはあまり記憶にない…。

1st day: OUT ----▲◯◯-- 34 IN ▲-▲-▲■-- 41 75(+4)
順位は知りません、数えるほどしか後ろがいない順位だというのはわかってます。ま、今日の挽回にかけましょう。遊びじゃないんだから!

ちょっと話はそれるけど、同伴者Scott Hendって奴。昔どこかで一緒にプレーしたことある記憶があるんだけど、最初は気がつかなかった。この人じつは2005年のUSPGATOURのドライビングディスタンス1位の選手なんだよね。確か記録が318.9ヤード!ありえないしょ? 確かに、彼を思い出すまでは肝を抜かれたよ、だって平気で40ヤードは置いていかれるからさ。「ありえねぇ〜」でしょ。彼は間違いなく世界一飛ぶツアープレーヤーのうちの一人でしょ。凄いわ!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-12-14 11:50 | Traveler's | Comments(4)