Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

タイ・マッサージ

アジアに来て、何がいいかというとマッサージが気軽に受けられること。そこらじゅうにあるからね。特にお気に入りは『タイ・マッサージ』!筋肉を揉みほぐす、そしていわゆるストレッチのように体を伸ばしてくれるでしょ。いいよね。

タイ・マッサージって、そのシステムというかマッサージの在り方、やり方が確立されていて、どこにいっても同じようなマッサージが受けられる。もちろん人によって上手い下手の差はあるものの、やり方を守っていればそんなに酷いケースはまずないと思う。でも、日本でマッサージを受けにいくと、完全に人なんだよね。「あのマッサージいいよね!」とか言わない。「あの人上手いよ!」ってならないですか?だから結局日本中をツアーで回っていても「あの人がいい」なんてケースはほとんどない。札幌とか数カ所くらいかな、ツアーで回っていて楽しみなマッサージがあるのは。だから悲しいかな、自分で熱い風呂に入ったり、ストレッチするしかない。それに毎回しょうがなく行ってがっかりするのが、今の流行りにのってオープンしたスパ系・ヒーリング系のマッサージ処。これぞ「ホントにマッサージは人なんだ」って見本のように経験が浅くて勉強不足丸出しの若い女性がでてきたりする…。料金はバンコクで受けるタイ・マッサージの数倍もの料金を取っているのにね。

中国や台湾とか中華圏にある足裏マッサージも好きかな。北京で行った足裏では、最初にかなり真っ黒な色をした薬草湯(しかもちょ〜熱い)に足を浸からされてから、棒を使わずに手の指の関節でぐりぐりしてもらった時は、気持ち良くて感動したなぁ。また比較にだすけど、日本だとたまにあるのが5,000円くらいで売ってるフットスパにアロマオイル垂らしたものがでてくるよね。あまりにも安っぽ過ぎて悲しくなる。

そうそう、フット・マッサージって、みんなかなり痛いのを我慢してるってイメージがあるんだけど、自分は足裏ってかなり気持ちいいんだよね。ほぼ毎回(座らされるイスにもよるけど)寝てます。ただ自分の場合はふくらはぎをやられると痛い!常に疲れが溜まって張っているからなのかもしれないけど、顔がゆがむくらい痛い。おかげで足に力を入れないように痛みを我慢してると首とか肩に力が入る。マッサージでほぐしてもらうのに、そのせいで他が凝ってしまったら意味ないよね。でも、ちょっと強めが好きだから「痛い」って言えない。言うと他の部分に対して力が弱くなるから満足できなくなるし…。

よく行くバンコクでの、僕のお気に入りのマッサージ店は『有馬温泉』知っている人は知っている有名店です。でもいい。そしてお気に入りは19番。リザーブは134番。19番さんはホントに上手い。いつも疲れている時に行くから、毎回痛い目に遭います。かなり痛い。でも初めてマッサージに来て言われたね「痛いの我慢しなさい」って。ホントに痛くて「痛い」って言ったのに。「おばちゃんが治してあげるから我慢しなさい」って。もうハイっていうしかないよね。134番は19番のようには上手くないけど、リズムがいいので、リラックスしたい時にはサイコーです。あとたまに時間がない時に行く『NUCHI』では、フットマッサージをしながら、もう一人つけて頭と肩を同時にしてもらいます。二人に足と頭をしてもらうと、これもけっこう気持ちいい。ちょっと贅沢な気分になれるしね。

今日も、ここコタキナバルで見つけたタイ・マッサージに溝口さん、チャンドと行って来ました。やっぱりタイ・マッサージはいいね。そう思った。明日の早めに練習を上がって溝口さんと行く予定。たぶんゆっくり2時間コースだな。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-12-11 02:10 | Traveler's