Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

最終戦 カシオワールド オープン

いつだって気がつくと時間の過ぎる早さにビックリさせられる。この時期、もう何年だ?毎年のように、シーズン半ばにクリアしているであろう自分の予測を遥かに下回る成績で迎える最終戦。その年の成績の最後の尻拭いをしようとやっきになっているような気がする。今は違うかな。僕だけに限らず全ての選手が獲得賞金によってランキングを決められる。ランキングが存在しているってことはトップもいればビリもいる。例え1円差でも順位は変わる。辛いけどこれが現実。そして飛ぶ人、アイアンが上手い人、パッティングが上手い人、誰にでも平等です。誰でも人よりもいいスコアをだした人が上になる。今年も例年にもれず、ちゃんとシード権争いは始まっています。ボーダーライン上、その前後にいる人は辛いでしょう。僕も経験があるからわかる。こんな事を書いているけど、僕も(現時点では83位、順位としてみるとかなり圏外)だけど、けっして届かないような位置ではないかな。

Tigerさんが計算してくれたものがあります。
『最低条件を計算しときました。
単独5位以上→OK
3位タイ(9人まで)→OK
4位タイ(5人まで)→OK
5位タイ(2人まで)→OK』

たぶん、こんな感じなのでしょう。他の人のスコアも関係してくるので、なんともいえないけど。
Tigerさん、ありがとうございます。しかし、僕もこの数字を相手にゴルフをするわけではなく。コースを相手に戦います。今更いうのもなんだけど、ショットの調子はいいです。少なくてもここ4ヶ月くらいで一番だと思う。(パッティングがまだ…だけど。)ある意味、今週は自分に期待してる部分もある。どこまでできるのか、ね。後は調子がいいはず?の自分のゴルフを楽しみたいね、久々に。

テレビや雑誌では決してわからないと思うけど、このシード争いってホントに辛いです。みんな寝てる時以外は、この事が頭から離れないんじゃないかな。もっと前にどうにかできていたんじゃないの?と言われれば、何も言い返せないけど。みんな最後まで、どうにかできるんじゃないかと頑張るんです。特に苦しいのは、シードを持っていて失う立場におかれている人。言ってしまえば、シードを取ったからって来年活躍できる保証なんてないです。優勝できるともかぎらない。逆にシードを取れずに、QTから上がってきて勝つことだって可能だと思う。でも現場の人間はそうは考えられない、だからみんな苦しいんだ。

マラソンもトップを走るランナーの素晴らしい走りを見て感動もするけど、足を引きずりながらでも、何時間かかっても最後まで諦めずにゴールを目指すランナーを見ても感動しないですか?「がんばれよ!」っていっちゃうでしょ?
もし最終戦を観戦にくるチャンスがあるなら、そんなシード権を争っている選手もチェックしてみはどうでしょう?(僕を応援してくれと言っているわけじゃありませんので!)優勝争いとはまた違った真剣なプレーが見られると思います。きっとファンになりたいと思う選手もなかにはいるかも!?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-11-25 23:16 | Traveler's | Comments(2)
Commented by ささみ at 2008-11-26 21:06 x
自分を信じて、ラウンドして下さい!!!
来年は、塚田プロの組について18h、見てまわりたい(*^_^*)
ささみの願いです(^_^)v

Commented by Keihoku Ski at 2008-11-27 15:14 x
寒いかも知れないけど、がんばって!!美味しい酒飲もう!