Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

The Open at Royal Birkdale (1)

f0068901_1720170.jpg

7/13 最初の練習日となった日曜日、朝外にでると天気は快晴!こんなの見たことないってくらいの晴天。雲一つない、風もない。いつもは曇りがちな空の下で、本当の姿を隠している芝や木やその他の色んな植物も、この日は太陽に照らされて、本来の綺麗な色を見せていた。空の青、フェアウェーの緑、そしてラフの黄金色の対比がもの凄く綺麗に感じないですか?

この日、初めてのロイヤルバークデールでのラウンド。第一印象は…やはり難しいね。ドライバーもたくさん曲げました。打てない場所も多いね、当たり前だけど。でも、コースを攻める楽しさがある。怖いところを避けて、危険なことをしないようにプレーする日本のコースとは違う。ハタからみると、同じに見えるかもしれない。でも僕の中では「逃げる」と「攻める」の違いがハッキリとある。同じように、ティーショットをドライバーで打たなくても、ここでは攻めている。なんなんだろう?これは気持ちの問題なのかな? たぶんトーナメントが始まると、天候に翻弄されて苦しい状況が多くなると思う、攻める気持ちを持ってプレーできる自分がそこにいればいいなと思う。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2008-07-15 17:36 | Traveler's