Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

茨城2連戦 初戦三菱ダイヤモンドカップ@大洗

シーズンもスタートしたばかりなのに数週間の休みを挟んで、気分的にはもうシーズンの中盤戦がスタートしたような気分だな。じつは3戦目なのに…。

でも、またツアーのティーに立てるのは嬉しいこと。やっぱりココが自分の居場所なんだとつくづく思う。ツアープロになるという道を選んだからには、いつまでも幾つまでもツアーのティーに立ちたいなと思う。杉原さんのように。永久シードという資格で出場しているとはいえ、あの歳までツアーでティーアップできるのは、もう言葉で言えないくらい凄い事。永久シードの是非が問われているけれど、永久シードというカテゴリーに入れることすら凄い事なんだから。その永久シードの選手の内何人が70歳でティーに立ってられるんだろう?そう考えると凄くないですか?

話は逸れたけど、久しぶりのツアー。嬉しい反面、久しぶりで大洗カントリーと続く週に宍戸カントリーは結構きついね。両トーナメント共にツアーきっても難コース設定だから。特に大洗は大きく育った木がフェアウェーの上空まで伸びてきて、ただ単にまっすぐに打てばいいというコースじゃないからね。それに海から吹いてくる風が上空を通っているので、見た目以上に気をつかう。とはいっても、こういうコースほどやりがいがあるし、攻めきれた時の快感は他にかえ難い。
それにココで自分のゴルフが成長しているのか判断もできるしね。以前は打っていくことができなかった場所にティーショットで狙っていけるのか?できないのか?

初日を終わり3オーバー。ん〜なんとも言えないスコアかな。もう少しどうにかなったはずという感じかな。自分で第三者となって自分を見る事は無理だけど、そういう気持ちで自分のゴルフを振り返ると「弱いね!」っていう感じかな。気持ちがね。チビッてる。そんなに警戒したり難しく考えてゴルフしなくてもいいんじゃない?って感じかな。攻略しようというよりも、ミスしないようにっていう気持ちがですぎている気がする。何でもそうだと思うけど、守りに入ったり、逃げるとパーを取る事さえ難しくなるからね。もっと単純にゴルフした方がいいと思う。自分で言ったらいけないことだと思うけれど、年々上手くなってきも気持ちがそっちの方へいってしまったらダメだよね。よく自分に勝たないと!っていうけど、そういう事なのかと思う。逃げようとする自分の蹴っ飛ばしてでも前にいかせないと。ゴルフで死ぬ訳じゃないんだから…。

ちょっとそういう自分の弱いところが感じられた一日だった。

「ピンが見えたらピンに打っていけばいいんだよ!その為に練習してんだからよ。カップが見えたら入れようと思って打てばいいんだよ。2、3回くらい3パットしたってどうってことないだろ?その分バーディーとれば一緒なんだから。カップに届かないってどういこと?バカ、お前?」

今日のラウンドはこんな感じだったな。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-05-28 21:02 | Traveler's