Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

天然天才?

f0068901_2133754.jpg

今日はホテルが近かったので、タイ人選手の2人、プラポールとスリロットとそのキャディを一緒にゴルフの往復をしました。レンタカーは地図とナビで日本語が読めなくて使えずに、タクシーの往復をしているので、可哀想で…。レンタカーは一日6000円もしないのに、タクシーは片道軽く6000円オーバーするからね。日本も国際的な国として進んで行くなら、世界のTOYOTAが自分のところのナビに英語がないっていうのは悲しいよね。

彼らとは、そのまま練習ラウンドも一緒に。ゴルフは上手いっす。聞けばいままでほとんど独学で学んできたらしく、ちょっと癖があるように見えるスウィングだけど、目標にボールを飛ばせているんだから問題はなし。っていうか、もし巷でいうように、スウィングプレーンに乗ったスウィングを、アマチュアもプロも目指して日夜励んでいるとしたら、プラポールはほぼ完璧にスウィングプレーンに乗ったスウィングができています。ボクも去年まで井上透コーチに付いて学んできたけど、プラポールほどの完成度の高いオンプレーンスウィングを見たのは、タイガーとか全盛のデュバルとかかな。しょうじきビックリしたし、嫉妬を感じちゃったね。ナチュラルにあのスウィグンができてるなんて…。天才か?って感じでしょ。もしコレが才能をもってしか実現できないような事なら、才能のない僕らはさっさとスウィングに関しては諦めて自分だけのスウィングを目指した方が懸命だと思いました。ゴルフはスウィングだけじゃないしね。もしかしたら日本人って、いままでたいした基本の知識すらないのに、勝手に自分のスウィングをいじくりまわし過ぎておかしくしているんじゃないのかな。本来は人間が本能やバランスを感じ取って自然にスウィングしたら、オンプレーンスウィングになるんじゃないかって。さて、どうなんでしょう。

またオモシロいことを一つ。タイ人ってなぜかスピンをかけるのが大好きです。異常です!でも、人種的な特徴なのか、彼らは手首が異常に柔らかくて、あり得ない振り方をするので、見た事ないようなスピンショットを打ってきます。日本人でいまあんなショット打てるのは片手もいないかな。たぶんマルくらいじゃないかな。チャンスがあったら一度見てください。特にタマヌーンのスピンショットは信じられない時がある、物理の法則はどこに行った?って感じですから。

そんなんでラウンドを終えて帰宅。明日のスタートも早いので、シャワーも浴びずにそのまま飯へ。名古屋と言えば手羽先ってことで、昨日に続き『一番鳥』へ。満足してくれたので嬉しかったね。タイ語も英語もほとんど通じない国に来て、頑張っている彼らを同業者ながらに応援してます。オレもアジアツアーに行って、異境の地でやっていく辛さを知ってるつもりだから。

それでは、初クラウンズ、どうにかしたいね明日。

注)スウィングプレーンって書いたけど、人それぞれの考え方とかあるので、ボクが思ってるコレだ!っていうのはここでは言いません。スウィングプレーンっていう言葉自体が、スウィングを簡単に言い表す為の表現言葉だと思うので、あまり深く追求しない方がいいと思います。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2006-04-26 21:55 | Traveler's