Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

パターグリップの効能

f0068901_12564076.jpg


たびたび訪れるパッティングの不調。いまはもう慣れたもので動じることもない。逆に不調を理由にパッティングやパターで遊ぶことができると思っている。


古いL字タイプのパター【PING ZERO 2】と引っぱりだしてきたり、グリップを替えてみたり。グリップは思うことがあり、あえて【PING KETSCH】のようなマレットタイプの慣性モーメントの大きいパターには細めのグリップを差し、アンサータイプや軽いL字タイプには極太のスーパーストロークを差してみた。鈍感になり易いモノを少し敏感に、敏感になり易いモノを少し鈍感に。ヘッドを出し易いモノをグリップを太くして抑え、ヘッドが出にくいモノを細くして出易いようにと考えてみた。


こういう組み合わせは意外に悪くないと思う。たぶん…。


ちなみにMMTでは思い切ってZERO 2を使ってみた。結果1バーディーしか獲れなかったけれど、狙ったラインへ打ち出せる感覚はでてきたような感じがするのは気のせいなのかな…。


※ マレットタイプに差さっているグリップはPING FINGERLOCKというものです。


[PR]
by yoshi_tsukada | 2014-08-23 20:01 | Clubs/Equipments