Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

世界の中で埋もれてます…

Official World Golf Ranking

Yoshinobu Tsukada, JPN
Pts. Avg./ 0.22
Tot. Pts./ 11.59
Rank/ 585

これが今の僕の成績です。 世界で585番です! 立場によって見え方が違うから、意見も分かれるでしょう。 僕から見たら、世界の中で埋もれてます…。 もっと上に行きたい。 調子が上がらない今は「ホントに行けるのか?」と心の中で言っています。 以前、世界ランク150位にはなりたいと言ったような気がします。 が、まだ同じ場所で足踏みしてます。 つ〜か、ずり落ちそうにすらなってます。 大丈夫かよ、おい?

今年は、2度ほど優勝を意識できるところでゴルフができた。 以前よりも優勝に近い実力がついてきた事は事実かもしれない。 でも、いつでも他の選手に置き去りにされたり、自分で滑落してしまう危険はある、凄い身近に。 たま〜に、こんなランキングでも見て自分にハッパをかけて死にものぐるいで上を目指さないと周りに置いて行かれそうな気がする。

いまの時期は世界中のツアーでQTをしています。 世界中で、それぞれのツアーを目指して若い人、復活をかける人達が虎視眈々とチャンスを伺ってるんです。 そして下から上がってくる人間が増えるということは、上から落ちる人間が同じ数だけいるということ! どこのツアーもキャパは決まってるんです。 それぞれが人生、生活、家族を賭けて、そして犠牲にして熾烈なイス(椅子)取りゲームをしています。 楽しそうでしょ? 僕もまだシード決まってません。 残りの試合、余裕はないかな、本気で戦わないと。 初めてのシードを守るプレッシャーかな? 

最後にイスにちゃんと座ってないとね!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-10-22 01:13 | Traveler's | Comments(16)

最終ラウンド!スタート 初戦ブリジストンオープン

ツアーの終盤戦がスタート、ここから先は去年から始まった緑健よみうりとカシオワールド伊以外は出場した経験がないのです。 秋の名物、ある意味ツアーの看板である、ダンロップフェニックス、VISA太平洋マスターズ、ABCです。 なんだかんだと足踏みをしてしまい、まだシードも確定させていないので、少し不安もあります。 ゴルフの調子が悪くないのならば問題ないのですが、スウィング、それもアドレスとグリップに違和感を抱えたままなので思うようなゴルフの展開ができずに苦しんでいます…。 でも、これを越えれば何か見えるはず。 ただただ気持ちよく構えてクラブが振れれば、行ける!って自信があるんだけどな。

1st Day: --▲------ 37 ▲--◯-▲--- 37 74(+2) 80位T

もうしょうがないです、自分の体でゴルフをしてる感じがしない。 力もスウィングのどこかで抜けてるし、タイミングもすっかりずれてるし、これじゃまともに当たる分けない。 スウィングが行方不明! 僕はスウィングの見た目の形は求めてません、内側にあるフィーリングが欲しい、自分だけのアノ、リズムとフェースがボールを捕まえて行く感触。 どこにいってしまったのだろう?   

今日のちょっと自分でオモシロイと思った話です。

ラウンンド中に同組の川岸さんとの会話
「川岸さん、昔のクラブって持ってますか、まだ?」
「あ? 持ってるよ。」
「でも、パーシモンとかだけだけどね、メタルとかチタンはもう持ってないよ。」
「へぇ〜そうなんですか。 いまそのクラブって打てますか?」
「もう打てねぇよ。」
「なんでですか?」
「あんなクリークくらいの大きさでよ、43インチのないのに390グラムのあるクラブなんか打てねぇよ!」
「は?」
「スプーンなんかよ、400グラム以上もあったからな。 よく打ってたよな。」
「??? 400グラム以上のスプーンを打ってたんすか? マジで?」
「それってメチャクチャ重たいじゃないですか!」
「ちなみにシャフトってなんだったんすか?」
「X500」
「えっ?」
「その前によ、本間のハガネ使ってたんだけど、それもっと重くてよ。」
「X500なんてあるんすか? 聞いた事ない。」
「X500まであんだよ!」
「…。」

この人、川岸さんって昔は本当に怪物だったんだなと思いました。 個人的には、この人が日本ツアーをいきなりスキップしてアメリカに渡って力でガンガンドライバーをぶっ飛ばして戦ってる姿を見たかったな。 ドライバーをノーマンあたりをかる〜く30ヤードくらい置いて行って、ロングのセカンドをPWでつけて簡単にイーグル! マスターズでこの姿を見られていたら、いまの男子のゴルフ界が変わっていたかもね…。それにしてもX500なんてシャフトが存在していたなんて驚き。

また僕が大好きな、黒い鉄人・合田洋プロとの今日の名物16番ホールティーでの会話。
「カップ!」
「カップ!」
「どうすか?」
「どうでもいいスコアだな。」
「またまた。 がんばってくださいよ。」
----省略-----
「お前、休みまたタイに行ってたの?」
「ハイ! 行ってました。」
「塚田、タイにいる時ってなんて名前なの?」
「えっ?」
「…。」

この意表をついた質問に、素直に「ないですよそんなの!」とか普通に答えてしまった僕は、合田さんに負けました。 人間として。 例えスコアが悪くても、おいしいタイの名前を切り返して答えられなかった事は今日のスコア以上に悔しかったです。 当然その後のティーショットは左に曲がって林の中へ…。 オレもまだまだだ。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-10-21 00:56 | Traveler's | Comments(5)

休暇日記③

f0068901_2452087.jpg

Bangkok Bumrungrad International Hospital

こんかいの訪タイの目的の一つ、健康診断。 9日月曜日の朝8:00~12:00を受けてきました。健康診断といったら学生だった頃を最後にいっさい受けていなかったので、自分の身体に興味がある反面、自分の知らないところで悪い方に変化が起きているのでは?と思い怖くもありました。
37歳、いくらゴルフを職業として身体を動かしているといっても、歳と共に変化がおきるのは当然のこと。 身体が資本なだけに、ちゃんと変化を受け入れて改善、長持ちするようにしないとね。 昔に比べて脂肪がつき横にも大きくなった身体(もともとはメチャクチャ細かったので、ちょっと太ったように見えるのは、じつは超肥満だったりする)、暑さに弱くなったり、疲れが取れなくなってきているのは現実に起きていることです。 数年前に体重が少し増えてドライバーの飛距離が伸びたけれど、やはり適正な体重があるわけで、増え過ぎた体重は身体のキレをなくしてフィーリングさえも奪いかねないことになります。

そこで知り合いに、生活の中での健康管理アドバイスをしている人がいるので、相談したのが今回の健康診断へとつながりました。 これから相談しながら、プロのゴルファーとしての身体を取り戻していきたいと思います。

これが『総合健康診断(男性)』僕の受けたものです。その内容をどうぞ!

· 一般検診
· 眼科検査(眼圧、自動屈折力)
· X線検査
o 胸部レントゲン
o 腹部全体の超音波
· 心臓検査
o 運動負荷心電図(トレッドミル)
· ラボ検査
o 血算(CBC)
o 糖尿−FBS
· 腎臓機能−クレアチニン、BUN
o 血中脂質−コレステロール、HDL、LDL、中性脂肪、コレステロール/HDL
比率
o 痛風−尿酸
o 肝臓機能−SGOT、SGPT、GGT、アルカリフォスファターゼ、アルブミン、
グロブリン、総ビリルビン
o 肝炎ウィルス−B型肝炎抗原・抗体、C型肝炎抗体
o 甲状腺の病気−TSH、Free4
o 癌マーカー検査−CEA(消化器癌)、AFP(肝臓がん)、PSA(前立腺がん)
o 尿検査
o 便検査と培養
· 医師の診察料


パッケージ料金: 12,500バーツ

専門的過ぎて、僕にはどのデータがどういう影響を及ぼしているのかわからないけど、量的にみても十分なのでは?と思いこの検診を受けました。 

また、この病院を選んだわけは、医療ハブを目指しているバンコクの病院の中でも大きく施設も充実しているし、国際病院なだけあって日本人のスタッフもいるし日本語もちゃんと通じるので選びました。 ま、値段も安いかなとも思ったのですが、12,500バーツ(約38,000円)なのですが、どうなんでしょう? 検査結果に問題がなければいくらでもいいけどね。

9日、時間通りにちゃんと始まった検診、他にも欧米人やタイ人約10人くらいが同じ時間帯で流れ作業のように決められた部屋(A,B,C,D~)と回って行きます。 お金は、最初に支払いのカウンターでクレジットカードで払っているので、終わったらそのまま帰れます。楽でしたね。
昔の健康診断のイメージ通りにほぼ進んだので、怖いこともなかった。ただ初めて飲むバリウムは言われていたほどは不味くなく嬉しい誤算(たぶん、最近のは味の調整でもしているのかな)。 あと少々困ったのは、久しぶりに自分で採取した検便と検尿。これって結構難しかったよ…。

検診結果

14日、帰国する日に再び病院を訪れて検査結果リポートをもらってきました。まぁ、予想通りといえば予想通りな結果となりました。

まず一般的検診は異常なし。
問題があるかなというのは、血圧が高い。これは昔からなのでしょうがない、数値的には昔から変わっていないので、気をつければ問題ないはず。
医師に問題として指摘されたのは、主にコレステロール関係です。 一般的な範囲とされているギリギリのところに偏ってしまっているので改善が必要とのこと。 酒を控える事、食事制限をすること、体重を落とす事が薦められたことですね。 予想していたけど、数値を見せられて言われると答えますね。
あと驚いたのが、食事制限の内容で、鶏肉、臓物、アスパラガス、キュウリ等がダメとのこと。 鶏肉なら大丈夫と勝手に思い込み、昨年から牛や豚を避けて食べ続けてきたのに…。 ダメなのかよ。 ま、検診をしなかったら知らなかったこと。 がっかりするより喜ばないとね。 それとよくわからないのがアスパラとキュウリ。 なんで? 知っていたら誰か教えて!

最後に、お酒はこれから控えます。 でも、禁酒はしません! 好きだから。 でも、普段はもう飲まないでしょう。 特別な状況というか、仲間との食事やイベントの時だけにします。 これも全てゴルフの為。 やっぱ優勝したいしね。 レベルアップには身体強化は必要だから。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-10-16 03:43 | Traveler's | Comments(6)

休暇日記②

10/5~10/7

f0068901_4205157.jpg

なぜか雨期なのにいままでまともに雨に当たった事がなかったのだが、今回の渡タイでは雨に当たってしまう。運が悪いとかではなく、完全にバンコク周辺の天気がおかしい。 降る時間が長いし、けっこう強い雨が嵐のようにやってくる。 こんなのがラウンド途中で来たらしょうがない、中断して様子を見るが、1時間近くも降ったらあきらめて帰るしかないです。 
いつもの様にお世話になってるレガシーで長澤プロとのラウンド。 時々、日が差し込んで気温も上がり汗がって感じだったのに、振り返って真っ黒い雲を発見したら10分とたたずに土砂降りの雨にさらされてクラブハウスにさえ辿り着けず…。 あれはちょっと驚いた。 
しかしゴルフは結局は、この時だけであとは上手い具合に雨を避けているようです。

じつはちょっと気になっていることが…。
腕が痛い! 普通にしていれば、な〜んて事ないし、痛みも感じない。けど、腕を上げたりすると痛みが走る。 クラブを持ってバックスウィングを上げると痛みで完全に上まで上げられない! ヤバいよね? 知り合いのアドバイスで腕だけでなく、身体のねじりを大きく使ってバックスウィングをすれば負担がかからないのでは?という意見を取り入れて、まぁ、ゴルフにさほどの支障はないけど。 原因がわからないのが不安。 だって治しようがないから。 骨でなく、筋肉なので、ねじったか、スウィングで負担がかかり炎症のような感じになっているのか? こちらでは、どうすることもできないので、帰国してからどうするか検討中!

これは7日にレイクウッドでJAL PACKのコンペに参加した時に撮影したものです。レイクコースの3番のショートホール脇にある大きな家です。写真で伝わるのか? ホントに大きいです。 無駄に大きいです!
f0068901_425394.jpg

比較として、お手伝いさんの家と思われるものも見せましょう! 普通に日本だったら、この平屋で十分に住めます。ま、2〜3千万円もあれば建てられるでしょう。
f0068901_428778.jpg

こんな家を持てる人もいれば、トタンの長屋風の小屋に住んでる人もいる。不思議な国です。
f0068901_4294644.jpg

最後に遠くからのショット。 どうですか? サイズを2/3にするだけでも、かなりの節約になるし。そのお金で地方に学校でも建てたらいいのに…と思うのは僕だけでしょうか? 個人的には、この家好きじゃないです。センスないような気もする…。 ま、人の家だからね。

f0068901_432617.jpg

これは思わず衝動買いをしてしまったティーです。 民族柄のような模様が入っていて気に言ってます。 しかも太いのでなかなか折れない! 前に同じゴルフ場で、よく折れるティーを使っていて、いつもつけるキャディに「ケチ?」と言われてショックを受けたことがあります。 これなら満足してもらえました。 機能制に偏るのもいいけどさ、こんな洒落た気持ちが持てるティーを使うのも良くないですか? ゴルフは飛距離だけじゃないんだから。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-10-12 04:37 | Traveler's | Comments(4)

休暇日記 ①

10/4

NH953(10:50) TOKYO - BANGKOK 成田からバンコク入り。着いたのは先月の終わりに開港したばかりの『Bangkok Suvarnabhumi Airport』(スワナブーン?エアポート)。超近代的で綺麗です。驚きと共に、な〜んかまだ人間味がなく殺伐としていて馴染めない所があるけど、そんなものは、ものの数ヶ月でなくなってしまうでしょう、この国では。つい数ヶ月前までは、古い方の『DongMuang International Airport』に着いたとたんに独特のタイの匂いがしてたんだけど、今はなにも感じない。懐かしい。

空港に到着後は、いつも通りささやかな贅沢で(たいした事ないけど)空港リムジン(と言っても、かむりとか、古いベンツ)に乗って、定宿の『ROMPO MANSION』へ!ここは、はっきり言ってたいしたことないです。最近は、あっちこちに日本流に言えば億ションが建設されているけど、それとは違ってちょっと古めのアパート(日本でいうマンション)です。でも、自慢できるのは、北欧系やら南米系の綺麗なモデルのおねぇ〜さん達やおにぃ〜さん達がたくさん住んでいる事。それと、高速の入り口に近くて便利な上に渋滞とあまり関係ない事。ゴルファーにとっては大事です! しかも合宿で来ているので、渋滞での時間のロスはもったいないしね。

荷物を整理して、ちょっとボーッとしてから、マッサージに行きました。
f0068901_454637.jpg

『有馬温泉』
定番中の定番ってくらいのマッサージ屋です。が、やっぱり上手な人が多いので安心して来れるかな。この日は、1時間の足マッサージと耳掃除を注文。疲れているときにしてもらう耳掃除はなかなかのモノです。足の痛さと耳の心地よさ、なんとも言えません。

その後は、世話になってるK氏と食事をして帰宅! その前に、スリウォン通りで見かけた美味しいデザートを紹介。
f0068901_4143110.jpg

なんと言ったらいいのか? 小麦粉を練ったものを薄くピザの生地のように延ばして鉄板にしきます。そこに生卵を落として、生地の上で混ぜて延ばす。ほどよく熱が通ったら、細く切ったバナナを乗せ、バターも加えてさらに熱を加える。バターが溶けてきたら、生地を四角く畳んで箱詰めし、さらに上からバターを落としてできあがり。
f0068901_4192336.jpg

なんか簡単なものだけど、ほどよい甘さで美味しかった。手の込んだ高級お菓子もいいけど、タイの路上で食べるこれもサイコー。

おかげで腹いっぱいに食ってしまって、ちょっと後悔。ダイエット意味ねぇ! いつもながらタイ料理でやせる計画が今回も成功しないであろうことは、初日で明白に…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-10-07 04:24 | Traveler's | Comments(4)

強制休暇!

いま家でテレビとパソコンを前にしながら、片方では雑誌をめくり、もう片方ではゲームで遊んでいます。パソコンでは、速報で東海クラシックの様子をチェック、放送が始まってないけど、ホールを思い浮かべながら想像してます。面白そうな展開だね、オレもそこに参加していたかった。ハァ〜。でも、昨日から疲れがどっとでてダメです…。ちょっと休むだけで金縛りにあったように力が抜けて動けなくなる。よほど疲れてるみたい。来週の練習開始前までに、しっかりと休まないと。と、いうことで昨日から何もしない事を決めました。

こういう時、何もする事がなく人のゴルフをみるだけの時に何が一番気になるか? まだシードが完全に確定していないので、予選落ちして順位が抜かれていくのをただ見てるのが辛い…。この時期、しょうじきランキングなんて見たくないけど、自分にハッパをかける意味もあって確認してます。 自分では「この順位くらいまでは行けるのに…」と思いながらみてます。自分は2週間の休み、彼らは間に日本オープンがあるので、休み明けにはまた順位が下がる…。しょうがないけどね。自分では、この2週間の休みをうまく練習にあててがんばるしかないと思う。もう1回、スウィングの基本のチェックと、(試合を)楽しめる状態に自分を持っていくこと! かな。

それにしても、自分が参加できないのは辛いね…。勝負のかかったパットをしびれながら打って、ガッツポーズしてぇなぁ。今年は、2回ほど優勝に手の届く位置でプレーしたけど、あの緊張感はなんとも言えないね。大好き! もの凄い集中力とプレッシャーがごちゃ混ぜになるけど、やってて楽しい。後半も、もう2回くらい優勝争いしたいね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-10-01 13:44 | Traveler's | Comments(10)