Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

秩父へ (2) ドラコンウォリアー

秩父の初日、GDのK紙に知らされたのは「ドラコンチャンプ」がテストレンジを訪れるということ。ドラコン、その世界で知っている選手といえばツアー優勝という実績を引っさげて、その世界へ入っていった小達プロがいる。いまも年に数試合くらは顔をだすプロの先輩、また小達さんの飛距離は完全にツアープロのものとは別次元であり、ツアープロとは違うオーラを放っている。しかし自分が知っているのはそのくらいで、実際にドラコン選手を自分の目で見るのは初めてだったので、どんなものなのか楽しみだったんだ。

同じゴルフという世界に生きている人達。存在は知ってはいたけれど、目の前で自分の目で見たのは初めてだった。しょうじき驚いた! 同じゴルフクラブを振る人間なのだろうか?とも思った。印象としてはゴルファーというよりも、オリンピック選手のようなアスリートのようにオレの目には写った。

この圧倒的なスウィングスピード、そして飛んでいくボールの弾道はハンパない。

彼の名は和田正義(ただよし)。




彼にはこれから注目していこうと思う。ホントに一度みると忘れられないようなスウィングをしているね。興味のある方は和田君、チェックしてみてください。

彼の他にも、彼のような選手がたくさんいるドラコン大会、一回観戦に行ってみようと思う。スゴいんだろうな。


※勝手にブログに掲載しました。和田さんの関係者の方、もし問題がある場合には連絡をください。 



恥ずかしながら、和田君を見るまで、自分では「昔は飛んでいた」という自負は少なからずあったんだ。だけど和田君を見た後、もう自分は「昔飛んでいた」とか「振れば飛ぶ」ということをいうのは辞めようと思う。もうそんな次元ではない存在を見てしまったから。

でも一時はキャリーで300ヤード(ちょいオーバー)くらいは飛ばせていた時期はあったんだよなぁ…。

いまの腹の大きさじゃ、そんなコト言っても無理か…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2010-08-07 21:12 | Traveler's