Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

2008 Tour Schdule

もうすでに2008年のJGTOツアースケジュールが発表となりました。
噂で聞いていたとおり、失ったトーナメントがあり増えたトーナメントがありますが、トータルとしてはトーナメント数は増えましたね。嬉しい限りです。が、果たしてQTからの選手が、この新規のトーナメントに入れるのか疑問は残りますが…。

新規トーナメント
Pine Valley(パインバレー) 北京オープン
Asia Pacific Panasonic Open (大阪)
Canon Open (神奈川)
The Championship by Lexus (茨城)

が増えましたね。賞金も高額なものばかり。でたいね全部。
しかし、こうして高額な賞金が増えてきた割には、ツアーがまだ完全に活性化してきているわけじゃないね。どうみても穴空きチーズみたいに夏場のハイシーズンにスケジュールが空いているし。どう表現したらいいのだろう?新しいブランドの服を買ったのに、まだズボンのベルトを買えない!みたいな感じか?当然大きなトーナメントでツアーを盛り上げることも必要だと思うけど、カッコばかりつけないで、もっと空き週を埋めるようにしないと。優勝が1000万円くらいのトーナメントでもいいじゃん!そういう小さいトーナメントならQTからの選手が多く出場できるチャンス増えるでしょ、これからの若い世代に経験だってつませることできるじゃんって思う。アジアツアーだっていまだに総額30万ドル規模のトーナメントをスケジュールに入れようとしてる。それは、やっぱりQTからチャンスを伺ってる若い選手の為だよね。今現在のツアーを活性化する事はもちろん必要、間違いない。でも将来を見据えた中期・長期プランも必要だよね。その場しのぎのようなツアー再生じゃ意味ないよ。現場はそこまで考えているのでしょうかな?いま高額賞金のトーナメントで騒いでも、出場できるのが高齢選手ばかり…気がついたら若い世代はいつもQT組。あと数年してもツアーの顔がかわらず飽きられて、また試合が減ってるみたいな。ことにならないようにしないとね。

僕としては、北京オープンとか開催することに同意をしたJGTOに少しは自己再生できる可能性があるのかなと感じました。頑張ってください。

2008 JGTO Tour Schedule
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-12-06 17:52 | Traveler's