Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

<   2006年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Orange County California (1st day & 2nd day)

いまカリフォルニアに来てます!
ちょっと遠回りだったけど、23日にサンフランシスコ経由でロスの南にあるオレンジ・カウンティの空港に到着。合計約15時間くらいのエコノミーの旅だったけど、まぁ、アメリカの空気に久々に触れながらだったから懐かしさと楽しみで疲れは感じなかったです。

このカリフォルニアに来たのは去年につづき、クラブのフッティングをする為にカールズバッドにあるタイトリストの施設を訪れることが目的です。誰でも入れるってわけじゃないこの施設では、いろいろなデータをとり、選手にとって最適なクラブを見つける手伝いをしてくれます。他にもフィットネスの指導をしたり、選手のスウィングを細かく体の動きから分析することもできる機能も備えています。たぶん世界中のどのメーカーが持っている施設よりも優れてるんじゃないかな。去年始めて訪れた時も、その施設の広さ、メンテナンス、機能を見せられてメチャクチャ感動したのを覚えています。その施設を写真で見せてあげられないのが残念です…。

ちょっと早めに現地入りしたので、さっそく24日にはウェッジ作りの大御所ボーケイさんのところに顔をだしてきました。2004年の全英、去年と2回会っているのですが、覚えていてくれてるのが嬉しいですね。そんなボーケイさんが作ってくれるウェッジはよ〜く考えられていている上に種類も豊富で、もう今では手放せないクラブになってます。
ボーケイさんのオフィスは世界中のツアー選手達のクラブを組み立てる工場件オフィスの中にあります。ここはマニアにはヨダレがとまらないでしょう。最新のクラブを選手用に組み立てるセクションがあり、ボーケイさんの所には有名な選手達が使うウェッジのヘッドサンプルがたくさん置いてあります。エルス、タイガー、懐かしい?デュバル…一度は使った事がある選手の全てのヘッドサンプルがあるんじゃないかな。(当然データはあるんだけど)じかにヘッドを手に取ってみると、あの選手はこんな感じのものを使ってるんだ!ってオモシロいですよ。それに、これから世にでてくるであろう新製品も見れて今から僕も使える日がくるのが楽しみです。
ボーケイさん、早くね!

この後のオーシャンサイドの施設とキャメロンのスタジオはマジで楽しみです。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-02-27 23:17 | Traveler's | Comments(8)

銀座の夜

人生で2回目の銀座を楽しんだ夜でした。

ベトナムでのアジアツアーで知り合ったK氏が帰国しているので「一緒に食事でも?」という事で出かけて行きました。いつも千葉の山奥に暮らしているので、たま〜のネオン街は目が痛い!
「何丁目で待ち合わせにしましょう!」と言われても…何処か分からないf^^;
なんとか探してたどり着いたのが、いかにも高級そうな(少なくともオレにはそう見えた。一人では入れないよ…)お寿司屋さん『葉景乃』(7丁目コンパル通)でした。まぁ、見かけに負けずメチャクチャ美味しかったですね。お通し1つにしても手が込んでるというか…。海外が長いからたま〜に現地でも日本食に行くけれど、やっぱりこういうのは海外じゃ食べられないかなって感じです。それからおまかせでつまみを食べて、最後は握りでトロ、白子やらと一通り食べさせてもらいました。御馳走さまでした! 自分もそのうち一人でも食べにこられるようになりたいですね。

次にお邪魔したのは、一緒に食事をした人の行きつけのお店です。
8丁目にあるクラブ『多桂』、あまり経験がない銀座のクラブなのでよく分からないのですが、たま〜に行く六本木とかのキャバクラとはまた違った大人?の雰囲気のお店でした。やっぱりそれなりの年齢にならないとこんな高そうなところには来れないっす。このお店にもお客さんとして、それなりの人達も来てるんでしょうね。一緒の人達は喋りも雰囲気もオモシロすぎて、とても会社の前線で頑張ってるようには見えなかったけどな〜。

ここでもなんですが、じつは夕べ漫画の『サラリーマン金太郎』を地でいくようなK氏の独壇場でさんざん笑わせてもらいました。相変わらずのオモシロさで、女の子と話す時間もなく、あっというまに夜中になり帰路に…。オモシロかった!

話に落ちはないんだけど、とりあえず報告として。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-02-23 12:39 | Comments(9)

雲海

f0068901_0341599.jpg

どうですか?

今日の朝のものです。(スキー場のものを使わせてもらいました) 僕も自分の部屋のすぐ外から見ました、ちょっと幻想できて感動ですね。
ちなみにこれが僕の↓
f0068901_0361614.jpg

こんなのを見ると小さい事が吹っ飛びますね。心がホント綺麗になる気がする。
トーナメントで朝一のスタートで朝靄の中をスタートして行く時に同じような感覚になるときあります。その時もすご〜く神聖な気持になりますね。

スキーはなかなか上手くならないけど、これを見れただけで今回ここに来た甲斐があったというもんです。

今日、千葉に帰りました。
最後の日にこんなの見れるなんて幸せです…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-02-22 00:47 | Comments(4)

オリンピック選手

スキーに来ている先で業界にも詳しい、その人自身も昔みずから海外へでて戦ってきた人で、その人から話を聞いてちょっと考えました。

日本を代表して海外、オリンピックやワールドカップで戦う彼らの現実をもっと僕たちは知らないといけないんじゃないかって…。ただたんに「がんばれ!」「しっかりしろ!」「代表なんだから!」「楽しみたい?」って応援しているのか、怒っているのかわからない事をいいますよね。でも、彼らがどれだけ努力して、どんなに犠牲を払ってきているのか知らないですよね?もし知っていて叱咤激励しているのなら、その人は当然大なり小なり援助もしているだろうし、言う権利はあると思います。オリンピックにでるような選手は好きでその競技を始めて、世界を目指せるところまでずっと好きな事をつづけられてるんだから幸せだよ!って思うでしょう。確かにそうでしょう。でも、それなりに犠牲も払ってるはずです。僕もプロゴルファーとして、ここまでくるのに苦しさを乗り越えたり、犠牲も払ってきました。その中でも群を抜いて、いつもつきまとう頭の痛い問題がありました。それは「お金」です。プロになる前も、なった後も、これだけは逃れられない問題です。試合に行くにも、練習するのにもお金はかかるのです。プロゴルファーは基本的には経費を自己負担します。1試合で平均約25〜30万円かかります。(交通費、宿泊費、食費、キャディーフィー、たまにレンタカー等です)予選落ちしたらこれだけ無駄になります。4試合も続けて予選を落ちたらかる〜く100万円は飛びます!年間で試合の経費、オフの間のトレーニングや合宿など全て合わせるとかなりな額になることは確かです。はっきり言って、金の事でゴルフの調子が悪くなる選手はたくさんいます。金がなくて試合にでられない選手もたくさんいます。引退になってしまう選手もたくさんいます。でも、プロゴルファーはいいですよ、まだ。上に行けば稼げるってわかっているから。世界一のゴルファーっていくら稼ぐか知ってますよね?日本一でも数億稼ぎます。それを考えたら、頑張れます。だけど、もし世界一になっても稼げないって思ったら頑張れますか?夢の為だけに年間数千万のお金を使って、時間を削って努力していけますか?それをしているのがオリンピックにでている選手だと思います。金メダルを取ると300万円をもらえるそうです。それがオリンピックでの世界一の値段です。なかにはテレビに呼ばれる有名選手がいます。そういうごく一部の人達はなんらかのつてで引退後も、それなりの生活をできるでしょう。でも、ほとんどの選手達は元の普通の人間い戻るみたいです。第二の人生をまた考えないといけないんですよね。なんの保証もないけど。
アマチュアとして世界を目指している彼らも僕らプロと一緒で鍛錬にかかる経費は一緒です。それを少ない給料や企業の援助でまかなっているのは、ホント彼らの夢にかける情熱がささえているからでしょう。
僕が思うには、テレビで見ている人達にもっと、そう言う事を知ってもらうべきじゃないかって。もっと世界一を目指す彼らを金銭的にでも助けてあげなきゃダメなんじゃないかって。金メダルを取ったら1億くらいあげてもいいですよね?タイガーが年間賞金で10億以上稼ぐ時代です、4年間を努力してきて世界一になって1億でも安いですよね?みんなにも夢を与えてくれるんだからって思います。
もし僕たちが彼らに対して「代表なんだから」って言うなら、それなりのサポートは必要ですよね?口で言っただけじゃダメですよね。彼らはアマチュアであってプロじゃないんだから。成績の見返りにスポンサーからお金をもらってるプロと同じじゃないです。プロが試合で「楽しんできます!」って言うのは間違っていると思います。スポンサーはそんな事を言ってもらう為にいるわけじゃないです。金をもらっている以上、メーカーやスポンサーの宣伝・広告も兼ねているわけだから。でもテレビに映っているオリンピック選手たちは、自分の夢の為にあの場にいるんです。その為に努力してきたんです。
夢が現実になりそうなくらい近い場所に立っている彼らに何か言う前に、彼らにもその空気を十分に楽しませてあげましょう!「負けてへらへらするな」とか「楽しみでいくな!」って言うのはやめましょうよ。彼らだって負けてヘラヘラ本当はしたくないでしょう、でも人前で悔しく泣きたくない人もいるでしょう。僕たちが彼らの為に犠牲を払ってきたわけじゃないんだから…。

僕は彼らが夢を現実にできるアノ場所にいるなら、好きにさせてあげたいです。彼らだって負ける為にあそこにいるわけじゃないんだから…。

人から聞いた話と、最近の報道を見ていて思った事を書きました。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-02-21 05:54 | Comments(9)

Scotty Cameron Newport

Scotty Cameron Stuido Stainless 303 Neoport Black Pearl
f0068901_16281463.jpg

f0068901_16282581.jpg

どうせなので順次クラブすべて見せます。今回はパターです。これは去年カリフォルニアのキャメロンの施設を訪れた時に作ってもらった一本です。市販と違い、構えやすくする為にラインを入れてもらったのと、フェースの先に『IN!』とサークルTを入れてもらいました。普通はイニシャルをいれるんだけど、ま、ちょっとシャレで。これは市販のもののヘッドと一緒です。ただスタジオで特にフェースがスクウェアになっているものを選んでもらい作りました。おけげで!?このパターで一年を通じ戦い初めてのシードも確保できました。今年も新たにパターを作るかもしれないけど、コレはいつでも使えるようにスタンバイにしておくつもりです。

Scottty Cameron Studio Stainless Newport 2 ProtoType Center-Shafted
f0068901_16285087.jpg

今現在練習で使用しています。これは以前に手に入れていましたが、当時は好きじゃなくバッグには入れてませんでした。なぜ今入れているか?去年一年の戦いで構えやらストロークに歪みがでてきていて、最後の方はパッティングが不調になっていました。センターシャフトのパターで構えやストロークの強制をしようと考え練習に使っています。が、けっこう好きです!構えやすいし、感触も悪くない…。今年はセンターシャフトでいくかも!今月末にカリフォルニアに行くので、センターシャフトの新しいものを作ってもらうかもしれません。ご期待を!

Scotty Cameron ?
f0068901_16291837.jpg

鑑賞してください、多くはかたりません、コレに関しては…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-02-16 16:30 | Clubs/Equipments | Comments(5)

・・Titleist 695MB・・

Titleist 695MB
f0068901_1482298.jpg

これが今年使用するニューアイアンです!もう雑誌等で見ている人もいるかも思います。まだ市場にはでてないんですよね?ここでじっくりと観察してください。顔はいままでのアイアンと比べても抜群にいいです!
f0068901_1521910.jpg

特徴は、いままでのものと比べてすこ〜しだけグースネックになっています。注意してみないとわからない程度ですが、ボールを捕まえられるイメージがでるの自然に安心感がでるでしょうね。
フェース側を見ると<695MB>でもわかる通り、<690 - 670>系の顔を受け継いでます。いままで<690 - 670>系を使ったことがある人なら違和感なく使えます。
全体的にヘッドは小さくはないですが、少しブレードが薄いです。一見ボールが上がりにくい?と感じるかもしれませんが、そんな事はないです。逆にいままでのクラブよりも上がります。僕もいままでは2〜3Iは<690CH>というクラブでしたが、ボールがあがるので全て統一して<695MB>を使うかもしれません。
f0068901_1583050.jpg

歴史的にプロの世界では、昔からブレードは<MIZUNO>のアイアンっていう風潮がありました。実際に良いクラブだし、いまでも世界のトップが使用するアイアンでは<MIZINO>は絶大な信頼を持っていると思います。でも、<Titleist>も追いついたと思います!機能とルックスを手にしたと思います、このアイアンで。しょうじき僕は一目惚れしましt。もちろん契約選手なんで悪いことは言いませんけど、このアイアンでかける悪いことはな〜にもないです。
会場でみかけてバックにこのクラブが入ってなかったら『嘘つき!』と言ってください。
では…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-02-16 02:03 | Clubs/Equipments

・・New Wedge for '06・・

届きました新しいウェッジ!!
僕はあまりクラブを新しくしたり、変えたりしない方なのでめったに新品のクラブを手にすることないです。(あくまでプロ選手としてです)ツアーの上位の選手などは、そのほとんどが常に細かい微調整やリシャフトやトライアルでシーズン中に10セットくらいかえる選手もざらにいると思います。それもプロとして、常に良いもの、自分に合ったものを求めて行く姿勢だと思います。中にはいろいろな考えの人間がいて、僕はその他の考えを持った方です。基本的には使ってるクラブを変えたくないです。これはアジアツアーなどをプレーするようになって変化しました。背景になるのは、日本や米国、欧州と違い常にメーカーのスタッフが待機していてクラブに関する全てのことをケアしてくれる状況と違い、予備のクラブさえ十分に携帯していけないアジアの国では、「これだ!」と決めたクラブのみ持って行き戦います。そのクラブを信用しないといけないし、使いこなせてないとダメです。これは手に馴染んでいるクラブを持っていなければできないことです。
また矛盾するように思うかもしれないけど、僕はクラブに関して非情な面も持っています。クラブは手に馴染むまで使うと言いましたが、何かがクラブに起きた時にすぐに替えのクラブを使えるようにも準備しています。それは「特別」なクラブを使わない!ことです。みんなも知ってると思いますが、プロは特別な削りをしたり、特別なシャフトカットをしたりとか、ものすごい細かい調整をしています。でも、何かあった時に、それらのクラブは手に入らないケースがあります。そんな時に、なるべく一般に近い普通のクラブを使っていれば、急な事故で他のクラブを使わないといけなくなっても、自分のフィーリングを壊さずにプレーしていけると考えるからです。手に馴染ませるけれども、過度な愛情を注いで「このクラブじゃなきゃ」みたいな執着ももたないようにしています。プロとして旅を続けるうえで、かならず何処かで何かが起きると考えないといけないので、自分のクラブを替えられる準備は必要です。

話は長くなりましたが、ウェッジに関しては僕も他のプロと一緒でちょっと特別な削りをしてもらっています。詳しくは教えられないけど…。見てのとおりTitleistのVokeyを使っているので、Mr.Vokeyさんの手で直接削ってもらっています。これはちょっと嬉しいです、やっぱり。

Titleist Vokey Spin Milled Wedge 52°&58°(×2)
f0068901_13263964.jpg
f0068901_13272439.jpg


『BITE』の文字よくないですか?「咬め!」ってことだけど、このウェッジは素性がよく、すでにスピンが効いているので、試合中では逆に効き過ぎで困る時があるかな。去年からでてきたこの『Spin Milled』モデルはほ〜んとよく止まります!特にラフから球の勢いを殺して止めることに関しては業界でもトップだと思います。このシリーズからヘッドの形もすこ〜し丸くなったので、開いて使ったりもしやすく構えやすくなりました。
また今月末にはカリフォルニアのタイトリストのファクトリーに行くので、現地で更に自分用のいい仕様を見つけて削ってもらおうと思います…言ってる事とやってる事違うじゃん!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-02-14 13:40 | Clubs/Equipments | Comments(2)

・・Necessary Things・・

僕にとって、ゴルファーとして必要なものです!
女性でこういう物を使っている人はたくさんいると思います、紫外線等から肌を守る為に。
でも、男でも必要だと思います。これから(たぶん)長いツアープロ生活で普通のゴルファー以上に大量の紫外線を浴びながらゴルフをするんだから。時には日に10時間以上、週に5日以上も真夏の紫外線を浴び続ける肌はやはり守るべきだと思います。
これはSunBlockではなくてゴルフをした後に肌に塗ってケアするものです。しょうじきこんな物って思ってました最初は…でもイイです。一回何のケアもせずにタイでゴルフに明け暮れてるとき、首の後ろ側が紫外線で焼かれ過ぎて象の皮のようになったことあるんです。気持悪いですよ〜。「ヤバい」って思いましたね、さすがに。すでに20年くらいゴルフをしてきて、更に10年以上も同じような生活を続けていったら…なるでしょ癌に。そうなってからじゃ遅いですからね。去年くらいから色々と探して使うようにしました。

ちょっと紹介します。

    Clarins: After Sun Moisturizer Ultra Hydrating
f0068901_429348.jpg


プレーが終ってシャワーした後に紫外線にさらされたトコに塗ります。焼かれた肌に水分を取り戻すものですね。詳しいことはわからないけど、コレを使うようになってから焼け過ぎで痛くなる事もないし、乾燥してしますことなくなりました。ちょっと刺激強めになるけど顔にも使ってます。香りも好きなので、コレをつけてちょっと昼寝してるとエステ(行ったことないけど)にいるようで気持よく休めます。

    
  Clinique: Happy For Men body and Hair Wash
f0068901_431854.jpg


コレって肌にいいのか?っていうかコレはコロンの代わりに使ってます。同名のコロンと同じ香りのボディシャンプーです。朝起きてシャワーの時が多いかな。アロマじゃないけど、これで体を洗っていくと気持がイイ!男も女もでかける前ってちょっと香りつけてくでしょ。それで少し違う自分になれるというか、演出できるみたいな。昔の武士も戦に行く時には香水を体につけて行ったというし…。そんなに大袈裟じゃないけど、ちょっとした香りがするといいですよ。
自分ではクリニークが今の流行りかな。そのうちに変わるかもしれないけど…次はCK Escapeのボディウォッシュにしよっと。


Biotherm Aquapower
f0068901_431346.jpg
コレは一押しです!女性物でもあります。メーカーの宣伝してるわけじゃないけど、すっげぇイイです。温泉のミネラル5000リッター分を凝縮した成分が入っているらしいです。香りは海のミネラルっぽいけどね。なんていえばいいんだろ?つけてみればすぐにわかると思う。ぜひどうぞ!


とりあえずコレらはかかせない旅の小物です。
特にここ数年常夏のアジアにも行っているので、ほぼ一年中夏みたいでしょ。もうかかせません。ホントは日焼け止めもいいものを使わないといけないんだけど、プレー中って汗をかいてそれをタオルで拭いちゃうと一緒に日焼け止めも落ちちゃうんだよね。だから焼けないようにっていうか焼けた後の処置のほうが大事かなって。でも、次は日焼け止め買わないとな。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-02-14 05:40 | Revues! | Comments(1)

・・Royal Thai Air Force Kantarat Golf Club・・

f0068901_2284351.jpg


今年はアジアツアーのQTも兼ねて年明けそうそうからタイでゴルフ合宿をしていました。
やはり暖かい所でのゴルフはいいですね!ちゃんと体も動くし。いつもはバンコクに滞在中はRamintraっていうところのSafariWorldの隣のLegacyGCで練習&ラウンドをさせてもらってます。ここはJackNicklaus設計のコースでうまくウォーターハザードを配置して戦略性の高いコースになっています。フェアウェーが柔らかいこともあり、ティーショットでボールが転がらないのでセカンドショットからの距離はけっこう残る事になります。風次第ですが10,14,16,18番のティーショットはプレッシャーがかかります。機会があったらプレーしてみてください!

じつはここで紹介したいのはLegacyじゃないんです…。
合宿中ではないんだけど、知り合いとプレーしたこのコースは凄いっす!
まえから見かけていて、いつかはプレーしたいと思っていたのが実現しました。
このコースの何が凄いって、バンコクのドンムアン空港の滑走路の間に存在しているんです!わかります?離陸と着陸の2本の滑走路の間にあるゴルフ場なんですよ。とくに難しいとか、綺麗だとかってわけじゃないけど、そこに存在している事自体が信じられないでしょ?タイならでは?

プレー中も凄いですよ、騒音が!当然だけど。だってすぐ20〜30m横には数分間隔で離着陸してる飛行機が時速数百キロで通り過ぎていくんだから。成田辺りで頭の上を通るからゴルフ場もうるさくて〜なんて言ってるのはカワイイです。僕も職業としてツアーでプレーしていると中にはちょっとした物音や話し声に敏感な人がいるけど、ダメです!このゴルフ場でプレーした思いました。そんなのただの言い訳だって。これだけうるさくたって十分集中してプレーできるから。ただ問題もありました…慣れてないせいもあるけど、飛んだり降りてくる飛行機が気になってずっと眺めてました。一緒の組の人の球を見てないもん。おかげで集中できてませんでした。プロ失格か…。

この写真は途中で滑走路の一部を横切らないといけない場所で、通過する飛行機が通り過ぎるのを待っている時に撮りました。ホントはこのゴルフ場の中から空港や飛行機を撮る事は禁止なんですが…記念に一枚撮らせてもらいました。ごめんなさい!ゴルフシューズを履いて滑走路を「急げ〜!」と叫ばれて走るのは、ここでしかできない経験だと思います。ぜひ機会を作ってプレーしてみてください。

最後に…ゴルフってどこででもできるんだって事がわかりました。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-02-14 00:27 | Traveler's | Comments(2)

<3PP> 臨時休業中だけ?じゃないかもしれません!

いらっしゃいませ!

近々、本店の<3PP>の方を一時閉鎖します。
その間?もしかしたらもっと長くなるかもしれませんが、こちらのブログの方へいらしてください。

随時更新して近況等を報告していきたいと思います。

来た時にはコメントでも残していってください。


Yoshinobu Tsukada

f0068901_1965849.jpg

[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-02-13 19:08