「ほっ」と。キャンペーン

Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

旅をするなら身軽に

最近よく思う事は、旅の荷物を減らしたいってこと。原油高の煽りで荷物に関しても厳しくなってきたように感じられるこの頃。いつか重量オーバーで追加料金を取られるんじゃないかと思いヒヤヒヤしてます。何しろ、どこへ行くにもゴルフバッグという重たいものが一緒にあるからね…。ゴルフウェアとパンツ、プライベート用のTシャツ等、下着に電化製品のコード、洗面用具だけなのだけれど。思い。ヤバい!なんとか減らさないと。

また最近の自分のゴルフも重いね。体も重いし…。イカンね。20代に海外を飛び回っていた頃、ゴルフはヘタだったけど、勢いはあった。今は、ない。大人になってきたというば聞こえはいい。だけど違うな。
もうすぐ聞こえる40歳の声。必要な知識も備わってきたけど、不必要なものも増えたよね。まだ全ての必要なものが備わってもいないのに。もっと身軽にしないとと思う。体も、心も、ゴルフも。

偏見があって、こういう事を言うわけではありません。しかし僕のいる世界を見つめた時に、ある事に気がつく。ほとんどの選手(限りなく100%に近い)が40歳に届いた時に、転換期を迎える。その先に一線に残れるのは、片手の人数のいない。ホントです。何か彼らを変えたのか?それとも、何かを失ったのか?また、何かが足りないまま40歳になったのか?僕は、その一歩手前まできています。世の中、自分にだけは起きないと思っていることは、必ず起きる!そうでしょ?

結局、何なのか?わからないね。

でも、一つ考えるのは。戦場で戦う時、身軽でない、感覚が研ぎすまされてない、集中力がない者は、たぶん死ぬ。ゴルフも一緒なんじゃないのか?って思う。どうなんでしょうか。プロとして旅を続けるなら…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-08-06 11:44 | Traveler's | Comments(1)
Commented at 2008-08-08 22:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。