Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

一つの終わり、失う大きなモノ

BSオープン、残念ながら予選落ち…。パッティングが思う様にいかず、スコアがまとめられなかったのが原因。パッティングはゴルフの命。いつまでもヘタじゃ、この世界で食っていくことはできない。なんとかしないとね。

BSオープンの予選の2日間は、豪州のポパイこと、クレイグ・パリーと一緒。いうまでもなくワールドワイドで活躍してきた選手。'04年のWGC NECインビテーショナルではタイガーとガチンコ勝負で完勝! 自分でも「アフリカ大陸以外では全て勝った」というほど世界中を渡り歩いて勝利を重ねてきた。そしてパリーのスゴいところは、人格者であるということ。彼程の人格者はなかなかいないと思う。聞いた話だと、タイガーも豪州へ遠征する時には、パリーに電話を寄越して練習ラウンドに誘うらしい。日本では、昔ちょっと上手かった太ったオジサンに思われているかもしれないけれど、彼のゴルフに対する姿勢、周りの人間に対する姿勢、人間として見習うことが多い。尊敬しています。そんなパリーさんとのラウンドは、嬉しかったなぁ。

f0068901_10412133.jpg


この話は言っていいものなのか。言わない方がいいのか。自分では判断ができない。だけど書こうと思ったのは、少しでも多くの人間に彼のゴルフを見て欲しいし、彼に接して欲しいと思ったから。ゴルフが上手いだけの人間は腐る程いるけれど、一人の人間として尊敬できるゴルファーがどれほどいるか?僕はパリーさんは数少ない人格者だと思うし、ホンモノのツアープロをしてパリーさんを多くの人に知って欲しいし、見て欲しいと思う。

なぜ、こんな事を今書くのかというと。彼が、パリーさんが今シーズンをもって日本ツアーからの撤退を決めたから。そして来週のABCまでプレーをするらしい。このままいけばパリーさんのプレーする姿を日本で見られるのは、今週のBSオープンと来週のABCのみ。もう今更だけど、もっとパリーさんに接し色々と勉強させてもらえば良かったなと思う。来週のABC、パリーさんに練習ラウンド一緒にしてもらえるように頼もうかな。ラストチャンスだしね。

もし今週末、来週とトーナメント観戦に行くチャンスがあるならパリーさんを観て欲しい。ホンモノのツアープロを観て欲しいと思う。ここ最近は、パッティングに苦しみ、以前のような成績がだせていないけど、プレーは変わらずキレがいい。アゲインストのホールでは、僕が距離を負けることもしばしばあるくらい。

ホントは言わない方がいいことなのかもしれないけど、どうしても少しでも多くの人に、彼の事を知って欲しかったから。ツアーから、彼のような人がいなくなるのはツアー自体の損失でもある。また一人、若者の鏡となる人がいなくなるんだから…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2010-10-23 10:43 | Traveler's