Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

大麻じゃないけど…

テレビでここ数日外国力士さん達の大麻吸引問題を、これでもか!ってくらい放送しているね。一般的な社会通念として日本人は大麻はダメ!って認識しているけど、彼ら海外の人間はどうなんだろう?でも、日本で力士としてやっていくうちはダメだよね、吸ったら。

で、テレビを見ていて思い出したのが来年から始まる『ドーピング』検査。ゴルファーもスポーツと認められたってことなのか?僕個人としては、薬物がどんな影響をゴルファーに及ぼすのかわからない…。ボールが飛ぶようになるのか?パッティングの時に集中力が高まるのか?体力が落ちないとか。パッティングの時の集中力が高まるのは効果ありそうだけどね。どうなんだろ?
僕はドーピングに関しては、賛成でも反対でもないです。っていうかまだホントによくわからない。みんなでフェアにトーナメントを戦おうという理念は理解するし良い事だと思う。ただね…ほとんど全ての移動から食事管理まで個人で行わないといけないゴルファーには、始まってからじゃないとわからない問題がたくさんある気がする。来年からの施行前にして、ドーピング検査で薬物陽性反応がでたら、(執行猶予付きなのか?)出場停止だとか、追放だとかの話だけは聞こえてくる。大丈夫なのだろうか?
選手は、(僕が信じる限り)基本的にドーピングに引っかかることはしていないと思う。ステロイド打ったり興奮剤を飲んだりしてボールを飛ばしてもスコアにつながる保証はないし、集中力があってもラインの読みが間違えたらパットなんて決まらないでしょ?みんな僕が見る限り、来年からのドーピング検査に関して心配はしていないように見える。まぁ、自分が薬物を摂取していなければ、いくら検査しても問題ないからね。だけど僕が心配しているのは、自己管理だけで薬物を摂取していないからって大丈夫なのかなと。だって力士の話に戻るけど、副流煙だって体に薬物を運んでくるんでしょ?ちょっと飲みにでかけた先で、まわりに気がつかないだけで大麻とか吸ってる人間がいたら?(体内の残留濃度で副流煙かどうかわかるらしいので、よく検査すれば大丈夫らしいけど。)あと北京オリンピックでも少し話題になったけど、中華や韓国料理には漢方系の薬膳食材が使われているけど(だから美味しい料理があるでしょ!?)、あれだって麻黄(まおう)、馬銭(マチン)、鹿茸(ろくじょう)などは完璧に禁止成分を含む食材だからね。話はそれるけど、それだけ漢方には効能が期待できるってことだよね!でも例えば韓国料理で僕の好きな参鶏湯(サムゲタン)とかには朝鮮人参とか入ってるでしょ、あれだってね、ヤバいね。他にも探せば知らないだけで、禁止成分を含む食材をいれている美味しいもの食べるかもしれない。アジアなんか行ってる選手は特に気をつけないとね、マジで。

話がまとまらなくなってきたけど、ようはドーピング検査が始まった後に起きるかもしれない問題にビビってます。日本なんて特に、人の目が気になるしね。再検査!とかだけでも白い目でみられそうじゃない?そうならない為にも、勉強はしておくべきかもね。

関係ないけど朝鮮人参抜きの参鶏湯って美味しいのかな?

栄養ドリンクも飲めないのかぁ…。

先日、近所の皮膚科で飲み薬をもらってきました。先生が「これは禁止成分は入ってないから大丈夫。」って言ってくれました。気を使っていただいてありがとうございました。助かります。薬一つとっても僕らじゃわからないからね。もし先生が知らなかったら、僕らそのまま飲んでしまうかもしれないからね。来年からは、ちゃんと職業を伝えて成分をしらべて処方してもらうように自分でも努めないと。ということです。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-09-09 18:43 | Traveler's