「ほっ」と。キャンペーン

Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

Mountain Shadow G.C.

f0068901_12211678.jpg

No.14 565y Par 5

ここはバンコクから東へ車で約1時間ちょい来たところにあるチョンブリーにある『Mountain Shadow GC』です。ここはレガシーの系列のゴルフ場です。ちょっと滞在が長い時は、長澤プロにここへ連れてきてもらってプレーしています。今回もレガシーばかりじゃってことでプレーしに訪れました。

ハッキリ言って苦手です…というかいいスコアがでない!
レガシーに比べて、距離は圧倒的に短いです。総距離でも約6,700ヤードを少し越えるくらい。でも、ちょっとした丘陵地帯にある上にフェアウェーのうねりとグリーンの芝目ときつ〜い傾斜で難易度がかなり上げられています。ティーショットからグリーンに乗せるまではけっこうピンポイントのコントロールが必要です。僕もグリーンの傾斜と芝目を覚えていないせいもあるけど、もうどうしようもないところに乗せてしまったり、グリーンを外す時も寄せられないところに外してしまったりで、いつもかる〜く3〜4オーバーはします。今回も前半をイーブンで折り返したのに、後半は自動的にとも言える状況で3パットを連発して40を打った…。 しょうがないよ、だって2パットなんて無理だもん!って感じです。

ま、しかしこの日の目的も自分のスウィングを取り戻し距離も取り戻すって事なんでスコアは勘弁です。こっちに来てからの取り組み内容はスウィングテンポです。じつは新しく取り組んできた内容はスウィング軌道や身体の動きに関してのことばかりだったけど、じつは同時に失ってきたのは本来僕が持っているスウィングテンポ、リズムっていうのかな?です。いまは早くなって小さくなってしまったスウィングをストレッチして大きくゆっくりと振れるようにしようと取り組んでいます。じつは一番飛んでいた時代の最後の姿を見ているのが、長澤プロで今回もバンコクに来たかった理由の一つは、彼にスウィングを見てもらいたかったからです。たまにしか会わないと変化がよくわかるでしょ? いつも見ていると、以外に多少の変化もわからなかったりするけど。

って言う感じです。でも、前までこんな感じで振っていたな!っていう内側のフィーリングの片鱗が少し見えたかな? もっと自分の内側を感じ取らないと。

f0068901_12441182.jpg

[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-06-11 12:44 | Traveler's | Comments(4)
Commented at 2006-06-11 16:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 風天 at 2006-06-12 00:27 x
内側のフィーリング、深いですね。

いつか感じてみたいです、今晩は勉強させてもらいました。
Commented at 2006-06-12 09:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-06-13 01:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。