Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

関西オープン

じつはプロになってから、地方オープンにでるのはこれが初めて。ちょうどプロになる前くらいから、関東オープンなどがツアーからなくなっていったからね。もちろん今でも北海道オープン、札幌オープン、兵庫県オープンなどあるけれど、いままで出場する機会がなかった。関東に住んでいるし、そんなに仲間が地方にもいるわけではないので、そういう地方オープンへのエントリーの仕方もわからなかったんだ。

今回初めて知ったんだけれど、関西オープンは結構歴史が古いということ。歴代の優勝者にも蒼々たるメンバーから若いプロまで揃っている。開催するコースも関西で名の通っている歴史のあるコースを使っている。宝塚ゴルフ倶楽部も、クラブハウスの作りやコースの端々に現代の新しいコースとは違うものを感じるし、嫌いじゃないね。

それにしても、今日はちょっとコースが難しく感じたなぁ。どう攻略していいのかイメージも湧かなかったし、風が読めなかった。アゲインストだと信じてしっかり打ったボールがグリーン奥へ消えていった時はビックリした!明日はもうちょっと上手く攻められたらいいね。

好きだといっても、優しい事じゃないけれど、アジアと日本、人によっては米国と日本とか国に股がってコンディションも風も芝も違うコースを続けてプレーできるのはツアープロの醍醐味だと思う。当然条件が変われば合う合わないということが起きるんだけど、そこを自分なりに攻めてゴルフできる楽しみがある。今日も先週のタイ・サムイ島の芝目のきついグリーンのイメージがまだ残っているから、ラインを読んでいてもなかなかイメージが湧いてこない(笑)同じくらい傾斜していても曲がり方が全然違うからね。
でも、そのうちアジア、日本、欧州、米国ともっとたくさんのツアーでプレーできたらいいなと思う。楽しいんだろうな。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-08-20 22:35 | Traveler's