Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

石川遼君、おめでとう!

5/20 (Sun)

疲れと落ち込み混じりで帰途につきました、今朝岡山空港から羽田に飛んで昼前には京急に乗って品川経由で家に到着。ちょっと空いていた白ワインを飲んだら、眠たくなってきたので、つい今しがたまで寝てました。タイから来ているマークセンが2R終了後にトップにたって日曜を迎えていたので、ちょっと気になって携帯でトーナメントの状況を見たら『石川遼』の名前が一番上に…。その下の選手で届きそうな選手はいない。一瞬、ちょっとショックで固まったけど、何か新しい事が起き始めてきたのかなぁ男子の方もって感じました。

水曜日の練習ラウンド、この石川君はドンファンらと前の組でプレーしていました。ちょっと混んでいたのでたびたび彼のショットを見る事ができました。確かに上手い!って思ったな。ドライバーの飛距離も若いだけあって飛んでたし。でも、それよりも思い切りよく振り抜けてるスウィングを見て羨ましかった。何か自分がいつのまにか忘れたり、なくしてきたモノを持っているから。

「なんか、小さくなっちゃったのかな…」

技術ばかりに目を取られて、いいものもノビノビしたところとかも無くしちゃったのかな。どうなんだ?石川君を見ていて、考えるのは自分の事ばかりでしたね。
思い出したのは、アメリカに留学していた時の事。アノ頃も一応たぶんスウィングだのなんだのウンチク語りながらゴルフをしていたかもしれないけど、ドライバー振り回したり、アイアンはピンばかり目がけて打ったり、パットだって下手だったけどガンガンカップ狙って打ってたし…。今はヘンに頭の中だけで考えてしまうから、そんな部分がなくなっちゃったよね。もちろん、そんな無茶なゴルフばかりしてたらスコアなんてでない。でも、貧欲に自分に素直にゴルフをしていた頃の自分が今は必要なんじゃないかな。ね。

この石川君、顔立ちも端正でカッコいいのかな?「ハンカチ王子」みたく注目されるようになるのかな。そんな雰囲気持ってるよね。当然ゴルフの実力だって、ツアーで優勝を飾れるくらいだからあるし。あと5年、10年経てばツアーの中心として戦ってるでしょう。もしかしたら、通り越してアメリカとか行ってるかもね。
しかし、いろんな意味で彼が今回は男子ツアーに刺激をくれたと思う。だって高校一年生に勝たれたら、プロの面目なんてないでしょ?プロにだっていろいろと言い分はあると思うけど…。誰かが言っていた弱り目に祟り目じゃないけど、この試合を観て男子プロがだらしないって考える人だっているよね。「やっぱり大したことないんだ…」しょうがないよね。ホントそうかもしれないんだから。アジアの選手だって若い20歳くらいの時から、積極的に海外へでて欧州やアメリカや日本で戦って揉まれているのに、日本んだけでやっていて…言わなくても分かりますよね。『井の中の蛙』そのものでしょ。

これから、僕を含めて男子プロは、自分達が持ってる自信がホンモノだって見せないとね。毎週変わらないメンツでプレーしてる中で偉そうに「上手い」と思っていたってね。所詮たかが知れてるわけだし。二度とアマチュアが勝てるほど「甘くないんだぜ」って所見せないとね。
また石川君には、これからもたまにツアーに来て頑張って欲しい。それに周りの欲に塗れた大人に翻弄されないように成長してもらいたいね。石川君だって、これからアマチュアや高校・大学の世界では目標にされて、みんなが狙ってくるわけだから。ウカウカしてられないでしょ。

石川君、おめでとう!そして男子プロのみなさん、ぬるま湯からでましょう。高校生の彼がプロの世界まで来て頑張って勝利したんだから、プロだったらもう2、3つ上のレベルに挑戦したってチャンスはあるはず。でしょ。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-05-20 18:24 | Traveler's