Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

初クラウンズ 予選落ち…

辛いっすね、何回経験しても予選落ちは…

2日目は最終組だったので、最終ホールの1ピンの距離のバーディーパットを入れれば予選は通過するっていうのはわかってました。その前の14番くらいからボードを観ながら確認していたので、毎ホールプッシュはしていたんだけど、パットだけが決まらずホールだけが過ぎていった感じですね。終わった後は時間も遅く、虚脱感もあり面倒だったので荷物は残して帰りました…。
土曜に練習でもしてから帰ろうかなと思っていたのだけど、クラウンズは1番からのスタートしかなく、練習場の混雑もあったので、仕方なく荷物だけまとめてゴルフ場を後にしましたね。他の選手が朝のスタート前の準備やストレッチ、クラブ確認などで忙しいなかを一人荷物をまとめるって悲しいですね。当たりどころのない虚しさがある。これを避けるには上手くなるか、やめるか。どっちにしろ根性いる選択が必要だね。ボク的には昔からパッティングがヘタで困っていたから、パッティングが原因でゴルフをやめる事だけは絶対にしないようにしよと心に誓っています。苦手を克服できずに去って行くのは完全に自分に負けたような気がして悔しいからね。

ちょっと基本というか、根本に戻って「パッティングはなに?」ってところから考えようと思ってます。ようはカップにボールを沈めることなんだから、パターをどう振るか?って事はあとにくることだと思うんだよね。自分にはもしかしたらボールをカップに沈めるって意識が少ないのかも…。自分に聞いてみます。

今日は天気がいいから練習でも行こうかな。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-04-30 10:32 | Traveler's