「ほっ」と。キャンペーン

Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

Take Koyama & Doug の解説待ち…

f0068901_820414.jpg


どうっすか? これは開幕の前週にシンガポールで全英の予選にでている時のものです。 よ〜く見ると色々と問題ありますが…。とりあえずボールはかなり飛んでました。暖かいからか?

わずかにボールが右に飛んでますが、ボクはドロー打なので右にボールを飛ばします。
いずれは真っ直ぐにボールを出せるようになりたいですね。まだ先だけど。

f0068901_827528.jpg


そしてコレが開幕の週のものです。ボクには見た目でどこが?ってわかりません。ただこの時は既にボールは飛ばないし、バックスウィングで体まわらないし、そうとうオカシクなってました。本当に自分では気温が作用してると信じているんだけど、どうなんでしょうか? この時はボールが左に曲がるので、かなり頑張って右にボールを飛ばしてましたね。 スウィングは不思議です。生きてるよね、毎日変わるんだもん。知りたいのはアニカとかタイガーとかもそうなのか?それを受けいるてクラブを振っているのか、努力して同じように振れるようにしているのか?チャンスがあったら聞いてみよう。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-04-28 08:32 | Traveler's | Comments(10)
Commented by takekoyama at 2006-04-28 11:57
非常ぉ~~に、難しいね。この写真だけで解説するんでしょ?やばいくらいだね。まず聞きたいのは同じクラブって事ね。下の写真の方が短く見えるのはインパクトのシャッターチャンスが異なっている所。下の写真方がリリースしちゃっているからね。でもね、カツオ、本当なら上の写真の方が下の写真の下半身になっていなければならないでしょ。蹴り込み具合からいったらね。この部分だと思うよ。下半身のフットワークって言うか日本に入って来てから下の動きがおとなしくない?これが飛距離が出ない原因じゃーない?しかし本気なドローヒッターなんだね。ビックリです。先日、すしのCaddyをしていた人のブログですしの映像を見たけど良くないな。決してよくない。カツオの方が良いね。普通、上の写真だとクロスにボールが出ているけどこれだけ押せていれば問題ないでしょ。左へのミスは無いものね。下の写真は下の動きが全く感じられない。左サイドへのシフトと腰のスピンは全く別物なのは理解できるよね。左サイドは移動しても回転する物ではないのです。生で見たいね、一回。
Commented by TO-C at 2006-04-28 22:52 x
スイングに関しては、何もコメントできません、なんせバリバリのアマですから・・!

但しメルボルンでの飛距離と日本での飛距離、同じくラブで同じボールでも、まったく違います・・日本の方が飛びません・・。これだけは確かです
とりあえず、アマチュアな僕の個人体験ですが、日本とメルボルンでは、まったく距離が違いました・・・感覚的に言うと、空気の重さ、質の違いなのでしょうか・・・それが湿度の影響なのでしょうかね?

以前、四国にいるプロの友人がメルボルン来たときに、やはり「飛ぶ」と言っていました・・・。

夏と冬でも距離はかわってくると思いますが、それは寒さによる着込み+体のキレだと思いますけど・・・
スコットランドには確か「セーター1枚マイナス10ヤード」そんなニュアンスの諺があったように記憶しています。(夏坂さんの本で読んだ記憶があるが、正確な文章は覚えていません・・スミマセン)
Commented by yoshi448ya at 2006-04-28 23:47
いやあ、プロがプロにスイング解説されたら我々アマはただROMするだけですね。う~んゴルフが分からなくなりました、ますます。
Commented by yoshi_tsukada at 2006-04-29 00:37
たけぇ〜さん、待ってました。確かにこの写真だけでは難しいです、ハイ。すみません。ボクはバリバリのドローヒッター!っていうかフッカーですかね。いまだにピンに向かって飛び出すボールは怖いです。右に飛び出さないと死ぬかと思います。
たけぇ〜さん、確かに下半身の動きないですよね…。なんかよ〜く見るとアプローチしてるみたいっす。曲がらないかもしれないけど、飛びそうにないですね、確かに。ゴルフは飛ばして曲げないゲームですからね、まず飛んでないと今の時代で通用しないですね。じつは先週のつるやオープン、去年とセカンドの残り距離が20yくらい違うんですよ。しょうじき参りました。だって自分のゴルフじゃないから、そんなの。それにしてもどうした、オレの下半身?キレがないぞ。ありがとうございます。今度は動画を見せられればいいですね。つ〜か、一緒にゴルフしないと!
Commented by yoshi_tsukada at 2006-04-29 00:44
TO-Cさん、どうも。オーストラリアの状況はわかります。ただ豪州は全般的に地面が硬いのでボールが転がるので、キャリーに関しては定かではないですが。シンガポールの時の隣が海なので海抜0mのはず。しかし、150yのクラブで150m飛んでましたから、わけがわかりません。日本に来たら150yも怪しいってのに…。「セーター一枚…」jボクも納得しますね。だから厚着しないでラウンドしてるのですが、寒くて我慢できない…。どうしたらいいんでしょう?本音を言うと、まだこの時期はアジアの試合でプレーしていたいです。ただ試合を選べるほどのの選手じゃないので贅沢はいえませんね。
Commented by yoshi_tsukada at 2006-04-29 00:47
yoshi448yaさん、スウィングは人それぞれです。マイウェイを行ってください。どんない変則でも、続けて10回同じスウィングで同じ球が打てたら、それでいいんです。それが全てです!どんなに綺麗で機能的なスウィングでも、反復性、連続性がなければ屏風に書いた絵と一緒です。意味ないです。
Commented by takekoyama at 2006-04-29 10:24
カツオはん
写真のアングルも違うな。でもはっきり言ってやっぱり下が動いていないよ。下の写真は。少し疲れて?いるのか。回すではなくスライドのフットワークが欲しいね。どうだろう?今日ね俺、意識して右からの風にこんな感じでボールを当てて出してやったんだよ。最高に良い感じなってきた。ボーリングのレーンでひっかりの良いレーンに当たった感じ。曲がり具合が気持ちよかったぁ~。
Commented by yoshi_tsukada at 2006-04-29 11:54
おっと、たけぇ〜さん自分のスウィングを良くしてしまったのですね。じつは下半身が動いてないのは指摘されました。アプローチ、バンカーも含めて全てで。自分でもフィニッシュの時点でかなり体がまわり過ぎてるのは気がついてましたし、下が動かないから上で力が入ってるのも気がついていました。ちょっと落ち着いて自分の中で感覚を取り戻しますわ。
ちなみに今がパッティングが壊れてます…。アドレス、パターのフェースがどこに向いてるのかさっぱりわからないっす。戦えない…。
Commented by Tanigawa at 2006-04-30 03:55 x
カツオプロ、先週バンコク入りしてすぐにペナン島へ行ってまたバンコクへ帰ってきました。やっとネットもできるようになりコメントも書き込めます。スイングやバランスの乱れやは体の疲れも影響してるってことはないですか?もし、ツアー中どうしようもなく体の調子が戻らない場合は、アメリカのNBA選手のトレーナーをしている人間がいるので遠慮なくおっしゃってください。なんとか力になりたいな。
Commented by だぐ at 2006-04-30 21:33 x
本当は会ったときに、いろいろと言おうと思っていましたが、コメントを期待されているようなので。。。

タケさんがほぼ言い尽くしていますが、、、

間違いなく、シンガポールの方が、腰は回っていますね。東建の方が回っていません。
それから、手の位置が東建の方が低いです。
シンガポールの方が、手が高い→ややこねている感じを見受けられます。
飛んでいたのは、このあたりでは?
シンガポールの方が、腰も回っているけど、腕も振れている。(ややこねていますが。。。)
東建の方は体は寒さから回っていませんが、腕も振れていないということでしょう。
つるやのときは、この振れていない腕をむりやり動かそうとして、やや寝かして使う悪い癖が入っていたのでは?
中クラの時は、少し改善されてきたように見受けられていましたが。。。

すこし、スイングをいじると最初はそれに体が慣れてくるまで、腕が振れてこなくなることがありますが、正しい動きを覚えていき、正しいスイングになれば、間違いなく前よりも飛ぶようになりますので、今は少し我慢してください。

簡単ですが、以上です。

それでは、See you Tuesday!