Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

リンクスへ再び

2014年、再びリンクス、全英オープンのリンクスへ行けることになった。

前回の全英オープンが2008年のロイヤル・バークデイルだった。あれから「また行きたい!」という気持ちはずっと持ち続けていたけれど、もしかしたら2度と行くことはできないかもしれないという想いもあった。その中で手に入れた3回目のチケット。初めての時のように飛び上がるようなものではないけれど、2度と戻らないと思っていた落とし物を届けてもらったような嬉しさがある。

1回目は2004年のIFQ(現OQS)で予選通過。2回目は2008年のミズノオープン3位に入り権利獲得。そして2014年は再びOQSで予選通過。今回も1回目と同じく、4番目のスポットを4人で争うプレーオフを制して手に入れた。同じプレーオフでも、初めての時と違うのは、冷静にプレーオフを戦えたこと。初めての全英オープンから10年。ツアープロとして積んできた経験が少しは身に付いているのかなと思う。

今年の全英オープンが行われるのはロイヤル・リバプール"Hoylake"と呼ばれるコースである。自分にプレッシャーをかけるつもりはない。もちろん念願のメジャー予選通過は目指す。しかし1番の目的は全英オープンを存分に楽しむこと。ゴルフという「ゲーム」を10年前よりも理解している今だからこそ、今まで以上に全英オープンを楽しめるのではないかと思う。そしてもっと上手くプレーできるような気がする。

7月のリバプールが今から楽しみだ…。



※ IFQ - International Final Qualifying,  OQS - Open Qualifying Series 共に全英オープンの世界各地で行われる海外予選。

[PR]
by yoshi_tsukada | 2014-03-17 05:52 | Traveler's