Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

The Open at Royal Birkdale (2)

f0068901_17515724.jpg

心の準備は整った。ゴルフの方は…微妙。日曜からラウンド練習を始めてみて、毎日段々と天気が「いかにも」な感じの天候になってきたら、コースも本来の姿を見せ始めた。そうだよね、あんなに暖かくて風の無い全英なんてありえない。それにしても、2004年から2回目の全英、自信もつけ勢い込んで乗り込んではみたものの、本来の姿を表したコースの前では自分という殻を保つのがやっと。中身の自信は一打一打放つ度に、打ち砕かれる感じがする。自分のスウィングをする、自分のゴルフをする、自分というアイデンティティーを守ることができない…。簡単に風に吹き飛ばされるよ。まずコースとの戦いの前に自分だよ。このアートだよね!ってくらい美しい自然美を感じさせるコースなんだけど、鞭でプレーヤーを容赦なく打ちつけてくる怖さも持っているね。

今日、これから4:21PMの最終組でスタートします。
今、窓の外を見るととんでもない天気です。寒さ、風、雨の全てが揃っています。僕らプレーヤーの自信を粉砕する為に。でも関係ない。オレはオレ。自分があれば大丈夫。だと思う。

上の写真は、火曜日の練習日の時のもの。この日は、初日のスタートに合わせて、15:30過ぎにスタート。ゆっくりと1ボールでトーナメントを戦っているようにラウンドしました。15番ホールあたりで、もうすでに19:00をまわって、コースメンテナンスの為にボランティアの人達が現れました。地元の人達かな?この大会の為に、自らボランティアをしてコースメンテナンスに従事しているようです。こういう人達があってこそ、僕らが全力で戦えるんだね。それにしても楽しそうに目土をしてまわっているオジサン達、けっこう楽しそうでした。捲られたターフでも見ながら、アレコレと選手のことを想像でもしているのか?

ちなみに、この日は前半を1オーバーで折り返し(但し、失敗した1番はスコアにいれず)、マネージメント次第では「いけるじゃん!」と思っていたのに、後半は肩を落とすことに…。たぶん90近く打ったかも。火曜日でよかったって話です。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-07-17 18:25 | Traveler's