Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

カテゴリ:オフ・アメリカ編( 10 )

PHOENIX OPEN (3)

フェニックスオープンといえば観客動員数が半端ないことで有名!いつもは一日平均60.000人くらい入るらしい…ちょうどオレが行った最終日は前日夜からの雨と寒さで観客が少なくて45,000人だったらしい。少ないね…。それでも、寒さの中、有名な16番に朝から陣取ってビールを飲んでいい感じになっている人がかなりいたように思う。
その16番。
f0068901_14049.jpg

写真はちょうど最終組がいるところだね。この170yくらいのパー3、普通ならたいした事のないバーディーチャンスなんだろうけど、ギャラリーの醸し出す雰囲気と熱気に当てられるのか、グリーンを外す選手が結構多い。(ま、グリーンの形状が難しいというのもあるけれど)外した時の、ブーイングがもの凄い!ティーショットを打つ前から、酔った客がうるさくて集中するのさえ大変なのに…見てる方は楽しいけどね。
f0068901_1442021.jpg

小さなパー3を囲む独特のスタンドが作る、フェニックスオープンだけのものだね。あの騒ぎはゴルフのものじゃない。ベースボールとかフットボールと一緒だね。お祭り!来年はオレがマンデーから挑戦してみようかな。あの中でティーショット打ってみたいね。シャンクして大ブーイングを受けてみたいよ!な〜んてね。

そういえば、観客が煽って、キャディーがグリーンまで誰が早く来れるか競争させるんだ。重いバッグを担いで登り傾斜を走るキャディーの姿は笑える。ノリで走るキャディーのいいね。何からなにまで日本とは違うトーナメントだね。日本にもお祭りみたいにギャラリーも参加できるトーナメントがあってもいいよね。嫌がる選手はいるかもしれないけれど。年に一回のファンサービスだと思えば、ね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2010-03-04 01:51 | オフ・アメリカ編

PHOENIX OPEN (2)

フェニックスオープン、優勝したのは同じピン使いのHunter MAHANライダーカップでもプレーしている、若手軍団のうちの一人。キレのあるスウィングからピンをガンガンに攻めるタイプのボールストライカーだね。ちょっとアプローチに問題があるらしいけどね…。
f0068901_0103954.jpg

サイン貰っておいた!サインをねだる子供に混じってもらっておきました。初めて観戦にいったPGAの試合で同じピン使いが勝ったんだから。おめでとうメーハン!
f0068901_0143330.jpg

調べたところによると、彼のクラブスペックは:

Driver: PING RaptureV2
3wood: PING i15
Irons: PING S57
Wedge(L): PING EYE2
Putter: PING iWi D66

だったと思う。フェニックスオープンの週の火曜にはピンの本社へ来て、パッティングのフェッティングをして去年まで使っていたパターに戻したとのこと。インタビューのコメントでもピンのバックアップがあったからと言ってたね。PINGの地元での勝利!PINGもメーハンも、みんなハッピーだね。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2010-03-04 00:20 | オフ・アメリカ編

PHOENIX OPEN (1)

生フェニックスオープンを観て来た。ギャラリーの数が半端ない…しかもみんな酒飲んでいて、ブーイングも凄いし、音楽も流してるし、もう祭りだね。アレはアレでいいかも、選手は嫌だろうけどね。噂の生16番ホールは凄かった。完全にギャラリースタンドに囲まれていて、ベースボールスタジアムと一緒。グリーンの外した時のブーイングは恐ろしいね、オレは緊張して打てないわ、たぶん。打ったらシャンクするな…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2010-03-01 11:23 | オフ・アメリカ編

アリゾナへ

明日からアリゾナ州・フェニックスへ行きます。もちろんPING本社へ。クラブフィッティングや新しいAnserアイアンのテスト試打をするために。楽しみです。新しいクラブを受け取るのも、フィッティングも、Anserアイアンのテストも、そしてスコッツデール辺りのコースでプレーするのも。

そう、あとタコベルとIN&OUTに行くのも楽しみの一つかな。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2010-02-25 13:42 | オフ・アメリカ編

Leaving California....

ん〜長かったような、短かったようなカリフォルニア一週間。
いろいろ周って、ゴルフして、パームスプリングス行って、食べまくって、気がついたら帰る日になってたな。思い残しはのPUMAのお店で見かけたトレーニングシューズかな…。日本に無いモデルだったから余計に欲しかったよ。アレがあればかなりトレーニングやる気になってたかな? あ〜忘れられない。 その前にすでにのシルクシャツを3枚も買っていたから、節約しないとって思ってたんだよねぇ。最近は財布も無くしてるし…。 しょうがない(-_-)

と、いいつつ最後の最後に大きな買い物をしてしまった!
またエコノミーの13時間コースを考えて憂鬱だっただけに、心を揺すられた瞬間に即買いだった。サンフランシスコから成田の間を$550払ってビジネスにアップグレード!高かったのか、安かったのか。ま、自分の体の為に快適な10時間を買ったと思えば…。 久々のビジネスだったけど、確かに食事は大分いいし、サービスはもちろん、シートが広くてなにより苦痛がない。やっぱり海外はビジネスでしょう。 僕らも体が資本だから投資と考えていかないとダメなんだろうな。 いちいちエコノミー症候群になってたら仕事にならないもん。

ところでサンフランシスコの空港に着いたのが、昼過ぎ! そして国際線に乗り換えをして出発が13:20過ぎだったかな? ちょっと急がないとって感じの時間だったので、とりあえずターミナルを移動して国際線へ…。 チェックインは必要なかったので、荷物検査をへてゲートへ!

ゲート付近に着いたのが12:50くらい。

.......(・・;

アレッ(・・?

パスポートを見たら、イミグレーションの緑の紙が付いてる。

なんでだ(・・?  

あっ....(ー□ー;!!

入管通ってない!

ヤバッ

って入管見かけなかったよな?

いまから戻ったらフライト間に合わなねぇ〜どうしよ?

この時はマジ焦った!! このまま入管通過しないで帰ろうかって本気で思った。でも、そしたら二度とアメリカ入国できないんだろうなとも思ったけど。 また10万くらい払って乗るのも勘弁って感じで、一気に汗かきまくり。 その前になんで入管を通過しなかったのか不思議でまったく分からなかった。 普通は入管を通過しないとゲートまで来られないはずなんだけど…と、思ていたら。 挙動不審なオレを見つけて寄ってきた係の女性が教えて助けてくれました。

f0068901_13592454.jpg

US VISIT
って機会で、ゲートに降りて行く前に設置してあって、ここでセルフでパスポートを機械に入れて、両手の左右の人差し指をかざしておしまい! これでオンラインで個人情報を確認、本人がアメリカを離れるって事を確認。 その時のレシートです。巨大な携帯用のバーコードって感じ? 最近は進んでるよね〜こんな事を知らなかった自分がずいぶん年を取った感じがして、ゲート付近で挙動不審になっていた自分が恥ずかしい…。

こんな事件があって、ようやく乗り込み。ビジネスの快適なシートに包まれて帰ってきました。

追記: 意気揚々とトミーバハマのシャツ(半袖)を着てきたら、成田は雪と雨でした。寒かった…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-03-05 14:26 | オフ・アメリカ編

Day 6 at Valencia Golf Club

Valencia G.C. No.18
f0068901_1015547.jpg

すっごい綺麗なコースでした!

Valencia G.C. No.11
f0068901_10163034.jpg

来週にシニアツアーのが開催されるって事もあるけど、とにかく綺麗です。感動しました。 適度な傾斜があって、大小の木々にセパレートされたり導かれたりで作られる独特のレイアウトは戦略性あって、ゴルフの難しさがわかるように作られてます。芝も日本にはない洋芝でグリーンでは芝目が読めず…ラフではクラブが振り抜けず…プレーヤーを十分にいたぶってくれます。距離自体は短いこのコースでも、ショットのバリエーションと精度を要求するから簡単にいいスコアはでないと思います。 僕のスコアは想像してください…リベンジしにこないとって感じです。シニアとはいえ今度の試合はちょっと注目してます。どんなスコアになるんだろうなぁ?

この日一緒にプレーしたのはでもブログを持っている、ゴルフフォトグラファーの宮本さんです。ゴルフの腕前もそこそこですが、帰ってブログを見て、その素晴らしい写真の数々に驚きました! 僕が自分で撮って載せているものが恥ずかしい…。
さすがプロって感じ。逆行の写真なんてホント綺麗というか美しいです。あれに比べたらオレのなんてハンディもつかないくらいの代物だよ…。
ちょっとチェックしてみてください。

Taku Miyamoto Officaila Website: http://blog.golfdigest.co.jp/user/miyamoto/

この後は、ロス市内にある焼肉屋で食事を御馳走になりました! 宮本さん、ありがとうございました。またバレンシアでゴルフしましょう!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-03-04 10:21 | オフ・アメリカ編

Day 5 at 割烹『穂(すい)』

だぐあすさん、オーナーのまさるさんと…
f0068901_9355049.jpg

滞在中、だぐあすさんに連れられて2回ほど食べに行きました。チョー人気がある店なんですが、だぐあすさんのおけげで2回とも無事に食事にありつけました。なんでだろう、日本にいるのと雰囲気が同じなんだよね、すっごい落ち着くんです。もちろん料理は美味しいです! 嬉しい事に自家製のがんもどきとかニラのお浸しとか、ちょっとした物が美味しいんです。一人で行ってもカウンターに座れるし、僕も一人で近く住んでたら週に3回は通うと思います。 それにオーナーのまさるさんがオモシロい! この人の人柄でお客さんが来るっていうのもあるんじゃないのかな。気が利くし、話もオモシロくて退屈しなかったな。まさるさんは、プロの伊沢さんが日本ツアーにでる前にこのカリフォルニアで修行中している時に知り合って、ずっと面倒を見てきたそうです。いつも伊沢さん関係のゴルフシャツを来て店にたっているのがカワイイです。しばらく伊沢さんがアメリカに来てないから寂しいんだろうなぁ、きっと。

もし近くを訪れたらどうぞ割烹穂まで!
Address: 20070 Santa Ana Ave. Santa Ana Heights, CA 92707
Tel: (714)429 0141
平日でも予約を入れないと入れないかもしれないから、予約を入れてからどうぞ。

最後の日に帰り際に「ばってら寿司」を握ってもらって帰りの空港で食べましたが、美味かった。こんなものが行く先々で食べられたら、旅の長さは感じなくなるんだろうな。海外でほとんど日本食を食べない僕が美味いと感じるくらいだから、ホントに美味しいですよ。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-03-04 09:52 | オフ・アメリカ編

Day 4 at Silver Rock Golf Club

この日は午前中はまたPGA Westで球打ち。午後からは近所の新しくできたコースでラウンドでした。谷原、谷タク、オレ、だぐあすの4人で。

新しくまだ木も大きくなくて見渡しがよかったな。どうせ木は大きくなってもたかが知れてる思うけど…砂漠の中だもん。新しいだけあってクラブハウスは小さめでお洒落でした。

Silver Rock G.C.
f0068901_8123183.jpg

いい感じでしょ? メンテナンスもしっかりしていて新しいコース特有の芝の張り跡とかもないし。それだけでもやる気がでるっていうか、嬉しいよね。もう十分トーナメントできるよって感じです。
ところでこのコースの何が凄いって…距離が凄い!まず見てください。
f0068901_8184118.jpg

一番後ろのティーからでなんと7578Yありました。 えっ?って感じですよ。 幸いこの日は風が強くなかったらから良かったけど、砂漠特有の強風が吹いたらどうなるんでしょうね。この日のスコアは確か72くらいだったけど、この日に一番嬉しかったのはなんと言っても15番パー4(525Y)でセカンドを6アイアンで届いたことかな。残りがピンまで195ヤードでした。どう、凄いでしょ? その後が悪くて、右に外したショットから、アプローチが寄らずになんとか7mくらいのパットを沈めてなんとかパー! 今年はトーナメントでこんな面倒なパーは取らないようにしたいですね。
それにしても長いよねぇ。言っておきます、普通の人がきて一番後ろからプレーしてのオモシロくもなんともないと思います。だって届かないもん。池もたくさんあるしバンカーもメチャあるし。 やっぱりゴルフは自分にあった距離で楽しむものなんですね、だからティーがたくさんあるんだし。
関係ないけど、今年のUS PGA Tourは凄いですよね。新人を含めてドライビングディスタンスの上位が揃って320ヤード以上試合で飛んでますからね。異常です! これがもしかしたら新しい世代のゴルフなのかも。 飛んで当たり前、飛んで曲がるって時代はもう過去なんだろうな、たぶん。タイトリストの新しいドライバーも曲がらないし(昔は曲げられるクラブが良しとされてきたけど、もう違う時代です)、これからは飛ばす事がまず必要な時代になったようです。僕もまだ飛距離は伸ばしたいし、またそれを使いこなして戦わないとね。ということで、バカデカイ肉食って、トレーニングして飛ばさないと! あと日本にも欲しいですね、こんな距離のコース。

No.11
f0068901_8324297.jpg

お気に入りのショット!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-03-04 08:38 | オフ・アメリカ編

Day 3 at Night....

やっぱりアメリカに勝てないんじゃないかって思うような理由を見つけてしまいました…。

この日の夜は谷タクがオススメの全米でも屈指のステーキハウスへ!
隠居した金持ちが集まるこのパームスプリングス、それなりのお店があるんですね。

LG's Stake House
f0068901_733222.jpg

なかなか良かったです。 昔の僕の記憶と照らし合わすと、雰囲気といい店のサービスといい、田舎で暮らしていた僕の知っているアメリカのレストランじゃないです。 ビックリ(*。*)y
店内はお洒落でした。値段もそれなりなんだろうけど、近所にあったら週一くらいは食べに来たいなった感じかな。焼肉もいいけど、たまにはステーキっていいよね。
予約時間よりも少し早く着いたので、ちょっとバーで食前酒としてビールを…。いちおうココもドレスコードがあって、サンダル履いて来たり、襟無しシャツは着れないんですよ。 僕は来る時にサンフランシスコの空港内で見つけた<Tommy Bahama>のシャツを着てみました。どうですか? 派手過ぎ?

LG's Menu
f0068901_7293073.jpg

ステーキハウスってだけあって肉にはこだわってますね。しょうじき日本じゃ見られないようなメニューもたくさん…。 この日に5人で頼んだステーキは4皿。『Gold Strike』『Jewel in the crown』『Rib Eye Stake』で4皿。 

オ〜凄いっ
 
食えねぇ〜こんなの

ホントに食べるの?

Gold Strike 49er 30pounds!
f0068901_743410.jpg

見た事ねぇ〜ってくらいでかいです。 見た瞬間は口聞けませんでした、マジで。 だってホントにデカイいんだもん。 分厚いし。 食ってわかったけど、脂もたくさんあるんだよね、ニギリ拳くらいのくっついてたもん。 これも好きで食べるアメリカ人いるんだろうな。ありえん…。
他のリブアイとかも負けずにでかい!みんなで切って分けて食べたけど、死ぬかと思うほど腹が一杯になった。前菜でエスカルゴとか食べたけど、アレいらなかったよ。 余計な物食べなきゃよかった。
f0068901_754080.jpg

思ったんだけど、こんなステーキを食ってる人達って体デカイの当たり前だよね。また、その子供達も同じもの食って生きて来てるんでさ、だんだん体大きくなるよね。 それに比べたら日本人がスポーツやってなかなかアメリカ人に勝てないの当たり前じゃないですか? いまは体が大きいから動きが鈍いっていうのは、昔の話でしょ。 体が大きくて足が長くて手も長くて…どうしろっていうんだよ、こんなの相手に勝つなんて!? と思ってしまいました。
そんなんだから、このステーキも自分の分はしっかり食べきったし、最近食べ過ぎで体がデカクなってきたけど「いいんじゃない?」って感じでなんか気が楽になった(笑)でも、ダイエット派必要かな。

それにしても好き嫌いは別にして、車デカイ、家デカイ、体デカイ、食い物デカイ、ついでに言う事もデカイ…アメリカ人て凄いよね。

おまけで食って体力を消耗して気を失ってるとこ。
f0068901_7582257.jpg

帰った直後に10分もせずに死んでしまったようです。 食い過ぎ?

アメリカに勝てないんじゃないかって思っていたけど、ステーキを食い尽くしたので満足、いちおう負けてないってことになりました。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-03-04 08:06 | オフ・アメリカ編

Day 3 at Palm Springs

PGA West Stadium Course Driving Range
f0068901_551554.jpg

パームリゾートってゴルファーには最高っすね!まわりはゴルフ場だらけ、練習場も広いし、気候もいいし。ホント最高!

前日にボーケイさんの所に同じ契約先の谷口拓也と大学時代の一年先輩の谷原秀人がやってきて合流、そのまま彼らが合宿中のパームスプリングスへ…。
着いたのが夜だったから分からなかったけど、朝起きてビックリ!雲一つない天気の上に借りているコンドーの前がすでにゴルフ場(PGA West Stadium Course)で、こんな綺麗なコースが自分の庭みたいなんて、すでにゴルフを練習する気モードに点火って感じです。
10時過ぎに一緒にパームに来たT社エージェントのだぐあす氏と、PGA West Stadium Courseのドライビングレンジで「〜all day long!!」の練習開始!日本のツアーで一番大きい練習施設を持つ石岡GCのものよりもまだ大きく、普段から一般営業中でも芝の上からボールが打てる環境に驚きと嫉妬を感じました。しかもショップで「You can hit balls all day long!」と言われ更にショック…たったの$20で芝の上から一日中好きなだけ練習できるなんて、なんて贅沢な!って感じでしょ? これが普通なアメリカは大きいです。 まだ勝てないよね。

この日の練習の目的は、すでに進めているスウィング改造の方向性を確認して、ま、課題の練習ですね。それとメインはなんと言っても組んだばっかりの新しいドライバーの試打。もちろん<905R>です。 とりあえず工場でロフト8.5と9.5を選んでおきました。初打ちからけっこう良い感触!飛んでるんじゃないかって思える弾道を確認。 いままでは巨大な460CCクラスのヘッドを打った事はなかったけど、しょうじき毛嫌いしてました。 だけど、その考えを改めないといけないような結果に…。 僕が言うのも営業っぽいですが、この<905R>って良いですよ。デカヘッド特有の球の吹け上がりが無いばかりか、逆に強い弾道で飛んで行くんですから。 ウソじゃないです! <905R>を1球打った瞬間から<905S>はその勤めを終わりました。去年初めてのシード権獲得に貢献してくれましたが、次世代のクラブにその地位を譲る時期がきたようです…ご苦労さまでした。しょうがないです、僕も上を目指すにはそれに相応しいギアを使わないとね。道具、自分自身と全てで他人を上回って行かないと人の上には行けないですから。

Titleist 905R 8.5°Loft
f0068901_6445272.jpg

詳しいスペックは次の機会に紹介します。

ここで関心したのが、じつは練習場のすぐ裏にクラブの調整などしてくれるバンがあることです。打ちながら調整できるってプロの試合みたいですよね。
f0068901_6523136.jpg


このってU.S. PGA Tourが持ってるんですよね。 がんばって日本のツアーもこんな施設を所有して欲しいもんです。いつでもプロが練習できる場所として、そしてアマチュアがくれば一緒にラウンドしたり練習したりできればいいのに…まだずっと先の夢みたいなもんなんだろうな。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-03-04 06:59 | オフ・アメリカ編