Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

そして最後は…

12/3 (日)
 
天気のいい日だった。泊まった六本木のホテルをでてそう思った。一緒に泊まったキャディの亮平を羽田まで送り、またバンコクで合流する約束をして別れた。 今日は、自分のシードが決まる日、意識したくなくても、どうしても頭に浮かんでしまう、しょうがないよね。自分の立場が他の選手の成績で決まってしまうのだから…。しかし、考えてもどうしようもない、自分では何もできないからね。 もうネットでJTカップのボードをチェックしないことに決め、夕方結果がでるまで時間を潰そうと、シーズン中はなかなか会えない友達のところに電話。寝ていたMORIを起こして、一緒に家族でブランチをすることに。なんか美味しいもの食べれば、ね、忘れられるでしょ!

そして向かった先は…
『新北海園』
f0068901_1048531.jpgf0068901_10491069.jpg六本木から飯倉片町に向かって交差点手前の右側です。美味しかった!もっと早く来てれば良かった。いつものように飲茶はビールと一緒にいただきました。中でもここで特に気に入ったのは「蒸し鶏」です。蒸し加減もいいし、なによりも上に乗ってるネギと油が美味しい。気に入ってしまい、最後にまた注文してしまった。

食事も終わる事、自分がどうにかシード最後のイスに座れたことを教えてくれるメールが…。
なにか他人に頼ってのシード獲得で、すっきりしない部分もあるけれど、シードを確保できたのは間違いない。これで来年も試合にでられる。大事なことだよね。自分にシードを取る実力があるのか、ないのか? それは来年の成績が証明する。そうでしょ?
さっそくみんなで乾杯! この瞬間、過去数ヶ月間の苦しい日々から解放されたね。オレだけじゃなくて、家族も苦しかったしね。良かった良かった。

この日、シード選手とシードじゃない選手って何か違うんだろう? と考えました。 だって、結局はシードを決めた自分は、前日にQTファイナルで予選落ちしている。 ほんのちょっとのボタンの掛け違いで、来年は日本で試合に出場することさえかなわない可能性すらあった。 また、1年間で後1打良かったら、QTにすら行かずに、家でテレビを見ながら寛いでいられたわけでしょ。この違いは? 違いはわからない…。言えるのは、どんな選手でも、上に行くのも、堕ちるのも、ほん〜のすぐ側に存在してるんじゃないかってこと。もしかしたら今回はたまたま運が良かっただけかもね。シードだからって慢心なんてできない、常に自分が上を目指していかないと、すぐに下に堕ちていきそう。怖いよね。

最後に、いつも応援してくれたみなさん、ありがとうございました!
ホント、最後の最後までつき合わせてしまいましたが、運にも助けられて来年のシードを確保できることが決まりました。苦しかったこの数ヶ月間を笑って語れるように、これからもっと頑張ります。よろしくであります!
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-12-04 11:14 | Traveler's