Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

小樽は旧コースでお願いします

やっぱりダメだったな小樽…。隣の旧コースでトーナメントしてくれないかな?あっちならイケるって気がするんだけどな。

今年はまともにプレーできると思って、自分では期するところもあったのに、同じだね。ダメなものはダメ。もちろん実力が足りないのは、事実なんだけど、今の自分のゴルフでできるプレーを期待しているだけなんだけど、小樽へ行くと全てがちょっとオカシくなる。去年まではホールレイアウトや風の関係でフックやドロー打ちにはキツいのかと思い、今年は(小樽の為と言ってもいい)球筋をストレートに近くして、フェアウェーキープ率をあげて望み、その通りできたにも関わらず、具合の悪いことが次々と起こり…。
小樽に来ると頭の中もちょっとオカシくなるんだね。なんでもない事ができないし、ホールを攻めるイメージもよくできていないんだと思う。

自分では相性が悪いという事にして納得している。人間でも、いくら自分が気を使って丁寧に対応しても、受け入れてもらえない人間関係ってあるでしょ?それと一緒。今のオレには太刀打ちできないということでしょう。

でも、あんなに綺麗で最高のコンディションの小樽で、しかもいい天気の中でプレーできたのは幸せだね。いい想い出になったな。

そういえば一緒の組でプレーしていたS選手も、相当小樽には悩まされたらしく、「方角が悪い!」と嘆いていたな。「方角が悪い」ってホントにあってくれるといいね。少しは自分の自信が保てるわ。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-08-01 17:48 | Traveler's | Comments(4)
Commented at 2009-08-01 20:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by サワディ~カ at 2009-08-02 00:38 x
ゴルフスタイル買い求めてさっそくみましたら、メッチャかわいい~!!ワンちゃんの写真で、立ちすくんでしまいました。いろんな色のワンちゃんが生まれるんですね。プロにこんな隠れた武器があるなら、セントアンドリュースも、ぺブルビーチも、鬼に金棒!!大丈夫です。ちなみにスコットランドでは犬を連れてプレーする人が、多いそうで、犬もエチケットを知っていて、、グリーンに主人が立つと、グリーンサイドでじっとしてるそうですよ。名言・・文章にしがたいその零れた言葉で、真実を表す。「セントアンドリュースは世界で最も予測がつかないコースである。隠れた起伏、バンカー、くぼみ、そしてちいさなマウンドがたくさんあり、地面が硬くなればなるほど、ゴルファーを途方に暮れさせる」 ボビー・ジョーンズ ゴルフの神髄より。是非チャレンジしてください。
Commented at 2009-08-02 09:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-08-02 23:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。