Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

天国のような島、そして地獄のようなコース

6/7 (Thu)

f0068901_3335335.jpg

今回はアジアンツアーの『Bangkok Airways Open』場所はタイ南部のサムイ島にあるSantiburi Golf & Resortでの試合に来ています。この試合は今回で2回目です。前回はあまりのコースのタフさに呆れて「もう二度と来ない!」と思っていたのですが、日本での不甲斐ないゴルフと決別するきっかけを見つける為にココに戻ってきました。
写真は一緒に練習ラウンドをプレーした桧垣繁正と清田太一郎です。彼等は今回は初出場。しょうじき練習からすでにへばってました。このコースは結構難しいんです…グリーンは速くない、ラフはほとんど無い、コンディションは良い、コースも長くはない、こんな条件が揃っているのにスコアがでない。それは立地的に山の中腹にあるので、かなりのアップダウンがあり、曲がりくねって先が見えないフェアウェーを外すとジャングル(一応、赤線が引いてありハザード扱いにはしてあります)の中という具合。おまけにクソ暑い中を山の昇り降りをしないといけないのが、もうサイアク。ラウンド中は歩きたくないし喋りたくない…。練習では、清田が「僕は体力がないのがわかりました」とか言って、後半の半分くらいはカートで休んでたしね。

でも、そのプレーの合間に見える海と島の景色は素晴らしいです。ホント綺麗。練習日にはまだ景色を見る余裕があったけど、これが最終日にまだ景色を見る余裕があったらいいゴルフしてるかもね。

1st Day: OUT -◯-▲◯---- IN --▲----◯- 70(-1) 11位タイ

まだ満足には遠いけど、イメージに近い感じでボールが叩けてるから、スコアに集中できるようになってきた感じがする。残り3日、このコースで耐えられればいい方向へ迎えると思うんだけどなぁ。

ところで心配していただいてありがとうございました。なんでお腹を壊したのか未だにわかりません…。歯を磨いた時のうがいの水を少しお腹に入れてしまったとしか思い当たりません。しかし、現地で薬を貰って飲んで回復しました。まだ100%回復ではないですが、ゴルフはできます。頑張ります。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-06-08 03:38 | Traveler's | Comments(7)
Commented by EG at 2007-06-08 07:31 x
お疲れ様です。前回の書き込みの時はびっくりしました。
ゴルフが出来るまで回復されているので安心しました!

良い感じになって帰ってきてください!
日本ツアーでの活躍を期待しています。
Commented at 2007-06-08 12:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ハノイのすし屋 at 2007-06-08 13:37 x
お大事にして下さい。マンゴスチンの皮(中を食べた後の外側全部)を一日陰干ししてそのまま水でボイルしてその水を覚まして飲んだら下痢は一発で止まります。僕がヴィエトナムに来たての頃、薬も満足になかったので彼らの生活の知恵で病気を治しました。後、ちょっとした止血にはバナナの葉を切って巻いたらすぐ止まります。ご参考まで。
Commented by yoshi_tsukada at 2007-06-08 17:55
ありがたいです、応援といい情報といい。ホントこっちに来たら健康は自己管理だとつくづく感じさせられますね。基本ですけどね。それができなきゃツアープロは勤まらないな。
Commented by Hiro 72 at 2007-06-10 00:55 x
3打差にて、惜しくも予選突破できなかったようですね。残念です。
清田選手は、3日目終了して、7位に付けてます、アジアツアーにて
数少ない日本人プレーヤーの若手ですよね。いっそ、塚田選手も
アジアアンツアーにて専念して、腕を磨いてみては、いかがでしょうか。
日本ツアーは、ほんと寂しいですよ、強くなりたければ、出稼ぎが必要不可欠かと思いますが。。
Commented by Hiro72 at 2007-06-10 01:07 x
すみません、見間違いてました、1打差で惜しくも予選突破出来ずでした。余計に悔しいですね、世界の1打は、日本ツアーより重く感じます。
Commented by yoshi_tsukada at 2007-06-10 17:23
ホンとに残念です…。やはりまだ時間がかかるようですね。
Hiroさん、僕ももっと腕を磨かないといけないのは事実です。というかプロは一生腕を磨いていかないといけないわけで、これで満足ってことがないんではないかと僕は思っています。ま、僕のレベルからすると、まだ相当先の話なので考える必要もないと思いますが…。
それと「アジアに専念して…」というのは「日本に専念して…」と同じだと思います。ツアープロは出場できるチャンスのある中でレベルが高くて賞金が高い試合へ行くのが本来の姿だと思います。どこかに留まるのは僕は好きではありません。