Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2006年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

問題確認!

なんで飛ばないのか?

なんででしょう? ドライバーに限り、いままで自分でこのくらい飛ぶと思った時には飛ばせました。もちろん体調や調子によっての変動はあります、自分ではそれも、飛ばせると感じた距離まではボールを飛ばせる事ができたのですが…。ここのところはまったく飛ばせる事ができませんでした。マンシングウェアカップの辺りから、とりあえず距離を戻す為に振ることを自分に課してプレーしました。一時の最低距離からは脱しましたが、いまだ本来あるはず距離よりも10ヤード強足りてません。

先週のダイヤモンドカップでの練習場。飛ばす感覚を取り戻すべく、クラブを振りつづけていました。そして見つけたもの…

f0068901_20195714.jpg


久しく見かけていなかった、この足場の乱れ! スウィング技術的に、善し悪しは考慮しないとして、そう! 昔から自分が練習した後には足場に穴が掘れて芝が削れて汚くなっていたんです。たぶん僕は人よりも格段に足のけり、ふんばりが凄いのでしょう。どうしてこういうスウィングになったのかはわかりません。もしかしたら、腕力等の上半身の力が不足していたのをカバーする為に自然に覚えたのでしょう。確かに安定性という観念から考えると、これだけ足に力が加わっているということは、その力でバランスを崩す可能性も多いということ。しかし、これで飛ばし、飛ばしでゴルフを作ってきた僕には、今これを変えて距離を落とすことよりも、これを生かすスウィングで戦う方が懸命なんだと気がつきました。

さて、問題がわかったことろで、どうなるのか? 明日から仙台へ向かいます。


下↓の『募集!』もよろしく。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-05-28 20:47 | Traveler's | Comments(14)

募集!

とつぜんですが、必要にかられて募集をかける事を決めました。

キャディです!

もちろんツアーに帯同してバッグを担げる人です。興味のある方、ちょっといい人知っているとういうのがあったら教えてください。コメントを非通知でいいのでよろしく御願いします。

希望を書いておきます。
1. 男性、女性問わず
2. ゴルフ経験あり(できればアマチュア・ハンディ片手以上、研修生以上)
3. 明るくてよく喋る人
4. 時間が守れる人
5. 自信がある人
6. 注)下を見てください

もう長いこと、アメリカ留学中にもチームメートから言われてました「オマエにはいいキャディが必要だ!」って。最初は意味わからなかった。でも、今はわかります。自分はボールを打つ事以外に関して問題を抱えているから。コースを攻略してスコアを作るにあたって、戦略やメンタルをうまくコントロールしてロジカルな方法を取るのが苦手なようです。それがショットの調子がいいのに、なんでこのスコア?につながります。コースにでるといろんな要素があります。その日の調子、風の読み、グリーンの読み、メンタル、距離の確認、クラブ選択等…。それらを巧く組み合わせていくのが戦略。ハッキリ言って自分は、それらが苦手なようです。

じつは気にいっているキャディがいます。バンコク郊外のタイカントリークラブのいつもつけるキャディです。なぜでしょう?彼女は初めてのラウンドの時から、不思議とオレのアイアンやドライバーの距離がわかり、勝手に風を読み、(合っているかわからないけど)距離を教えてくれて、勝手にクラブを選んで渡します。ビックリしました…だってオレよりもオレのゴルフを知っていいたから。途中で、オレが異議を唱えてクラブを選び直しましたが、全ハズレ!いつもですが、彼女がほとんどクラブ選びや攻め方を間違えません。いまではまるっきり信用しているので、ゴルフが楽しいです。だって言われたところにボールを打つだけだから。ちょっと要求がシビアな時もありますが、それはそれで挑戦されているようで楽しいです。こんな感じのキャディがいたらいいなって感じです。日本ツアーにもじつは気にいっているキャディはいます。が、すでにシーズンのほとんどをブッキングされているため僕が雇う事ができません、残念…。

もし、何があったら情報をよろしく!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-05-27 21:31 | Traveler's | Comments(6)

ちょっとビックリしたこと…

またまたタイ人ネタですが…

この人には毎日驚かされます。
タマちゃんこと『Tammanoon Srirot』です。
タイって日本よりも貧富が激しい国なので、ゴルフができる環境を持っている人間は裕福な人達が圧倒的に多いはず。僕も何人もプロを見て来て、ほとんどの選手が裕福な家庭を持っているのかと思っていたら、じつはそうでもないみたいです。タマちゃんも、もちろん。

タマちゃんはバンコクから南東へ車で2時間くらい行ったパタヤの近く、チョンブリーに住んでいます。じつは昔、ご飯もまともに食べれないくらい貧しかったらしいです。笑顔で語ってましたが、本当らしい。それでも今、笑顔で楽しそうに生きてる彼は琢磨しいです、尊敬します。

当時、ゴルフをするのに、クラブやら必要なものを買うお金がなかったタマちゃんは本当に自分で木の枝を切って自分でクラブを作って、1本のクラブでゴルフをしていたらしい。しかも地元の連中とのニギリで勝ちまくって相手がいなくなったから今度は左でゴルフをしていたらしい。現代人?疑いたくなるね。これじゃ「プロゴルファー猿」じゃん。ちなみに「ボールは?」と聞いたら「池に潜って探した」らしい。しかも余ったボールは売って生活の足しにしたとか。そんなタマちゃん、いまは稼いでしっかりとベンツまで所有できるようになりました。凄いよね。
そんなタマちゃんが言っていたのは、お兄さんがニギリの為に左でゴルフをするのを禁止したらしい。そのおかげで今があると言ってました。

タマちゃんが言ってました、「なりたいと思えばなれる」って。今日はホント言葉が真実に思えました。予選落ちて、居酒屋で無理に笑顔でって感じだったけど、それを聞いて自分が小さく感じられて恥ずかしかった。マジで。まだ恵まれた環境にいるのに、ぐずぐずしててどうすんだ、オレは?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-05-27 00:23 | Traveler's | Comments(4)

ダイヤモンドカップ予選

知ってのとおり予選落ち…
これで5試合連続で予選落ち、サイアクです。一度落ちたものは、そう簡単に浮き上げれないのは知ってるし、いましている事が効果を表すのは時間がかかるのもわかっているけど…

気分が悪い

笑ってるけど、心の中はけっこう荒れてます、当然だよね。アマチュアじゃないし、稼げないゴルフしてどうするの?って感じだからね。

勝手ですが、何を書いても気分が悪くなるので試合の事はしばらく書きません。愚痴も多くなり読んでもたぶん暗くなるだけです。

よろしくお願いします。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-05-26 23:07 | Traveler's | Comments(3)

ダイヤモンドカップ初日

スコア74 74位タイです。

ラウンドを思い起こせば数ストロークは…あります。が、それは言えません。プロですから。
しかし、今日の目標である『毎ホール、ドライバーマン振り!』と『パターのショートなし!』は守りました。今、自分を取り戻す事をしています。自分を取り戻すという事は自分がいつ、どんな時に、何をするかを知る事です。大事です。コースの状態、プレッシャー、調子で人間は少しずつ変わります。そんな時に自分はどうなるか?知らなければ戦えません。しかしプロゴルファーはキャディーという味方を付けることができます。現在、キャディーを持たない僕としては自分が自分を理解して戦わないとダメです。一度沈んだ船は浮かばないけれど、人間は浮かぶことができます。自分は今、必死に浮かぶ準備をしています。今日も自分に制約をかしてプレーしました。より狙いがシビアになる条件をつけてプレーする事によって、集中力を使い戦う事に慣れるためです。大丈夫でしょう、もし自分が本当に戦える人間なら、きっと。

と話は変わりますが、毎日一緒に行動をともにしているタイ人選手のタマヌーン・スリロット選手。この人って以外に知られていないけど、けっこう凄いんです。ちょっと天才っぽいとこあります。この人、タイでは3つの記録を持っています。
1 トーナメント記録29アンダー 
2 9ホール最小スコア 28
3 18ホール最小スコア 60
これって凄いです! どんなに簡単なコースであろうともなかなかでるスコアではないです。ちなみに29アンダーをだした時、2位に確か15打以上の差をつけていたような気が…。もちろん2位以下にもアジア、日本、欧州で戦う選手も参加していての事です。いつも笑みを絶やさずに、くだらない冗談を口にしているタマちゃん、あなたはじつは凄いです。2004年にも日本でパッティング部門で1位になっています。ちょっと尊敬。

というタマちゃんに今日は夕食をおごってもらいました。ごちそうさま!

明日はお互いに頑張りましょう!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-05-25 23:23 | Traveler's | Comments(2)

ダイヤモンド・カップ(狭山CC)

少しお休みしてました…

ちょっと色々と考える時間が欲しくて、何かゴルフに関しても事を書くのをやめてました。

しかし、おかげで吹っ切れました。ようはちょっと道に迷っていたって事です。というか、自分がどこに向かえばいいのかが分かっていなかったのかな。自分自身がわからないのに、他人がわかるわけもなく、みなを引き連れて自分自身をもあちこっちに引っ張り回していました。

もう大丈夫です。道がわかれば、どうすればいいのかもわかります。

ここからまた前に進みます!

と新たにスタートをと思っていたのに、風邪を引いてダウンしてます…もう少し休めということか?

おやすみなさい。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-05-24 22:25 | Traveler's | Comments(6)

知ってます? 新しいクラブ…

f0068901_13551263.jpg

Titleist 585H

3月のカールズバッド訪問の時に手に入れたクラブです。じつはいままで使うチャンスがなく隠してきました。通常は2アイアンをバッグに入れているので、ユティリティ系は入れないんです。もともと球が上がり過ぎるのが嫌いだからなんですが。じつはこのユティリティ『585H』は球は上がり易いけど、球が強い。慣れないせいで、初めはアイアンの様に打つのか、ウッドの様に打つのか分からなくて困ったけど、アイアンとして打つとけっこう低弾道も打てるので使いかってはいいです。距離のレンジは220〜250ヤードまで打てます。
f0068901_1425433.jpg

顔はアイアンともウッド系とも言えないバランスです。逆に言えばどちらの概念にも縛られないで打てるってこと。だから使いかってが良いといえるような気がする。もう一枚。
f0068901_1465684.jpg

ボクはこれに『UST iROD』というシャフトを差してます。ドライバーからの流れでUSTのシャフトを選びました。だけど、スチールもいいのではと現在検討中! ボク的にはアイアンのフィーリングが少し欲しいから。

マニアのみなさん、この『585H』と、以前紹介した『PT F3.05』を手に入れてください。そうしたら真のタイトリストマニアとして認めてあげます。ちなみにボクは入手の仕方はわかりませんのであしからず…。

もしネットを縦横無尽に駆け巡り、入手方法を調べた人がいたら教えてください。他の人にも教えてあげようかと。(注)ボク経由での販売はいたしません。ベトナムに居る調査員のBさん、よろしく!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-05-13 14:18 | Clubs/Equipments | Comments(6)

ボクも一言…

2日目、昨日から一転、自分のゴルフの原点に帰ろうと思い「飛ばす、乗せる、入れる!」このシンプルなゴルフに徹してラウンドしました。やっぱり飛ばさないと!飛距離をだせるスウィングがあって初めて「オレのゴルフ」ができると感じました。なにもお洒落したゴルフすることない。地のゴルフしよう!それだけです。それがわかりました。ボクは、たま〜に道をはずれたり、脇道を歩いたりしているようです。しかし気がついてもとに戻ります。また少しすると逆の脇道を歩いたりしてます。そんなこんなでフラフラしながら歩いていても、いつかは辿りつけるのかな?それならそれでいいのかも…。

じつは一言というのは日本プロでの「失格事件」のことです。
危ないですね!しょうじきボクも、一緒の組の秋葉さんも危うく間違って処置するところでした。最初のホールで同伴のクリス・キャンベルに確認をして事なきを得たって感じです。慣れは怖いです、ボク自身もスタートで用紙を見てはいたのですが、いつもと同じとすっかり思い込んでいました。失格した選手達も間違いなく同じだったでしょう。ミスはミス。それは受け入れないとね。

ただ、一言!選手として、PGAに言いたい。スタートで選手にルールについての用紙があること伝えてます「見て確認してくださいと!」 それだけです。 これはクイズの引っかけ問題でもないし、ルールを知らない人間を振り落とすゲームでもないはず。ツアーの中にPGAの試合を組み込み、違うルールを採用するなら、選手一人一人が間違いをしなように、「見てください」だけでなく、「理解できましたか?」と言えるまで確認をとるまでしても良いのでは? 20秒で済む事です。今の男子ツアーの状況を考えたら、こんなつまらない事で新聞に書かれてどうするの? スタートのテントの中でタバコを吸って世間話をするうちの20秒ほどでいいから、気が緩んでいる選手に伝えてあげてください、御願いします。もちろん選手も確認は常に怠らないように!



兄貴・タケさんのブログ読みました。「あるがままのプレー!」ボクも好きです。基本的にボクも試合中でもルールで許されていても、ボールが汚れていなければ拾いもしません。必要ないし。他の選手も基本は「あるがままのプレー」でなんら問題もありません。選手はでも、どっちでもいいんです、「あるがまま」でもそうでなくても。ただいいスコアでまわりたいだけです。ルールの中でのことなら、そのかわり、何をしてもスコアを良くするチャンスは利用するでしょう。選手が考えるのはそれだけです、選手がより良いライからプレーしたいからって理由だけで、このプリファードライのルールが適用されているわけじゃないです。運営側の事情もからんでいるでしょう(例えばラウンドの時間とかね、テレビの事情とかあるし)。しかしボクもタケさんと同じで、これはアメリカ・ルールだと思います。なぜか? 彼らは異常なまでに「フェア」って言葉に敏感だからです。ホントはゴルフにフェアな状況なんて存在しないのに…。フェアになるのは精神であって、状況ではないです。ですよね? 
余談ですが、ボクの視点からみると欧米人ってルールの範囲ないなら、どんな手段を使っても合法という考えですよね。逆にルールの抜け穴を見つけられるのは賢いって考えがあるように思えます。間違いなくルール違反じゃないです。でも、それはルール上フェアなだけであって、フェアな精神じゃないですよね。 日本には武士道があります。人が汚い手を使って勝ちに来ても自分は汚い手は決して使わない!という尊い考えがありますよね。ボクも好きです、それ。そうしたいです。
なんで「あるがまま」って最初に決めておかないといけなかったのか? もし日本人が最初にゴルフってゲームを始めていたら、こういう言葉はでてこなかったかも…。

いろいろと書きましたが、プロの世界では、ルールがあるなら、それを上手く使ってスコアを少しでも良くするってことです。じっさに一人で「あるがまま」でプレーしても、成績とし成果がなかったらだたの自己満足ですよね。ギャラリーの誰が「あるがまま」でプレーしていたのを知っているわけじゃなく、褒めてくれるわけじゃなく、お金をくれるわけじゃないんだから。

タイの知り合いから、「マフィア・ルール」っていうのを聞きました。ほんとに「あるがまま」のプレーらしいですね。絶対にボールに触ってはいけないらしいです。どんな状況、ほんとにどんな状況でも、ボールに触ったら1ペナ取られるそうです。例えボールが排水溝に入っている状況てもね。昔のスコットランドって排水溝だとか、人口の障害物だとかはあったのかな? 現代で「あるがまま」のマフィアルールでゴルフして果たして楽しいのか? どうなんでしょうね。ボクも一回プレーしてみないと。興味がある方はぜひ「ファフィア・ルール」に乗っ取って「あるがまま」でプレーしてみてください。

スコットランドは1回しか行ったことないです。主にアジアの国々を転戦しながら感じたのですが、けっこう辛いと思います「あるがまま」って。口では伝わらないかな。じっさにプレーしてもらえらばわかります。ルールがあるからゴルフって競技が成立するんだなって感じるのも多々ありますね。プリファードライなんて可愛いです、OBが存在してくれてるのがホント幸せに感じるコースってあるんですよ。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-05-13 00:46 | Traveler's | Comments(14)

なんでだろう?

なんかオカシイ…

なんでこんな事になってるんだ?

ぜんぜんスコアにならない、飛ばない、曲がる、パットが決まらない…
オフを過ごしている時は逆に調子がいいと思っていたのにね。不思議だ。
日本に帰ってきたとたんに飛ばなくなり、曲がるようになり、パットが決まらなくなり、スコアにならなくなってきた。なんでだ?

人を引き合いに出して比べるのはいけないけど、今日はちょっとショックだった。ヤーデージブックを見ながらでも、自分の距離が落ちているのはなんとなく分かってはいたけど、同じ組で平均飛距離が270くらいの人と同じ場所からセカンドショットを打っている自分が信じられなかった…。振れてないのは、わかってるけど…。なんで振れなくなってるんだろう? いままでも、どんなにスウィングを変えてきてもこんなになった事なかったのに…。
振れなくなっている原因はなんだろう?

ちょっと冷静になって考えてみよう。

ちょっと時間をおけば軌道にのってくると考えていたけど、現実的には、週を追うごとに悪い方へ向かっているようです。ボクにも目指したいものはあるけど、プロとして生活もしなきゃいけないし、このままただ浮上するのを待つ事はできないだろうな…。毎週のように数十万円もの経費を使いながら待つ事はできないね。あと一月もしたら、確実に借金生活に戻るよ。その間に誰がボクの生活の保証をしてくれるわけでもないし。自分のゴルフは自分で責任を持たないといけない。誰のせいでもない。

決断しないと…。

普通の会社だと、こんな状況にはどんな対処をするんだろう? プログラムを信じて続けるのか、なんらかのテコ入れをして改善を目指すのか、完全に軌道修正をするのか? まず、状況の分析が先か。早くしないとね! シーズンが終わっちゃうよ。

あ〜あ、時間とお金が無限にあったらなぁ、そんなに深刻な状況でもないのに…。

プロゴルファーの自分と、ゴルフが好きな自分がいる。
プロの自分は、この世界で1番になりたい、たくさんのお金を稼ぎたい、有名になりたい。
ゴルフが好きな自分は純粋にゴルフを極めたい、自分の理想のゴルフ(理論)を追求したい。
理想を追い、実現んできれば、きっと1番になれるんだろうな、なんにも心配なんかすることないくらい稼げるんだろうな。

理想のゴルフ(理論)と現実。

理論を体現できれば良い結果がでるのか? 良い結果がでたものを分析したものが理論になるのか? どっちなんだろう? 

ラウンド中にこんな事を考えてました。

フッ、こんな事を考えていることが、そもそもダメだよね!終わってるよ。もう。

なにがしたいんだ、いったい?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-05-11 23:07 | Traveler's | Comments(12)

ヌードなスウィング!

動画を添付できるとのアドバイスがあってのでさっそく…。
*) タグをコピーして貼付けて使ってください。

http://f.flvmaker.com/mc.php?id=3dxcQpY4__GKUTAF6Eq.PMqehLcwBpXajEYGJBYeIHBtbf/CMgTEYY_6tqRiilDPOebPSAcZkjA920p9BkKix

これは今日のスウィングです。今週は左足首痛があり、いつものように左に体重をかけ過ぎないように気をつけながらのスウィングです。(と言っても、人よりのかなり体重移動が大きく激しいので、このくらいで他のプロと一緒くらいでしょう)


繰り返しになりますが、スウィングの変化の経緯をじっくりと見てください。

まずは4月のセントーサでの練習場。
http://f.flvmaker.com/mc.php?id=AnxcPpX4__GKUTAF6Eq.PMqehLcwBpXkjEYGJBYeIHBtbf/CMgTEYY_6tqRiivDPOebPSAcZkpa9SThYckKix

そして、開幕戦 東建カップでの練習場。
http://f.flvmaker.com/mc.php?id=BoxcPpX4__GKUTAF6Eq.PMqehLcwBpXljEYGJBYeIHBtbf/CMgTEYY_6tqRiiwDPOebPSAcZkqcVV2K/GkKix

どうですか? 違いがわかりましたか? タケさんとダグさんのコメントを読み返しながらよ〜く見てください。良い所と悪い所がちゃんとあります。

ちょっと問題が…最初は埋め込み式で動画を載せようと思ったのですが、Excite Blogの方のセキュリティー問題でJavaとかが使えないとでました。 結局ポップアップ式を選択しましたけど、これじゃ見た目よくないですよね。何か埋め込み式にできるいい方法ありますか?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-05-10 09:00 | Traveler's | Comments(6)