Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

Asian Tour QT 2nd day

12/14 (木)

今日はSattahipにあるEmerald G.C.での第2ラウンド。前日にかなり打ってる身としては、スコアを縮めないと追いつかないのはわかっていました。ただ狭くトリッキーなコースなのが心配でした。しかし、距離が短いのでメリハリをつけて攻めればなんとかなると思っていたのですが…。

2nd day: OUT ◯---■▲-+4◯ 41 IN --◯-◯-▲-◯ 34 75(+3)

なんでだろ? でもココがゴルフが下手なところだと思う。悪い流れの方に自分を持って行ってしまうというか、ちょっとした事のつながりが結果としてボギーやもっと大きなスコアになってしまっているのはわかるのだけれど…。がっかりです。
スタートはバーディー。その後、数ホールもチャンスを持ちながらバーディーならず。そして気をつけていたホールで、見事?な4パットでダボ。次は、しょうがない、ボールに大きな泥がついていて全く関係ないところにボールが飛んでしまったので諦めました。そして8番。終わってみれば「ああすれば良かった…」と言えるけど、その時には「ああすれば…」なんて考えられなかった。ミスショットというよりも、頭の中の問題でしょ。状況分析と危険回避と攻める勇気。これのバランスが悪いのだと思う。もっとロジカルな思考回路をもたないとダメ、上を目指すには、もったいないボギーの垂れ流しは不必要。ということでしょ。
バーディーが5個も取れるなら十分挽回できるのに…。

今回は僕もスシも予選落ちとなってしまったけど、新たなメンバー清田君、桧垣兄、溝口さん、吉田君と残っているので上位入賞してアジアで頑張ってもらいたい。せっかく少しのメンバーでも残って日本の国旗をアジアツアーに立ててきたのだから、絶やさないようにして欲しい。

あと今回感じたこと。
自分はまだヌルい! ちょっと日本で慣れてしまったら、アジアのコースにいいようにやられてしまって情けない。あまり手入れのしていないコース、そんなのは知っていたこと、言い訳にもならない。そんなコースでも、ガンガンに攻めてもがきながらでもアンダーでまわってくる選手がいるのに、ピンすらまともに狙えない自分が情けないです。もっといいスコアをだす!って事に貧欲にならないと。ただ綺麗なとか、いいスウィングだとかを作り上げても、ボールをカップに入れるという根本的なことを見失ってると思う。パターだって下ばかり見てまっすぐにストロークしたって、カップに入らないじゃん!どこ打ってるんだよ、バカ!って感じです。綺麗に理屈を並べてゴルフとは?ボールを打つには?と理解するのもいいけど、どうやってカップに入れるのかわからないんじゃね。ま、いろいろと今後の課題が見つかりました。

今年の最後の3ヶ月は辛かった。ホントに。でも、何をすればいいのかわかったのは収穫だと思う。やることやらないとね。下手糞オフなし!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-12-15 03:20 | Traveler's