Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

フジサンケイクラシックが終わり…

これで2回目のリランキングが行われました。結果前回と変わらずに9位。井戸木さんに抜かれたけど、HTキムを抜いて戻ったという感じ。9位というとどうだろう?ブリジストンとABCの出場が微妙かな…?しょうがない、出られる試合で結果を残していくだけだ。
ゴルフ自体は悪くないから、このままいければ、いいことあるかもしれない。ここのところ、毎週の試合の後に、部門別のデータをみるのが楽しみになっている。少しずつだけど各部門の順位が上がってきてるから。酷かったサンドセーブも、練習のおかげで5割に到達、順位も上位に入ってきた。KEEP UP!でしょう。そして唯一、平均を上回れないパティングに時間を割いて練習をすればトップ10も見えてくるんじゃないかな。毎試合1打か2打、自分で思うよりも足りないのはチャンスにパットを決められないから。なにか違う練習方法を見つけてみるのも手かもしれないな。

じつは今週は急遽マカオオープンに行く事になった。芥屋〜富士桜〜マカオ〜輪厚とグリーンが難しいところが続く。難しいということは、ある意味チャンスなわけで、ここでパットをキッチリと決められれば上位は確実だと思う。なんとかしよう。


そういえば遼君は凄いね。信じられないくらいの成長の早さだね。そして運も含めて、ギャラリーの応援も全て自分の見方になるようにできる能力というか力を持っているみたいだ。他のプロなんかも言っているけれど、ありえないような所からのチップインなどをみてると「マンガ」か「ゲーム」みたいな感じだよね。そこで入れるか!?ってね。
たぶんだけど遼君の何が凄いって、「できないんじゃないか?」っていう思い込みの壁がないことだと思う。ゴルフは長くやればやる程に、自分の経験値で状況を判断していくんだけど、「これは無理だな」とか「これは止めた方がいいな」と思いこんでしまう時がある。確かに、それが正しい判断の場合もあるけれど、奇跡を起こしたり自分の能力を伸ばすことはできないよね、壁の作ってしまったら。遼君にはそれがない。貧欲に何かに挑戦するし、取り入れるし、怖がらない。自分達だけの常識で壁を作ってきたプロ達は、遼君にもう適わないんじゃないかな。そんな気がする。だって短距離の世界記録を塗り替えたウサイン・ボルトは自分が9秒5を切れると思っているでしょ。他の選手はいままで9秒7を切る事に必死になってきた。相手にならないよね。そうでしょ?遼君はいままでの、そんな古いプロの常識なんて相手にしていないのが強さじゃないかな。他のプロが「できない」とか「信じられない」と思っても遼君はできると信じてると思う。オレも含めてだけど、プロは自分達が勝手に思いこんで作ってきた常識という壁を壊さないと、もうこれ以上先へは進めないと思う。それでいいのか?

できないって誰が決めた?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-09-07 12:41 | Traveler's