「ほっ」と。キャンペーン

Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

The Golf Tournament in 御前崎 2006

『MBR』
f0068901_22143480.jpg

Musle Back Respect この称号を与えられた者に送られるボールマークとヘッドカバー! けっこうカッコいいので気にいってます。白/ピンクと黒/ピンクがきましたが、今週は白/ピンクで行く事にしました。キャメロンのオレンジカバーも光ってます。じつは、これは両方とも同じメーカーで作られているモノなんです。肌触りは最高です!

Driver: Titleist 905R(9.5)/ GraphiteDesign TA Prototype
3W: Royal Collection BDD(13)/ Fujikura TourSpec HK-Pro80
2-PW: Titleist 695MB/ DG X-100
Wedge 56: Cleveland Classic TourAction588 TG
60: Titleist Vokey SpinMilled 60 T-Grind
60: Cleveland Classic TourAction588 DSG
Putter: Titleist Scotty Cameron Studio Desin Newport Black
Ball: Titleist ProV1X

今週のセッティングの変更点はウェッジです。試合の行われる静岡カントリー浜岡コースは、芝がちょっと特殊で、グリーン周りのショートゲームで難しい状況がありそうなので、検討した結果クリーブランドとボーケイを使うことを決めました。それぞれの選手の打ち方にもよるのでしょうが、ボーケイのT-Girndソールが今週の芝と合ってるような気がします。
その他のクラブに関してはほぼ変更はしばらくしないでしょう。ただ、コースによっては2アイアンと3Wの間の距離が開き過ぎているので、もう少しロフトのある3Wか2アイアンの変わりにユティリティを入れる可能性があります。

1st Day: +3-◯--◯-◯◯ ◯◯------◯ 67(-4) 5位タイ

なかなかオモシロい日でした。昨日まではスウィングでな〜んの心配もないくらいだったのに、朝のレンジで球を打ち始めたら…アラっ? アドレスからして左にボールが飛びます!って雰囲気をだしまくっていて、打っても案の定左にって感じ。一応、修復には努めたのですが、ダメ。そのまま時間がきて1番ティへ。
1球目、見事にOB! ま、練習場のとおりだったので、怒る気もおきずに打ち直して出発。風が強かったので、あまりバーディは期待せずにおこうと決めてラウンドする事に。そのかわり、スウィングリズムはゆっくりと、バックスウィングは大きく、これだけは気をつけることに。これのおかげで違和感がありながらも、まともなショットで対応できました。それと先週からパッティングがショートしがちだったのですが、2番ホールへ歩いてる途中に解決策が頭に浮かんできて、それを実行したら…アラッ!? ちゃんとカップに届きだして、ほとんど入ってしまいました。ゴルフなんてちょっとした事で変わりますよね、不思議だ。明日も魔法が解けませんように!

2nd Day: ◯■-◯▲▲--- ---◯-▲◯-- 72(+1) 18位タイ

魔法は解けてました。しかし、スタートからは順調に行っていたのですが、折り返した後の2番でのパーパットを不用意というか、あまり距離を意識しないで打ってしまい2mの返しも外してダボ…。しょうがない。でも、これでちょっと雰囲気が変わり始めてスコアをまとめることができずにラウンドを終了。前日に比べて風もなく、穏やかな夏の日って感じで気が緩んだのかな。な〜んかピリッとしないラウンドでした。明日から気を入れ直して行かないと。それにしても同組の田島君、パッティングが上手い!アプローチもだけど、入るっていうオーラがでまくり。彼はカップが大きく感じられるほどの、細かい繊細なタッチやストロークを持っているんじゃないでしょうか。それにしても凄かった!

3rd Day: -◯-◯--◯-■ -◯◯--◯--◯ 66(-5) 5位タイ

調べてみたら3日を終わってバーディ数18は1位、そしてパーオン率も1位。これって結構自信になるなぁ。ところで先週からの強い風の影響でスウィングのリズムが崩れている様子。疲れのせいか、思うように修正ができてない。今日は朝の練習はやめてパターのみで出発!スウィングの悪いイメージがなく、スコアメイクに徹しられたのがいい結果につながったのかな。
明日は久々の上位組でのラウンド。どうなることやら…。あまり優勝を意識しすぎると良くない、いままでの傾向でも勝手に盛り上がって自滅するパターンだから、明日はバーディー数でも、パーオン率でも何かしら1位を取ることにしようと思う。

Final Day: ▲--○----- --○---○-- 69(-2)Total: 274(-10)4位タイ

惜しかった?最後の数ホールは確かにチャンスがあって、惜しいパットがあって、もう少しなのに…。でも、自分的にはよく耐えたって感じのラウンドでした。ようやく余裕ができてバーディを狙えるようになってきたのが12番ホールからだったから。もう数ホール早ければ…ね。風ももっと強く吹いてくれてれば良かったのに、ほとんど吹かなかったから残念です。それに優勝ラインは13アンダーくらいと予想していたので、残りのホール数を考えてちょっと届かないかなとも思っていたので、16番のグリーンで初めてチャンスがあるって事に気がついたんです。そこらへんは優勝経験、優勝争いの場数を踏んでない僕の経験不足のせいかな。

テレビでは16番から写っていたようですね。16番のティーショットは、ちょっと意識していたのもあって4日間で一番飛んでました。しかし、セカンド地点でピンまで残り約270ヤード(フロントまで240ヤード)で、3Wでは距離を抑えてコントロールしないといけない距離。2アイアンでは飛んでもフロントまでしか行かない距離。ユティリティやショートウッドをあまり使わない僕が困るシチュエーションです。ここで選択したのは2アイアン。アドレナリンがでそうな場面で3wでグリーンオーバーはとってもリスキーなので、アプローチ勝負と決めての選択。でも、これがいい感じのドローで飛んで、な~んとグリーンまで届いたんです。乗ったラインが下りが少しかかるので、強気にイーグルを狙っていけませんでしたが楽にバーディーを取れて助かりました。
17番、ピンまで187ヤードくらいだったかな。オナーの高山が6アイアンでほぼピン横にオン。でも、かなり強めに打ったように見えたので、僕は同じ6アイアンを持ってフックを強めに打ちました。これが結果的に余計なことで右に出したはいいけど、思ったほど風がなくピンから8mくらいのところにオン。惜しかったな~一瞬入ったか?と思ったけどカップをかすめてパー。
最終ホールはけっこうな打ち上げ。ドロー系の僕はひっかけやドローがきつめにならないように気をつけないといかないホール。毎日しっかりと右を向いて捕まえるようにティーショットを打っていました。おかげで毎日フェアウェーからピンを狙えることができました。但し、どうしてもドライバーだと距離的にスロープのきつい所にボールが止まってしまうので、ショートアイアンといえどボールの高さを抑えるのが精一杯で距離まではコントロールできませんでした。今日もセカンドはピンまで102ヤード。サンドウェッジで打ちましたが、バックスピンが入るのがわかっていてもどうしようもなかったです。せめてピンの根元まで届いてくれと祈りながら打ったのですが…。

コメントにTigerさんからのコメントで「右を向いている!」とありました。たぶん今週に入ってスウィングの調子を落とした原因はそれでしょう。セガサミーから強風の中でフック・ドローを多く打ってきたので、アドレスも自然と右を向いてきているのでしょう。ショットに関してはボールを曲げられることができるので問題ないのですが、パットになるとそうもいかず、スライスラインはけっこう簡単なラインでも右にはずすケースが多く惜しいことをしてますね。でも、ドローでピンを狙っていけるようになってから、フィーリングが戻りパーオン率も上がってバーディーも増えたので、なんとも言えないですね。アドレスの修正はしないといけないけど、急な変化は球筋にも影響しそうなので、うまい落としどころを探っていかないとと思っています。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-07-26 22:36 | Traveler's | Comments(20)

北海道シリーズ第1弾 SEGA SAMMY CUP

f0068901_0243731.jpg

昨年ここで調子を取り戻してシード獲得への鍵となった試合です。ここノースGCはフラットな土地にリンクス風な要素をもったコースです。数ホールを除いては木もなく、ドローやフックを持ち球とする僕にものびのびと打っていけるレイアウトになってます。ここでダメならどこでやれる?って感じです。先週のタイでの試合からのいい流れをいかして、同じ気持で臨みたいね!

1st Day ◯▲◯-▲--◯- ▲◯-----◯- 70(-2) 9位タイ

寒かった初日の午前。風の強いし、スウィングのリズムのみを気をつけてのプレー。まずまずのスタートかな。

2nd Day --------◯ ▲■-◯----- 73(+1) 19位タイ

調子がいいはずなのに、いきなりのボギー&ダボスタート…。打って変わっての気温の上昇で身体がまわり過ぎ!?気がついた時には遅かった。でも、そこから耐えて2バーディ。最後の5ホールのパットは凄かった!よくすべて1パットで収まったな。順位は落としたけど、トップとの差もほとんどないから週末に向けてチャンスは十分あるはず!

3rd Day -▲---▲--- --▲---▲-◯ 75(+3) 21位タイ

こんな日もあるのかな。流れもが悪くてまったくチャンス無し!たまに耐えられずにボギーを積み重ねて気がついたら4ボギー。最後のバーディは根性でしょう!40ヤードのバンカーショットを1mにつけてのバーディ!この1打は明日に向けて大きいはず。目指すはトップ10!

Final Day --------- --■--◯--- 73(+1)
Total Score 291(+3) 26位タイ

まったくストレスが溜まる日でした。アウトからのスタート、いい感じの緊張感と集中力があって、いい予感がしてたんだけどなぁ。問題はパットにあり…。いやパットの時のメンタルか? 1番から15番までは全てのフェアウェーと捕らえて、グリーンにパーオンをさせて(おしくも16、17番のグリーンオンは逃しました)、いくつかのチャンスがあったのですが、全てのパットをショート!唯一届いたのが15番でした。結局、12番の4パットと18番の3パットが足を引っ張ってしまいスコアにならず。最終日、上位も狙える時に気持をしっかりともって怖がらずにパットをカップに届かせる! これ基本でしょ。これができないと、どうしようもないよね。自分にがっかり…。

f0068901_1942556.jpg

Driver: Titleist 905R(9.5) / GraphiteDesign TA Prototype
3W: Royal Collection BBD(13) / Fujikura TourSpec HK-Pro80
2-PW: Titleist 695MB / DG X100
Wedge 56 &60: ?
Putter: Titleist Scotty Cameron Studio Design Newport Black
Ball: Titleist ProV1X

ここ北海道では前週のセッティングを引き継ぎ!細かい砂が大量にあるバンカー対策の為にちょっとウェッジのみ変更しました。ただしロフト設定は同じ。ここ北海道は芝が本州と違って洋芝なので、フェアウェーからでもロングアイアンよりもショートウッドの方が適してるかな?ちょうどロングホールのセカンドで240ヤードくらいが残るケースが多く、コースによっての必要性を少し実感。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-07-20 00:30 | Traveler's | Comments(6)

Chevrolet Championship 2006 at Burapha!

f0068901_19475032.jpg

リーダーボードの前で同じく日本人プレーヤーのGOMA君と!

Tournament Result Final....
http://www.smgsport.com/index.htm

タマちゃん、おめでとう! ハッキリ言って君にはまったくかないませんでした。 やっぱり君の庭でゴルフしたら誰もかなわないんだね…。優勝したタマヌーンはオンお馴染み、日本ツアーで戦う選手です、今回は彼の地元のチャンブリーでした。見ての通り誰も彼にかないませんでした。完全にクルージング状態で最後まで流してましたね。アノ難しいグリーンを読めるんだ…ちょっとビックリです。

僕は最終的にトータル6アンダーの4位タイのフィニッシュ! ん〜満足できたか?とういと「全然!」って事ですが、飛ばす、攻める、入れる!とういう目標に向かってゴルフができたって事に関しては70%くらいは達成できていたかな。30%は、気がつくと保険をかけてショットしたり、パットしていた僕自身へのマイナスポイントです。まだ心の力が弱い時があります。のびのびとできるはずの試合の攻められる時に逃げてしまう…。優勝を争えるようになるには、自分を信じてプレーできないとね。

今週のクラブセッティングです。
f0068901_2013236.jpg

Driver: Titleist 905R (9.5) / GraphiteDesign TourAD Prototype (X)
3W: Royal Collection BBD (13) / Fujikura TourSpec HK-Pro80 (X)
Iron: Titleist 695MB (DG X100)
Wedge 56: Cleveland TourAction588
60: Titleist Vokey SpinMilled T-Grind
Putter: Titleist Scotty Cameron Studio Design Newport 303 Black

今回のセッティングは当たりでしょう! 3Wを昔から愛用してきたロイコレに変えたところ、ドライバーと3Wのミスの傾向が同じになり、安心して打てるようになりました。僕の嫌いな左へのミスが4日間でたったの1回(3Wで左下がり、つま先上がりから、叩きにいってヒッカケのみ)なのは嬉しいです。やっとスウィングも気にならなくなり、クラブも全体の流れがでてきて、ラウンド中はスコアメイクの事に集中できる状態までになりましたね。おかげで振れるようになったドライバーはトーナメントの最終日には追い風の助けもあって、17番では370ヤードほども飛んでました。やっと戻った!って感じです。

さて、これは…。
f0068901_20581053.jpg

トーナメント終了後に、選手達が賞金を貰う為に事務局の前に並んでるところです。ちなみに僕を含めてトップ5は後で銀行振込になりますが、その他の選手は現金支給が普通です。現金支給っていいですよ!どれだけ自分が頑張れたかって実感できるから。それに人よりも金額が少ないって結構こたえるんですよ。今回の僕の賞金は3,9000BHT(バーツ)弱、日本円にして11万円くらいかな。少ないよね。でも、トーナメント中って、そんな事なんて気にならないっす。1打が数百万だろうと、数万円だろうと、常に上に行きたい気持は一緒、誰にも負けたくないって気持は一緒です。しかし、がんばっても経費分が全部でないとキツいね。次からはやっぱ優勝しかないね…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-07-17 21:15 | Traveler's | Comments(6)

2006 Chevrolet Championship in Pattaya

f0068901_059778.jpg

いまタイのパタヤ、バンコクから車で約2時間くらい東に走ったところにいます。会場はそこから、また西に20kmくらい戻ったチョンブリーにある『Brapha G.C.』です。
『SINGHA』というビールを含めた飲料水の会社がメインのスポンサーとなって、タイ国内で年間10試合近くをマネージメントしています。賞金は他の日本やアジアに比べたら、かなり寂しいものですが、日程は他のミニツアーと違いちゃんと4日間トーナメントとしているところは評価できると思います。これから上を目指していく選手達の為には凄くいいことだと思います。コースには小さいながらも観覧席もあり、各ホールにはボードも建てていて雰囲気はしっかりとトーナメントになっています。どこかの選手は「そんな賞金で…」っていうかも知れないけど、ここでもしっかりと熱い戦いが繰り広げられています。暇ならみんな来ればいいのにって思うんだけどなぁ。今回、一つ不満は、賞金の割には選手のレベルが高いこと。アジアツアーがなく、暇な連中やシンハ系の選手が勢揃いしているので、ちょっと…。

このブラパーは、初めてなのですが、コースは広くてドライバー(ウッド系)のリハビリを兼ねている僕には最適でしょう。しかし、適度な傾斜と、うねりと、芝目が重なってグリーンは全く読めません。日本の後に、アジアくるとちょっと辛いっす。

のびのびとゴルフして、ドライバーを振って…勝ちたいなぁ。と来週以降につなげたいです。

f0068901_1125129.jpg

初日を終わって(最終確認はしてないけど)こんな感じです。ちなみに僕は-1です。順位は不明。ちょっと思ったのが、初めてのコースという言い訳もしたいけど、タマちゃんの地元(彼はチョンブリー出身)に来て、軽々しく勝とうっていうのは、じつは無謀?けっこうショットがいいので期待できると思ってスタートしたのだけど、グリーンを含めて、アプローチで芝目が関係してくるショットがまったくダメでした。転がるのか?止まるのか?曲がるのか?読めません。見てもわからないので、これは感じるしかないでしょう。勘じゃなく、身体で感じないと。芝からのなんていうかオーラみたいのものを…。明日は攻めて、上位に食い込み始めたいですね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-07-14 01:20 | Traveler's | Comments(8)

6/7/2006 WoodOne Open 広島 使用!

今週の使用クラブとスペックを紹介!
f0068901_1341253.jpg

Driver: Titleist 905R(9.5) / 44.75 / GriphiteDesign TP Prototype(X)
3W: Titleist 906F2(13) / 43/ Fujikura ZCOM MW85(X)
2-3I: Titleist
4-PW: Titleist 695MB / DG100
56: Cleveland Classic Tour Action588
60: Titleist Vokey T-Grind Spin Milled
Putter: Titleist Scotty Cameron Studio Desing Newport 303 Black

ドライバーは、今週からロフトを変更。やはり8.5では弾道が低く距離がでない為。だいぶスウィングが楽になりました。キャリーが伸びた分、距離も伸びたかな。
スウィングに馴染まないクラブというか、スウィングが馴染めないクラブ、906F2です。なぜだろう?メチャクチャ飛ぶし、評判がいいのだけど、僕は使いこなせていない…。
アイアンに関しては、今年は変えるつもりはナシ! 弾道も高く問題なし。
f0068901_13412815.jpg

今週のポイントは56°のクリーブランド588。たまたま目にしたクラブ。しかし、このクラブには思い入れがあります。19歳の時から、なんだかんだと30歳くらいまで使い続けたからね。久々に打ったら、まず打易かった!手が感触を覚えているのかな? 今の他のクラブなんかはスピン性能が格段に良くなっているから、588はその点では劣っているのだけれど、使い易く感じたな。特に良かったのはバンカー! 機能的な事の説明は専門じゃないから、わからないけど、バンカーでの使い心地はサイコー!です。ソールの形状かな?バランスか? 今年はウェッジのセッティングを変えたこともあり、サンドセーブ率が極端に悪くなっている。バンカーで使うクラブのロフトが違うのでしょうがないんだけど、同じロフトでもこれは相当いいです。これをスピン性能で上回るボーケイにフィードバックできればなぁ…。
パターに関しては、もう手に馴染み過ぎてしまったこのニューポート。完璧じゃないけど、ストローク中の反応がわかっているので、ある意味安心できますね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-07-09 13:33 | Clubs/Equipments | Comments(6)

WOODONE OPEN 広島

f0068901_3505725.jpg

もう広島です、1年て早いな。もう何週かするとシーズンも折り返しになるからなぁ。

じつはここ広島は初のトップ10に入ったコースでもあり、けっこう好きなコースです。ただここ数年はコース改造を続けてきたので、グリーンの形状なんかは昔とまったく違ってしまっているけどね。あと去年は、2日目に、異常にやる気がなくなって(疲れか?)やる気がないというか、がんばろうって気力がなくなった。で、1打差で予選を落ちたので、今年は二の舞にならないようにしないと。

1st Day -◯◯---▲-▲  --◯------ 70(-1) 47位タイ

ゴルフ自体はいい感じがしているんだけど、特にティショットのミスに苦しみ、よく耐えた!って感じのゴルフでした。でも、凄いいい予感がするんだよなぁ。いい方向へ向かってる気がする。

2nd Day ▲---◯---- ▲--▲-■-◯- 74(+3) Miss Cut!!

調子がいいと思っていたのに…。この日、スコアメイクができなかったのは全てティーショットのミスです。ドライバー、3W共にまったく機能せず! ミスというか、まったくクラブが合ってないのが原因。スウィング中にタイミングが取れずに、スウィングにすらならない。先週も唯一3Wがどうしようもなかったけど、1ホールのみの使用だったので、大きな怪我にはならずにすんだけど。今週は使用頻度が高いため、新たなシャフトに入れ替えて挑んだのに…。ドライバーと3Wの使用頻度が半々なのも影響して、最後にはドライバーまでスウィングのリズムがオカシクなって、どうしようもない状況になっていました。とても残念です。確かに調子が上がってきているのが、感じられるのに。

ラウンド中から、ずっと考えていました。なぜ、こんな事が起こるのか? 答えとしては、「クラブ、シャフトが合っていない。」ですよね。なぜ合わないのか? 仮定だけど、スウィングの変化があると思います。先週からいい感じになり、球も飛び出しました。もう自分でも、ある程度(アイアンに関しては)満足ができるほどです。今週の広島でも、練習ラウンドから、また少し球が飛んでいました。初日は、なぜか体調もよく感じられ、クラブがかなり振れてました。じつはこの時に気がついていれば良かった…。飛ぶ前の感覚に合わせて、作ったクラブでは、振れるようになった時にタイミングが合うわけがないって事に! 昔からの事なんですが、クラブが振れる時には自分でわかるんです、もの凄くボールが飛ばせるってことが。届くと思ったら、届かせられるんです、距離に関係なく。200ヤードでも、届くと思ったら7番でも届きます。不思議ですが、自分でどのくらいクラブが振れるかわかるんです。但し、精度は落ちます。
じつは飛ぶ時も、クラブは思い切り振り抜いてしまえば、以外にボールは曲がらないんです。でも、タイミングが合わないシャフトを使ってる事が、振り抜く事を怖がらせてしまった為に今回はおかしな事になってしまったんだと思います。自分でも初めてですが、ラウンド中にティーショットでテンプラが4回もありました…つけたすとチーピンのなりそこないが3回。もうゴルフになりません。どこに飛んで行くのかわからないし、最後にはどうやって振ったらいいのかさえわからなかったから…。

来週は、1週の休みに入りますが、クラブのセッティングをちょっと考えなおそうと思います。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-07-07 06:16 | Traveler's | Comments(4)