Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

休暇日記③

f0068901_2452087.jpg

Bangkok Bumrungrad International Hospital

こんかいの訪タイの目的の一つ、健康診断。 9日月曜日の朝8:00~12:00を受けてきました。健康診断といったら学生だった頃を最後にいっさい受けていなかったので、自分の身体に興味がある反面、自分の知らないところで悪い方に変化が起きているのでは?と思い怖くもありました。
37歳、いくらゴルフを職業として身体を動かしているといっても、歳と共に変化がおきるのは当然のこと。 身体が資本なだけに、ちゃんと変化を受け入れて改善、長持ちするようにしないとね。 昔に比べて脂肪がつき横にも大きくなった身体(もともとはメチャクチャ細かったので、ちょっと太ったように見えるのは、じつは超肥満だったりする)、暑さに弱くなったり、疲れが取れなくなってきているのは現実に起きていることです。 数年前に体重が少し増えてドライバーの飛距離が伸びたけれど、やはり適正な体重があるわけで、増え過ぎた体重は身体のキレをなくしてフィーリングさえも奪いかねないことになります。

そこで知り合いに、生活の中での健康管理アドバイスをしている人がいるので、相談したのが今回の健康診断へとつながりました。 これから相談しながら、プロのゴルファーとしての身体を取り戻していきたいと思います。

これが『総合健康診断(男性)』僕の受けたものです。その内容をどうぞ!

· 一般検診
· 眼科検査(眼圧、自動屈折力)
· X線検査
o 胸部レントゲン
o 腹部全体の超音波
· 心臓検査
o 運動負荷心電図(トレッドミル)
· ラボ検査
o 血算(CBC)
o 糖尿−FBS
· 腎臓機能−クレアチニン、BUN
o 血中脂質−コレステロール、HDL、LDL、中性脂肪、コレステロール/HDL
比率
o 痛風−尿酸
o 肝臓機能−SGOT、SGPT、GGT、アルカリフォスファターゼ、アルブミン、
グロブリン、総ビリルビン
o 肝炎ウィルス−B型肝炎抗原・抗体、C型肝炎抗体
o 甲状腺の病気−TSH、Free4
o 癌マーカー検査−CEA(消化器癌)、AFP(肝臓がん)、PSA(前立腺がん)
o 尿検査
o 便検査と培養
· 医師の診察料


パッケージ料金: 12,500バーツ

専門的過ぎて、僕にはどのデータがどういう影響を及ぼしているのかわからないけど、量的にみても十分なのでは?と思いこの検診を受けました。 

また、この病院を選んだわけは、医療ハブを目指しているバンコクの病院の中でも大きく施設も充実しているし、国際病院なだけあって日本人のスタッフもいるし日本語もちゃんと通じるので選びました。 ま、値段も安いかなとも思ったのですが、12,500バーツ(約38,000円)なのですが、どうなんでしょう? 検査結果に問題がなければいくらでもいいけどね。

9日、時間通りにちゃんと始まった検診、他にも欧米人やタイ人約10人くらいが同じ時間帯で流れ作業のように決められた部屋(A,B,C,D~)と回って行きます。 お金は、最初に支払いのカウンターでクレジットカードで払っているので、終わったらそのまま帰れます。楽でしたね。
昔の健康診断のイメージ通りにほぼ進んだので、怖いこともなかった。ただ初めて飲むバリウムは言われていたほどは不味くなく嬉しい誤算(たぶん、最近のは味の調整でもしているのかな)。 あと少々困ったのは、久しぶりに自分で採取した検便と検尿。これって結構難しかったよ…。

検診結果

14日、帰国する日に再び病院を訪れて検査結果リポートをもらってきました。まぁ、予想通りといえば予想通りな結果となりました。

まず一般的検診は異常なし。
問題があるかなというのは、血圧が高い。これは昔からなのでしょうがない、数値的には昔から変わっていないので、気をつければ問題ないはず。
医師に問題として指摘されたのは、主にコレステロール関係です。 一般的な範囲とされているギリギリのところに偏ってしまっているので改善が必要とのこと。 酒を控える事、食事制限をすること、体重を落とす事が薦められたことですね。 予想していたけど、数値を見せられて言われると答えますね。
あと驚いたのが、食事制限の内容で、鶏肉、臓物、アスパラガス、キュウリ等がダメとのこと。 鶏肉なら大丈夫と勝手に思い込み、昨年から牛や豚を避けて食べ続けてきたのに…。 ダメなのかよ。 ま、検診をしなかったら知らなかったこと。 がっかりするより喜ばないとね。 それとよくわからないのがアスパラとキュウリ。 なんで? 知っていたら誰か教えて!

最後に、お酒はこれから控えます。 でも、禁酒はしません! 好きだから。 でも、普段はもう飲まないでしょう。 特別な状況というか、仲間との食事やイベントの時だけにします。 これも全てゴルフの為。 やっぱ優勝したいしね。 レベルアップには身体強化は必要だから。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-10-16 03:43 | Traveler's | Comments(6)
Commented by GOMA at 2006-10-16 22:49 x
こんにちは、初めて書き込みさせていただきます。
塚田さん元気ですか?? この前試合で会ったのがついこの間のような気がしますね。
今回の検査結果、参考になりました。
僕もとる肉は良いと思って、結構食べてるんですよ・・・・・
でももしかしたら良くないかもしれないってことですよね・・・・
これは知らなかったです。
また遊びに来ます。
Commented by yoshi_tsukada at 2006-10-17 02:05
GOMA君、久しぶ! またアジアのQTで会おうね。 今度はパタヤだし、近くていいね。
Commented by Ben Hogan ⅲ at 2006-10-17 09:36 x
昔、バンコック駐在していた時に、バムルングラットで、私も検診受けていました。懐かしいですね!!! 当時、タイカントリーとロイヤルジェムのメンバーだった事は、随分前に書き込み致しましたが、ロイヤルジェムのバックティで是非プレーしてみて下さい。タイカントリーよりタフですよ、間違いなく。
Commented at 2006-10-17 11:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoshi_tsukada at 2006-10-17 21:22
なんなんでしょう?ホントに。 明日、医療関係の人に会うので詳しく尋ねてみます。

ところで「ハブ」とは…。

ハブ (hub)
ハブ または 轂(こしき) - 車輪あるいは円盤状の部品の中心部にあって、車軸とその外周の地面に接触する部分をスポークを介し一点に結合する部分。ここから連想して後述のような「交通のハブ」「ネットワークハブ」といった用語に転用された。
ハブ (ネットワーク機器) - イーサネット(10BASE-T,100BASE-TX など)、USB、IEEE1394などにおいて、複数のネットワーク機器を互いにケーブルで接続する際の中継を行う装置。
ある地方において周辺各地への様々な交通機関が集中する場所。ハブ港、ハブ空港。鉄道ではターミナル駅、バスではバスターミナルと呼ばれる。

アジアで医療関係の中心的な施設を整えたいということでしょうか。たぶん…。確かに病院の施設は日本よりも進んでるような気もします。
Commented by k_manyo at 2006-10-18 15:32
S・ラークのM氏からのアドバイスです、素人に難しい!
【ブログ拝読】
バムルンラートでは、血液検査のcreatinine 検査値が
1mg/dlを超えると「腎機能低下」が疑われるとして
「カリウム制限」を 勧告します。
きゅうり・アスパラ は カリウム高食品の王様です。
ところが尿酸値も高いと( uric acid 8mg/dl 超)
プリン体制限も勧告されるため、これがごっちゃになって
訳のわからぬ食餌療法となります。
血清クレアチン量は 総筋肉量に比例するので
運動選手が高いのは 当然。カリウム制限は 無視して結構。
ご活躍を期待してます。
M田 S・ラーク