Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

告白

じつは今年、もうゴルフをやめようかと思ったことが2回ほどあった。ゴルフをやめようというか、もうツアープロをやめようと思ったんだ。

もちろん、それは本意じゃない。だけど、もうこれ以上は続けられないと思った。

真剣に悩んでいる時期にタケさんに電話をした。結局タケさんが忙しくて会う事はできなかった。ただ少しのメールのやりとりがあった。自分がなんとタケさんにメールをしたのかは忘れたけれど、タケさんからのメールは覚えている。こんな感じだった。

『プロは自立して生活できてプロなんだ。それで飯を食べていけるのがプロでしょ。』

ちょうど苦しかった時に、当たり前のことだけれどこの言葉はキツかった。でもそれで目が覚めた。飯を食っていけないならプロじゃない。芸者ゴルフをするつもりもなかったから、飯が食えなくなったらやめようと心に決めることができた。そんな簡単に「やめる」と言ってはいけないのはわかる。だけど、そのくらいの覚悟を決めない限り状況は変わらないし、変えられないと思った。もし「やめる」ことになったとしたら、人になんて説明すればいいんだ?と考えて眠れないこともあった、ゴルフ以外に何で生活していくんだ?またそう考えて寝れない日が続いていた。ツアーで戦うチケットを持っているのに、そのチケットを使う事ができないことを人に伝えるってことは、もう自分はプロゴルファーじゃないと言っているのと一緒。今までの全てを捨ててしまうってこと。覚悟は決めたと言っても、心はよけいに苦しくなっただけだったな。

シーズン中どの試合かは言わないけれど、「この試合で、もし予選落ちしたらやめよう!」というのが2試合あった。ここで予選落ちしたら、ゴルフどころか明日から飯をどう食っていくのかを考えないといけないところまで実際に追いつめられていた。苦しかったな。来週からツアーに来る事ができなくなるかもしれないと思ったら、泣きそうにもなった。「ホントにやめなきゃいけないんだ…」その事実は重かった。

「自立できてプロ」それは、どの世界でも同じ事。ゴルフで飯を食っているからプロゴルファーなんであって、飯を食っていけないってことはプロではない。その道で食っていけることができなくなった時、プロじゃなくなるんだ。そうでしょ?タケさんに言われた言葉で自分の立場がわかったし、「プロでいたい!」それが自分の答えだった。「やめよう!」と決めたら「やりたい!」という答えが自分の中からでてきた。

まだ道の途中、最後まで「やりたい!」と思ったから頑張れた。これからも「やりたい!」と思えば頑張れると思う。これからも同じような苦しいことは起きるはずだから。





同年代のマルが最後の試合を勝った。彼も悩んでいたんだね。そこから抜け出して、自分で優勝を掴んだ。凄いね。おめでとう!オレからしたら、マルはずっと先にいる人間。いつか追いついてやる!と思ってるんだけどなぁ。なかなか追いつけない(笑)やっぱり凄い奴なんだな。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-12-09 12:37 | Traveler's