Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

また走り始めます!

やっと良くなりました。長かったな…歳をとったということか?それとも長年の疲れがそれだけ溜まっているのか?改めて体調管理の大事さを感じたし、人間元気がなければ何もできないということを痛感した。「気力、体力〜」というけれど、まず「体力」があって「気力」のような気がする。力のない体に「気」はやどらない!と思う。

ちょっと昔を思い出した。まだ高校生や大学生だった時代。当時の憧れだった世界のプロの試合をテレビにかじりついて観ていたっけ。セベ・バレステロス、この人を見てプロになろうと思った。なんだかわからなかったけど、規格外とういか想像を絶するイマジネーションを駆使してコースを攻めるゴルフはただ単に圧巻だった。そして同郷のオラザバル(まだ現役です)彼も巧みなアイアンコントロールでピンを攻めるのは凄かった。超がつくほど長いファイアストーンのコースを4日間アイアンのみで攻め倒したのはピュアの一言。そして大好きだったベルンハルト・ランガー、彼の(なぜか?)スウィングが好きで練習場で真似していたっけなぁ。この人達って当時は完全にゴルフ後進国から現れて一気に世界のトップまで上り詰めた天才や努力の人達だった。なんか魅力的だった。ホントにカッコいいと思っていた。
日本ってこれらの国に比べたらゴルフ後進国ではない。だけど真の意味で世界を上りつめたり、できそうな人はいなかった。だけど、もうそろそろ時代は変わってくるのかもね。タイガーがツアーで初優勝の時にラスベガスで、デービス・ラブを破ったように石川遼が深堀さんを倒して優勝を勝ち取った。(アマ時代に勝ってはいるけど、僕はこれが彼にとってもっと価値がある優勝だと思う)もしかしたら今の時代の僕らは、念願だった日本人が世界とホントにガチンコで戦える!っていう場面に遭遇できるかもしれない。彼は、確かに今までの若くて勢いがあってプロに殴り込んできた奴らとは違うと思う。楽しみだね。一人のゴルフの好きな日本人としては、優勝候補の一人に名前が挙げられる日本人を見てみたいよね。果たして石川遼はそこまでいけるのか?そして魅力的な選手になって欲しいね。
同じプロとしての立場からだと、ちょっとショックだね。彼の優勝にではなくて自分の不甲斐なさにね。まるで後退してしまったような気分にさせられるからね。しょうがないか。オレはオレのペースで、目的地を目指すよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

色々とコメントありがとうございます。世の中にはたくさんゴルフが好きな人がいるようですね、僕も含めて。それが大事ですね。いい意味で盛り上がって行きたいですね。
それと僕が思うに人生人それぞれであって、僕は人をみて羨んだりしてはダメだと思う。最後に「しょうがない」と書きましたが、諦めた気持ちを書いたわけではありません。あんな活躍ができていいな、でも羨んではいけないという自戒の意味で書きました。羨むでのではなくて自分の道を行こうという事です。僕にとってゴルフは人生そのものです、諦めるということは人生諦めるってこと。人生諦めるには、あまりにも楽しいことやオモシロい事がたくさんあるような気がするのは僕だけでしょうか?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-11-03 12:43 | Traveler's | Comments(5)
Commented by サワデ~ィカ at 2008-11-03 15:57 x
塚田プロは、世界のプロをみて、プロをめざしたんですね。そういうのは、やはりだいじなんですね。目標にする人がいてああいう風になりたいと、努力すること。改めてかんがえました。今も、いままでも、そういう人がいなかったな。謙虚でないのかな?いいところは、自分に吸収したいとおもいましたが。石川君はほんとすごいですね。地元だったので、観戦にいってしまいました。16番のバーディーパットは鳥肌がたちました。18番の
2打目左の山のラフから、前傾姿勢から、ウッズならねらうよね、とグリーンに打ったんですね。池のおちても、ウオーターショットすればいいって、ねらったんですね。全部水に沈んでいればバンカーショットのようにすればいいと、おもっていたんだそうです。ここで、プロを目指していた息子が、ウオーターショットって、プロは練習してるんかな?と素朴な質問をしていましたが、どうなんですか?
Commented by サワデーカ at 2008-11-03 16:31 x
しかし、石川君もすごかったけど、深堀さんもすてきでした。あの大ギャラリーで、どよめきとカメラのシャッターの音写したら深堀さんが、パターのときでも、カメラマンが動いて迷惑だったとおもいますが、いやな顔せずプレーを、冷静に続ける精神力実力者ですね。負けた時も遼くんに実力で勝ったんだから、自信をもってとメセージを残し飛行機で帰られたそうです。どよめきで、ほかのホールでパットの調子を崩したプロもいました。プラポール選手と亮平さんも、いましたよ。しかし、石川君は、運がいいし、努力もしていると思います。アマチュアで、優勝した時、私たちねらボランテァで、いってました。土曜日から、いってましたが、その日は雷と雨で中断が多く次の日曜日に36ホール回ることになって、やはり、体力がある高校生には、ラッキーだったし、ねらってたんでしょうね。塚田プロのブログにのっていたハニカミ王子カレーやサンも素朴な家族とお嫁さんとでやってるかれーやさんでしたが、恩敬をうけたでしょうね。経済効果もすごいですね。しかし、人間ピークって、なんかいかあるとおもうんです。石川君が今なら早く今のうち世界に挑戦したほうがいいとおもいますよね。現実的ですかね。
Commented at 2008-11-03 17:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 成田南 at 2008-11-03 17:06 x
若い時の回復が早いイメージを中々払拭できないでしょうが、
体力・体調管理が必要になってきているのですね。

懐かしい名前です、バレステロスにはTV視聴者レッスン番組で
直接指導を受けた事を思い出しました。(名神八日市CC、ダンロップ
髭の大西さん、スケートの渡部絵美さん司会)

気になるのがブログの最後、負け犬 とは言いませんが、
”仕方ないか” と諦めるのは如何なものでしょうか。
プロの実力差はほんの僅かな差?違いは ”気力” ではないでしょうか。
無理する必要はありませんが、”優勝””シード常連”など上を目指して
欲しいと思って コメントしました。 是非っ!
Commented at 2008-11-04 03:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。