Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

カテゴリ:Traveler's( 456 )

記録

f0068901_1031051.jpg


いつもいつも、なんの記録も取らずにいるので、正確な事を忘れてしまう。ホールインワンも確か7回目だと思う。記憶って曖昧になるよね。これからは忘れないようにいろんな事を記録しておこうと思う。

写真は今年のアジアンツアーのクイーンズカップの時のモノ。去年迄は、このホールにレクサスの車が副賞で置いてあったのだけれども、今年から5番ホールへ変わった…。せめてスポンサーでもあるバンコクエアウェイズから、チケットくらいくれるかなと思ったら、結局何も貰えなかった(笑)悲しい。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2012-08-08 09:55 | Traveler's | Comments(1)

歩く男

2012年シーズンからアジアンツアー賞金王の肩書きと共に日本ツアーに新たに参戦してきた、フィリピンのジュービック・パグンサン。昨年は未勝利ながらシンガポール・オープンで2位となる。惜しくもプレーオフで破れたものの66万ドルを稼ぎ、アジアンツアーの賞金王になった。身体は小さいけれど、ドライバーの飛距離はかなりのもの。現時点でのアベレージは290ヤードを超えてトップ10に入るほど。ついこの間の日本プロ選手権の練習日に後ろの組をプレーしていたジュービック。振り返る度に、ジュービックのティーショットの距離に正直驚いた。
これは市原コウダイに聞いた話だけど。ジュービックは昨年、目標をシンガポール・オープン1本に絞り、それに向けて練習とトレーニングをしていたとのこと。大好きだったお酒も断っていたらしい。フェルナンデス・カスタノとのプレーオフに破れ勝利こそ逃したものの、努力は実りアジアンツアーの賞金王になったジュービックにはオメデトウと言いたい。日本ツアーでも頑張って欲しいと思う。フランキー・ミノザの後に続くフィリピンのプレーヤーとして。

今週のとおとうみ浜松オープン、たまたまジュービックと宿が一緒だった。コースから約7kmほど離れた弁天島駅の近くのホテルに泊まっていた。コースまでは車でほんの10分ほどの距離で便利な場所だった。しかし毎日ジュービックは、コースの行き帰り、その道のりを歩いていた!たまたまプラポールと亮平が行きがけに見つけて「乗っていくか?」と声を掛けたら、トレーニングで歩いているんだと言って、競歩並のスピードで歩いていったらしい。もう10年くらいツアーにいるけれど、トレーニングの一環とはいえ、コースとの往復を歩いているプレーヤーをみたことがない。スゴいとしか言いようがない。ジュービックのプロとしての意識の高さを感じる。

自分の目標を達成する為に、自分の決めたことをやり続ける。じつは簡単なようで難しいよね。ジュービックは、努力すれば報われるということを身をもって知り、それが自信になりさらに努力しているんだろうね。ツアーへ観戦に行くことがあるならば、こんなプレーヤーもいるんだと、ちょっと観てあげて欲しい。

ちなみにジュービックのエース・パターはPING ANSER。もう18年以上も使っていると言っていた。古いブロンズのアンサー。なんかちょっと嬉しかった。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2012-05-19 15:24 | Traveler's | Comments(4)

アジアンツアーとキャディー

f0068901_9295870.jpg


『Asian Tour QS Result』

残念ながらアジアンツアーQSの結果は61位だった。悔しいけれど、これが現実。こんなはずでは…という思いもあるけれど、これが実力だな。年々レベルがアップしてきているアジアンツアー、そしてそこに参加する選手のレベルアップにもおいていかれてるってことだと思う。

終ったことだし、もう前を向いて行こう。向上心!

写真はアジアで僕のキャディーをしてくれている INTHIRAN 君です。君付けで呼んだけど、歳は知らない。元々は彼の友達がキャディーをしてくれていたんだけど、いつの間にか彼になって、それが定着してしまった。たぶん二人の間では話がついているんだと思う。よく分からないけど、飲み屋で女がどちらの客か取り合いするより、男の話し合いの方がすんなりいくような気がする。
彼は、いつもオレを「ボス!」と呼ぶ。朝もコースに早くから来てずっとオレを待っている。アジアの試合のエントリーが決まると、名前を見つけてすぐにメールがくる。「キャディーは空いてるか?」って。そんなに稼ぐ選手じゃないオレなのに、いつも待っていてくれる。嬉しいことだ。仕事も真面目で、ラウンド中もずっとオレを励ましてくれる。ガッカリした顔はいっさい見せない。たいしたもんだと思う。ただ…ちょくちょく足し算を間違ってしまうことがあるから、ヤーデージ計算は注意して見てないと危ない(笑)
いつも2日目が終ったくらいに、お小遣いをあげる。友達とビールでも飲めよ!って。でもモスリムなのでお酒は飲まない。彼は自称「ヘビースモーカー」なので、たぶんお金はタバコ代になっているのだと思う。
今回も別れ際に「たぶん小さい試合は出られるかもしれないよ、ボス…」と言われた。「名前見つけたらメールするよ」って。彼が引退するまで、オレも引退できないな…。

で、一体何歳なのだろうか?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2012-01-23 09:46 | Traveler's | Comments(5)

ターゲット!

ラウンジで暇なついでに『JGTO』のサイトで自分のツアーでの通算成績を覗いてみた。ちょっと前に誰かに指摘されたんだけど、こんなオレでも ¥93,958,590- 稼いでいた。嬉しいけど…その金はいったい何処へいったんだ? 不思議だ。

それはいいとして。今年は目標の一つに。通算成績の一つでもいいから更新することを加えようと思う。勝利数もそうだし(未勝利だからね)最小スコアでも、最小パット数でも。もう42歳だけど、上を見ていかないと。何も成し遂げてないのに落ちてはいけない。

もうツアー止めた!っていう時までに、あと3億円くらいは稼ぎたいね(笑)










http://www.jgto.org/jgto/WO05020500Tour.do?playerCd=2402&playerKbnCd=0
[PR]
by yoshi_tsukada | 2012-01-10 23:50 | Traveler's | Comments(6)

シーズンイン

いつもここに来ると出発前の時間を使ってブログを書いている気がする。いま羽田空港国際線ターミナルのラウンジにいる。軽くビールを飲みながら、スナックとかをつまんでいる。これからバンコクへ向けて24:30の深夜便で飛ぶ。来週18日から始まるアジアンツアーのクオリファイに出る為に。そうもうシーズンインだね。十分に休みが取れたか?2012年シーズンへ向けて準備はできたか? 『NO』いずれの応えも。まだ休めてないし、準備もできてない。そんなもんなんだと思う。人生だってそうでしょ?何かを終えて、何かを始める時って、しっかり準備できてるようでできてないでしょ?(オレだけか?)ある程度の事は、始まってから現場でどうにか対応していくものだと僕は思っている。それか常にオンとオフを区切らずに備えておくか。

プロとしてどうなのか?間違いなく100点な対応ではないと思う。そこが2流な所以と言われれば認めざるをえない(笑) 早く1流になれるように努力します。

なんだかんだ御託並べてもシーズンインしてしまうので、クオリファイも結果残してきます。最低限プロは結果残さなきゃ何を言ってもただの言い訳だし…。結果がでないのは所詮それだけの実力だということだし。

じつはこんなことを書くのも、毎年シーズンが始まる時って、色々と考えることがあるし、プレッシャーも感じてるんです。ポジティブに!なんて口では言いながら、心では全く逆の事を考えていたりもする。「今年は稼げるのか…?」長い冬に何度も自分に問いかける言葉。こんな事が頭に少しでも浮かんでしまうのはまだまだ未熟なんだな。頑張らないと。

それでは行ってきます!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2012-01-10 23:37 | Traveler's | Comments(2)

2011 QT Final Stage


『Qualifying Tournament 2011』

QTファイナルが終りました。結果は33位となり過去の状況を参考にすると来年は開幕戦から出場できる可能性が高いと思う。自分なりの最低ラインはクリアしたようなので少しホッとしている。

これからはアジアの事も含めて来年ツアーで戦える準備をしていこうと思う。取り組む課題も少なくないし、このオフはいままでと違う取り組みをしてみうようと考えている。

ある意味、自分をシュミレーションゲームのキャラに見立てて、トレーニングメニューやら能力アップを目指してみるのも楽しいかもしれない。

最後に。心配をかけた方々には感謝の気持ちを伝えたいと思う。ヒヤヒヤドキドキしながらQTの結果を毎日チェックしていたことと思う。応援ありがとうございました。来シーズンはもっと上手く強くなっていたいと思う。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-12-09 00:38 | Traveler's | Comments(7)

TRY AGAIN

f0068901_22141635.jpg


今年のカシオワールドは熱い試合だった。初優勝に片手をかけて最終日を戦った宮里優作も熱かったと思うけど、裏のシード争いも例年になく熱かった。金額も例年になく高かったし、最後の試合でシードラインにギリギリ選手のほとんどが予選を通り、最後まで誰がシードランキングに入るのか分からなかった。自分も途中までは圏内にいたんだけどね(笑)

もう知っているかとも思いますが、シード復活と初優勝をかけて戦った今シーズンでしたが、どちらも叶う事なく終わりました。せめて最低でもシード権は確保したかったのですが…。今シーズンは¥13,505,932- を稼ぎランキング74位となり、来年のツアーに出る為にファイナルQTへ行く事になりました。

もう一回やり直しです。

結果が出せなかったのは不運なわけではなく自分のゴルフの今の成績がこうだという事。足りないものがあったからの順位でり、嘆くこともないし、文句もいうつもりもない。今年一年掛かっても克服できなかった幾つかの課題が残っている。その結果のこの順位なのだから、自分では納得している。一つでも課題を克服できていたら、間違いなくシードは獲れていただろうし、優勝争いもできていたかもしれない。たぶんね。

と言うことで、来週のファイナルQTからTRY AGAIN!

初シードを決めた冨山聡にはおめでとう!と言いたい。人任せではなく、最後に自分で掴み取ったシード(カシオワールド4位タイ)は価値があると思う。素晴らしい。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-11-28 06:17 | Traveler's | Comments(12)

最終戦の高知へ向かう

f0068901_1555331.jpg


いま羽田空港のラウンジにいる。今年も国内線を乗り継いで試合へ向かうのもコレが最後になる。早いものだ。意外に好調だった春先を過ぎて、夏の北海道から苦しいゴルフになったなぁともがいていたら、もう最終戦のカシオワールドに向かう自分がいる。ヤレることはやろうと努力はしてきたつもりだから後悔はないけれど、やはりもう少し試合に出たかったなぁとは思う。しかし、コレだけはQTからシード選手へと上のステージへ登らないと無理な話。そしてシードを獲るかどうかが、カシオワールドで決まる。今年も結局最後のカシオワールドが1番大事な試合になった。

ま、結果はどうなるかはわからないけれど、自分が何をすればいいのかは分かっている。上手くいかなかった時もどうなるかは分かっている(笑)緊張はするだろうけど、不安はない。

カシオでは、シード復活も大事な目標だけれど、長い長いオフシーズン(約4ヶ月)の間の生活費を稼ぐという、もっと大事な仕事がある。じつはこっちの方がシリアスな問題かも。4ヶ月も収入がないと考えると怖いよね…。

と、毎年の事だけれど、カシオワールドへ向かう時にはいつも色々と考えることがあるんだ。

それらを全て背負っての一打、1mのパットはシビれるよ!ホントに。最近は少し楽しめる様にはなってきたけどね(笑)できるなら味わいたくないことだね。

では!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-11-20 15:33 | Traveler's | Comments(19)

3rd Stage

ツアー終盤の花形となる試合の一つ、太平洋VISAマスターズが行われている裏で来年のツアー出場権を得る為のクオリファイング・トーナメントの3rdステージが行われた。静ヒルズカントリークラブ(茨城)、ホウライカントリー倶楽部(栃木)、富士カントリー可児クラブ 可児ゴルフ場 志野コース(岐阜)の3コースで行われた。

『JGTO 3rd Stage Qualifying Tournament 2012』


過去に3rdステージを経験してきた(今でもオレ自身ほぼ毎年クオリファイングにはでていますが…)者から言わせてもらうと、12月に行われるファイナル・ステージよりも3rdの方がプレッシャーがかかると思う。何故ならば3rdで落ちてしまうということは、ほぼ来年度のツアーの試合に出場できる権利がなくなってしまうから。要は仕事がない!ということ。説明しなくても生活を賭けてゴルフをしているプレーヤーにどれだけのプレッシャーがかかっているか理解してもらえると思う。

ツアーと違い日の目を見ない場所のことなので、選手のストーリーは聞こえてきません。だけど学生を終えてツアーを目指す若いプレーヤーから、ベテランとしての復帰を賭けたプレーヤーまで、クオリファイングに参加する選手は多様です。それぞれに希望と不安を抱えて戦っています。同じツアーを目指すプレーヤーとして、毎年この3rdステージの結果を見るのは辛いです。しかし競争世界であるプロゴルフツアーで生きる以上、自分のスコアの1打1打がカウントされ順位をつけられることはしょうがないこと。それを分かって身を投げてきた世界なんだから。オレ自身にだって、ちょっとした怠慢や怪我などで落ちていってしまうことだってある。「停滞」という言葉はプロの世界にはないと思う。一生懸命にやって変われなかった事はあると思う。しかし「現状」でいいと思った瞬間に落ちていくと思う。常に上を目指して、そして自分を極めていかないと、生き残れないと思う。

暗いことばかり書いてしまったけれど…。

人生は終わってみなければ分からない事は多いと思う。じつは停滞やもしかして後退に思えたことでも、違う道を選ぶことや、ちょっと腰を下ろして休むだけでも、その後に好転していくことだってある。世界は広い。一時的に不本意ながらツアーから遠ざかっていた人間が力を付け直して戻ってきた例だって多々ある。それはツアーから離れたからこそ力を付けられたと言える例もある。ようは人間考え方次第。(補足として「力をつける」というのは、金銭的にも実力的にもという2つの意味を含む。)自分が向いている方向の先にゴールがあると思えれば…。地球は丸い、裏からでも横からでもゴールは目指せるはず(笑)アジアもある、アメリカだっていいし、休憩して力つけたっていいし。

頑張ろうぜ!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-11-12 12:30 | Traveler's | Comments(3)

ちょっとしたホリデー

シンガポールをでてタイのバンコクへ飛んだ。洪水が拡大して被害も広がっている模様。完全に水が引くのはまだ2ヶ月くらいはかかるのじゃないかな。そんな中でも、2日間ほど身のある練習ができた。ABCマンデー後に東京神田のアナライズを訪れて、ちょっとした改造をスウィングに施した。その改造がいい兆しとなって現れてきている。これから日本へ帰るけれども、この『いい感じ』を続けられるといいね。

とりあえず帰国後、火曜日に御殿場へ行き。太平洋VISAマスターズのウェイティングへ行く。もし出場できない場合は1週明けてのカシオワールドオープンが今年の日本での最終戦となる。もちろんシードはちゃんと獲るよ!

この空き週を使って、PINGのスタッフに頼んでパッティングのフィッティングをしようかと思っている。まだ連絡してないけど。お願いします。

では!

タイ空港のラウンジより

そしてタイが洪水の被害から早く立ち直りますように!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2011-11-07 01:16 | Traveler's | Comments(1)