Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

PGA Championship in OKINAWA 2nd Day

f0068901_4504768.jpg

No.17 Par3

とても悲しいです、落ち込んでます…。
まさか予選落ちになるなんて思っていませんでした。

2nd Day: Out ◯-▲--▲-▲- 38(+2) In ▲-▲---◯▲▲ 39(+3) Total 77(+5)

これが今日の結果です。まず前半はバーディースタートで1オーバーまでスコアを伸ばしました。3番はボギー、ここは右の木がせり出していて視覚的にプレッシャーを受けるし、フック系の球を打つ僕には辛いです。最悪ダボを打たないように攻めているのでボギーは計算のうちなので問題なし。5番は、2mのチャンスを外してパー。続く6番はティーショットが完全に木の根っこにあり左打ちでだすだけとなりボギー。7番は一番奥のピンを攻めてついた1ピンのフックラインをまたしても外す…。8番パー3は、調べてもらえればわかるけど、フォローの風のせいでグリーンに止めることがほぼ不可能になっていたホール。乗っても奥にしか止まらない。それでも手前のバンカーで目玉になるよりは奥からのアプローチの方がいいと思って打ったティーショットはやはり奥のラフ、寄せきれずに3mを外してまたボギー。最終の9番は納得のティーショット、セカンドは18°のユーティリティでこれも納得のいいショットだったけどグリーン近くの風が読めていなくて花道にショート。これを1.5mに寄せるもラインを完全に読み違えてパー。ここでスコアをチェックしていたのですが、追いつめられている自分を感じましたね。せめてバーディが取れていれば流れが変わったと思うんだけど。

後半はいきなり3パット。ティーショットはこれは今日1番の当たり。しかし右からの風に乗らず?に右のラフ、これがまたニラのようなラフのなかに沈んでいて、ここから打った球はグリーンに乗っただけ…カップまで約30ヤード。しょうがないね。後半最初のパー5の12番は、ラフからのセカンドを我慢して攻めずにフェアウェーからの3打目を選択。しかし一番奥の段上に切ってあるピンまで届かすことができずに下から7mのパットをまたしても3パット…。すでにここで圏外に突入!気分は最悪です。残り嫌らしいホールが2つあるのに、ここから残りをアンダーで回らないと予選通過しないことが分かりながらのプレーはプレッシャーがスゴいです。が、こうなったら攻めるしかない!みたいな開き直りでいきました。
14番パー3、ここは難易度が高いホール。9アイアンで打った球は狙いより少し左に飛んでしまったけど、ピン左奥5メートルにナイスオン!(ここもグリーンに止めるのスゴい大変なんです、しかもピンのある下の段に止めるのはなかなかできないと思います)しかし、これも外す…パットって入らないとな〜んの意味のないですよね。ナイスショットを打ってる意味なし!15番は上りの6mでしたが、やはり入らず。続く16番は、残り124ヤードをPSでピンの左1.5mの乗せて、久々1番ホール以来のバーディ。これで、この時点で「もしかしたら?」っていうギリギリの圏内に復活。最終の18番はパー5だし、次の17番をしのげばって感じなのですが…。

17番、今日は左からの気持ちフォローの風が吹く感じ。持ったのは8アイアン。風にあまり乗せたくなかったので、少し押さえて打った球は軽く右へプッシュアウト。やってしまいました、ただ乗せておけば良かったものを。右手前へショート。バンカー越えのアプローチはグリーンが硬いこともあり、慎重に打ち過ぎて約3m近くショート。次のパーパットが運命でした。今日1日を物語ってるパッティングでした。どうしても薄い曲がりのラインを、少し外に膨らまして打ってしまっていたので、しっかりとラインに乗せようと思ってうったのが、結果引っ掛けて左に外してボギー…。最悪。
最終ホール、前日とは変わって左からのアゲンストの風。左バンカーを避ける気持ちが出過ぎて右ラフ。狙う事ができないので、残り100ヤードをきる当たりに刻みました。まだバーディならチャンスがある状況。残り84ヤード、ほぼ正面からのアゲンスト、軽い打ち上げ、ピンはバンカーを越えて段の上、ここで思ったことは必要な距離は90ヤード。グリーンの硬さを考慮しました、ピンキャリーだと絶対にオーバーすると思ったので、段を上がってすぐくらいに落とせば寄ると。集中して打ったショットは、「これは寄った!」と思えるほど納得のショット。しかし結果は、段の上に届いたものの前に跳ねることなくバックスピンで手前バンカーへ転がり戻りました。終了!

なんで、最後にきてスピンが効くの?1日ずっとグリーンが硬くてボールが跳ねまくってたのに。

それにしても2日間でボギーが多過ぎでした。12ボギー1ダボ。なんででしょう?これから考えます。寂し過ぎて、ラウンド直後は何も考えられませんでした。マジでショックだった。でも、これだけ打ちのめされると何かを変えるキッカケになるかも。自分に期待しよう!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2007-05-12 05:48 | Traveler's | Comments(5)
Commented by golfgo13 at 2007-05-12 06:28
お疲れさまでした
↑を読むだけでもタフなコースセッティングぶりがわかります。
また打ちのめされた事を吐露してるあたりに次回の光明が。。。
僭越ながらここで一つ
「堪えられぬ苦痛なし 過去の苦痛たしかに堪えられた  現在の苦痛 それは堪えている 未来の苦痛 それも必ず堪えられる  苦痛が増せば増す程堪えうる力が先に増す」
次回に繋がることを期待しております。(*^o^*)
Commented at 2007-05-12 10:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 全開武井 at 2007-05-12 12:43 x
ツカダさん!!問題ないです!!!
パット半分入ってればイーブンです!!!
さらにアプローチ寄せてればアンダーです!!!
そしたらトップテンです!!!!
Commented by Tiger at 2007-05-12 13:41 x
すばらしくきれいなコースですね!
栃木の山岳コースでばかりプレイしている僕には羨ましい限りです。
レポートを拝見して安心しました。結果はともかく「ゲーム」してますね!
Commented by Hiro72 at 2007-05-12 21:17 x
そんなに落ち込んでる状態で、ブログにそのプレー振りを書くのは、
大変でしょうね。。書きたくないでしょうね。。でも、ファンとしては、
ツアープロの実際のプレーを、自分自身でしっかりと書いてく、
それを読める事に感謝してます。次回もあります、頑張って下さい。