Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

2013年はプロ生活の中で一番いい成績を残せた年だった。目標であった賞金5,000万円にはわずかに届かなかったけれど、日本シリーズへの出場と初優勝とを成し遂げることができたことには満足している。2014年は、去年の成績にあぐらをかかずに更に上を目指して行動してみようと思う。優勝したことにより「優勝する実力はある」という自信はついたけれど、これを毎年繰り返していけるほどの力が自分にあるのかどうかは自信がない。毎年1勝以上と日本シリーズ出場は、自分にはまだまだ遠いように思える。そうそう甘い世界ではない
2014年は、現状(去年)維持ではなくて、もっと上のレベルへの挑戦を目標にしようと思う。去年の成績を上回ることは容易ではないだろう。自分で2013年の成績を繰り返すことさえ難しいと書いたばかりなのだから。でも、もし自分が去年の成績に満足し、そのレベルを維持しようと考えてしまったら、結果としてそのレベルを維持することはできないのではないかと思う。居心地が良くなった場所で楽になんて考えてはダメだと思う。この世界で生きていきたいのならば、苦労してツラい思いをして、自分の実力よりも上の世界に挑戦しないとツアープロして生き残ってはいけないと思う。自分にもっと重いプレッシャーをかけていかないと。
自分が2014年にたてた目標は、『日本シリーズへの連続出場』と去年クリアできなかった『賞金5,000万円』と『ヨーロッパ・チャレンジツアー挑戦』と再び『アメリカ or ヨーロッパツアーへの挑戦』です。
日本シリーズへは、もちろん優勝者として権利を得ての出場なばら良し、しかし優勝しなくても賞金ランキングで出場できるようにしたいと思う。このオフには、その為に自分のゴルフの不得意な部分に手を入れていきたいと考えている。そしてツアープロとして、いつまでの上を目指す姿勢を忘れない為、自分へもっとプレッシャーをかける為、わざわざ遠い、そして賞金の高くないヨーロッパのチャレンジツアーへの出場を課そう思う。そして再び海外のQTに挑戦すること。もしかしなくても今年は上手くいかないかもしれない。日本の試合の合間を縫って遠征で移動する距離も時間も長い、異国の地の知らない環境でのゴルフ、そして日本とは違うレベル高い選手層の中での戦い。でも、この重石の下で苦労すれば何かまた、自分の中に経験として蓄積できるモノがあるのじゃないかと思う。そう、今年は去年よりももっと苦労する1年にしようと思う。


と、いろいろ書いたけれど、ゴルフと旅が好きな自分には結構楽しいこともあるのじゃないかと期待している年でもある。「好きこそ物の上手なれ」日本にはいい言葉があるね。今年はいいことがありますように。なくても年の瀬にお土産話がたくさんあればいいかな(笑)

[PR]
by yoshi_tsukada | 2014-01-07 01:02 | Traveler's